PC

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/24(火) 18:47:58.52 ID:CAP_USER.net
    パナソニックは、ノートPC「Let'snote(レッツノート)」より、個人店頭向けの2019年秋冬モデルとして、「QV8」シリーズを10月18日から、「LV8」「SV8」「RZ8」シリーズを10月11日から発売すると発表した。

    今回発売する2019年秋冬モデルでは、新シリーズとして、12型の2in1モデル「QV」シリーズを投入。さらに、全モデルのストレージをPCIe接続とした。加えて、「LV8」「SV8」「QV8」シリーズには、指紋センサーを装備する。

    一例として、「QV8」シリーズでは、本体サイズが273(幅)×18.7(高さ)×209.2(奥行)mm(突起部を除く)と、「A4用紙より小さなボディ」を実現。ディスプレイは、タッチパネル対応の12型WQXGA液晶(2880×1920ドット)を装備し、タブレットスタイルで利用できるフリップ式(回転式)を採用した。

    インターフェイスは、USB 3.1 Type-C(Thunderbolt 3対応、USB Power Delivery対応)、USB 3.0 Type-Aポート×3、ギガビットLAN、VGA、HDMI出力(4K60p出力対応)などを搭載。また、アイソレーション型キーボードを備え、キーストロークが2mm、キーピッチが19mm(横)を確保する。

    このほか、バッテリー稼働時間は約10時間。ボディカラーはシルバー。オフィスソフトとして、「Microsoft Office Home & Business 2019」が付属。OSは、64bit版「Windows 10 Pro」をプリインストールした。

    「QV8」シリーズのラインアップは、Core i7-8565U/8GB メモリー/512GB SSDの「CF-QV8GFRQR(LTEモデル)」、Core i7-8565U/8GB メモリー/256GB SSDの「CF-QV8GDGQR」、Core i5-8265U/16GB メモリー/256GB SSDの「CF-QV8FDPQR」、Core i5-8265U/8GB メモリー/256GB SSDの「CF-QV8FDGQR」を用意。重量は「CF-QV8GFRQR」が約0.979kg、それ以外のモデルが約0.949kgだ。

    価格はいずれもオープン。
    https://img1.kakaku.k-img.com/Images/prdnews/2019092/20190924132538_302_.jpg
    https://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0020/id=88088/

    【パナソニック、モバイルノートPC「Let'snote」2019年秋冬モデルを発表】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/27(火) 20:55:52.49 ID:CAP_USER.net
    同僚が最近、「Chromebook」よりも「Windows」ノートPCの方が良いと、家電量販店Best Buyの店員に太鼓判を押されたという記事を書いたとき、私は古いジョークを思い出した。「コンピューターショップの店員と中古車ショップの店員の違いはなんだと思う? 中古車ショップの店員は、自分の嘘に気づいているところだよ」

     さて、世の中には自分のやるべきことをわきまえたBest Buyの店員がおり、Windowsにこだわる理由のあるWindowsユーザーがいる。例えば、なくてはならないWindowsアプリが1つでもあるなら、他の選択肢を考える必要はまったくない。また、Windowsゲームの熱狂的なプレイヤーであれば、Best Buyは喜んでAlienwareのハイエンドゲーミングPCを勧めるだろう。

     だが、Chromebookを使うべき理由もたくさんある。その中のトップ5を紹介しよう。

    Chrome OSの方がWindows 10より安定している
     Windowsは、特に最近は、アップデートのたびに何かしら問題が発生している。最近の例では、Microsoftは多数のユーザーの「Visual Basic」を壊してしまった。Visual Basicは1998年からMicrosoftファミリーの一員だというのに、どうすれば壊せるというのだろう。

     Windowsのアップデートはここ数年、悩みの種になっている。今ではWindowsユーザーは、自分のPCをアップデートするのをなるべく先延ばしにするようになった。一方、「Chrome OS」のユーザーは、何の支障もなく6週間おきにアップデートしている。ついでに言うと、アップデートにかかる時間は1~2分だ。1~2時間ではない。

     Chrome OSはWindowsよりセキュアでもある。Windowsのセキュリティ侵害のニュースは毎月のように報じられる。もちろんChrome OSにもセキュリティホールはあるが、それが大規模に悪用されたことはない。

    Chrome OSなら新しいハードウェアへの移行が楽
     面倒な作業をしたいなら、Windows環境の新しいPCへの移行作業をやってみるといい。Windows 10デバイスからWindows 10デバイスへの移行ですら、簡単な方法はない。ローカルアカウントではなく、Microsoftアカウントでログインしている場合、PCのストレージに保存してある「Photoshop」のようなサードパーティー製ソフトウェアのファイルを手動で移動させなければならない。

     Chrome OSの場合は、新しいChromebookにログインすれば、すぐに仕事に取りかかれる。何の問題もなしだ。

    Chrome OSなら、例えChromebookが火だるまになっても失うものはない
     ノートPCをうっかり落として、ディスプレイにひびが入ったとしよう。それがWindows PCなら、直近のバックアップがあることを祈るばかりだ。そうすれば、それほど大きなダメージなしに新品にリストアできるだろう。そうだといいのだが。

     私がChromebookを壊したときは、新品を買って、ログインして、3分以内に作業に戻れた。Chromebookを使うということは、設定もアプリもデータも2度と失わないということだ。

    Chromebookはオフラインでも快適に使える
     Chromebookにまつわる最大の迷信の1つは、インターネット接続なしにはChromebookはただの高い箱と化す、というものだ。これは大間違い。

     Chromebookはオフラインでも、「Gmail」のメッセージの読み書き、カレンダーの利用、動画視聴、音楽再生、写真の編集、「Googleドキュメント」での作業が可能だ。Chromebookは単なるChromeブラウザ端末にすぎないという向きは、無知で、実際にChromebookを使ったことがないのだろう。

    Chromebookで利用できるのはChrome OSだけではない
    Googleは、WindowsとデュアルブートのChromebookの取り組み「Project Campfire」は断念したものの、最近のChromebookでは「Android」アプリとLinuxのプログラムを利用できる。さらに、「CrossOver Chrome OS」のお陰で、いくつかのWindowsアプリをChrome OSで使える。
    以下ソース
    https://japan.cnet.com/article/35141655/

    【「Chromebook」が「Windows」ノートより(一部の人には)便利な5つの理由】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/20(火) 22:28:53.50 ID:CAP_USER.net
    ASUS JAPAN株式会社は、15.6型の2画面ノートPC「ZenBook Pro Duo(UX581GV)」の国内展開を発表した。発売日は8月23日で、価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は最上位モデル(UX581GV-9980)が466,500円前後、下位モデル(UX581GV-9750)が361,500円前後の見込み。

     COMPUTEX TAIPEIに合わせて、台湾で5月に発表された製品で、4K(3,840×2,160ドット)有機ELの15.6型メインディスプレイと、キーボード面に3,840×1,100ドットの14.09型液晶ディスプレイ「ScreenPad Plus」を組み合わせたデュアルディスプレイになっているのが特徴。実質的に3,840×3,260ドットの広範囲を作業スペースとして確保している(ASUS、“デュアル4Kディスプレイ”搭載のクリエイター向けノート「ZenBook Pro Duo」参照)。

     ディスプレイの仕様は、メインディスプレイがDisplayHDR 500をサポートし、NTSC比96%、sRGB比133%、DCI-P3比100%に対応。コントラスト比は100,000:1、応答速度1ms、リフレッシュレート60Hzとなっている。一方のScreenPad Plusは、輝度350cd/平方m、コントラスト比1,200:1、応答速度30ms、リフレッシュレート60Hz、視野角上下/左右170度、NTSC比72%、sRGB比100%となる。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1201/583/04_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1201583.html

    【キーボード面に4K液晶を実装する2画面15.6型ノート「ZenBook Pro Duo」が国内発売】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/09(金) 21:55:08.78 ID:CAP_USER.net
    レノボ・ジャパン株式会社は、スタイリッシュなデザインを採用した23.8型液晶一体型PC「IdeaCentre A540(24)」を発売した。直販価格は80,637円から。

     自然をテーマにし、ヒノキをイメージしたというデザインを採用。本体比最大93%の狭額縁デザインを採用。また、3W×2のJBLスピーカーと5Wのウーファーを備える。

    最小構成は、CPUにCore i3-9100T(3.1GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、256GB SSD、1,920×1,080ドット表示対応23.8型液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Homeを備える。

     インターフェイスは、USB 3.1×3、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0、HDMI入力、HDMI出力、720p対応Webカメラ、音声入出力などを備える。

     本体サイズは541×185×433mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約7kg。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1201/312/1_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1201312.html

    【レノボ、スタイリッシュデザインの一体型PC】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/08/05(月) 15:07:11.20 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1198/824/1_l.jpg

     NECパーソナルコンピュータ株式会社(NEC PC)は、PC-8001生誕40周年を記念し、ハル研究所が開発したミニチュア記念品「PasocomMini PC-8001」を発表した。

     PC-8001は、1979年9月に販売が開始された8bitパソコン。NEC初の本格的パソコンなだけでなく、「国産初期の代表的な8ビット・パーソナル・コンピュータ」として、国立科学博物館産業技術史資料センターにより、2016年度の重要科学技術史資料(未来技術遺産)の第00205号として登録されるなど、日本産業史のマイルストーンともなっている。

     今回ハル研究所とともに開発・制作したPasocomMini PC-8001は、PC-8001互換のBASICが動作し、別途USBキーボードとHDMIディスプレイを接続すれば、ゲームなどのBASICプログラムを実行できる。添付品として、BASICでプログラムされた以下のレトロゲームが入ったSDカードが同梱される。

    ・SPACE MOUSE
    ・LUNAR CITY SOS!
    ・SNAKE WORLD
    ・ASTEROID BELT
    ・CHECK P.
    ・PC-ジャン!
    ・PARACHUTE
    ・SUB-MARINE
    ・SPACE SHIP
    ・ROCKET BOMB
    ・MARINE BELT
    ・平安京エイリアン
    ・JUPITER LANDER
    ・モールアタック
    ・オリオン80
    ・走れ! スカイライン

     本体サイズは109.5×67×21mm(幅×奥行き×高さ)。

     NEC PCでは、店頭販売でLAVIEブランド製品を購入したキャンペーンの景品として用意。LAVIEシリーズ購入後、キャンペーンサイトに購入確証を添えて応募することで抽選権が得られ、応募したユーザーのなから抽選で2,000名にプレゼントする。

     このほか、NEC PCのYouTubeチャンネルでは、PC-8001生誕40年を記念し、過去を振り返った動画を公開している。
    2019年8月5日 14:00
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1198824.html

    【細部まで再現し、BASICが動作する「PasocomMini PC-8001」】の続きを読む

    このページのトップヘ