ソニー

    1: trick ★ 2021/01/27(水) 14:50:14.67 ID:CAP_USER
    ソニー、HDMI入力でカメラモニタになる「Xperia PRO」。約23万円 - AV Watch
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1302596.html
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1302/596/xpe00_s.jpg
    野澤佳悟2021年1月27日 00:04

    ソニーモバイルコミュニケーションズは、5Gミリ波に対応し、HDMI接続可能なスマートフォン「Xperia PRO」を2月10日に発売する。カラーはブラックのみ。SIMフリーのみ展開する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は228,000円前後(税別)。

    映像制作や報道関係者向けのスマートフォン。トリプルレンズカメラなど「Xperia 1 II」と同等の基本性能を搭載。新たに5Gミリ波へ対応。HDMIマイクロ端子を装備し、スマートフォンでは世界初となるHDMI入力に対応。デジタル一眼レフやカムコーダーと接続して4Kモニターとして利用できる。メモリは12GBで、ストレージは512GB。なお、FeliCaとワイヤレス充電機能は非搭載。

    HDMIマイクロ端子は本体下部中央に装備。USB-Cは本体下部左側に備えている。HDMI入力では最大4K(3,840×2,160ドット)/60p、HDR、10bit入力に対応。ソニー独自のマスターモニターで培った技術と、BT.2020の広色域に対応した4K有機ELディスプレイにより、プロが求める忠実な色再現を実現したとする。



    HDMI入力時の外部モニター機能では、ピンチイン/アウトでズームイン/アウトができるなど、スマホならではの操作感でカメラを操作できる。スクリーンロック、明るさ調整、グリッド表示/非表示、フレームライン表示/非表示、イメージローテーション、設定のアイコンも備え、手軽に調整できるとする。

    また、HDMI入力によるカメラの映像を即時ライブストリーミングすることも可能。XperiaからYouTubeなど他社アプリを利用することで、ライブ配信できるほか、StreamYard、StreamLabsなどのアプリを使えば、Instagram、Facebook、ペリスコープなどの外部カメラ非対応のアプリでもライブ配信できるとしている。

    ミリ波対応を活用した機能としては、USBテザリングに対応したカメラと接続時に、撮影した静止画/動画をFTPサーバーへダイレクトに高速転送できる。ファイル転送は撮影したものを即時に送ることができるほか、「Transfer&Tagging add on」で編集後に送信することもできる。

    続きはソース

    【ソニー、HDMI入力でライブ配信可能な「Xperia PRO」 FeliCa非搭載 約23万円】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2021/01/27(水) 01:08:29.45 ID:CAP_USER
    ソニーとソニーモバイルは、5G対応Androidスマートフォン「Xperia PRO」を、2月10日に発売する。市場推定価格は22万8000円(税抜)。発売に先立ち27日9時から、ソニーストア各店(オンライン含む)や一部の家電量販店で、順次予約受付を開始する。

     「Xperia PRO」は、2020年5月に発売した「Xperia 1 II」をベースに、映像制作などを行うプロフェッショナル向けの機能の拡充や、5Gのミリ波に対応した製品。世界初のHDMI接続(受像、ソニーモバイル調べ)対応やソニーのレンズ交換式カメラ「αシリーズ」などと接続する機能などを搭載する。

    主なスペック
     基本的なスペックは、「Xperia 1 II」と同様であるため、ここでは「Xperia 1 II」と異なるスペックを記載する。

     「Xperia PRO」本体の大きさは約171×75×10.4mm、重さは約225g。「Xperia 1 II」はそれぞれ約166×72×7.9mmと181gなので、Xperia PROは1 IIのひとまわり大きいサイズ感となる。

     メモリ(RAM)は8GBのまま、ストレージ(ROM)は512GBに増量している。

     また、HDMI入力端子が搭載されているが、FeliCa機能やワイヤレス充電機能は省かれている。

     5G通信は、Sub-6とミリ波が利用できる。日本国内では、Sub-6はドコモとau、ソフトバンク回線が、ミリ波はドコモ(購入後アップデートが必要)とauが利用できる。なお、auの“既存周波数(3.5GHz帯など)の転用による”5G通信への対応は、今後検討するとしている。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1302638.html
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1302/638/top_m.jpg

    【ソニー、5Gスマホ「Xperia PRO」を2月10日発売。価格は22万8000円】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/10/16(金) 19:12:02.48 ID:CAP_USER.net
    ソニーは、視聴者の顔を捉え、3DCGをリアルタイムにレンダリングし、視点位置に合わせた高精細な裸眼立体視を実現する「Spatial Reality Display(空間再現ディスプレイ/型番:ELF-SR1)」を、10月31日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭想定価格は500,000円前後。


    瞳を検知する高速ビジョンセンサーは、上下左右の動きだけでなく、奥行き方向の動きも検知し、上下左右から覗き込むような動作にも対応した3D映像を楽しめる。高速ビジョンセンサーは、デジタル一眼カメラ「α」シリーズでの経験やノウハウを活かしつつ、独自にアルゴリズムやセンサーを開発したとのこと。

    ただし、センサーが一度に認識できるのはひとりまで。複数人での裸眼立体視はできない。

    ディスプレイは三角型の土台に斜め45度で固定されており、チルトなどはできず、机などに置いて正対する形での利用が推奨されている。パネルサイズは15.6インチ。明るさは500nit。色域はAdobe RGB約100%。出力5.5Wの2.1chスピーカーも備える。
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1283/136/sony-8_s.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1283/136/sony-2_s.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1283136.html

    【ソニー、“鑑賞画質”の「空間再現ディスプレイ」。約50万円】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/08/26(水) 13:37:25 ID:CAP_USER.net
     ソニーは8月26日、ミドルレンジのスマートフォン「Xperia 8」のSIMロックフリー版「Xperia 8 Lite」を9月1日以降にMVNO事業者を通じて発売すると発表した。価格は3万円前後。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2008/26/hy_to_1.jpg

     CDや圧縮音源をハイレゾ相当の音質に補正する技術「DSEE EX」が非搭載である以外は、Xperia 8とほぼ同等のスペックとなる。2つのアプリを上下に並べて表示しやすい縦長ディスプレイを生かした「21:9マルチウィンドウ」機能なども使える。

     背景ぼけや光学2倍ズームに対応するデュアルカメラを搭載。ストレージは64GB(外部ストレージ対応)、メモリは4GB。バッテリー容量はXperia 8の2760mAhから2870mAhに増量した。サイズは158(高さ)×69(幅)×8.1(奥行き)mm、重さは170g。カラーはブラック、ホワイト。

     ソニーはMVNO向けモデルの他、同社初の5G対応スマートフォン「Xperia 1 II」やXperiaシリーズの「Xperia 1」「Xperia 5」のSIMフリーモデルを直販サイトで今秋発売すると発表。SIMフリーモデルに注力している。
    2020年08月26日 12時34分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/26/news074.html

    【ソニー、約3万円のSIMフリースマホ「Xperia 8 Lite」発表 MVNOに供給】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/08/18(火) 21:41:31 ID:CAP_USER.net
    ソニーモバイルコミュニケーションズは、デュアルSIM対応のSIMフリースマートフォン3モデルを発表。「Xperia 1II(XQ-AT42)」を10月30日、「Xperia 1(J9110)」「Xperia 5(J9260)」を8月28日に発売する。
    価格はいずれもオープンだが、Xperia 1IIは税抜124,000円前後、Xperia 1は税抜79,000円前後、Xperia 5は税抜69,000円前後での実売が予想される。

    これまで3モデルともキャリアモデルとしてラインナップされていたが、新たにSIMフリーモデルとして販売するかたち。詳しくは後述するが、内蔵メモリやストレージの拡大といったスペックアップも行われている。

    続きはソース元で
    https://www.phileweb.com/news/mobile_pc/202008/18/2081.html

    【ソニー、「Xperia 1II/1/5」にSIMフリーモデル。デュアルSIM対応などキャリア版より機能強化】の続きを読む

    このページのトップヘ