Apple

    1: ムヒタ ★ 2020/03/25(水) 09:59:02 ID:CAP_USER.net
     Appleは4月の前半に一部の直営店の営業を再開したい考えだと、Bloombergが米国時間3月24日に報じた。同社は新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、中華圏以外の全店舗を休業している。

     この記事では、Appleのリテール+人事担当シニアバイスプレジデントを務めるDeirdre O'Brien氏の社内メモを基に、Appleは少なくとも4月5日まで従業員の在宅勤務を継続するとも報じている。

     「中華圏以外のすべての当社オフィスにおいて、柔軟な就労形態を少なくとも4月5日まで、すべてのチームメンバー(ただし、現場にいる必要がある職務に就いている者を除く)に対して延長する。この措置については、勤務地ごとに毎週見直す」と、O'Brien氏はメモの中で記している。Bloombergによると、メモの日付は3月23日だという。

     Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

     新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、Appleは3月に入り、中華圏以外の店舗の休業を開始した。それと同じ頃に、Appleをはじめとするハイテク企業が、従業員に対して在宅勤務を指示するようになった。その後、カリフォルニア州では、州全域を対象とする外出禁止命令が出された。

     一方、突然の休業と、社会的距離を確保するための措置や封鎖によって、多くの企業が営業停止に追い込まれ、世界中の経済がぐらつき始めている。動揺したウォール街の投資家らは、この数十年間で見たことのないようなペースで株式を売却している。初期の各種レポートによると、失業率は米国全域で跳ね上がっているという。
    2020年03月25日 08時38分
    https://japan.cnet.com/article/35151298/

    【アップル、直営店の再開は4月前半の見込みか】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/25(水) 03:53:06 ID:CAP_USER.net
    アップルは25日、iOS 13.4とiPad OS 13.4を提供開始した。iOS 13.4では新しいミー文字ステッカーが追加されるほか、“ファイル” AppでiCloud Driveフォルダ共有を導入。多くのバグ修正と改善も行なわれる。

    さらに、iPad OS 13.4では、マウスとトラックパッドに対応する。

    iPad OS 13.4のみの主な更新内容
    マウスとトラックパッドに対応
    ・新しいカーソル設計により、ホーム画面とDockのAppアイコン、およびAppのボタンとコントロールを強調表示
    ・12.9インチiPad Pro(第3世代以降)および11インチiPad Pro(第1世代以降)でのiPad用Magic Keyboardに対応
    ・Magic Mouse、Magic Mouse 2、Magic Trackpad、Magic Trackpad 2、および他社製のBluetoothマウスとUSBマウスに対応
    ・iPad用Magic KeyboardおよびMagic Trackpad 2のマルチタッチジェスチャにより、スクロール、Appスペース間のスワイプ、ホーム画面への移動、Appスイッチャーへのアクセス、拡大/縮小、タップでクリック、副ボタンのクリック(右クリック)、およびページ間のスワイプが可能
    ・Magic Mouse 2のマルチタッチジェスチャにより、スクロール、副ボタンのクリック(右クリック)、およびページ間のスワイプが可能
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1242793.html

    【iOS 13.4提供開始。iPad OS 13.4はマウスとトラックパッド対応】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/24(火) 02:03:36.76 ID:CAP_USER.net
    アップルは中華圏を除く全世界のApple Store店舗を「追ってお知らせするまで」、すなわち無期限に休業中です。

    では、顧客が修理に出したまま引き取っていないデバイスの扱いはどうなるのか。これにつきアップルから公式に、ストアが再開するまで店頭では受け取りできないとの回答が発表されました。アップルはまず3月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応として中華圏以外での店舗を3月27日まで休業すると発表。それから2日間は窓口を開けておき、修理済みデバイスを引き取りに来るよう顧客に連絡していました。その間に対応できなかったユーザーは、回収するチャンスを逃したことになります。

    アップルの広報担当者は米Business Insiderに「これらデバイスがまだApple Store内にある」と述べるとともに「店舗が再開するまでデバイスを入手する方法はありません」と回答しています。

    ただしアップルの修理センターにデバイスが送られたユーザーについては、顧客に連絡して直接デバイスを発送しているとのことです。通常は修理されたデバイスは店舗に返送され、しかる後に顧客が引き取りに来る手順が踏まれるところ、異例の対応が取られているわけです。

    店舗が3月27日に再開すると信じて引き取りを見送った人にとっては残念なお知らせですが、新型コロナ対策のために閉店している以上、部分的にであれ開店することはできないため、これは必然の措置とも思われます。

    とはいえ、アップルは日々変化する状況に応じてポリシーを変更して、店舗から顧客に修理済みデバイスを発送する可能性もあります。先の2日間に引き取りを逃した方々も、ひとまず今後の連絡を待つといいかもしれません。
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-23-apple-repair.html

    【アップルストアに修理に出したデバイス、店舗再開まで店頭で受け取り不可】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/03/18(水) 22:28:44.64 ID:CAP_USER.net
     Appleは3月18日、デュアルカメラ、LiDARスキャナなどを採用した新型iPad Pro「iPad Pro 11-inch (2nd generation) 」と「iPad Pro 12.9-inch (4th generation) 」を3月25日から発売すると発表した。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2003/18/l_koya_5e72194f2d62c.jpg
    iPad Pro 11-inch (2nd generation)

     A12Z Bionicチップ、Neural Engine、組み込み型M12コプロセッサを搭載している。

     トラックパッドを搭載した「Magic Keyboard」を5月から発売することも発表している。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2003/18/l_koya_5e72194f518c5.jpg
    Magic Keyboard

     iPadOSでの作業方法を広げるトラックパッド、パススルー充電ができるUSB-Cポートを搭載している。

    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi + Cellular/1TB 17万6800円
    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi + Cellular/512GB 15万4800円
    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi + Cellular/256GB 13万2800円
    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi + Cellular/64GB 12万1800円
    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi/1TB 15万9800円
    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi/512GB 13万7800円
    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi/256GB 11万5800円
    iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi/64GB 10万4800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi + Cellular/1TB 15万6800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi + Cellular/512GB 13万4800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi + Cellular/256GB 11万2800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi + Cellular/64GB 10万6800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi/1TB 13万9800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi/512GB 11万7800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi/256GB 9万5800円
    iPad Pro 11-inch with Wi-Fi/64GB 8万4800円

    □公式サイト
    iPad Pro - Apple(日本)
    https://www.apple.com/jp/ipad-pro/
    Apple - YouTube
    https://www.youtube.com/user/Apple

    2020年03月18日 22時00分 公開
    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/18/news153.html

    【Apple、デュアルカメラとLiDAR搭載した新型iPad Proを発表 トラックパッド搭載Magic Keyboardも】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/02/21(金) 08:45:46 ID:CAP_USER.net
     Appleは、「iOS」の一部のデフォルトアプリを競合他社のものに変更できるようにすることを検討中と報じられている。Bloombergの米国時間2月20日の記事によると、「iPhone」と「iPad」でサードパーティーのメールアプリやウェブブラウザアプリをデフォルトとして選択できるようにすることを検討しているという。

     その変更が加えられれば、 Appleの「Safari」ブラウザや「Mail」アプリの代わりに、Googleの「Chrome」ブラウザやMicrosoftの「Outlook」メールアプリといった競合製品をデフォルトアプリにできるようになると、 Bloombergは事情をよく知る匿名情報筋らの話として報じている。現在、iOSのデフォルトアプリの多くが、Apple独自のアプリとなっている。例えば、テキストメッセージで送られてきたウェブリンクをクリックすると、Safariが自動的に起動する。

     Appleは、スマートスピーカー「HomePod」をサードパーティーの音楽アプリに対応させることも検討しているという。

     これらの変更はまだ検討中の段階だが、早ければ2020年内にリリース予定の「iOS 14」と、これに伴うHomePodのソフトウェアアップデートで加えられる可能性がある。

     Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。
    2020年02月21日 06時58分
    https://japan.cnet.com/article/35149705/

    【アップル、「iOS」でデフォルトのブラウザやメールを他社製品にできる機能を検討か】の続きを読む

    このページのトップヘ