捗るぞ

    1: ムヒタ ★ 2019/05/22(水) 07:54:09.11 ID:CAP_USER.net
     TSUTAYAが月額定額制の雑誌読み放題サービス「Tマガジン」をスタートする。対象雑誌は約400冊。週刊誌、ファッション誌、ビジネス誌はもちろん、鉄道、将棋、釣り、健康など、趣味性の高い雑誌までを取りそろえる。

     月額利用料は400円。店舗レンタルと動画配信サービスを融合させたサービス「TSUTAYAプレミアム」会員は、50誌限定になるが、月額料金1000円のまま利用できる。

     大阪府枚方市にオープンした「蔦屋書店 枚方店」から事業をスタートしたTSUTAYAは、長く書籍、雑誌の販売を中心事業の1つに据えてきた。現在、書籍関連の店舗数は835、書籍・雑誌販売のフランチャイズとして展開する「TSUTAYA BOOK NETWORK(TBN)」の売上は1330億円に達する。

     しかし、全国的に見ると書店は減少傾向にあり、「書店のない街」が出てきていることも事実。一方で、配送業の人手不足から、中国、九州地方で、本の発売日が1日遅れになるなど、本を取り巻く環境は大きく変化している。

     「リアルな書店を運営しながらも、お客様が欲しいと思っている雑誌を届けられていないのでは、という思いがあった。この課題を解決するためにTマガジンの開始に踏み切った」とTSUTAYA 広報ユニットの東佑香氏はサービス開始のきっかけを話す。

     CCCグループでは、代官山を始めとする蔦屋書店のほか、TSUTAYA BOOKSTORE、中古と新刊の両方を扱うTSUTAYA BOOK GARAGE、カフェやDVDレンタルなどを組み合わせた草叢BOOKSなど、形態の異なる書店を運営。図書館事業も現在6拠点を数える。リアルな本とユーザーの接点を提供する一方で、TSUTAYA DISCASなどの宅配レンタル、電子書籍サービス「Airbook」も実施。今回サブスクリプション型の雑誌読み放題サービスTマガジンを開始することで、包括的なサービス形態を整える。

     現在、雑誌読み放題は複数のサービスが先行しているが、Tマガジンは、約400冊という、対象雑誌の多さで差別化を図る。車やスポーツ、鉄道など趣味性の高い雑誌を数多くラインアップ。TSUTAYAグループ内に複数ある出版社の発行雑誌を用意するほか、月額定額制読み放題サービスには初出となる雑誌「Rolling Stone」「NHK将棋講座」等もそろえ、さらに、漫画や成人向けの雑誌カテゴリもカバーする。

     PC、スマートフォン、タブレットなどのデバイスから専用アプリを通じて閲覧ができ、最大6デバイスで情報を共有。タテヨコ自在読み機能「ユニバーサルフリック」を採用し、ストレスの少ない使い勝手を提供する。閲覧履歴を学習し、よく読む雑誌やジャンルは上部に表示するなど、使うほどに好みの仕様に変化する仕組み。各雑誌ページからは、バックナンバー(閲覧期間は雑誌ごとに異なる)も見られるほか、リアルな雑誌を購入できる導線も用意した。

     「電子書籍の状態で読んでみて、手元に残しておきたい場合もある。そうした際にすぐに購入できる仕組みを提供することで、雑誌本体の売上にも結びつけたい。漫画雑誌では、雑誌ページに連載漫画の単行本購入への誘導を設けている」(Tマガジン 編成・マーケティング部の古謝雄基氏)と、リアルへの接点も組み込む。

     「TSUTAYAでしかできないことで、先行するサービスと差別化していきたい。 そのため、Tカードと連携するほか、データベースの利活用も視野にいれている。特にこだわったのは、数多くある雑誌とお客様の接点を増やすこと。通常のジャンル検索のほか、蔦屋書店などで採用する、「料理」「旅行」といったキーワードから、関連雑誌を集めて紹介するレコメンドをTマガジン上でも使っている。お客様にいかに雑誌を知ってもらうか、アプリという限られた画面の中でも、他に埋もれることなく、みつけてもらいやすい設計を心がけた」と古謝氏はアピールする。

     長く書店経営を手がけてきたTSUTAYAがTマガジンで目指すのは、書店がなくなり、本が買えなくて困っている人たちの救済だ。
    2019年05月22日 07時00分
    https://japan.cnet.com/article/35137031/

    【TSUTAYA、月額定額制の「Tマガジン」をスタート--月額400円で約400冊が読み放題】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/16(木) 16:44:37.42 ID:CAP_USER.net
    https://ascii.jp/elem/000/001/859/1859418/SDN02_588x.jpg
     上海問屋は5月16日、グリーンインテリアに見えるボールペン「デスクトップ草」を発売した。

     デスクや会議室、受付などに置いた観葉植物の鉢植えのように見える水性ボールペン(草部分は3カラー、インクはすべて黒)。鉢1個とペン35本のセット。

    https://ascii.jp/elem/000/001/859/1859419/SDN03_800x600.jpg
    会議室や受付に置けば実用的なインテリアとして利用可能

     机の上に置いておけば、普段は人工観葉植物のインテリアに、必要なときはペンとして利用できる。価格は2786円。

    ■関連サイト

    商品ページ
    https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=458875
    ドスパラ
    https://www.dospara.co.jp/
    https://www.dospara.co.jp/5goods_parts/img/parts/2019/458875-3.jpg

    2019年05月16日 15時05分更新
    ASCII.jp
    https://ascii.jp/elem/000/001/859/1859415/

    【グリーンインテリアにしか見えないボールペン、上海問屋より】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/10(金) 16:57:39.14 ID:CAP_USER.net
    ・2010年発売の「ポテトの手」に、新機能が……!

     タカラトミーアーツが、“ポテチ専用デバイス”「スマートポテトチップス」を6月29日から発売します。本当に「デバイス」と呼んでいいのか不安ですが、要は「ポテチをつまめるマジックハンド」です。手を汚さず食べられるわ、持ち手の端はタッチペンに使えるわ、まさにスマホ時代の要求に応えた神器(過言)。

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo01.jpg
    油で手を汚すことなく食べられます
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo02.jpg
    ひっくり返せばタッチペンに。スマホいじりのおともに

     2010年発売の「ポテチの手」(関連記事)にタッチペン機能を加え、現代風にリニューアル。
    写真で解説する「ポテチの手」 (1/2) - ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1006/21/news015.html
    今回はカルビーとコラボレーションしており、同社製品をデザインにとり入れた「ピザポテトVer.」「うすしお味Ver.」「のりしおVer.」「コンソメパンチVer.」の4種類をラインアップしています。価格は各1280円(税別)。

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo03.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo04.jpg
    ピザポテトVer.

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo05.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo06.jpg
    うすしお味Ver.

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo07.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo08.jpg
    のりしおVer.

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo09.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo10.jpg
    コンソメパンチVer.

     旧機種同様、「対象物破損防止クラッチ機構」(割れないようポテチをつまむ)や「指先机上非接触機構」(指先が机などに触れないよう設けられた突起)など、名称が大仰な仕組みを採用。指先を左右に動かし、粉を落とすようなしぐさをさせられる「疑似指先クリーニング機構」も健在です。

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo11.jpg
    内容は地味だけど、名前はものすごい

    関連リンク
    公式サイト
    https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/smartpotatochips/

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    2019年05月10日 14時53分 公開
    ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/news093.html

    【ポテチ食べながら指を汚さずスマホ操作 タカラトミーのポテチ専用デバイス「ポテチの手」が進化】の続きを読む

    1: 謎の二枚貝 ★ 2018/07/09(月) 16:18:12.34 ID:CAP_USER.net

    総務省が、室内でケーブルを使わずにスマートフォンなどのデバイス(機器)を遠隔充電する
    「無線電力伝送装置」の実用化に向け、制度設計に入ることが4日、分かった。
    装置は、離れた場所の機器に電波で電力を送る仕組みで、
    パナソニックや東芝などが2020年度に世界初の実用化を目指している。
    同省は、開発に支障が出ないよう装置設置者に対し無線局免許の取得義務付けなどを定めた関係法令を
    19年度中にも改正して後押しする。

     無線電力伝送装置は、電動歯ブラシとその充電器といった電波を送る距離が非常に短い近接型が既に普及。
    電波法上の取り扱いは高周波を照らしあてる電子レンジなどと同じで、装置の設置者に免許は不要だ。

     実用化を目指す装置は、アンテナから機器に電力を送る距離が数メートル~数キロメートルに及ぶ。
    電波を遠くに飛ばす長距離型のため、総務省は設置者には通信や放送と同様、電波法や省令による規制をかける方針。

     来年度中に周波数の割り当てや電波利用料の支払い、無線局の免許取得を義務付けるための法令整備を、
    周波数帯や出力の強さなどの技術基準の策定と並行して進める考えだ。

     ただ、法令による規制が実用化の足かせになる可能性もあるため、簡素化も検討する。
    同省幹部は「世界に先駆けて制度化することで世界標準を目指す」と話す。

    続きはソースで

    https://www.sankeibiz.jp/images/news/180705/mca1807050500001-f1.jpg

    SankeiBiz(サンケイビズ)
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180705/mca1807050500001-n1.htm



    【「長距離無線充電」制度化へ 総務省、20年度実用化後押し】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/06/13(水) 18:53:32.48 ID:CAP_USER.net

    https://japan.cnet.com/storage/2018/06/12/21e209bf617b6b0ba32691619bdb6eb1/2018_06_12_sato_nobuhiko_016_image_02.jpg
     「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」が公開された1989年当時、映画内で描かれた未来のようすは、信じられないほど遠い世界に思えた。ところが、舞台の2015年はあっという間に過ぎてしまった。

     映画に登場したガジェットのうち、実現されたものの代表は、Nike(ナイキ)が実際に開発したスニーカー「Nike Mag」だろう。Nike Magの製品化を意図したのかは不明だが、Nikeは靴ひもが自動的に締まる技術で特許を取得している。

     そんなNikeが、今度は足がスムーズに入るベルトコンベア内蔵の靴に関する技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間5月3日に「FOOTWEAR WITH MECHANICAL FOOT-INSERTION ASSIST」(公開特許番号「US 2018/0116334 A1」)として公開された。出願日は2017年10月27日。

     Nike Magのような靴ひもが自動的に締まる靴この機構が搭載されれば、高いホールド感が必要なスポーツ用シューズがスリップオンのように履きやすくなる。硬い革靴でも、靴べらを使わずに履けそうだ。また、靴を履く際の屈む姿勢を取ることが難しい人にとっては、履く動作が支援され、助けを借りずに自力で靴を履けるメリットがある。
    https://japan.cnet.com/article/35120713/



    【ナイキ、ベルトコンベアで足を引き込む靴の特許出願--靴べらは無用の長物に】の続きを読む

    このページのトップヘ