ちょっと来い

    1 :trick ★:2017/11/30(木) 17:16:47.77 ID:CAP_USER.net[1/3]
    「フレッツ光」提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の提供終了等について | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本
    http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20171130_01.html
    2017年11月30日

    「フレッツ光」提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の提供終了等について

    NTT東日本は、ブロードバンドサービス「フレッツ・ADSL」(以下、本サービス)について、「フレッツ光」提供エリアにおいて2016年7月1日(金)より新規申込受付を終了させていただいておりますが、関連物品の製造終了による保守物品の枯渇が見込まれること、およびご利用者が年々減少しており、今後もこの減少傾向が見込まれることから、「フレッツ光」提供エリアにおきまして、2023年1月31日(火)をもってサービス提供を終了いたします。
    本サービスをご利用中のお客さまにつきましては、「フレッツ光」もしくは「光コラボレーションモデル」※1の光アクセスサービスへの移行をご検討くださいますようお願いいたします。
    また、2017年12月1日(金)の申込より、本サービスをご利用中で「フレッツ光」に移行されるお客さまは、「フレッツ光」の初期工事費等を無料といたします。
    あわせて、当社以外の事業者さまの提供するADSLサービスをご利用中のお客さまにつきましても、合意した当該事業者さま※2のADSLサービスから「フレッツ光」に移行いただける場合、「フレッツ光」の初期工事費を無料といたします。

    1.サービスの提供終了日

    2023年1月31日(火)

    2.提供終了となるサービス

    「フレッツ光」提供エリアにおける
    「フレッツ・ADSL」の全品目
    モアⅢ
    モアⅢ ビジネスタイプ
    モアⅢ アドバンスドサポート
    モアⅡ
    モアⅡ ビジネスタイプ
    モアⅡ アドバンスドサポート
    モア
    モア アドバンスドサポート
    8Mタイプ
    8Mタイプ アドバンスドサポート
    1.5Mタイプ
    1.5Mタイプ アドバンスドサポート
    エントリー
    2 :trick ★:2017/11/30(木) 17:17:24.53 ID:CAP_USER.net[2/3]
    「フレッツ光」提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の提供終了について|ニュースリリース|NTT西日本
    https://www.ntt-west.co.jp/news/1711/171130a.html

    2017年11月30日
     西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、DSLアクセスサービス「フレッツ・ADSL」※1(以下、「本サービス」)について、関連物品の製造終了による保守物品の枯渇、およびご利用者が年々減少しており、今後も減少傾向が継続すると見込まれることから、「フレッツ光」提供エリアにおきまして、2023年1月31日(火)をもって、サービス提供を終了※2※3いたします。
     本サービスをご利用中のお客さまにつきましては「フレッツ光」または「光コラボレーションモデル」※4のFTTHアクセスサービスへの移行※5をご検討くださいますようお願いいたします。

    1.提供終了日
     2023年1月31日(火)

    2.提供終了となるサービス
    フレッツ・ADSLの全品目
    モアスペシャル
    モア40
    モア24
    モア
    8Mプラン
    1.5Mプラン
    *対象サービスの概要についてはNTT西日本公式ホームページ(http://flets-w.com/adsl/)をご確認下さい。

    3.提供終了となるエリア
     「フレッツ光」提供エリア
    *エリアについてはお問い合わせいただくか、NTT西日本公式ホームページ(http://flets-w.com/)をご確認下さい。
    【【NTT東・西】フレッツ・ADSL、2023年1月にサービス終了 既に新規申込みは終了】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/07/13(木) 16:10:36.64 ID:CAP_USER.net

    イグサ、漆喰…日本伝統の天然素材が室内塗料に ペイントメーカー、消臭や調湿効果に注目(1/2ページ) - 産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/170712/wst1707120122-n1.html
    http://www.sankei.com/images/news/170712/wst1707120122-p1.jpg

     イグサ、漆喰(しっくい)、竹炭など日本家屋に使われる天然素材を配合した室内用塗料の開発が相次いでいる。消臭、調湿などの効果があるという。日本では室内に壁紙を用いることが多いが、塗料メーカー各社は伝統的な素材のよさをアピールして室内壁の塗装を普及させたい考えだ。(藤谷茂樹)

     日本ペイントホールディングス(HD)は、北九州市立大や九州大との共同研究により、熊本県の特産であるイグサを粉末状にして配合した塗料「いぐさペイント」を開発した。今年4月から同県内で、塗装サービスとセット(7万3440円~)で先行販売。年内にも首都圏や近畿に販路を広げる考えだ。

     畳の材料であるイグサは、室内の化学物質を吸着し、臭いを抑える効果があるという。熊本市内の高齢者介護施設や保育園で同製品を使用したところ「畳の香りがする」と好評だったという。

     イグサの国内生産は熊本県産が9割以上を占めるが、畳の需要低下や中国からの畳表の輸入増を受け、平成28年の県内作付面積は631ヘクタールと、ピークの元年から10分の1ほどに減少した。イグサ塗料の販売には地場産業活性化の狙いもある。

    (続きはソース)



    【日本ペイントなど、メーカーが消臭や調湿効果に注目 イグサ、漆喰…日本伝統の天然素材が室内塗料に】の続きを読む

    1 名前:野良ハムスター ★[ageteoff] 投稿日:2015/05/14(木) 17:23:17.38 ID:???.net
    「週刊〇〇」シリーズでおなじみのデアゴスティーニ・ジャパンが2015年5月13日から、
    「週刊『〇〇』アイデアマン募集」と題した公募キャンペーンを開始した。

    デアゴスティーニは、趣味の世界の本格的な知識やハウ・ツーを分冊で少しずつ紹介する
    「パートワーク」形式で雑誌を発行している出版社。1901年にイタリアで創業し、日本には88年に上陸した。
    以来、ユニークなテーマの雑誌を次々と世に送り出してきたが、キャンペーン告知動画によると、
    2015年、ついに「アイデアが枯渇」。そこで新時代を切り開くアイデアマンを募集することとなったそうだ。

    参加方法は、デアゴスティーニで出版してほしいパートワーク商品のアイデア(コンセプト)を
    108文字以内にまとめて、専用サイトから応募するだけ。キャンペーン賞金は総額100万円で、
    優秀なアイデアは商品化される可能性もあるという。締め切りは7月20日。受賞者は8月に発表予定だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10111048/

    【デアゴスティーニ、ネタ切れで一般から「週刊〇〇」アイデア募集】の続きを読む

    1 名前:野良ハムスター ★[ageteoff] 投稿日:2015/03/15(日) 15:13:57.59 ID:???*.net
    津波に耐えて水に浮く敷布団を、滋賀県東近江市の寝具製造会社「NAテック」が、
    京都大防災研究所の協力を得て開発した。青山栄次社長(38)が東日本大震災をきっかけに
    日常使う布団を救命具にできないかと、琵琶湖に浮かべて実験を繰り返し、商品化に成功した。

    敷布団はシングル布団と同じサイズで、商品名は「SAVING FLOATER」。
    体積の98%が空洞の発泡ポリエチレンの粒を中に入れ、通常の半分程度の重さ2・5キロに抑えた。
    化学繊維の布を31に区切って、耐水やクッション性を高めた上、つかまるための取っ手や反射材、
    名前や血液型を記入する札や貴重品を入れるポケットも備えている。

    青山社長は震災直後の2011年3月から開発に乗り出し、布団に入れる数百種類のビーズ素材を
    水に浮かべたり、荒天時に彦根市の湖岸で200回以上も自ら布団に乗ったりして実験を重ねた。

    さらに14年夏から京都大防災研究所の平石哲也教授(57)=海岸工学=と共同研究を行い、
    100キロの重しでも3日間沈まないことを実証した。平石教授は
    「まず沈まない。津波だけでなく、洪水や高潮など水害全般の救命具として有効だ。
    水に漬かっても、表面の水を拭くだけで布団として再度使える」と評価する。

    青山社長は「人生の3分の1は布団の上で過ごす。
    津波などの水害や、船の転覆で失われる命を救いたい」と話している。

    布団は1点4万円(税別)。4月発売予定で、予約を受け付けている。

    琵琶湖で敷布団が波に耐えるか実験を行う青山社長(2014年2月、彦根市石寺町)

    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150315000052

    【津波に耐えて水に浮く敷ぶとん、滋賀の寝具製造会社が開発…日常使うふとんを救命具に】の続きを読む

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2014/12/28(日) 14:52:11.84 0.net
    どうなのさ

    【パソコンをテレビ代わりにするのってどうなの?】の続きを読む

    このページのトップヘ