Apple

    1: ムヒタ ★ 2020/05/06(水) 06:07:17.51 ID:CAP_USER.net
    【シリコンバレー=白石武志】米アップルは5日、年次開発者会議「WWDC」を6月22日から1週間程度にわたってオンラインで開催すると発表した。全ての開発者を対象に参加費は無料とする。同社製品向けソフトの開発者の裾野を広げるため、今年は学生らがコーディングの腕を競うコンテストも実施する。

    WWDCは「iPhone」などのアップル製品上でアプリやサービスを開発するソフトウエアエンジニア向けに、基本ソフト(OS)の最新機能などを紹介する場となっている。例年はカリフォルニア州サンノゼ市の会議場に世界各地から数千人を集めて開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響でオンライン開催のみとすることを3月中旬に表明していた。

    オンラインで開く基調講演や各種のセッションには、アップルの開発者向けソフトなどを通じて参加できる。開催内容の詳細については同ソフトを通じて段階的に案内するという。学生向けのコンテストについては同社製品向けのプログラミング言語「Swift」を学べるソフトを使って実施する。

    同社の開発者コミュニティーは世界で2300万人を超えているといい、これまでもWWDCの会場に足を運べないエンジニア向けに基調講演などをネットで配信してきた。オンラインのみの開催となる20年のWWDCについて、マーケティング担当のフィル・シラー上級副社長は「世界の開発者コミュニティーがかつてない方法で集まる過去最大のイベントになる」とコメントしている。
    2020/5/6 4:31
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58792960W0A500C2000000/

    【アップルの開発者会議、6月22日からオンラインで開催】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/04/22(水) 18:47:45 ID:CAP_USER.net
    AppleはiPhone、MacBook、Mac Proなどの新製品に関して、ここ2年ほどハイエンド市場向けにターゲットにしたものが多かったが、今年はiPhone、iPad、iMacなどの主力製品が手頃な価格の新モデルを投入する予定となっていると、工商時報が伝えている。

     iPad Air (3rd generation) の後継モデルとして、11インチ近くまでディスプレイサイズを大きくしたiPad Air (4th generation) を発表する予定で、引き続きFoxconn、Compalが製造し、ディスプレイはLGディスプレイ、シャープ、BOEなどが供給し、バックライトモジュールはRuiyi Optoelectronicsが独占供給する予定で、2020年第3四半期から大量生産が開始される見込み。

    今年発表が予定されているiMacは、21.5インチと27インチの間の画面サイズで、低価格のiMac (21.5-inch, 2017) を置き換えるモデルとして、2020年第4四半期の初めに出荷される可能性があるとサプライヤー関係者は話しているそうだ。

    サプライヤーの情報によると、MiniLEDバックライト製品は、当初ハイエンドのiPad ProやMacBook Pro向けに計画されていたが、今年に入ってからCOVID-19の影響で移動が中止されたため製品開発が遅れており、現在は2021年まで量産が間に合わない可能性があるという。
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/22/news066.html

    【Apple、主力製品を低価格にシフトへ iPad Airを11インチ化、iMacは23インチ投入?】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/03/25(水) 09:59:02 ID:CAP_USER.net
     Appleは4月の前半に一部の直営店の営業を再開したい考えだと、Bloombergが米国時間3月24日に報じた。同社は新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、中華圏以外の全店舗を休業している。

     この記事では、Appleのリテール+人事担当シニアバイスプレジデントを務めるDeirdre O'Brien氏の社内メモを基に、Appleは少なくとも4月5日まで従業員の在宅勤務を継続するとも報じている。

     「中華圏以外のすべての当社オフィスにおいて、柔軟な就労形態を少なくとも4月5日まで、すべてのチームメンバー(ただし、現場にいる必要がある職務に就いている者を除く)に対して延長する。この措置については、勤務地ごとに毎週見直す」と、O'Brien氏はメモの中で記している。Bloombergによると、メモの日付は3月23日だという。

     Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

     新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、Appleは3月に入り、中華圏以外の店舗の休業を開始した。それと同じ頃に、Appleをはじめとするハイテク企業が、従業員に対して在宅勤務を指示するようになった。その後、カリフォルニア州では、州全域を対象とする外出禁止命令が出された。

     一方、突然の休業と、社会的距離を確保するための措置や封鎖によって、多くの企業が営業停止に追い込まれ、世界中の経済がぐらつき始めている。動揺したウォール街の投資家らは、この数十年間で見たことのないようなペースで株式を売却している。初期の各種レポートによると、失業率は米国全域で跳ね上がっているという。
    2020年03月25日 08時38分
    https://japan.cnet.com/article/35151298/

    【アップル、直営店の再開は4月前半の見込みか】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/25(水) 03:53:06 ID:CAP_USER.net
    アップルは25日、iOS 13.4とiPad OS 13.4を提供開始した。iOS 13.4では新しいミー文字ステッカーが追加されるほか、“ファイル” AppでiCloud Driveフォルダ共有を導入。多くのバグ修正と改善も行なわれる。

    さらに、iPad OS 13.4では、マウスとトラックパッドに対応する。

    iPad OS 13.4のみの主な更新内容
    マウスとトラックパッドに対応
    ・新しいカーソル設計により、ホーム画面とDockのAppアイコン、およびAppのボタンとコントロールを強調表示
    ・12.9インチiPad Pro(第3世代以降)および11インチiPad Pro(第1世代以降)でのiPad用Magic Keyboardに対応
    ・Magic Mouse、Magic Mouse 2、Magic Trackpad、Magic Trackpad 2、および他社製のBluetoothマウスとUSBマウスに対応
    ・iPad用Magic KeyboardおよびMagic Trackpad 2のマルチタッチジェスチャにより、スクロール、Appスペース間のスワイプ、ホーム画面への移動、Appスイッチャーへのアクセス、拡大/縮小、タップでクリック、副ボタンのクリック(右クリック)、およびページ間のスワイプが可能
    ・Magic Mouse 2のマルチタッチジェスチャにより、スクロール、副ボタンのクリック(右クリック)、およびページ間のスワイプが可能
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1242793.html

    【iOS 13.4提供開始。iPad OS 13.4はマウスとトラックパッド対応】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/24(火) 02:03:36.76 ID:CAP_USER.net
    アップルは中華圏を除く全世界のApple Store店舗を「追ってお知らせするまで」、すなわち無期限に休業中です。

    では、顧客が修理に出したまま引き取っていないデバイスの扱いはどうなるのか。これにつきアップルから公式に、ストアが再開するまで店頭では受け取りできないとの回答が発表されました。アップルはまず3月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応として中華圏以外での店舗を3月27日まで休業すると発表。それから2日間は窓口を開けておき、修理済みデバイスを引き取りに来るよう顧客に連絡していました。その間に対応できなかったユーザーは、回収するチャンスを逃したことになります。

    アップルの広報担当者は米Business Insiderに「これらデバイスがまだApple Store内にある」と述べるとともに「店舗が再開するまでデバイスを入手する方法はありません」と回答しています。

    ただしアップルの修理センターにデバイスが送られたユーザーについては、顧客に連絡して直接デバイスを発送しているとのことです。通常は修理されたデバイスは店舗に返送され、しかる後に顧客が引き取りに来る手順が踏まれるところ、異例の対応が取られているわけです。

    店舗が3月27日に再開すると信じて引き取りを見送った人にとっては残念なお知らせですが、新型コロナ対策のために閉店している以上、部分的にであれ開店することはできないため、これは必然の措置とも思われます。

    とはいえ、アップルは日々変化する状況に応じてポリシーを変更して、店舗から顧客に修理済みデバイスを発送する可能性もあります。先の2日間に引き取りを逃した方々も、ひとまず今後の連絡を待つといいかもしれません。
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-23-apple-repair.html

    【アップルストアに修理に出したデバイス、店舗再開まで店頭で受け取り不可】の続きを読む

    このページのトップヘ