Amazon

    1: ムヒタ ★ 2020/08/28(金) 08:57:26 ID:CAP_USER.net
     米Amazon.comは8月27日(現地時間)、フィットネスバンド「Amazon Halo(ヘイロー)」を発表した。本体は99.99ドル(約1万600円)で、連携するサブスクリプションサービスは月額3.99ドル。まずは米国で提供を開始する。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2008/28/yu_halo1.jpg

     見た目の最大の特徴は、画面がないことだ。加速度計、温度センサー、心拍数モニター、2つのマイクからユーザーのデータを集め続け、それらを解析して連携するモバイルアプリで健康状態を表示する。

     データはクラウドに転送されるが、転送中もクラウド上でもデータは暗号化されており、ユーザーはアプリ経由でデータをいつでも削除できる。また、マイクは「Tone」(後述)用の音声を集めるためのものだが、音声解析は連携するスマートフォン内で行い、クラウドに保存されることはない。ユーザー自身も録音を再生できない。

     基本スペックは、バッテリー持続時間は1回の充電で7日(1週間)。フル充電には約90分かかる。防滴レベルは「水泳が可能」。バンドのサイズは大中小3種類用意されている。付属するバンドの材質はポリエステルやナイロンによるファブリックで色は黒、白、ピンクの3色。別売のバンドは15色用意されており、シリコンのバンドもある。重さは本体が18g、バンドは5.2gから。スマートフォンとの接続はBluetooth 5.0で行う。

     多くのフィットネスバンドにあるアクティビティのポイント制や座りすぎ通知機能などに加え、3つの大きな特徴がある。
    以下ソース
    2020年08月28日 07時33分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/28/news060.html

    【Amazon、フィットネスバンド「Halo」発売 声による対人関係解析や体脂肪計搭載】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/06/01(月) 09:47:53.66 ID:CAP_USER.net
     Amazonは、「Echo Look」の製造を終了するようだ。Echo Lookは、ハンズフリーのカメラに音声アシスタント「Alexa」を組み合わせた製品で、ユーザーの服装を記録し、何を着るかをアドバイスする。

     Amazonは、米国時間7月24日よりEcho Lookと「Echo Look」アプリは機能しなくなると述べたという。Voicebot.aiが報じた。

     Amazonの広報担当者は米CNETに対し、「3年前にEcho Lookを発表したとき、われわれの目標は、人工知能(AI)と機械学習をファッションに適用する新しい方法として、Alexaをトレーニングし、スタイルアシスタントにすることだった」と説明した。「われわれは顧客の助けを借りてこのサービスを進化させ、Alexaが服装についてアドバイスしたり、スタイルを提案できるようにした。その後、『Style by Alexa』の機能をAmazonショッピングアプリとAlexa対応デバイスに移し、それらの機能をさらに便利にするとともに、より多くのAmazon顧客が利用できるようにした。そうした理由に基づき、Echo Lookを段階的に終了するときが来たと判断した」(Amazon広報担当者)

     Voicebot.aiによると、7月24日以降、ユーザーはEcho Lookアプリから自分の写真や動画にアクセスできなくなる。Amazonは7月24日まで「Amazon Photos」のアカウントを無料で提供し、写真や動画を保存できるようにしている。Amazon Photosのアカウントを持っていないユーザーは作成できる。

     Amazonによると、Style by Alexa機能は、Amazonショッピングアプリでアクセスする、またはAlexa対応デバイスに「Alexa、何を着たらいい?」と尋ねることで、今後も利用できる。
    2020年06月01日 09時03分
    https://japan.cnet.com/article/35154598/

    【アマゾン、ユーザーの洋服選びを支援する「Echo Look」の提供を終了へ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/19(火) 21:50:43 ID:CAP_USER.net
     Amazon.co.jpは、電子書籍リーダ「Kindle(第10世代)」の8GBモデルを発売した。価格は4GBモデルから変わらず、広告つきモデルが8,980円、広告なしモデルが10,980円。

     同社が2019年3月に発売したKindleのストレージ容量を4GBから8GBに強化したモデル。解像度167ppiの6型E Inkディスプレイや明るさ調整機能つきのフロントライトなどは引き続き搭載する。

     本体サイズは113×160×8.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は174g。バッテリ駆動時間は数週間。

     8GBモデルの発売にともない、4GBモデルは在庫かぎりで販売を終了する。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1253334.html

    【Amazon、価格据え置きで8GBに容量倍増の「Kindle」を発売】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/13(水) 23:58:03 ID:CAP_USER.net
    Amazon.co.jpは、Fire OS搭載8型タブレット“Fire HD 8”シリーズの最新モデルとして、「Fire HD 8 Plus」、「Fire HD 8」、「Fire HD 8 キッズモデル」の3機種を発表した。本日より予約を受け付け、6月3日から出荷を開始する。

     価格は、Fire HD 8 Plusの32GBモデルが11,980円、64GBモデルが13,980円、ワイヤレス充電スタンド(単体価格4,600円)とのセットは32GBモデルが14,980円で、64GBモデルが16,980円。本体色は新色となるスレート(濃い灰色)。

     Fire HD 8については、32GBモデルが9,980円、64GBモデルが11,980円で、本体色はホワイト、ブラック、ブルーの3色展開。Fire HD 8 キッズモデルは32GBモデルのみで14,980円となり、キッズモデル専用保護カバーにブルー、ピンク、パープルの3色を用意する。

    Fire HD 8 PlusとFire HD 8の違いは、メモリ容量とワイヤレス充電スタンドへの対応有無で、Fire HD 8 Plusでは1GB分多い3GBのメモリを備え、オプションのQi対応ワイヤレス充電スタンドを利用できるのが特徴。

     さらに、Fire HD 8 Plusとワイヤレス充電スタンドを組み合わせることで、「Showモード」を使ったディスプレイつきスマートスピーカーとして機能。Alexaによる音声操作が行なえる。また、Fire HD 8 Plusの付属充電アダプタは9W給電に対応し、Fire HD 8付属の5Wタイプよりも高速に充電が行なえる。このほかにも、6月13日までの購入者を対象に、Kindle Unlimitedの2カ月無料体験クーポンが提供される。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1251985.html
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1251/985/01_l.jpg

    【Amazon、「Fire HD 8 Plus」発表。メモリやストレージが増量し、USB Type-Cも採用】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/05/14(木) 13:25:19.45 ID:CAP_USER.net
     アマゾンジャパンは5月14日、音楽配信サービス「Amazon Music」で、同社初の広告付き無料ストリーミング音楽配信を始めた。2019年11月に米、英、独で開始したサービスの日本版。有料のプライム会員や「Amazon Music Unlimited」の会員にならなくても注目のプレイリストや数百のステーションを再生できる。

     対応機器は、スマートフォン(iOS/Android)、PC(Webブラウザ)、Amazon Fire TVシリーズ、Amazon Echoシリーズ。無料のAmazonアカウントがあれば聴取でき、クレジットカードなどの情報を登録する必要がないのがメリットという。

    音楽再生には制約あり
     無料サービスで再生できる楽曲数についてアマゾンは明らかにしていないが、最新ポップスを集めた「Pop Culture」や日本の人気曲の「Hot in Japan」、家族で楽しめる「ベスト・オブ・キッズ」など豊富な「プレイリスト」に加え、楽曲ジャンルやテーマに沿ってラジオのように音楽を流し続ける数百の「ステーション」を用意した。

     広告付きのため、操作には制約がある。例えば再生する楽曲をピンポイントで指定できない。楽曲名やアーティスト名で検索はできるものの、ヒットするのはプレイリストやステーションで、リストの頭から再生する仕組み。楽曲のスキップは1時間に6回まで。またプレイリストの作成もできない。

     Amazon Musicには現在、約200万曲の楽曲を広告なしで再生できるプライム会員(月額500円)向けの「Prime Music」や、新曲を含む6500万曲以上の楽曲が聞ける定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」などがある。アマゾンジャパンでは、広告付き無料サービスの追加で「より手軽な手段を提供し、音楽のある生活に親しむ人を増やしたい」と利用者の拡大を目指している。
    2020年05月14日 12時20分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/14/news070.html

    【Amazon Musicで広告付きの無料音楽ストリーミング、日本でも開始 操作には制約も】の続きを読む

    このページのトップヘ