Google

    1: ムヒタ ★ 2019/06/14(金) 08:54:12.98 ID:CAP_USER.net
     米Googleのインキュベータ部門Area 120は6月13日(現地時間)、プログラミングの知識がなくてもゲームを開発できる無料ゲーム「Game Builder」をMacとWindows向けにSteamで公開した。

     「ゲームで遊ぶような感覚でゲームを開発する」のが目的という。画面を見ると、米Microsoftのマインクラフトに似ている。

     コーディングの知識がなくてもカード状のモジュールを組み合わせていくことで、キャラクターの動きを設定したりできる。カードはJavasriptベースで、知識があれば自分で新しいカードを作ることもできる。

     キャラクターは、Googleが2017年11月に公開した3Dオブジェクトライブラリ「Poly」のものを選んで使える。

     マルチプレイヤーにも対応しており、ゲームを共同開発することも、開発中に他のユーザーにゲームをプレイしてもらうこともできる。

     発表文では同社がこの11月からスタートするゲームストリーミングサービス「Stadia」については触れられていないが、将来的にはGame Builderで作ったゲームをStadiaで公開できるようになるのかもしれない。

    2019年06月14日 08時19分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/14/news063.html

    【Google、“3Dゲーム開発ゲーム”「Game Builder」をMacとWindows向けにリリース】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/06/13(木) 10:23:42.60 ID:CAP_USER.net
    Googleが突如、公式のTwitterアカウント上で次期フラグシップ端末となる「Pixel 4」の画像を公開しました。

    Googleは毎年10月(日本では11月)にフラグシップ端末であるPixelシリーズをリリースしていますが、2019年に登場すると予想される最新機「Pixel 4」の情報が早くも公開され話題を呼んでいます。

    Googleは公式のTwitterアカウント上で、「さて、何人かが興味を持っているようなのでどうぞご覧ください!公開までこれ(Pixel 4)で何ができるのかについてはお待ちください」とツイートし、一緒に「#Pixel4」というハッシュタグを投稿しています。

    https://twitter.com/madebygoogle/status/1138876305158500353

    Googleが公開した画像はPixel 4の背面を写したもので、明らかにこれまでのPixelシリーズとは一線を画するデザインとなっています。

    Pixel 3の背面デザインはこんな感じ。ツートンカラーとなっており、カメラは1つ、指紋認証センサーが配置されているのも特徴的でした。

    しかし、公開されたPixel 4の背面はツートンカラーではなく、カメラモジュールが明らかに大きくなっており、指紋認証センサーはなくなっています。カメラモジュール部分には少なくとも2つ以上のレンズが配されており、LEDフラッシュの他にセンサーも一緒に埋め込まれていることがわかります。
    https://i.gzn.jp/img/2019/06/13/google-pixel-4/s01.jpg

    テクノロジー系メディアのThe VergeがGoogleに問い合わせたところ、広報担当社から「もっと多くの情報を共有したいところですが、現時点ではこれがPixel 4に関して提供出来るすべての情報です」というコメントが返ってきたそうです。
    2019年06月13日 10時00分
    https://gigazine.net/news/20190613-google-pixel-4/
    (deleted an unsolicited ad)

    【Googleが「Pixel 4」の公式イメージを突如公開】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/06/21(金) 08:50:19.44 ID:CAP_USER.net
     米Googleは、「Pixel Slate」を最後にオリジナルタブレットから撤退する。米Computerworldが6月20日(現地時間)、Googleの広報担当者に確認したとしてそう報じた。Chrome OS搭載のオリジナルハードウェアは、ノートPC型のChromebook、「Pixelbook」にフォーカスするという。

     Googleは、2015年にAndroid搭載タブレット「Pixel C」を、2018年にChrome OS搭載タブレット「Pixel Slate」を発売したが、その後タブレット型の新モデルを発表していない。

     同社の広報担当者はComputerworldに対し、新たなタブレットを開発していたが、19日に開発停止を決定したと語った。同社は、2モデルの来年立ち上げを目指していたが、Googleの品質基準に届かないため停止したと米Business Insiderに語った。

     Chrome OS搭載タブレットチームのメンバーのほとんどは、Chromebookチームに編入される。Chrome OSチームは今後も、ノートPCおよびタブレット向けOS開発を続ける。

     Googleの広報担当者は、年内にPixelbookの新モデルが登場する可能性が高いと語った。次期ノートPC型Pixelbookはコードネーム「Atlas」の下で開発されていると以前からうわさになっている。

     同社が毎年10月に開催しているハードウェア発表イベント「Made by Google」で、この新しいPixelbookが発表されるのかもしれない。

     なお、Pixel SlateもPixelbookも、今のところ日本では販売されていない。

    2019年06月21日 07時28分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/21/news063.html

    【Google、オリジナルタブレットから撤退し、Chrome OSではノートPC「Pixelbook」に専念】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/06/05(水) 12:07:18.76 ID:CAP_USER.net
     グーグルは6月5日、スマートディスプレイ「Google Nest Hub」を発表した。価格は1万5120円(税込)で、6月12日よりGoogleストアのほか、各家電量販などで取り扱う。

     Google Nest Hubは、7インチのディスプレイを搭載したスマートディスプレイ。Google Homeのように音声を使っての検索や、YouTube、Googleフォト、カレンダー、マップなどの操作が可能なほか、その情報をディスプレイに表示することで情報の一覧性を高めている。スマート家電の状況を一目で確認でき、そのまま操作も可能だ。

     一つのフレーズを話しかけるだけで、決められたタスクを実行する「ルーティン機能」を搭載。「OK Google、おはよう」と声をかけるだけで、パーソナライズされたGoogleカレンダーの予定、通勤ルートの交通情報、リマインダーや天気情報を一目で確認できる。最大6人の声を聴き分けるボイスマッチ機能により、それぞれの情報を提供できる。

     さらに、ディスプレイを活用し、YouTube動画の閲覧、Chromecastとしてスマートフォンで閲覧している動画の視聴、Googleフォトでのアルバムの表示などが可能。Googleフォトの「リアルタイム共有アルバム」により、表示したい人物やペットの写真を自動的にアルバムに追加して表示できる。重複した写真やピントが合ってない写真は非表示になるという。

     Google Nest Hubを購入すると、YouTube Premiumを3カ月無料で使うことができる。また、カメラを搭載しておらずプライバシーが気になる部屋にも設置できるとしている。カラーは4色を展開する。
    2019年06月05日 11時30分
    https://japan.cnet.com/article/35138013/

    【Google Homeとディスプレイが合体した「Google Nest Hub」日本上陸--税込1万5120円】の続きを読む

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">ムヒタ ★</span> <span style="color: gray;"> 2019/05/21(火) 08:14:34.72 ID:CAP_USER.net</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;">  米Googleは5月20日(現地時間)、AR機能搭載のメガネ型コンピュータ「Google Glass」の新モデルを発表した。「Glass Enterprise Edition 2」は先代からデザインやスペックが大幅に改善され、価格は1500ドルから999ドルに下がった。 <br /> <a class="image" href="http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1905/21/yu_glass1.jpg" target="_blank">https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1905/21/yu_glass1.jpg</a> <br /> <br />  一般には販売せず、興味のある企業は、パートナー企業から購入できる。 <br /> <br />  Google Glassは2012年に一般向けとして登場したが、一般向けモデルは2015年に販売終了になった。企業向けEnterprise Editionは2014年から開発している。 <br /> <br />  新モデルの主なスペックは、プロセッサがQualcommの「Snapdragon XR1」(先代は「Snapdragon 710」)、メモリ/ストレージは3GB/32GB(先代は2GB/16GB)、ディスプレイの解像度は先代と同じ640×360ピクセルだが、カメラは500万画素から800万画素にアップグレードした。ネットワークは802.11acとBluetooth 5をサポートする。バッテリーは820mAh(先代は780mAh)で充電ポートがType-Cになったので急速充電に対応する。1度の充電で約8時間の利用が可能だ。重さは46グラム。 <br /> <br />  フレームは、メガネやスノボ用ゴーグルなどで知られる米Smith Opticsが手掛ける。顧客がGlassを使う環境に合わせて異なるタイプのフレームを開発していく計画という。公式サイトで紹介されているフレームは、先代に似た黒縁と、一般向けを思い出させるメタリックなフレームの2種類だ。 <br /> <br />  OSとして「Android 8 Oreo」を搭載したので、顧客は既存のサービスやAPIを簡単に統合できるとしている。また、「Android Enterprise Mobile Device Management」をサポートする。 <br /> <br />  Google Glassはこれまで、米Alphabetの“ムーンショット”部門であるXのプロジェクトだったが、GoogleのAR/VRチームに統合される。クレイ・ベイバー氏が率いるAR/VRチームは、「Daydream」や「Google Lens」、「ARCore」などを手掛けている。 <br /> <br /> 2019年05月21日 07時17分 <br /> <a href="http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/21/news056.html" target="_blank">https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/21/news056.html</a> </div><br />

    【「Google Glass」新モデル、大幅アップデートし999ドルで発売へ】の続きを読む

    このページのトップヘ