Apple

    1: ムヒタ ★ 2019/05/30(木) 10:11:34.86 ID:CAP_USER.net
     ディスプレイに問題が報告され、発売が延期になった折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Fold」に関しては、製造元のサムスンが問題の解明を続けている。そんな中、Appleによる折りたたみ式デバイスの登場の可能性を示唆する、新たな特許の存在が判明した。
    https://japan.cnet.com/storage/2019/05/30/a3792c700bf20445882c91762e75b9de/screen-shot-2019-05-29-at-9-41-31-am.png

     米国特許商標局は米国時間5月28日、「電子機器向けの折りたたみ可能なカバーとディスプレイ」に関する特許をAppleに発行した。このディスプレイが「iPhone」や「iPad」など、Appleの新しい製品に向けたものなのかに関しては具体的な記述は無く、単に電子機器向けと記されている。この特許で示されているのは、何通りかの形状に折りたたみ可能なディスプレイで、中には複数箇所が折れ曲がるものもある。

     この特許はAppleが2018年1月12日に出願したもので、Patently Appleがいち早く報じていた。だが、Appleが折りたたみ式の電子機器に関する特許を出願したのはこれが初めてではない。2019年2月、Appleが折り畳み可能なクラムシェル型スマートフォンの図面を特許文書に追加したことが明らかになったが、これはもともと2011年に出願されたものだ。

     この特許文書の更新が明らかになったのは、サムスンがGalaxy Foldを初披露したのとほぼ同時期だった。Galaxy Foldは価格が1980ドル(約22万円)で、当初は4月26日に発売予定だったが、一部レビュー機で画面の不具合が発覚し、発売が延期されている。

     Appleが折りたたみ可能なカバーとディスプレイの特許を取得したからといって、折りたたみ式のiPhoneが数年以内に登場するかと言えば、必ずしもそうなるとは言えない。Appleにコメントを求めたが、すぐには返事を得られなかった。
    2019年05月30日 10時02分
    https://japan.cnet.com/article/35137723/

    【アップル、複数箇所で折りたためるディスプレイの特許を取得】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/06/05(水) 14:42:05.27 ID:CAP_USER.net
    Apple Watchアプリがこれまでの制約から解放される。Apple(アップル)はデベロッパー会議でApple Watch上で作動する専用のApp Storeを発表した。つまり、Apple WatchのアプリをiPhoneで探したり、オンやオフをトグル設定したりしなくてもよくなり、新しいApple Watchアプリを手首でブラウズして探すことができる。

    Apple Watchの新App StoreではiOSのApp Store同様にアプリの説明、スクリーンショット、評価などが表示される。そしてスクリーンをタップしてアプリをApple Watchにインストールできる。

    このApple Watch専用App Storeに関連して、アップルはwatchOSアプリがiOS アプリから独立して作動すると説明している。これによりデベロッパーはWatch専用のアプリをつくることができるようになる。おそらくこうした変更によりiOS用のApp Storeでは展開できなかったApple Watchエコシステムを始動させることを思い描いているのだろう。最近の消費者はアラームの受信や、着信・メッセージへの応答、音楽の操作などのビルトイン機能をApple Watchで活用する傾向にある。

    今回、新たなストリーミングAPIも発表された。この独立したApple Watchアプリにはライブのオーディオフィードが含まれ、会議のステージ上で紹介されたようにスポーツイベントの中継を聴いたりすることもできる。

    こうした新たな要素は、より多くの消費者にApple Watchを購入したいと思わせるかもしれない。今まではApple Watchを使うにはiPhoneも持っていなければならなかった。しかしこれからはAppleのエコシステムに多くを投資することなく、さまざまなWatch機能のアドバンテージを享受できるようになる。
    https://jp.techcrunch.com/2019/06/05/2019-06-03-apple-watch-gets-its-own-app-store-independent-apps/

    【Apple Watch専用のApp Storeとアプリが登場】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/06/04(火) 13:30:52.50 ID:CAP_USER.net
    ニューヨーク(CNN Business) 音楽やアルバムの買い方を一変させた米アップルの「iTunes」登場から20年近くが過ぎ、音楽業界は激変した。今、アップルはiTunesを段階的に引退させ、代わって現代化を図った3種類のアプリを登場させる。

    アップルは3日、iTunesをデスクトップアプリの「ミュージック」「TV」「ポッドキャスト」に入れ替えると発表した。こうしたサービスは、スマートフォンの「iPhone」やタブレットの「iPad」では既に分割されている。ウィンドウズを搭載したパソコン向けのiTunesは今後も存続する見通し。

    同社広報がCNN Businessに語ったところによると、購入済みのコンテンツやライブラリは、Macコンピューター上のそれぞれの新しいアプリで維持される。

    アップルはカリフォルニア州サンノゼで開いた世界開発者会議で、ダークモードや音声アシスタント「Siri」の機能強化などを盛り込んだ次世代モバイルOS「iOS 13」や、おろし金にそっくりな新しい「Mac Pro」を披露した。

    同社はこれまでも、有料サービスの「Apple Music」にユーザーを移行させようとしており、iTunesの引退にそれほどの意外性はなかった。ユーザーが楽曲を買ってくれるのを待つよりも、月額料金を徴収する方がアップルの収益は押し上げられる。

    音楽専用アプリの「ミュージック」では、ユーザーの好みに合わせたお薦め楽曲に力を入れ、「ポッドキャスト」ではユーザーが機械学習の力を借りて番組を検索できる。「TV」ではテレビ局などのコンテンツのほか、アップルのオリジナル番組も提供する。

    今後も「ミュージック」アプリを使ってiTunesの音楽ストアから楽曲を購入してダウンロードすることは可能で、映画やテレビ番組をTVアプリから買うこともできる。iTunesギフトカードも引き続き利用できる。
    https://www.cnn.co.jp/tech/35137959.html

    【iTunesの時代に別れ、アップルがアプリ分割を発表】の続きを読む

    1: 僕らなら ★ 2019/06/05(水) 17:40:18.60 ID:+1gpWzlS9.net
    アップルはiTunesを廃止して、3つのアプリに機能が受け継がれることが明らかになっている。

    iTunesは2001年に発表されて以来、最も影響力のあるサービスの一つとして音楽の消費のされ方について大きな変化をもたらしてきた。

    しかしながら、アップルは今回、iTunesが「ミュージック」、「TV」、「ポッドキャスト」と名付けられた3つのアプリに分割されることを発表している。3つのアプリはiPhoneやiPadで類似したサービスが提供されるものと見られており、一方、ウィンドウズ版のiTunesは今後も存続すると見られている。

    アップルのスポークスマンによれば、iTunesでこれまでに購入したアイテムについては今後もマック製のデバイス上で利用することができるという。

    「ミュージック」や「ポッドキャスト」のアプリは今後、ユーザーのそれぞれの傾向に合わせたコンテンツが提供されるものになると見られているほか、「TV」のアプリではHBOやショウタイムといったアメリカの人気テレビ局製作のコンテンツのほか、アップルのオリジナル・コンテンツなどが提供されるようになると見られている。

    アップルでソフトウェア・エンジニアリング担当上級副社長を務めるクレイグ・フェデリギは現地時間6月3日、アップルが開発者向けに行っているWWDCに登壇して次のように語っている。「iTunesは今後、1つのアプリではなく3つのアプリとなります」

    今年のWWDCではiPhoneやiPad用の新たなOS「iOS 13」も発表されており、画面を黒い色調に変更して少ない光量でデバイスを使用できる「ダークモード」などが新たに搭載されることが発表されている。

    アップルは今年3月、「アップル TV+」と題された新たなサービスを今秋に公開することを発表しており、J・J・ エイブラムスやスティーヴン・スピルバーグらが手がけるオリジナル・コンテンツなどが配信されることが明らかになっている。

    https://nme-jp.com/news/73903/

    【アップル、iTunesを廃止・・・「ミュージック」「TV」「ポッドキャスト」の3アプリに分割して引継ぎ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/06/04(火) 13:28:59.26 ID:CAP_USER.net
    Appleが、WWDC2019において、新しい開発環境「SwiftUI」を発表しています。

    新しいフレームワークであるSwiftUIを使用することで、少ないコードの行数でアプリケーションの開発が行えます。

    コードを書きながらプレビューがアップデートされます。

    プレイグラウンド(プレビュー画面)にドラッグ&ドロップするとコードが生成されます。

    ローカライズやダークモードも自動生成されます。
    http://www.macotakara.jp/blog/category-60/entry-37606.html

    【Apple、新しい開発環境「SwiftUI」を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ