家電

    1: 田杉山脈 ★ 2020/06/30(火) 15:20:11.15 ID:CAP_USER.net
    華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、SIMロックフリーのモバイルルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5785」を7月7日に発売する。税別店頭予想価格は9,980円前後の見込み。

     HUAWEI Mobile WiFi E5785は、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)およびLTE Cat 6をサポートする小型ルーターで、LTEで最大300Mbpsの受信が可能。送信速度は最大50Mbpsとなる。Wi-Fi通信はデュアルバンド対応で最大16台まで接続可能。

     各種ステータスを表示する1.45型液晶を備え、充電用のインターフェイスはMicro USB。SIMスロットはMicro SIMを1基装備する。バッテリ容量は3,000mAhとなり、約12時間の連続駆動ができ、スタンバイモードでは700時間の待ち受けが可能となっている。

     対応バンドは以下のとおり。

    LTE FDD : B1/3/5/7/8/18/19/20/28/32
    LTE TDD : B38/41/42
    UMTS : B1/2/5/8
    GSM : B2/3/5/8
     本体サイズは108×62×17.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約127g。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1262/312/01_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1262312.html

    【ファーウェイ、約1万円のモバイルルーター】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/06/26(金) 12:20:45.20 ID:CAP_USER.net
     アイリスオーヤマは、顔認証と発熱者検知が同時にできるカメラ「顔認証型AIサーマルカメラ」を7月1日に発売する。検知速度は0.2秒、顔認証精度は99%と「業界最高クラス」としている。価格は25万円(税別)。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2006/26/yx_ai.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2006/26/yx_ai_02.jpg

     新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、さまざまな施設で検温が行われている。同社が以前から販売している、非接触で発熱検知できるAIサーマルカメラは、当初計画の約2倍売れているという。

     新製品は、AIを使った顔認証と発熱検知が同時にでき、設定より高い体温の人や、事前登録していない顔を検出した場合は、画像と音声アラートで通知する。

     また、マスク着用者だけ入場を許可する「マスク着用強制モード」や、出退勤登録できる「勤怠モード」も搭載しており、勤怠管理にも使える。
    2020年06月26日 11時26分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/26/news058.html

    【0.2秒で顔認証+発熱者検知 マスク着用の判定も アイリスオーヤマが新製品】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/06/27(土) 15:13:37.54 ID:CAP_USER.net
    富士通ゼネラルは、「ウエアラブルエアコン」をうたう体温冷却装置「C?modo gear(コモドギア)」の提供を2020年6月から開始する(ニュースリリース)。警備業や建設業といった炎天下および空調のない現場での作業が必要な事業者に向けて、レンタルで提供する。費用は月額1台1万円以内になる見込み。

     コモドギアは、ペルチェ素子を利用した水冷装置で、ネックバンド型の冷却部と腰に取り付けるラジエーターを接続して使用する*1。ラジエーターにリチウムイオン電池を搭載しており、3時間の充電で2~4時間冷却できる。ネックバンド部の質量は約170g、ラジエーター部は電池と合わせて約670g。

    首に装着した冷却部から、頸(けい)動脈を流れる血液を冷却することで体温を下げる。外気温の影響を受けにくい水冷方式にしたことで、冷却効果を高めたとする。冷却温度の設定は、4段階で変えられる手動モードと、体温と連動する自動モードを備える。また、体温や脈拍を計測するセンサーのほか、NFC(近距離無線通信)と「Bluetooth 4.2 Low Energy」の通信モジュールを内蔵する。今後、スマートフォンを利用した設定機能などを開発する予定。ペルチェ素子を暖房用に利用する機能も開発中。

    今回の製品は、同社が新たな価値創造を目指して社内に組織した「BIG(Being Innovative Group)」の第1弾製品となる。今後は、BIGから派生したウエアラブル事業部として、本格的にウエアラブル分野の事業化を進めるとしている。
    https://cdn-xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/07988/20200528_FujitsuGeneral_01.jpg
    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/07988/

    【首に巻く「エアコン」、富士通ゼネラルが6月から提供】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/06/22(月) 20:31:44.05 ID:CAP_USER.net
    オンキヨー&パイオニアは、スポーツ時の激しい動きでも外れにくいとするパイオニアブランドのヘッドホンシリーズ「Energetic Style series」から、完全ワイヤレスイヤホンの新製品「E9truly wireless」を発表した。6月下旬の発売を予定しており、価格は13,000円(税別)。発売開始に先立ってアキハバラの同社ショールーム「ONKYO BASE」での先行展示を実施する。

    スポーツシーンでの使用を想定したワークアウト向け完全ワイヤレスイヤホン。シリコン製「セキュアイヤーフィン」でスポーツ用途に耐える装着感の安定性を実現した他、耳穴に対してドライバーの音が減衰無くダイレクトに届くという「イヤーダイレクトマウント構造」設計を採用し、音質と装着感を両立。

    周囲の音が聞きやすい「アンビエントアウェアネスイヤホンチップ」を同梱。車のエンジン音などが聞こえるようイヤホンチップにスリットを備え、カナル型イヤホンながら密閉度を下げることで、周りの音を認識しつつ音楽が楽しめるという。さらにイヤホン内蔵マイクで周囲の音を聴取する外音取り込みモードも搭載する。マイクではハンズフリー通話も可能。

    強磁力希土類マグネット採用の6mm径ドライバーを搭載し、解像感を高めたクリアな中高音と重厚でパワフルな低音を実現。Bluetooth 5.0に準拠してオーディオコーデックはSBCとAACに対応する他、A2DP/AVRCP/HFP/HSPのプロファイルをサポートする。1回の充電で最大5時間の連続再生が可能で、充電ケースの併用で最大20時間使用可能。充電には付属のUSB Type-Cケーブルを使用する。

    https://news.mynavi.jp/article/20200622-1062736/images/001.jpg
    https://news.mynavi.jp/article/20200622-1062736/

    【パイオニア、IPX5/IPX7防水の完全ワイヤレスイヤホン「E9truly wireless」】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/06/23(火) 14:54:35 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1260/804/01_o.jpg
    F(x)tec Pro1

     株式会社リンクスインターナショナルは、英F(x)tecの物理キーボードつきAndroidスマートフォン「F(x)tec Pro1」を7月4日に発売する。税別価格は89,900円前後の見込み。

     5列66キーのスライド式QWERTY物理キーボードを備えた5.99型のスマートフォンで、スクリーンキーボードが表示されないため、画面を大きく使ったり、文字入力をスムーズに行なえる。Androidの画面分割機能を活用して、YouTubeを見ながら別作業をするといったことも可能。OSはAndroid 9.0を搭載。

     0~9、A~Zのキーに好みのアプリを設定して、長押しでショートカットとして起動可能。カメラやメモアプリの即起動や、コピー/貼りつけなどの機能も割り当てることができる。

     ディスプレイはAMOLED(有機EL)を採用し、解像度は2,160×1,080ドット。ガラス面は曲面加工されているが、Gorilla Glass 3を採用し、耐久性を向上させている。

     Nano SIMスロットを2基備え、対応バンドは以下のとおり。

    ・FDD LTE : 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/26/28
    ・TDD-LTE : 38/39/40/41(100MHz)
    ・TD-SCDMA : 34/39
    ・WCDMA : 1/2/4/5/8
    ・CDMA :BC0/1
    ・GSM : 2/3/5/8

     おもな仕様は、SoCがSnapdragon 835、メモリはLPDDR4 6GB、ストレージ128GB、5.99型AMOLED(2,160×1,080ドット)、OSはAndroid 9.0を搭載。

     インターフェイスは、メインカメラが1,200万画素/F1.8+500万画素/F2.0、サブカメラが800万画素/F2.0、LTE、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)、Bluetooth 5.0+LE、Nano SIMスロット×2、microSDカードスロット(Nano SIMスロット1基と排他)、USB Type-C(HDMI対応)、3.5mmヘッドフォンジャック。搭載センサーは指紋、GPS/AGPS、加速度、近接、光、ジャイロ、磁気。

     本体サイズは154×73.6×13.98mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約243g。バッテリ容量は3,200mAhで約10時間の連続通話、約480時間の連続大樹が可能。Quick Charge 3.0の急速充電に対応し、約36分で50%まで充電できる。

    □関連リンク
    リンクスインターナショナルのホームページ
    https://www.links.co.jp/
    F(x)tec Pro1の製品情報
    https://www.links.co.jp/item/fxtec-pro1/
    F(x)tec(英文)
    https://www.fxtec.com/

    2020年6月23日 13:19
    PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1260804.html

    【物理キーボードつきAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」が7月4日発売】の続きを読む

    このページのトップヘ