ガジェット

    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/16(日) 16:45:49.13 ID:CAP_USER.net
    自宅で使うフィットネス器具が売れている。健康志向の高まりや空前の「筋トレ」ブームを背景に定期的に運動をする人が増えているなか、従来型のフィットネスクラブの会員数の増加傾向は頭打ちになり、自宅で鍛える傾向が強まっているようだ。2019年4~12月のフィットネス器具の売上高が前年同期の2倍に増えた器具メーカーもある。景気探検隊が用品店などを歩き、「自宅トレ」派が増える背景を探った。

    「フィットネスク…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55560850T10C20A2X11000/

    【自宅で筋トレ、売れるフィットネス器具 老後不安も一因】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/28(火) 15:31:17.51 ID:CAP_USER.net
    博報堂DYメディアパートナーズ(MP)は新聞社を対象に最長3分のニュース動画を新聞記事から自動で作成するサービスを始めると発表した。人工知能(AI)に記事を読ませて内容を要約させ、音声付きの動画に仕立てる。動画は新聞社の自社サイトやSNS(交流サイト)で配信する。第1弾として中国新聞社が月末に試験的に導入することを決めた。

    新サービス「ニュースブレイン」は、博報堂DYMPが動画制作などをてがけるオープンエイト(東京・渋谷)と共同で開始する。新聞社が博報堂DYMPのシステムに記事の見出しや本文、記事に関連する写真や映像をアップすると、AIが写真や映像にテロップがついた「ストーリー性のある1本の動画にまとめる」(同社)という。

    動画のなかで、写真や映像を流すタイミングはAIが判断するが、新聞社が自分で修正することも可能。記事と関連する写真や映像が無い場合は、文字のみで構成する動画になる。システムの利用料は月額20万円(標準タイプ)。別途、初期費用が20万円かかる。

    メディア業界のなかには、次世代通信規格「5G」が普及すると、若者を中心にニュースを動画でみる需要が増えるとの見方も一部ある。博報堂DYMPは「メディアが広告事業の収益を拡大するには、通信環境の変化に合わせた動画の活用が欠かせない」とみて新聞社に採用を呼びかける。

    2020/1/28 15:21
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54935920Y0A120C2000000/

    【ニュース動画を自動作成 博報堂DYMPが新聞社向け【うっかり踏むとがっかりする動画】】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/27(月) 15:43:36.55 ID:CAP_USER.net
    京都大学の福岡隆夫研究員らはナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの金微粒子を使い偽造防止用タグを開発した。商品の在庫管理など向けに普及するICタグより安価で、医薬品の表面などに直接印刷することも可能だ。医薬品卸会社と協力し、2月からサプライチェーンの安全性強化を目指した実証実験を始める。

    金ナノ粒子にあらかじめ特定の化学物質をくっつけた。レーザー光を当てると波長が変化した光が返ってくる「ラマン散乱」と呼ぶ現象を用いた。金ナノ粒子は光を強める効果があり、波長は化学物質の種類ごとに異なる。これを測り、特定の化学物質から出る波長と照らし合わせ、本物と偽造品を素早く区別する。

    ナノ粒子は微量で済む。約5000種類の化学物質が使えるため、偽造は困難という。ナノ粒子を含むインクを薬の表面に印刷し、室温で5年以上保管した後も波長を検出できることを確かめた。家畜や食品などの識別にも使いたい考えだ。

    2020/1/27 10:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54742950T20C20A1000000/

    【金ナノ粒子で偽造防止用タグ 京大が開発【ステルスナノビーコン】】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/10(金) 00:13:54 ID:CAP_USER.net
     米国のHYPELEVが、スニーカーを空中に浮かべた状態でディスプレイできるデバイス「Hypelev Levitation Display Stand」を販売している。

     Hypelev Levitation Display Standを使うと、磁力でスニーカーを空中浮遊させて飾れる。付属の強力な磁石をかかと部分に入れたスニーカーをセットすると、スニーカーが宙に浮く。

     ボディからスニーカーに向けて空気が吹き出すようになっており、ディスプレイされたスニーカーはゆっくりと回転する。LEDが設けられており、暗いところでは浮遊するスニーカーがライトアップされる。

     スニーカーに限らず、さまざまなタイプの靴をディスプレイ可能。浮遊させられる靴は、サイズがUSサイズの15(約33cm)まで、重さが1kgまで。ボディカラーは、黒と白の2種類。
    https://japan.cnet.com/storage/2020/01/09/54c849a613795f047c1ca195d98449bf/2020_01_09_sato_nobuhiko_008_image_03.jpg
    https://japan.cnet.com/article/35147826/

    【スニーカーを空中浮遊させてディスプレイできる「Hypelev Levitation Display Stand」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/11(土) 01:33:55.40 ID:CAP_USER.net
    米ネットフリックスや英DAZNグループなど外資系の動画配信事業者の攻勢が強まる中、国内勢はどう生き残っていくのか。国内動画配信大手の一角を占めるU-NEXTの堤天心社長に、国内の動画配信市場の現状と今後の戦略を聞いた。

    ■14万作品、レンタル市場の受け皿に

    U-NEXTは14万作品と日本最大級の作品数が強みだ。動画配信ビジネスはDVDなどのレンタルとWOWOWなどの有料チャンネルから顧客を奪う構図…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54173400Y0A100C2000000/

    【U-NEXT堤社長「エンタメまとめて楽しめるアプリつくる」】の続きを読む

    このページのトップヘ