ガジェット

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/31(水) 23:14:57.70 ID:CAP_USER.net
    電動キックボード事業を展開するLime(ライム)は早ければ今年中に日本市場に参入する。同社のCEOのBrad Bao(ブラッド・バオ)氏がTechCrunch Japanとの取材で明かした。

    日本といえば規制大国。電動キックボードを取り巻く環境についても例外なく厳しい。

    Limeは出資を受けているデジタルガレージとともに日本展開に向け準備しているが、なぜ日本で電動キックボードのシェアリングサービスの展開を目指すのだろうか。「Limeは日本での電動キックボードの普及に大いに貢献できる」と意気込むバオ氏に、電動キックボードとマイクロモビリティーの日本における可能性について話を聞いた。

    電動キックボードの“社会的な意義”
    ライドシェアやカーシェアリング、自転車のシェアリングなど、近年、様々な移動のオプションが誕生してきた。だが、そんな中でも電動キックボードのシェアが圧倒的に拡大している理由は、混雑を緩和できる、時間を節約できる、環境に優しい、など、「他の乗り物にはない利点」が多く存在するからだとバオ氏は説明する。

    バオ氏はKinzon Capitalの代表パートナーでもある。モビリティ領域を研究する中、Uberのようなライドシェアに注目していたが、「Uberにより交通渋滞や環境汚染が改善されるわけではない」と気付き、2017年にLimeを共同創業する。創業から約2年だが、同社はこれまでに7.77億ドル(約844億円)調達し、バリュエーションは24億ドル(約2600億円)だ。

    「車やUberを使っても交通渋滞に引っかかってしまうので、毎日のように同僚と『今日も渋滞はヒドかった』と会話をすることになる。だからこそ、苦しみ続けながら繰り返し文句を言うのではなく、何らかのアクションを取る必要があった。単に『短距離移動』にビジネスチャンスを見出しただけではなく、社会的意義を感じてこの事業を立ち上げた」(バオ氏)。

    LimeはこれまでにLime BikeやLime Transit Podなども展開しているが、現在注力しているのが電動キックボード。

    Limeが4月に発表したレポートによると、「車でなくLimeを利用することで、ユーザーは1日26ドル節約でき、年間200kgものCO2を削減できる」。同社いわく、Limeはこれまで90万ガロンものガソリンを節約。これは1700台の車が1年間稼働しなかった際に節約できるガソリンの量と同等だという。

    加えて、National Household Travel Surveyが2010年にリリースした調査結果によると、車や自転車の利用を含む全ての移動の40%が2マイル以下、そして1マイル以下の移動の60%は車、ピックアップトラックやSUVなどの自家用車によるもの。そのため、移動の多くは車でなく電動キックボードで済む、とも言えるだろう。

    車以外の選択肢だと、電動キックボード以外にも自転車シェアリングなどがあるが、自転車はドックまで取りに行く必要があるうえ、最悪、必要時にすべて貸し出されていることも。その点、アプリでその辺に転がっている電動キックボードを探すのは比較的楽だ。

    また、電動キックボードは「自転車と違い、どんな服でも乗ることが可能」。バオ氏いわく、「性別や年齢を問わず乗りこなすことができるため、自転車と比べて女性の利用者の率が高い」。確かに、スカートを履いている場合やスーツをきている場合などには、自転車よりも電動キックボードのほうが乗りやすいだろう。

    同社が3月にリリースしたレポートによると、Limeユーザーの33%は女性。一方、通勤で自転車を利用する人たちのうち28%が女性。大差ないように思えるが、バオ氏いわくこの差は今後も開いていく見込みだ。
    以下ソース
    https://jp.techcrunch.com/2019/07/31/lime-ceo-interview/

    【電動キックボードのLimeが上陸へ「日本は参入が最も難しく、最もポテンシャルが大きい市場」】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/07/17(水) 13:23:31.01 ID:CAP_USER.net
     キーサイト・テクノロジーは2019年7月11日、同社のユーザー向けイベント「Keysight World」(同年7月11~12日)の開催に併せて、記者説明会を行った。

    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/mm190717keysight_w250.jpg
    Keysightプレジデント兼CEOのRon Nersesian氏

     米国本社のKeysight Technologies(以下、Keysight)でプレジデント兼CEOを務めるRon Nersesian氏は、「日本はKeysightにとって最も重要な市場の一つ」と強調する。「日本には大手自動車メーカーがいくつもあり、自動車の開発で先行している。当社の注力分野である5G(第5世代移動通信)についても、2019年9月から始まる『ラグビーワールドカップ2019』ではプレサービスが、2020年の東京五輪では商用化が本格化する。その実現に向けてサポートすることがKeysightの役割だと思っている」(同氏)

     Nersesian氏は、顧客の成功に貢献すべく、4つの取り組みを重点的に行ってきたと述べる。まずは、ハードウェア中心からソフトウェア中心の製品を提供すること。そして、オシロスコープ、スペクトラムアナライザーといった製品別の組織ではなく、エンドマーケット別にKeysightの組織を再編成したこと。「通信向け、自動車向け、IoT(モノのインターネット)向けといったように、マーケットごとにどの製品も提供できるようにした。顧客にとっては、この方がシンプルで分かりやすい」(Nersesian氏)

     さらに、Keysightとして本格的に業務を開始した2014年以来、研究開発費も増加した。売上高全体において研究開発費が占める割合は、2014年は約12%だったが、2019年は約16%となっている。さらに、Anite、Scienlab、Ixiaなど、戦略的な買収も継続的に行ってきた。

     こうした取り組みの結果、Keysightの2018年度における売上高は、前年比22%増となる39億米ドルを達成した。

    □サイバー攻撃に対する脆弱(ぜいじゃく)性をテストする
     Keysight Worldでは、新製品のデモも展示した。「オートモーティブ・サイバーセキュリティ・プログラム」は、ECU(電子制御ユニット)やカーナビゲーションシステムなどについて、サイバー攻撃に対する脆弱(ぜいじゃく)性をテストする製品だ。自動車メーカーやティア1サプライヤーに向ける。

     デモでは、市販のカーナビを基地局エミュレーターに接続し、セルラー通信を模擬。ウイルス侵入テストのシナリオを、エミュレーターを介して走らせ、脆弱性を調べたところ、オープンになっているポートが即座に見つかった。なお、テストシナリオに使用するデータベースについては、Ixiaの専門チームが最新のウイルスなどの情報を常に収集し、定期的にアップデートしているという。このデータベースは、サブスクリプションモデルとして提供される予定だ。

    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/l_mm190717keysight2_w190.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/l_mm190717keysight3_w190.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/l_mm190717keysight4_w190.jpg
    一枚目=デモの様子/二枚目=「Result: 1 opern ports」と書かれている(赤線部分)が、これは、侵入できるポートが1個見つかったということ。つまり、テスト対象となっているカーナビには、サイバー攻撃に対する脆弱性があることになる/三枚目=外部からカーナビをシャットダウンできてしまった……

    →動特性の評価機能を開発用にも
    https://eetimes.jp/ee/articles/1907/17/news035_2.html
    続きは元ソースでご覧下さい

    2019年07月17日 11時30分 公開
    EE Times Japan
    https://eetimes.jp/ee/articles/1907/17/news035.html

    【ウイルスの侵入ポイントを探る、車載向けテスト】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/06/24(月) 12:30:41.49 ID:CAP_USER.net
    ZOZOは、足の形を自宅で3D計測できるマット「ZOZOMAT」を2019年秋より無料で配布する。足の形を計測し、靴選びに必要なデータを簡単に取得できるマットで、24日から先行予約を開始し、発送は秋冬より順次行なう予定。
    https://www.watch.impress.co.jp/img/ipw/docs/1192/123/zozo2_s.jpg

    ZOZOMATは、マットに足を載せ、スマートフォンのカメラを使って、足の形を高精度に3Dデータ化できるマット。専用アプリの音声案内に従い撮影するだけで、マット全体のドットマーカーを読み取り、足の大きさだけでなく、甲高や足幅、かかと幅など、複数の部位を計測。足の形をmm単位で3D計測でき、アプリ内で足型を3Dデータとして360度確認できる。

    ZOZOMAT自体は、ドットマーカーを含む基本レイアウトが用紙に印刷された簡易的なもので、低コストで大量の配布が可能という。また、新聞などの紙媒体にZOZOMATのレイアウトをそのまま出稿したり、自宅のプリンターで印刷できるようPDFで配信することなども検討しているという。

    ZOZOは、ZOZOMATの全国一斉配布に合わせ、ZOZOでは靴の販売コーナーを拡大・強化。靴に合わせたサイトデザインやサービスを老若男女に向け展開予定する。将来的には、ECで自分の足のサイズにあった靴を試着無しで注文できるサービスや、今秋開始予定のマルチサイズプラットフォーム(MSP)事業でのブランドとの共同開発などの展開を目指す。
    2019年6月24日 12:09
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1192123.html

    【ZOZO、足の形を3D計測できる「ZOZOMAT」を無償配布。今秋開始】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/06/10(月) 22:53:33.14 ID:CAP_USER.net
    米国で11日(現地時間)に開幕する世界最大級のゲーム見本市「E3」に合わせ、IT大手が相次いで、スマートフォンなどで楽しめる「クラウドゲーム」への参入を発表している。クラウド上のサーバーの処理能力や通信環境の変化で、専用機がなくてもゲームができるためだ。任天堂やソニーといった日本勢が存在感を誇ったゲーム市場で、新たな主導権争いが起きてきた。

     米マイクロソフト(MS)は9日(日本時間10日朝)、ロサンゼルスでクラウドゲームの新サービス「xCloud(エックスクラウド)」を10月から北米向けに始めると発表した。詳細は明らかにしなかったが、ゲーム部門の責任者、フィル・スペンサー氏は「好きな場所で好きなゲームを楽しむことができる」と強調。E3期間中には、招待客向けにクラウドゲームを一足先に体験してもらうという。

     MSは専用機「Xbox(エックスボックス)」を手がけ、インターネットで膨大なデータをやりとりするクラウドの技術にも強い。この日は7年ぶりとなる次世代の専用機を2020年冬に投入するとも表明。「SCARLETT(スカーレット)」という名で開発を進めており、グラフィック性能を現行のXboxの4倍に高め、クラウドゲームにも対応させるとした。

     グーグルは6日に新サービス「Stadia(スタディア)」の概要を発表。同社幹部は「利用者は、ゲーム専用機ではなく、グーグルのデータセンターを(情報処理の)基盤に使うのだ」と強調した。データセンターで処理した映像をスマホ上などに流し込み、手軽にゲームを楽しめるサービスを11月から欧米14カ国で始める。米国では月9・99ドル(約1080円)の定額制になるという。アップルも、有料ゲーム事業への参入を表明している。

    進化する通信環境、広がるゲーム市場
     IT大手の相次ぐ参入は、スマホなどの高性能端末が幅広く浸透し、背後で動くクラウド上のサーバーも大きく発展したからだ。今後は通信環境のさらなる「進化」も見込める。

     本格的なゲームを楽しむにはこ…
    https://www.asahi.com/articles/ASM6B34TMM6BPLFA004.html

    【MSやグーグルも続々参入 クラウドゲームの波が来た】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/06(木) 21:59:47.53 ID:CAP_USER.net
    自宅にいなくても応対できます――。アイホンは6日、外出先からスマートフォン(スマホ)を通じて自宅の訪問者と通話できるテレビドアホンの新機種を2019年1月25日に売り出すと発表した。宅配便の再配達などを手軽に依頼できるメリットなどをアピールする。

    製品名は「WP―24シリーズ」。共働きの増加やネット通販の拡大を背景に、初年度は1万台の販売を目指す。インターホンが鳴るとスマホの専用アプリが立ち上がり、画面で訪問者の顔を見ながら通話ができる。

    呼び出しに気付かなかった場合は訪問者の映像を録画・再生し、後から確認できる。宅配ボックスとも連動する。扉を開くと自動で録画を始めるため、いつ誰が使ったかがわかる。定価は8万4千円(税別)。従来製品より2割ほど高いという。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38634540W8A201C1L91000/

    【外出先でも通話OK、アイホンが新機種 スマホを活用】の続きを読む

    このページのトップヘ