ソニー

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/04(木) 19:44:14.88 ID:CAP_USER.net
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1145/656/01_s.jpg
    ソニーは、物理破損強度を高めたSDカード「SF-G シリーズTOUGH(タフ)仕様」を発表した。記憶容量は32GB(SF-G32T)、64GB(SF-G64T)、128GB(SF-G128T)の3種。UHS-II対応で、転送速度は書き込み299MB/秒、読み込み300MB/秒。発売日は32GBと64GBが10月20日、128GBは11月24日をそれぞれ予定している。価格はオープン。

    2017年4月に発売された、高速なデータ転送が特徴の同社製SDカード「SF-G」シリーズに強靭性、防水性、防塵性を加味したタフネス仕様。物理的な形状は従来のSDカードと同様で互換性を保つが、成型構造の見直しが図られている。

    従来のSDカードでは、メモリーを2枚のポリカーボネート外装で挟みこむ方法で成型されていたが、本カードではメモリーと外装を一体成型することで物理的な衝撃耐性を高めている。また素材も見直すことで、従来のSDカード比で約18倍の曲げ強度を実現。約18kgの加重と約5mの落下衝撃に耐えるとしている。防水・防塵性能もIP68相当の耐性を実現。テスト結果では水深5mに72時間沈めても問題なかったという。

    この他、一般的なSDカードで設けられている端子部のリブ(段差)を無しにすることで、抜き差しの繰り返しなどによる破損を抑制。ライトプロテクトスイッチも廃止した。

    物理的な強度を向上させるとともに、ソフトウェア面からもデータの保護性能を高めた。従来どおり、同社製メモリーカードに付属するファイル復旧ソフトウェア「ファイルレスキュー」の他に、SD診断ソフト「SD Scan Utility」が利用できる。

    SD Scan Utilityは、メモリーカードの状態を診断するソフトウェア。タスクバーに常駐し、カード挿入時に書き込みエリアの消耗具合を判断。グラフィカルに状態を伝えるという。撮影前にカードの状態をチェックすることで実撮影時でのトラブル防止に役立つとしている。今回の製品には、上記診断用のコントローラが入っているという。

    型番および容量、店頭予想価格(税別)
    SF-G128T(128GB):4万円前後
    SF-G64T(64GB):2万円前後
    SF-G32T(32GB):1万4,000円前後
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145656.html

    【ソニー、一体成型で丈夫な設計のSDメモリーカード】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/02(火) 15:48:17.74 ID:CAP_USER.net
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1140/288/so14_s.jpg
    ソニーは、ARC-Fレンズを搭載したレーザー光源の4K SXRDホームシアタープロジェクタ「VPL-VW855」を11月17日より発売する。価格は300万円。

    0.74型/4,096×2,160ドットの4K SXRDパネルとレーザー光源を搭載したプロジェクタ。2017年発売の「VPL-VW745」の上位モデルで、一番の強化ポイントはレンズ。VW855は、フォーカス精度の高いARC-Fレンズ(VPLL-Z7013)を搭載した「VW745の高級レンズモデル」という位置づけで、「レンズの品質が格段に違う」という。輝度は2,200ルーメンで、VW745の2,000ルーメンからさらに高輝度化している。

    ARC-Fレンズは、上位機種のVW5000やかつてのフルHDフラッグシップ機「VW1100ES」などと同等のガラスレンズ18枚構成(VW745はプラスチックレンズ1枚+ガラスレンズ13枚構成)。フローティング(浮遊)フォーカスシステムを採用し、像の湾曲を補正する浮遊レンズ群とフォーカシングレンズ群を同時に動かして、歪がなく、中心から隅まで安定した像性能を実現する。

    レンズシフトは上下各80%と左右各31%で、電動ズーム/フォーカスに対応。レンズ位置はリモコンから調整可能で、アナモフィックレンズ対応の4K信号処理(Vストレッチ)にも対応する。またオプションとして短焦点レンズ「VPLL-Z7008(150万円)」も用意している。

    ARC-Fレンズによるレンズ精度の向上だけでなく、ダイナミックアイリス機構の「アドバンストアイリス3」を搭載。光源はソニー独自のレーザーダイオード「Z-Phosphor」で、レーザーの動的制御とアドバンストアイリス3を組み合わせた「デュアルコントラストコントロール」により、コントラスト感や臨場感を高めている。ダイナミックコントラストは∞:1。HDR信号は、HDR10と、HLG(ハイブリッドログガンマ)に対応する。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1140288.html

    【ソニー、レンズ品質が“格段に違う”レーザー4Kプロジェクタ「VW855」。300万円】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/01(月) 19:21:07.12 ID:CAP_USER.net
    インターネット接続サービスのソニーネットワークコミュニケーションズは1日、格安スマートフォン(スマホ)サービス「ニューロモバイル」の料金プランを改定したと発表した。これまでデータ通信の容量を1ギガ(ギガは10億)バイトごとに細かく分けていたが、2ギガバイト、7ギガバイト、13ギガバイトの3種類に集約。よりシンプルにして携帯電話に詳しくない層の獲得を狙う。

    これまでNTTドコモの回線を借りたプランでは、月間の通信データ容量が2~10ギガバイトまで、1ギガバイト刻みに9種類のプランを用意していた。他社サービスとの違いを出すためのプラン設定だったが、3種類に集約して分かりやすさを優先する。

    同社は「格安スマホのユーザーがこれまでの通信に詳しい層から、初心者に移ってきたため」と説明している。価格はデータ通信のみで税別700~2700円。700円を追加で支払えば通話機能も付けられる。

    従来プランの新規受け付けは終了したが、今まで使っていたユーザーは引き続き同じプランで通信サービスを利用できる。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35952530R01C18A0X30000/

    【ソニー系格安スマホ、プランを3種類に集約】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/27(木) 23:56:36.34 ID:CAP_USER.net
     ソニーは、スマートフォンなしで単体でも音楽を再生できるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を10月27日に発売する。市場推定価格は3万円前後。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1145/185/01_l.jpg

    WF-SP900は、左右独立型のワイヤレスイヤホン。IP68相当の防水防塵性能に加えて、腐食に強い端子を採用し、海水でも使えるとうたう。スマートフォンや音楽プレーヤーとBluetooth接続して使えるほか、4GBの内蔵メモリに楽曲を保存しておくことで、単体での音楽再生も可能。

     ランニング中などに、周囲の状況に気を配りながら音楽を聴ける機能として、装着したままでも周囲の音や声を取り込むことができる「アンビエントサウンドモード」に対応する。専用アプリを用いて、アンビエントサウンドモードの切り替えやイコライザの設定、内蔵メモリに保存した楽曲の確認などをスマートフォンから行える。

    通信方式はBluetooth 4.0をサポート。対応コーデックはSBC、AAC。連続再生時間は最大3時間。付属のケースに収納すると充電でき、ケースの充電にはUSB Type-Cケーブルを使用する。カラーはブラック、ホワイト、イエローの3色。

     発売に先駆けて、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神では9月27日から同製品を展示する。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1145185.html

    【ソニー、単体でも音楽を聴ける左右独立型イヤホン】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/20(木) 21:07:38.04 ID:CAP_USER.net
     ソニーは高音質のハイレゾリューション(ハイレゾ)音源で録音・再生できるレコーダー「PCM―A10」を10月6日に発売すると発表した。可動式のマイクでインタビューや野外での鳥のさえずり、スタジオでの楽器演奏など幅広い場面でハイレゾ音源を録音できる。ギターなど楽器の愛好家に簡単に録音できるとして売り込む。

     近距離無線通信「ブルートゥース」と連携し、録音開始や停止、録音時の音量水準を決める「リハーサル機能」の使用など様々な操作を遠隔でできる。内蔵メモリーやマイクロSDカードの残量がなくなっても、自動で切り替えて録音を続ける機能などもある。価格はオープンだが、税別2万円前後。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35589420Q8A920C1X35000/

    【ソニー、ハイレゾ音質で録音・再生できるレコーダー】の続きを読む

    このページのトップヘ