家電

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/26(火) 15:27:37.59 ID:CAP_USER.net
    マクセルはAR(拡張現実)技術を活用し、車の運転者の視野に行き先や速度、歩行者を検知した情報などを風景と重ねて表示するヘッドアップディスプレー(HUD)を開発、製品化すると発表した。運転者の視点の移動を少なくして安全運転につなげる。車のオプション装備などを想定し、自動車メーカーを中心に売り込む。2020年12月までに製品化を目指す。

    マクセルが製品化する車載用のARヘッドアップディスプレー(画像はイメージ)
    https://www.nikkei.com/content/pic/20190326/96958A9F889DE6E0EBE2E4EAE7E2E0E4E2E1E0E2E3EBE2E2E2E2E2E2-DSXMZO4290683026032019000001-PB1-1.jpg

    同社の光学技術や画像処理技術を活用する。ダッシュボードに機器を埋め込み、下側からフロントガラスに情報を映し出す仕組み。運転席から20メートル先に、約148型の画面に相当する大きさで映像や情報を表示することが可能という。

    例えばフロントガラス上で歩行者にマークを付けて視認しやすくするほか、「何メートル先で曲がる」といった情報を表示する。ドライバーは計器類などに視点を落とさずに情報を確認できる。

    マクセルは価格は非公表としているが、10万円以上になる見通し。中国など海外でも展開する考えだ。

    2019/3/26 12:19
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42906850W9A320C1000000/

    【マクセル、車載用ARヘッドアップディスプレーを20年に製品化へ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/26(火) 20:53:23.07 ID:CAP_USER.net
    マキタは充電して使うスティック掃除機の新製品3種を発売した。ブラシがない仕様にすることで従来機より吸引力を最大4割強くしたほか、内部の構造を見直して耐久性を2倍以上高めたという。

    製品名は「充電式クリーナ CL280FD」などで、バッテリー充電器付きが税別4万1900~4万3600円。全国のホームセンターなどで取り扱う。

    ごみの吸い取りはカプセル式と紙パック式がある。排気口には吸音スポンジを付け、騒音を抑えた。「CL280FD」の集じん容量は750ミリリットルで、1回の充電で約20分連続で使用可能。こまめに電源をオンオフできるようにトリガースイッチを採用した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41774540W9A220C1L91000/

    【マキタ、吸引力や耐久性高めたスティック掃除機】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/03/21(木) 18:41:19.48 0.net
    https://i.imgur.com/4cEgxiJ.jpg

    https://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/1175/797/3_o.jpg
    https://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/1175/797/4_o.jpg
    https://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/1175/797/7_o.jpg

     食パンを美味しく食べることを徹底的に追求したトースター。本体はパッキンを備えた密封断熱構造で、上下ヒーターを採用。
    パンを1枚1枚密封して焼くことで、水分や香り、うまみをギュッと閉じ込めるという。
    狭い庫内に蒸気と香りが充満し、食パンの水分が内側と耳に行き渡るため、耳までふわふわな焼き上がりになるとしている。

    表示パネルは非搭載で、加熱中の運転音「カチカチカチカチ……」という音が早くなると、焼き上がり終了が近い合図だという。

     温度管理は、同社のセンシング技術で細やかに加熱を制御。近接ヒーターによる高い加熱効率で、食パン両面の温度をセンシングする。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1175797.html

    【「あるある・る・る 愛がある」の西田ひかるのCMでおなじみの三菱電機が画期的なオーブントースターを発売】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/21(木) 19:29:16.04 ID:CAP_USER.net
    米Facebook傘下のOculus VRは3月20日(現地時間)、PCベースのVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Oculus Rift S」を発表した。2016年に発売したOculus Riftの後継モデルで、今春、399ドルで発売する。

    Oculus Rift SはLenovoと共同開発。ヘッドセットの重量バランスや遮光性能を向上させ、PCと接続するケーブルも1本にまとめた。Oculus Goと同じように外部ヘッドフォンを使うこともできる。頭の大きさや形には、後部のダイヤルで合わせる方式になった。

    外部センサーを必要としないインサイドアウトトラッキング方式で、ルームスケールにも対応している。Oculus Touchコントローラもインサイドアウト対応だ。次世代光学系を採用したことにより、「スクリーンドア効果」を軽減。より鮮明でシャープなディスプレイを実現したという。

     推奨グラフィックスカードはNVIDIA GTX 1060、AMD Radeon RX 480以上。OSはWindows 10。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1903/21/koya_rift1.png
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/21/news014.html

    【外部センサー不要のPC向けOculus Rift S、今春発売】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/04/03(水) 12:03:31.06 ID:CAP_USER.net
    キヤノンはデジタルカメラと携帯型プリンターが一体となった新製品を米国などで発売した。撮影画像をデータとして記録媒体に保存し、紙とインクが一体となった専用のシール紙に印刷する。撮ったその場で印刷し、家族や友人らと共有するといった使い方を想定する。日本での発売予定は未定という。

    上位機種の製品名は「IVY CLIQ+(アイビー クリックプラス)」。800万画素のカメラ機能と、写真のプリント機能を備える。スマートフォン(スマホ)のアプリと連携し、過去に撮影した画像データを印刷することも可能だ。レンズ部分の周りには環状の発光ダイオード(LED)光源を備え、人物撮影などに使える。

    廉価版「IVY CLIQ」のカメラは500万画素。直前に撮影した画像1枚を印刷することができる。米国の販売サイトでの価格は「CLIQ+」が159.99ドル(約1万8000円)、「CLIQ」が99.99ドル。欧州でも別名で販売する。

    キヤノンは2018年9月にスマホで撮影した写真を印刷する小型プリンター「インスピック」を国内で発売。若者らに写真の楽しみ方を提案する。
    2019/4/3 11:49
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43268870T00C19A4X20000/

    https://www.nikkei.com/content/pic/20190403/96958A9F889DE6E1E0E4EAEAE5E2E2E1E2E6E0E2E3EB8AE0E2E2E2E2-DSXMZO4326885003042019X20001-PN1-1.jpg

    【キヤノン、デジカメとプリンターを1台で】の続きを読む

    このページのトップヘ