Apple

    1: ムヒタ ★ 2019/08/16(金) 10:04:57.13 ID:CAP_USER.net
     Appleは8月16日、iOSベースのスマートスピーカーHomePodの予約を日本で開始した。販売開始は8月23日。

     HomePodはAppleの音楽サブスクリプションサービスであるApple Musicと連動。SiriとHomeKitによる家電コントロールが可能。2台を連結すればステレオサウンドも出せる。カラーはホワイトとスペースグレイ。価格は3万2800円(税別)。

     フィル・シラー上級副社長は「日本のお客様にHomePodをお届けできることに興奮しており、お客様のご自宅でどれほど素晴らしい音を出すかを体験していただくのが待ちきれない気持ちです」とコメントしている。

     現在のところ出荷日は4~6営業日となっている。

    2019年08月16日 09時31分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/16/news058.html

    【HomePodが日本で予約開始 発売日は8月23日】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/08/01(木) 08:43:42.94 ID:CAP_USER.net
     米Appleが、2018年にGoogle、Microsoft、Facebook、Twitterが立ち上げたユーザーのためのデータ転送プロジェクト「Data Transfer Project」(以下、「DTP」)に参加した。参加日時の発表はないが、公式サイトに「正式に参加した」とある。米The Vergeによると、7月30日(現地時間)という。

     DTPは、ユーザーがクラウド上に保存している自分のデータを、異なるサービス間でシームレスに転送できるようにすることを目指すプロジェクト。参加企業はそれぞれ、ユーザーが自分のデータをダウンロードするツールは提供しているが、DTPでは、一旦ダウンロードする手間をかけずに、例えばGoogleドライブのデータをMicrosoftのOneDriveに直接転送することを可能にしようとしている。

     プロジェクトはまだ一般ユーザー向けのツールの提供には至っていないが、2018年の立ち上げからこれまでに、18のコントリビューターが4万2000行以上のコードを追加し、多数のフレームワークやAPIが追加されている。
    2019年08月01日 06時24分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/01/news060.html

    【AppleがGoogle、Microsoft、Facebook、Twitterが立ち上げたデータ転送プロジェクト「DTP」に参加】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/01(木) 15:26:10.88 ID:CAP_USER.net
    「やぁ、僕はマック・ブック」──。米Microsoftが7月31日(現地時間)に公式YouTubeチャンネルで公開した動画のオープニングだ。これは、MicrosoftのオリジナルノートPC「Surface Laptop 2」の広告だ。

    動画のナレーションによると、この男性はオーストラリアに住むマッケンジー(通称「マック」)・ブックという名前の実在の人物という。動画は、ブックさんの自宅らしき部屋で、MacBook(MacBook Airの2019年モデルか?)とSurface Laptop 2を比較するというもの。

     ブックさんは、Surface Laptop 2の方がバッテリーが長持ちし、速く、タッチ対応ディスプレイだと語り、結論として「Surfaceを買え」と言ったことになっている。

     Appleが2006年に開始した「Macくんとパソコンくん」キャンペーン以来、AppleとMicrosoftは折に触れて互いの製品を揶揄するようなCM動画を公開してきたが、2014年にサティア・ナデラ氏がMicrosoftのCEOに就任してからは下火になっていた。
    https://www.youtube.com/watch?v=jSS5SKs4UA0


    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/01/news086.html

    【Microsoftが久しぶりにAppleディスり広告「僕はマック・ブック」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/27(土) 21:28:48.11 ID:CAP_USER.net
    信憑性の高いアナリストであるTF International SecuritiesのMing-Chi Kuo(ミン・チー・クオ)氏の最新レポートをApple Insiderが見つけた。読んでみたところ、Apple(アップル)と共同作業する可能性のあるキーボードメーカーに特化した内容だった。そしてAppleは、問題のあるバタフライ構造を新しいシザー構造に置き換えるようだ。

    最初にこの変更を受けるのは長らく噂されてきた 16インチMacBook Proになりそうだ。クオ氏は新製品のリリース時期タイムラインを更新し、同機の予想発売時期は2020年から2019年最終四半期中に変わった。

    そこで終わりではない。AppleはすでにMacBook全機種の更新作業に取り組んでいる。2020年終わりまでには、ノートパソコン全機種のキーボードが新しくなっているはずだ。

    クオ氏のタイムラインによると、Appleは15インチMacBook Proと16インチMacBook Proの両方を製品ラインアップに載せている。おそらく新製品はこれまでの15インチMacBook Proよりも高価になるだろう。このため、MacBook Air、13インチMacBook Pro、および15インチMacBook Proのいずれもが来年新しいキーボードに切り替える可能性がある。

    Appleが最初にバタフライ構造を採用したのは12インチMacBookで2015年のことだった。その後同社は、全機種にこの新しいキーボードデザインを広めていった。

    しかしここ数年多くの人々が、キー入力の取りこぼしや二重入力などの不調を訴えてきた。ホコリがキーの動きを妨げやすくキーボード自体の修理も困難だ。Appleがバタフライ構造キーボードのMacBook全機種に対して無料交換プログラムを実施しているのはそのためだ。

    新デザインでAppleは、基本的に信頼できるデザインに立ち返ることになる。シザースイッチはほとんどのWindowsノートPCで使われており、Appleの外付けキーボードでさえもそうだ。AppleはMacBook製品でも、バタフライ構造にする前はシザー構造を採用していた。

    もし今回の噂どおりなら、伝統的デザインのキーボードが使われたMacBookを見るまでには少し待つ必要がありそうだ。しかし、もうすぐやってくる!
    https://jp.techcrunch.com/2019/07/26/2019-07-25-apple-could-gradually-switch-to-new-laptop-keyboard-mechanism-starting-this-fall/

    【AppleがMacBookのキーボードを今秋から順次新方式に変更か】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/07/12(金) 14:43:13.76 ID:CAP_USER.net
    https://ascii.jp/elem/000/001/895/1895462/rfb-ipad-pro10in-spacegray-wifi-2017_450x450.jpg
    これは10.5インチiPad Pro

     アップルが発売するとうわさの10.2インチ新型iPadと、16インチ新型MacBook Proの量産が始まるようだ。台湾メディア經濟日報が7月9日に報じた。

     同紙によると、10.2インチiPadは7月から、16インチMacBook Proは第4四半期からその量産が始まるという。

     台湾企業のRadiant Opto-Electronicsが、両モデルのバックライトモジュールを独占的に供給する見込みだそうだ。

     10.2インチiPadの量産が7月からということは、今年の新製品発表会でその姿を見られるかもしれない。楽しみだ。

    ■関連サイト

    瑞儀股價逆勢抗跌 穩健邁向填息 | 市場焦點 | 證券 | 經濟日報(中国語 繁体字)
    https://money.udn.com/money/story/5607/3917786
    10.2インチの新型「iPad」は今月から、16インチの新型「MacBook Pro」は今年第4四半期に量産開始か | 気になる、記になる…
    https://taisy0.com/2019/07/09/112098.html

    2019年07月12日 12時30分更新
    ASCII.jp
    https://ascii.jp/elem/000/001/895/1895464/

    【アップル、10.2インチiPadと16インチMacBook Pro準備中か】の続きを読む

    このページのトップヘ