家電

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/23(月) 01:11:39.56 ID:CAP_USER.net
    社会的に禁煙の流れが広まるなか、カー用品店では2020年現在も、車載用灰皿のコーナーが一定の規模を占め続けています。カー用品メーカーのカーメイト(東京都豊島区)によると、実は車載灰皿は年間10億円もの市場で、同社では車載用スマートフォンホルダーに次ぐ重要ジャンルと考えているそうです。

    車載用灰皿について、カーメイトに話を聞きました。

    ――ここ数年で車載用灰皿のニーズが増えているでしょうか?

     禁煙の流れのなか、喫煙者人口は年々減っていますが、新車への灰皿の装着がほとんどなくなったこともあり、純正オプションやアフター用品として灰皿のニーズが高まり、市場は拡大しました。また、路上や建物内での喫煙禁止といった流れを受け、車内でタバコを吸う方が増えていることも、その背景にあります。

     加えてここ数年は、紙巻タバコから「IQOS(アイコス)」などの加熱式タバコへの移行も増え、その充電スタンドなどの需要も高まっています。紙巻タバコを想定した車載用灰皿の市場は、やや減少しているものの、加熱式タバコ専用スタンドや吸い殻入れといったものを加えれば、市場は拡大しています。

    ※ ※ ※

     加熱式タバコについてJT(日本たばこ産業)は、タバコに火をつけて燃焼させるのではなく、専用の機器にタバコを差し込み加熱させ、その蒸気を楽しむもの、と説明します。カーメイトによると、その機器の充電、ホールド、吸い殻入れの機能を備えたオールインタイプの商品が特に人気とのこと。「それぞれを別々に用意するのではなく、ひとまとめにすることで、車内がごちゃごちゃしないといった点でも人気です」と話します。

    クルマでは「ストレスなく吸いたい」 灰皿も進化
     車載用灰皿について、引き続きカーメイトに聞きました。

    ――車内でタバコを楽しみたい、というニーズは今後も増えるのでしょうか?

    「クルマの中で楽しみたい」というよりは「クルマというパーソナルな空間でストレスなく吸いたい」といった感じの方が多いかと思います。外で吸いにくい、吸えない環境が進む一方で、クルマは誰にも文句を言われない「自分の喫煙所」みたいなイメージです。当社としても、ストレスなくタバコを吸ってもらうため、クルマに特化した喫煙具を提供していきたいと考えています。

     家庭の灰皿とは違うクルマならではのニーズとして、夜でも使いやすいようにLEDライトが点灯したり、そのための電源を確保するソーラーパネルが付いていたり、運転中でも簡単に火種が消せる火消し穴があったりします。そうした細かいニーズは、挙げ出すときりがないほど様々です。それを満たすとともに、車内で安心、安全にタバコを吸ってもらいたいという想いも届けていきたいと思っています。

    ※ ※ ※

     2020年4月から改正健康増進法が施行され、タバコを吸える場所がさらに減っていくなど、喫煙をめぐる環境はますます厳しくなっていくことが予想されます。カーメイトは、こうした情勢によって大幅に売り上げが伸びるとは思えないものの、加熱式タバコ関連の需要は増え、そういった面では追い風になると考えているそうです。

     この点はカー用品店「オートバックス」を展開するオートバックスセブン(東京都江東区)も同様の見解で、加熱式タバコをめぐっては、専用の芳香剤や消臭剤といった関連グッズも含め、商品の入れ替わりが頻繁になっているといいます。

     カーメイトは、「今後、クルマはよりいっそう、喫煙の拠点になるでしょう」と話します。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00010003-norimono-bus_all

    【禁煙が追い風?売れる車載灰皿】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/13(金) 22:53:51.58 ID:CAP_USER.net
    Loupedeckは、AdobeのLightroomやPremiere Proといった写真、映像編集ソフトを直感的に操作できるコンソールデバイス「Loupedeck CT(クリエイティブツール)」を発表した。タッチスクリーンを備え、様々なカスタマイズが可能。価格は69,980円(税込)で、Amazon、ヨドバシ・ドット・コムで販売。ヨドバシカメラの店舗でも販売する。対応OSは、Windows 10、Mac OS 10.13+。
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1240/598/a01_s.jpg

    6個のダイヤルと、タッチパネル、ホイール、ラウンドボタンを装備。ダイヤルは、スライダー値、ブラシサイズ、レベルなどの機能を割り当てる事で、ダイヤルを回して直感的な操作が可能。Lightroomでサムネイルの表示サイズを調整するといった使い方も可能。押し込む機能も備え、瞬時にデフォルト値に戻せる。

    タッチパネルには、ツールやプリセット、アクションなどを登録できる。割り当てたタイプによって、アイコンの色が変化する。

    ホイールは、丸形タッチパネルと回転機構を備えており、タッチパネルで回転の動作を切り替えたり、カラーホイール機能を割り当てて、直感的に色味を調整する事もできる。

    対応するソフトは、AdobeのLightroom Classic、Photoshop CC with Camera Raw、Premiere Pro CC、After Effects CC、Final Cut Pro X。音楽制作分野ではAbleton Live、AdobeのAudition、デザイン向けではAdobe Illustratorをサポート。さらに2020年春には、Luminar、CAD/CAM用のAutodesk Fusion 360にも対応する予定。

    新たに、ゲーム業界への挑戦として、今後数週間のうちにライブ配信用ソフトのStreamlabsにも対応を予告している。

    また、キーボードショートカット機能に対応したソフトであれば、Loupedeck CTで操作できるようにする「Loupedeck Profile Creator」というソフトも、3月26日に公開する予定。

    USB-C端子を備え、PCとはUSBケーブル1本で接続。バスパワーで動作する。機能のカスタマイズは、PCのソフトから行なう。

    外形寸法は160×150×30mm(縦×横×厚さ)で、重量は365g。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1240598.html

    【LightroomやPremiereを直感操作、タッチパネル搭載コンソール「Loupedeck CT」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/10(火) 20:07:55.81 ID:CAP_USER.net
    デルタ電子株式会社は、Innergieブランドの60W USB Type-C電源アダプタ「Innergie 60C Pro」シリーズ2機種と、車載充電器「300 USB-C+A」を日本国内で16日より販売開始する。

    「Innergie 60C Pro(Fold)」は折りたたみ式のプラグを装備した、60W出力のモデル。税別価格は8,900円。

     2018年時点で海外で販売開始されており、ノートPCやスマートフォンといったデバイスを多く持ち運ぶユーザーにとって日本国内での正式投入が切望されていた。本体サイズが30.4×30.4×60mm(幅×奥行き×高さ)/容積55ccの世界最小サイズ、85gの世界最軽量が特徴となっている。

     出力は5V/9V/12V/15V/20V(すべて3A)で、92%の高い変換効率を謳う。過電流、過電圧、過熱、過負荷、短絡保護を備えた「InnerShield」機能を搭載。1.5mのUSB Type-Cケーブルが付属するほか、別売りの「Innergie C-T 1.5m」(税別2,180円)を利用することで、Acer、ASUS、Dell、HP、LenovoのノートPCに対応した6種類のプラグで利用できる。

     発売を記念し、公式サイトではInnergie 60C ProとInnergie C-T 1.5mのセットを税別8,980円で販売する。数量限定となっている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1239/855/1_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1239855.html

    【Innergieの世界最小/最軽量60W USB Type-Cアダプタが国内販売開始】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/05(木) 19:20:48.99 ID:CAP_USER.net
    東プレ株式会社は3月5日、同社初の有線USBマウス「REALFORCE MOUSE」を発表した。19日より家電量販店などで発売し、店頭予想価格は19,000円前後の見込み。

     日本屈指のキーボードブランドである“REALFORCE”を冠し、その代名詞でもある「静電容量無接点方式スイッチ」を左右クリックボタンに実装しているのが最大の特徴。

     REALFORCEのキーボードと同じく、荷重の変化がなだらかで、“フェザータッチ”と柔らかな呼ばれるクリックが可能。接点がないため非常に静かであるほか、その特性上チャタリング(二重入力)も起きず、耐久性は5,000万回に達している。

     形状は右利き用の左右非対称型で、サイドボタンを用意したスタンダードな作りを採用。ボタン数は左右クリック、ホイール(チルト非対応)、2つのサイドボタン、DPI切り替えスイッチの合計6ボタンを装備。左右クリックを除きプログラマブル対応で、専用アプリを使用して各種機能の割り当てが行なえる。

     光学センサーはゲーミングマウスなどに採用されているPixArt PMW3360を搭載。ゲーム用途だけでなく、CAD/CAM/CGデザインといったプロユースにも好適としている。トラッキングの解像度は400~12,000DPIの範囲で100DPI刻みで設定でき、DPI切り替えスイッチを使って、4つのDPIを即座に使い分けることができる。

     底面にはポーリングレートを切り替えるスライド式スイッチが用意されており、125/500/1,000Hzに設定可能。また、アプリからリフトオフディスタンスの距離を設定でき、「Low」および「High」の2種類の好みの高さでセンサーの反応を変えることができる。

     ゲーム用途を意識したLED機能を備え、本体手前にあるREALFORCEのロゴと、DPI切り替えスイッチの近くにあるインジケータを7色の光で彩れる。DPIをスイッチで切り替えたさいには規定の色で数秒光るようになっており、その後任意に設定した色に切り替わるようになっている。またプロファイル機能も用意しており、アプリを通して選択できる。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1238/808/24_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1238808.html

    【東プレ初のマウス「REALFORCE MOUSE」登場】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/03/06(金) 13:43:04 ID:CAP_USER.net
    三菱重工業は人の動きを検知する人感センサーで温度調整する家庭用エアコンなど23機種を4月から順次発売すると発表した。2020年夏に発売する別売り部品の無線LAN(構内情報通信網)機器と接続すれば、スマートフォンで外出先から簡単に操作できる機能もつけた。環境意識の高まる中、省エネモデルで需要を取り込む。

    (日経新聞の仕様により画像引用が出来ませんので、三菱重工冷熱株式会社様の商品紹介ページから引用します)
    ビーバーエアコン2020年度モデルSY,RY,TYシリーズ:ルームエアコン | 三菱重工冷熱
    https://www.mhiair.co.jp/contents/05-house/roomaircon.html
    https://www.mhiair.co.jp/contents/image/05-house/2020/2020_room_top.png
    https://www.mhiair.co.jp/contents/image/05-house/2020/2020_room_series_sy.png
    https://www.mhiair.co.jp/contents/image/05-house/2020/2020_room_series_ryty.png
    三菱重工業は人感センサーにより省エネのコンパクトモデルを発売

    新たに発売するのは同社の家庭用ルームエアコン「ビーバーエアコン」シリーズの23機種。

    同シリーズは1970年に誕生し、今回は50周年モデル。最高位機種の「SY・SYKシリーズ」に人の動きを検知して設定温度を自動調整する人感センサー機能を搭載した。人の不在を認識することで冷やしすぎや暖めすぎを抑え、一定時間不在にすると自動的に運転を止め、省エネにつなげる。

    狭い空間にも取り付けられる25センチメートルの小型モデルも用意した。

    ジェットエンジンの翼形状設計にも使われる解析技術を設計に応用し、気流は冷房時に14メートルまで届く。少ない電力でも大風量で吹き出せるようにし音や振動を抑えた。気流をきめ細かく制御でき、16パターンから好みのエリアを選んで空調できる。寒冷地向けモデルも用意する。

    価格はオープンだが、店頭想定は最上位のSYシリーズの場合、対応する部屋の大きさにより税別で17万~24万円。エアコンを外出先から操作する機能では、別売り機器は税別1万1000円と工事料などがかかる。

    スマホでアプリをダウンロードすれば、遠隔からエアコンを操作できる。グループ会社が販売する加熱気化式加湿器との連動運転機能も加え、エアコンが湿度検知することで加湿器が自動で運転・停止するようにした。

    2020/3/6 11:59
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56467970W0A300C2XA0000/

    【三菱重、省エネのエアコン 人感センサーを搭載】の続きを読む

    このページのトップヘ