Google

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/07(月) 13:43:28.18 ID:CAP_USER.net
    Googleはこれまで検索エンジンのほかにGmailやGoogle アナリティクス、Googleドキュメントなど多くのサービスを提供していますが、すべてのサービスが成功したわけではなく、中には惜しまれながら提供を終了したものもあります。シアトルにあるGoogleの社屋内に「終了したGoogleサービスの墓場が登場した」と話題になっています。

    「気味悪いのか、それともただ悲しいのかわからない」というツイートと共に写真を公開したのは、Google Chromeの開発スタッフであるダナ・フリード氏。写真にはPicasa、Google Buzz、Google リーダー、Google wave、Google+など、すでに提供が終了したGoogleサービスの名前とロゴが刻まれた墓石が写っています。

    墓石は10月末のハロウィンに向けて用意されたもので、シアトルにあるGoogleフリーモント・キャンパスのメインロビーに設置されたとのこと。

    フリード氏は「Rest in pieace,G+(Google+よ、安らかに)」と、2019年4月にサービス終了したばかりのGoogle+に哀悼の意を表しています。

    リプライ欄には、2019年に提供が終了したばかりのメールアプリの「Inbox」がないことに衝撃を受ける人が複数いました。

    「完全に死んでしまったgoo.glが忘れられています」と、2019年3月に終わったURL短縮サービスの墓石がないことを指摘する人もいました。

    https://gigazine.net/news/20191007-google-grave-at-google/

    【Google社屋に「終了したGoogleサービス」の墓が本当に登場】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/09(水) 07:47:32.13 ID:CAP_USER.net
     米Googleは10月8日(現地時間)、1台の対応端末で再生中の音楽や動画の続きを同じWi-Fiネットワーク内の別の対応端末で視聴できるようにする新機能「stream transfer」を発表した。同日からローリングアウトしており、筆者の環境では既に使えている。

     現在対応するのは、Google HomeあるいはNestシリーズのスマートスピーカーとスマートディスプレイとChromecastのみだが、米Varietyによると、向こう数カ月中にはサードパーティー製スマートディスプレイとAndroid TVも対応する見込みという。

     音楽、動画、Podcastを再生している端末に「ねぇ Google、音楽を○○に移動して」などと言うことで転送できる。○○に入るのは、設定した部屋に1つしか対応端末がなければ「キッチン」や「リビング」などの部屋の名前、複数ある場合はデバイス名だ。動画をディスプレイの付いていない端末に転送するよう頼むと断られる。

     また、スマートフォンの「YouTube Music」や「Spotify」アプリで音楽を再生中、キャストボタンでキャスト先を指定すると、続きが指定した端末で始まる。

     「Nest Hub Max」の場合は、YouTube動画を再生中に画面上にキャストコントロールが表示されるので、これをタップしてChromecastを接続しているテレビで続きを再生できる。「ねぇ Google、リビングのテレビで再生して」と言うことでも転送が可能だ。
    2019年10月09日 06時52分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/09/news059.html

    【Google、音楽や動画の続きを別の端末に飛ばせる「stream transfer」機能提供開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/09/17(火) 08:17:46.61 ID:CAP_USER.net
     米Googleの秋の恒例製品発表イベント「Made by Google」の今年の開催日は10月15日(現地時間)になった。米The Vergeなど複数のメディアが9月16日、Googleからの招待状を受け取ったと報じた。今年もニューヨークでの開催だ。

     招待状の画像には昨年と同じように「Come see a few new things Made by Gogle(幾つかの新しいGoogle製品を見に来てください)」と書かれている。開催は午前10時(日本時間の15日午後11時)からで、公式YouTubeチャンネルでライブ配信される。

     Googleは既に次期フラグシックスマートフォン「Pixel 4/4 XL」の情報を何度か紹介しており、これが発表されるのは確実だ。

     この他に、2017年10月発表の「Google Home Mini」が「Nest Mini」という名称になってアップデートされると予想されている。「Chrome OS」搭載のノート端末Pixelbookの新モデルも発表されそうだ。

     昨年のイベントでは、「Pixel 3/3 XL」の他、「Pixel Stand」「Google Home Hub」「Pixel Slate」が発表された。
    2019年09月17日 06時29分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news060.html

    【「Pixel 4」など発表のスペシャルイベント「Made by Google」は10月15日】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/07/26(金) 07:43:26.97 ID:CAP_USER.net
     Googleを傘下に持つ米Alphabetは7月25日(現地時間)、第2四半期(4~6月)の決算を発表した。Alphabet全体の売上高は、前年同期比19%増の389億4400万ドルだった。純利益は211%増の99億4700万ドル(1株当たり14ドル21セント)だった。前年同期のEU制裁金の影響を除いた非GAAPベースでは、純利益は20%増。

     売上高、非GAAPベースの1株当たり純利益ともに、アナリスト予測(売上高は381億5000万ドル、純利益は11ドル30セント)を上回った。

     モバイル広告、YouTube、クラウドが好調だった。

     Googleの売上高は前年同期比19%増の387億8200万ドル。広告売り上げは16%増だった。前4半期は15%増だったので、広告売り上げの伸びはやや復調した。

     TAC(トラフィック獲得コスト)は13%増だが、広告売り上げに占めるパーセンテージは1ポイント減の22%だった。検索と連動した広告の伸びを示すペイドクリック数は6%増。クリック単価(CPC、クリックごとに広告主がGoogleに支払う単価)は1%減だった。

     ルース・ポラットCFO(最高財務責任者)は業績発表後の電話会見で、売り上げではクラウド部門が最大の牽引役になったと語った。スンダー・ピチャイCEOはクラウド部門の年間売上高が80億ドルに達したと語った。

     また、同四半期に発売した「Pixel 3a」が好調で、ハードウェア部門の売り上げも上がったという。ピチャイ氏は、Pixel 3aの発売で、第2四半期のPixelの販売台数が前年同期の2倍以上になったと語った。ピチャイ氏もポラット氏も、「第4四半期の最新端末の発売が楽しみだ」と語った。同社は例年、10月に多数のハードウェアを発表する。

     ムーンショット部門のAccess/Fiber、Calico、CapitalG、Chronicle、GV、Verily、Waymo、Loon、Wing、Xなどをまとめた「その他」の売上高は12%増の1億6200万ドル、営業損失は9億8900万ドルだった。

    2019年07月26日 07時04分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/26/news055.html

    【Googleの親会社Alphabet、予想を上回る増収増益 クラウドが成長、「Pixel 3a」も好調】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/07/12(金) 09:47:36.16 ID:CAP_USER.net
     米Googleは7月11日(現地時間)、音声アシスタント「Googleアシスタント」に対してユーザーが話しかけた音声の録音の一部を、社外の人間の「言語の専門家」が聞き、テキスト化していることを認めた。音声はアカウントと関連付けられないようになっており、人間に聞かせることの目的は、サービスの品質向上のためだとしている。

     Googleアシスタントへの音声入力を録音し、サーバに保存していることはヘルプページなどでユーザーにも知らされており、「マイアカウント」経由で削除することも可能だが、人間が聞いていることは公表していなかった。

     Googleは、ベルギーのメディアvrt NWSが同日、Googleと契約する業務委託者の1人から入手したという1000件以上の音声データに基づいて報じた記事を公開した数時間後に公式ブログで反論した。

     この記事によると、音声は匿名化されてはいるものの、個人の住所を口頭で言っているものや、寝室での会話なども含まれているという。

     Googleアシスタントはウェイクワード(「OK Google」や「ねえ、Google」など)をきっかけに音声の録音を開始するが、テレビの音声などでウェイクワードと誤認識することがあり、ユーザーが知らないうちに録音していることもある(Google HomeやGoogle Home Miniの場合、録音中はLEDが点灯して分かるようになっている)。

     録音設定を無効にすることもできるし、録音データは1件単位で削除することも可能だ。

     Googleは公式ブログで、「より多くの言語での音声技術の開発を目的とする取り組みの一環として、特定言語のニュアンスやアクセントを理解している世界中の言語の専門家と提携している。これらの言語専門家はわれわれが言語をより良く理解するために少量のクエリー(すべての音声データの約0.2%)をレビューし、テキスト化している。こうしたプロセスは、Googleアシスタントのようなサービスを開発するために必要なものだ」と説明する。

     Googleは、言語専門家とは厳格な秘密保持契約を結んでおり、今回のように音声データを外部に漏らすような不正行為が二度と起きないようにするとしている。
    2019年07月12日 07時12分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/12/news063.html

    【Google、「Googleアシスタント」への音声入力の一部を人間が聞いていることを認める Amazonに続き】の続きを読む

    このページのトップヘ