Android

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/20(月) 19:16:55.45 ID:CAP_USER.net
    ソニーモバイルコミュニケーションズは8月16日(米国時間)、AndroidのOSアップデートをスマートフォンに配信するまでのプロセスを解説するイラストをグローバルの公式ブログで公開した。配信までに数々の検証を行い、SNSなどを監視してフィードバックを集めるという。

    Androidデバイスを使うユーザーの間では、「GoogleがAndroidの新バージョンを公開してから、各メーカー製のAndroidデバイスにアップデートが配信されるまでの期間が長い」との指摘が以前からあった。公開されたイラスト(インフォグラフィック)によると、同社がOSアップデートを実施するまでのプロセスは次の通り。

    第1フェーズ:育てる
     GoogleがAndroidの新バージョンをリリースする数週間前に、デバイスの開発、最適化、テストを行うための開発キット「Android PDK」(Platform Development Kit)がソニーに送られてくる。同社のエンジニアは、それらを自身の開発環境にインストールする。

     続いて、OSの新バージョンが発売済みのスマートフォンに適用できるかを検証する。デバイスによって異なるSoC(System on a Chip:CPUやGPUなどを統合したチップ)を搭載しており、組み合わせによっては正常に動作しない可能性があるためだ。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/20/ky5622_sony_AnUp-02.jpg

    さらに電話やメッセージ、ネット接続など、スマートフォンの基本機能が新バージョンでも正常に動作することを検証した後、ソニー独自のロック画面、連絡先、メディアプレイヤー、アルバム、カメラ、省電力モードなどの機能やアプリを組み込む。

     アップデートをデバイスに提供する準備が整ったところで、動作テストのフェーズに入る。テスターからのフィードバックを通じて、新バージョンを適用したデバイスが日常的な使用で問題なく動作するか確認する。これらのテストは、社内から社外のテスターまで徐々に範囲を広げていく。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/20/ky5622_sony_AnUp-03.jpg

    第2フェーズ:認定と承認
     Wi-FiやBluetoothなど、規格化された技術基準をハードウェアが満たせるように、デバイスの品質やパフォーマンスを確保するためのチューニングを施す。同時に、ユーザーサポートを行うコールセンターなどのスタッフが新バージョンに関する機能や使い方を学習し、テストしながらフィードバックを行う。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/20/ky5622_sony_AnUp-04.jpg

     これらの工程を経て、全ての公的認証を取得した後にOSアップデートをユーザーのスマートフォンに配信する。配信後も自社のサポートフォーラムやSNSを監視してユーザーからのフィードバックをチェック。ここで得たフィードバックは、今後のマイナーアップデートに役立つという。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/20/ky5622_sony_AnUp-05.jpg
     米Googleは、6日に「Android 9 Pie」の正式版をリリース。現時点では、Googleオリジナル端末のPixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XLと、Essential Phone PH-1で利用できる。Xperiaシリーズも11月から順次アップデートを行う予定だ。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/20/news083.html

    【AndroidスマホのOSアップデート、なぜ遅い? ソニーモバイルが解説】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/07(火) 13:54:12.85 ID:CAP_USER.net
    「Android」の次期バージョンが正式に発表された。予測していた人もいた通り、Pは「Pie」(パイ)だった。以前は「Android P」と呼ばれていたGoogleのモバイルOSの最新版である「Android 9 Pie」はまず、米国時間8月6日からGoogleの「Pixel」スマートフォンを対象にリリースされる。Googleは、同OSのプレビュー版を3月に発表し、5月の年次開発者会議「Google I/O」で一部の機能を披露した。

    Androidのリリース前のバージョンを試用できるAndroidベータプログラムに登録済みで、ソニーモバイル、小米(シャオミ)、HMD Global、Oppo、Vivo、OnePlus、Essential製の端末を所有するユーザーには、「2018年秋の終わり」までにアップデートが提供される予定だ。Googleは、他のパートナーとも「年内の」Android Pie搭載端末の発売またはアップグレードに向けて取り組みを進めているとしたが、具体的な時期についてはそれ以上の詳しい情報は明かさなかった。

     Googleは通常、Androidの新しいバージョンにアルファベット順に甘いものの名前を付けている。例えば、1つ前のバージョンは「Oreo」、その前は「Nougat」、さらに前は「Marshmallow」や「Lollipop」だった。最新版の正式名称としては、Android 9 Pieまたは単にAndroid 9とGoogleは呼んでいる。

     Android Pieは、端末が貴重なバッテリ容量を節約しつつ高速に動作するように、外から見えない部分を中心に改良されている。

     例えば、バックグラウンドでひそかに動作するAIツールによって、ユーザーが次に使うであろうアプリを提案したり、オンラインページの重要な情報を読み込んだりすることができる。これにより、ユーザーはアプリをダウンロードしたりウェブサイト中を探し回ったりすることなく、営業時間や予約方法など、求める適切な情報を得ることができる。

    Android Pieの大きな変更点の1つとして、ノッチ(画面の切り欠き)のサポートがある。

     他にもAndroid Pieは、「iPhone X」に倣ってよりシンプルなナビゲーション方法に対応する。中央の1つのボタンだけで、ホームに移動し、最近使用したアプリを開き、「Googleアシスタント」を呼び出す。加えて、「戻る」ボタンが必要に応じて使用できる。

     またAndroid Pieには、「Adaptive Battery」というバッテリ設定機能が追加されている。最新鋭のQualcomm製高速チップセット「Snapdragon 845」や華為(ファーウェイ)が社内開発した「Kirin」プロセッサなどよりも低速なプロセッサを搭載する旧型モデルやエントリレベルモデルのAndroid端末で、特に効率化が期待できる。Adaptive Batteryは、ユーザーが特によく使うアプリを優先し、使用頻度の低いアプリのバッテリ消費を制限する。

     Android 9には、スマートフォンの使用時間を制限するための機能も導入される。新しいダッシュボードには、スマートフォンの使用時間と、個々のアプリの使用時間が表示される。特定のアプリを使用する時間に制限を設けることも可能だ。
    https://japan.cnet.com/article/35123635/

    【「Android 9 Pie」が正式発表--まず「Pixel」向けに提供を開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/03(金) 14:42:01.36 ID:CAP_USER.net
     Googleが8月中に「Android」の最新バージョンを公開するかもしれない。(Androidの歴代のバージョンは、コードネームがアルファベット順にスイーツの名前になっているが)、これで次の「P」で何のお菓子が採用されるのかが明らかになるかもしれない。

     リーク情報でおなじみのEvan Blass氏は米国時間8月2日、カレンダーの画像をツイートした。8月20日の欄にはPと書き込まれており、Googleがその日に「Android P」を発表する予定であることを示唆している。Googleが「Android Oreo」の正式版を発表したのは、2017年8月21日だった。

    https://twitter.com/evleaks/status/1024997877209333762

     Googleは5月、年次開発者会議の「Google I/O」でAndroid Pの新機能を明らかにした。Android Pでは新しいジェスチャ操作が可能になり、通知機能も改良される予定だ。

     Googleにコメントを求めたが回答は得られなかった。
    2018年08月03日 10時51分
    https://japan.cnet.com/article/35123504/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【Androidの次期バージョン「Android P」、8月20日に正式リリースか】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/03/09(金) 07:27:15.18 ID:CAP_USER.net

    流行、といってしまってもいいかも知れません。iPhone X風の「ノッチ(切り欠き)」を取り入れたAndroidデバイスが次々に登場しています。

    ノッチのあるデザインが業界標準に
    AppleがiPhone Xで、顔認証やアニ文字を実現するためのTrueDepthカメラを収めた「ノッチ」のあるディスプレイデザインを発表したとき、賛否両論が起こりました。

    しかしその後、競合するスマートフォンベンダーが次々にノッチのあるデザインの最新機種を発表、すでに業界標準となりつつあります。

    どれだけ多くのベンダーがノッチ入りのスマートフォンを発表しているかは、ベンジャミン・ジェスキン氏(@VenyaGeskin)がツイッターに投稿したトップ画像からも明らかです。

    「Android P」がノッチ入りデバイスをさらに増やす
    米メディアThe Vergeのブラッド・セイボフ氏は、先月末にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル関連展示会Mobile World Congress(MWC)について、「10年近くMWCに来ているが、今年のショーほどiPhoneが、露骨にコピーされているのは見たことがない。MWC 2018は、大量なiPhone Xのノッチものまね登場の舞台として歴史に残るだろう」と皮肉を述べました。

    一方Fast Companyのマーク・サリバン氏は、これらのAndroidデバイスがiPhone Xのデザインをコピーしたことは否定していないものの、ノッチを導入すれば売れると思っている、という見方には異議を唱えています。


    ノッチがあるからといってスマートフォンを買う人などいない。目的はフルディスプレイであり、現時点ではこれを実現する最良の方法が、ノッチを取り入れたデザインだからだ。


    先日Googleが発表した、iPhone X風のノッチのあるディスプレイに対応した最新OS「Android P」によって、ノッチを取り入れたAndroidデバイスは今後さらに増えていくと思われます。
    2018年3月9日 05時34分
    https://iphone-mania.jp/news-205315/



    【Android端末に吹き荒れる「ノッチ」の嵐】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/11/13(月) 22:01:08.02 0.net

     Jelly Proは、2.45インチ/解像度240×432ピクセルの液晶ディスプレイやクアッドコアCPU、Android
    7.0を搭載した海外向けのSIMロックフリースマートフォン。

     本体サイズが92.4×43×13mm、重量が60.4gと超小型・軽量ながらも、比較的高性能なスペックになっている。メモリ容
    量は2GB、ストレージ容量は16GB。

     主な搭載機能としてIEEE 802.11a/b/g/n無線LANやBlueooth 4.1を備え、800万画素リアカメラも
    搭載。このほか、ジャイロセンサーやGセンサーも備えている。バッテリー容量は950mAh。

     端末はデュアルSIM対応で、対応ネットワークはFDD-LTEがバンド1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20、T
    DD-LTEがバンド40、3G(W-CDMA)が850/900/1,900/2,100MHz。国内での利用の可否は不明。

    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1091/105/mjellypro4.jpg
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1091/105/mjellypro1.jpg
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1091/105/mjellypro2.jpg
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1091/105/mjellypro3.jpg
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1091/105/mjellypro5.jpg



    【2.45インチの超小型スマホ「Jelly Pro」 OSはAndroid 7.0 お値段は】の続きを読む

    このページのトップヘ