Apple

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">ムヒタ ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/09/04(金) 10:49:53.20 ID:CAP_USER.net</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;">   米Appleは9月3日(現地時間)、9月中に公開とみられる次期モバイルOS「iOS 14」のプライバシー機能の1つの追加を、来年初めに遅らせると発表した。アプリ開発者が対応するために必要な時間を与えるためとしている。 <br /> <br />  追加を遅らせるのは、iOS 14、iPadOS 14、tvOS 14アプリによるユーザー情報のトラッキングについて、アプリがユーザーに許可を求めることを義務付ける機能。WWDC 2020では、これらの次期OSでは、アプリが他社が所有するアプリあるいはWebサイトでユーザーをトラッキングしたり、IDFA(Appleが端末にランダムに割り当てるID)にアクセスするためにはユーザーの許可を得なければならなくなると予告していた。 <br /> <br />  ユーザーはこれまでも設定でトラッキングを拒否できていたが、明示的に許可を求められればこれまでは気づいていなかったユーザーでも拒否するかもしれない。 <br /> <br />  Facebookは8月26日、この機能が有効になれば、Facebookを利用する開発者と広告主が大きな痛手を被ると警告した。 <br /> <br />  なお、App Storeのアプリのページへのプライバシー情報セクションの追加は、予定通り年内に行う。このセクションに関する開発者向けの説明は10月末までに公開の見込みだ。 <br /> 2020年09月04日 09時54分 <br /> <a href="https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/04/news059.html" target="_blank">https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/04/news059.html</a>  </div><br />
    <!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) -->
    【Apple、iOS 14のトラッキング申告機能の追加は来年に 開発者に時間を与えるため】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/08/21(金) 12:45:17.19 ID:CAP_USER.net
     Appleの特徴である秘密主義に少し隙ができたのかもしれない。あるTwitterユーザーが8月21日、同社のYouTubeアカウントで9月10日に公開予定のライブストリームの予告を見つけたとして、スクリーンショットを投稿したのだ。

     このユーザーは次のようにツイートした。「私のYouTubeのサブスクリプションページにあったが、今は削除されている」

     米CNETはAppleにコメントを求めたが、今のところ回答はない。AppleのYouTubeページには、今のところ予定されているイベントはない。

     このツイートについては米CNETのほかにも9to5MacやThe Vergeが伝えている。こうした注目は、2020年秋の5G対応「iPhone」など、予想されている新製品発表に先立って、人々がAppleの動きをどれほど注意深く見守っているかを示す一例だ。Appleは従来、ショッピングシーズンを控えた秋にイベントを開催し、新製品を発表する。2011年の「iPhone 4S」以来、同社が新しいiPhoneを発表してきたのは、その時期だった。

     2020年も、メディアに送られる恒例の招待状をファンが心待ちにする中で、Appleは、いつもの秘密主義でイベントとその詳細について情報を隠し通している。招待状には通常、イベントを表す芸術的な画像と標題が含まれており、何が発表されるかを示すヒントになっているように見える。だが、たいていの場合は曖昧でもあり、イベントに関するファンの仮説でTwitterが賑わうくらいだ。

     ただし、Appleは2020年のiPhoneについて、発売が例年の9月後半より数週間遅くなる見込みであることを明らかにしている。

     同社の発表に関する予想やうわさは、今後も流れるだろう。
    2020年08月21日 12時11分
    https://japan.cnet.com/article/35158480/

    【アップルのイベントに新たなうわさ--9月10日にYouTube配信?】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/08/14(金) 00:23:15.82 ID:CAP_USER.net
    米アップルは、複数の定額デジタルサービスを顧客がまとめて利用できるパッケージの提供を準備している。サービスごとの契約より安い月額料金で利用できるようになるという。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

    続きはソース元で
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-13/QEZH5WT0AFB801

    【アップルが定額パッケージ「アップルワン」、10月にも開始-関係者】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/08/01(土) 07:44:26.98 ID:CAP_USER.net
    【ドバイ=岐部秀光、ニューヨーク=宮本岳則】米アップルが約7カ月ぶりに「世界で最も価値のある会社」に返り咲いた。好決算を受けた7月31日の米株市場で上場来高値を更新し、時価総額は世界最大の1兆8400億ドル(約193兆円)に達した。首位だったサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、エネルギー株敬遠の流れで伸び悩んだ。

    アップルが時価総額で世界首位に立つのは、アラムコが新規株式公開(IPO)…
    2020/8/1 7:03 (2020/8/1 7:11更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62192560R00C20A8EA4000/

    【アップル時価総額、世界首位返り咲き アラムコ逆転許す】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/06/25(Thu) 10:48:40 ID:CAP_USER.net
    【シリコンバレー=白石武志】米アップルがプライバシー保護を一段と強めている。オンラインで開催中の年次開発者会議では、すべてのアプリ開発者にどういった個人情報を集めているか申告するよう義務づけると明らかにした。消費者は「iPhone」などでアプリを買う前に、自らのデータがどう扱われるかを確認できるようになる。

    「食品を買うときには栄養成分表示を確認する。アプリについても同じものができないかと考えた」。22日に開いた年次開発者会議「WWDC」の基調講演。アップルでプライバシーを担当するエリック・ノイエンシュワンダー氏は同社のアプリ配信サービス「アップストア」上で2020年内に始める新たな取り組みをこう説明した。

    「アッププライバシー」と呼ぶ活動では、各アプリの購入画面で開発者が集める個人情報の種類を一覧で表示する。「位置情報」や「購入履歴」、「連絡先」といった項目をアイコンとともに分かりやすく伝える予定だ。アプリの開発者が第三者とどういった個人情報を共有しているのかも開示する。

    アップルの担当者によると、すべてのアプリ開発者は同社の質問票に回答する形でどういった個人情報を収集・共有しているかを自己申告しなければならない。従わなかった場合、iPhoneやタブレット端末「iPad」、パソコン「Mac」上でアプリ配信ができなくなる恐れがある。

    アップルは個人情報に関する透明性を高めて、消費者が安心してアプリを購入できる環境を整える狙いだ。ただ、同社は毎週約10万件あるアプリ配信の申請のうち、約4割についてプライバシー上の懸念などを理由に却下していると明らかにしている。アップストア上の管理を強める姿勢には、一部のアプリ開発者から反発も予想される。

    米カリフォルニア州では20年1月、一定の条件を満たす事業者に個人情報の収集範囲や利用目的などの開示を義務づける州法「消費者プライバシー法(CCPA)」が施行した。企業に個人情報に関する透明性を高めるよう求める動きは世界的に広がっているが、アップルの今回の取り組みはCCPAとは無関係だとしている。
    2020/6/25 5:44
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60762070V20C20A6000000/

    【アップル、アプリが収集する個人データを開示へ】の続きを読む

    このページのトップヘ