ヘッドホン

    1: ノチラ ★ 2018/06/09(土) 23:21:44.91 ID:CAP_USER.net

    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1126/553/pio01_s.jpg
    オンキヨーは、パイオニアブランドのハイレゾイヤフォンと、大川ぶくぶの4コママンガ「ポプテピピック」のコラボモデルを発売する。ポプ子モデル「SE-CH5T POPUKO」と、ピピ美モデル「SE-CH5T PIPIMI」を用意。価格は各10,000円(税込)。e☆イヤホン、オンキヨー通販サイトONKYO DIRECTでの予約販売となっており、予約期間は6月11日11時~8月8日20時まで。製品の発送は10月中旬より順次予定している

    ベースとなるイヤフォンは、パイオニアの「SE-CH5T」。ポプ子モデル、ピピ美モデルのどちらも、ハウジングに顔が描かれており、左右のイヤフォンを並べると顔が完成する。

    イメージカラーをベースに、アルマイト印刷で仕上げたアルミ製ハウジングプレートを採用。国内職人による精巧な仕上がりで高級感のある質感になっているという。

     市販品には付属していない専用セミハードキャリングケースは、黒色本体にポプテピピックのロゴをイメージカラーで印刷。周囲のファスナー部の生地色も、それぞれのイメージカラーで仕上げられている。

     パッケージデザインには、それぞれのキャラクターに沿ったコラボイヤフォンならではのオリジナル4コママンガを取り入れている。
     ベースモデルのSE-CH5Tは、9.7mmのダイナミック型ユニットを搭載したハイレゾ対応イヤフォン。再生周波数帯域は5Hz~45kHz。通気部にチューブを使った「Airflow Control Port」で低音の音圧バランスを最適化。ケーブルは、チャンネルセパレーションを改善するツイストコードを採用し、左右のアース信号(グランド)をL/Rで分離、タイトな低音と広大な音場再生を可能にするという。通話用のコントローラも備える。イヤーピース(S/M/L)も付属する。
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1126/553/pio02_s.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1126553.html



    【高解像度“クソイヤフォン”、パイオニア×ポプテピピック コラボ】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 01:00:32.63 0.net

    よろしく



    【ワイヤレスのヘッドフォン買おうと思うのでおすすめあったら教えて】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 19:28:16.78 0.net

    すごかったらしいね



    【ヘッドホンのゼンハイザーHD650が出てきた時の衝撃】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/03/11(金) 18:20:56.39 ID:CAP_USER.net
    http://ascii.jp/elem/000/001/132/1132255/?mail



    合同会社コノハズクは3月10日、ハウジングからヘッドバンドまで木で構成するヘッドフォン
    「Konohazuk H3」の先行予約受付を開始した。国内クラウドファンディングの「Kibidango【きびだんご】」で予約できる。

     Konohazuk H3は、素材に岩手県産のブナ材を使用し、ハウジングは無垢材から切削、 ヘッドバンドは成型合板技術を採用している。
    音質設計には、国内ヘッドフォンを設計してきたベテランエンジニアを起用し、木の鳴りを楽しめるチューニングがなされているという。


    通常価格は3万4800円だが、早期割引として30%~40%引きで販売。一般発売は2016年冬を予定しているが、
    予約購入に限り7月から8月に発送する。クラウドファンディングのKibidango【きびだんご】では、支援額に応じた5つのパッケージを用意し、
    価格は2万円から。ラインアップは、以下の通り。
    ・オーダーメイド・パッケージ(3万3000円):ヘッドフォン本体、本革製コードホルダー、オーダーメイド・レーザー刻印、木製外箱、2X2 保証
    ・ミニマル・パッケージ(2万円):ヘッドフォン本体
    ・スタンダード・パッケージ(2万2000円):ヘッドフォン本体、木製外箱、2X2 保証
    ・プレミアム・パッケージ(2万4000円):ヘッドフォン本体、本革製コードホルダー、木製外箱、2X2 保証
    ・ダブル・パッケージ(4万円):ヘッドフォン本体、木製外箱、2X2 保証×2

    【国産材使用、本体すべて木製のヘッドフォンが登場】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/01/11(月) 22:28:29.79 ID:CAP_USER.net
    http://www.phileweb.com/news/d-av/201601/10/38064.html

    昨年ブランドの誕生から70周年のアニバーサリーイヤーを迎え、
    プレミアムブランドとしての新たな一歩を踏み出したゼンハイザーが、「Next Milestone
    」のプロジェクトを象徴するスーパーハイエンド機として発表した「Orpheus」がCESの会場に登場。
    デモ展示で試聴できたサウンドのファーストインプレッションを報告しよう。

    ゼンハイザーの新たなフラグシップモデルとなる「Orpheus」は、ヘッドホン部の「HE 1060」と
    ヘッドホンアンプ部「HEV 1060」により構成される静電型ヘッドホンシステム。
    本体の電源を入れると、フロントパネルから操作ノブなどインターフェースが、
    天面からは真空管がゆっくりとせり出してくる。ヘッドホンは本体向かって左側のボックスの中に格納されており
    、電源を投入するとカバーが開く仕掛けも話題を呼んでいる。以下は昨年行われた
    70周年記念イベントでの実機の動作をその様子を撮影した動画だ。

    https://youtu.be/M0SY0lyqkPk

    「Orpheus」が大規模なイベントに展示され、試聴機会まで設けられるのは今回が初めてということもあり、
    CESの開催期間中はゼンハイザーのブースにいつ訪れても長蛇の列ができていた。

    筆者も本当はイベントの開催初日に試聴の予約を入れていたのだが、デモルームのエアコンが壊れる
    ハプニングなどにも見舞われ、結局CESの開催最終日にようやくその音を聴くことができた次第だ。
    もちろん最終日の本日も予約や飛び込みの試聴希望者が行列を作っていた。

    筆者にとっても新しい「Orpheus」を試聴するのはこれが初めての機会。
    胸を高鳴らせながらラスベガス入りして、4日間待ってようやく試聴の時が訪れた。
    デモルームに入場すると、ゼンハイザーのドイツ本社からやってきた「Orpheus」がブースの
    中央に堂々と鎮座している。そして遂に自分が試聴できる順番がやってきた。
    汗ばんだ手をハンカチで拭いて、「Orpheus」を手に取る。「おお、これが650万円超えの超弩級ヘッドホンか!」

    手に取った感覚は「HD 800」よりも少し重さを感じるほど。筆者の前にもCES最終日のホールが開場してから
    2時間の間、何人かの試聴希望者が本機の音を確かめたはずだが、アンプを内蔵する
    ヘッドホン本体もアルミ製エンクロージャーの恩恵によるものか、過度に熱を帯びていることはなかった。

    恐る恐るヘッドバンドをひねってみると、これもまた「HD 800」のようにしなやかに曲がる。
    そのまま頭に装着してみると、何とも心地良い装着感。イヤーパッドの内側には肌触りの良いベロア素材を使っている。
    「おお、これが650万円超えの超弩級ヘッドホンか!」。喜びが繰り返し胸を打つ。

    試聴環境にはマランツのSACDプレーヤーが用意され、「Orpheus」との間はバランス接続。
    イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のSACDをリファレンスにその音を確かめることができた。
    そのサウンドは静電型らしい緻密な解像感と圧倒的な情報量の再現力に満ちていた。
    ボーカルとバンドを構成する各楽器の音が驚くほどに生き生きとしていて、まさにスピーカーリスニングに
    匹敵する自然な定位感と雄大なスケール感を描き出していた。
    12弦ギターが奏でる前奏はオクターブの音がきれいにほぐれて、高音域がどこまでも伸びやかに突き抜ける。
    音の輪郭が力強く輪郭の彫りも深い。シンバルの余韻成分が濃厚に広がって
    漆黒な静寂の中にゆっくりと溶けていくような見事なS/N感だ。
    低域はバスドラムの打ち込みが鋭く駆け抜けていく。ボーカルの声質もナチュラルで透明感にあふれていた。
    一人ひとりが試聴できる時間は極限られたものだったが、待ちに待った「Orpheus」の音が聴けただけでも、
    遠くラスベガスまで足を運んだ甲斐を心の底から感じた幸せなひとときだった。


    関連
    【オーディオ】独ゼンハイザー、真空管搭載の世界最高のヘッドホン「Orpheus」正式発表 値段は5万ユーロ [転載禁止](c)2ch.net
    http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1446607280/

    【ゼンハイザー、650万円超え超弩級ヘッドホン「Orpheus」を視聴】の続きを読む

    このページのトップヘ