PC

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/17(水) 18:29:20.40 ID:CAP_USER.net
    http://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1810/17/ki_1609376_ms01.png
    「購入から4年以上経過したPC1台当たり、約35万円の損失が発生している」――日本マイクロソフトは10月17日、現状の「Windows 7」や「Office 2010」から最新のクラウド環境への移行に関する記者説明会で、PCを長く使うデメリットについてそう説明した。

    日本マイクロソフトは、2020年のWindows 7サポート終了に向け、現在中小企業のWindows 10など最新環境移行の啓蒙活動に取り組んでいる。

     同社は、中堅中小企業のIT環境を調査した。その結果、経年によるPCの故障率(修理率)は1年未満だと1%未満、3年だと20%と緩やかに増加していくが、4年では67%とはね上がることが分かったという。

    同社執行役員の梅田成二本部長(デバイスパートナー営業統括本部)は、「バッテリーの不具合や、OS立ち上がりの遅さ、メモリの寿命によるクラッシュなどのトラブルが4年目以降に頻発する」と分析。

     さらに、日本の中小企業のPC買い替えサイクルは5.4年と、米国の4.5年、グローバルの4.3年よりも長い傾向があるとする。

    長期間型落ちのPCを利用することによるデメリットについて、調査会社の米Tech Aisleが行ったPC利用のコスト比較調査を梅田本部長が紹介。

     利用期間が4年未満のPC1台にかかるメンテナンスコストは322ドルで、生産性コスト(起動にかかる時間など、本来生産が可能だった時間を失うコスト)は1056ドル、計1379ドル(約15万円)であるのに対し、4年以上のPC1台にかかるそれぞれのコストは497ドル、2574ドルで計3071ドル(約35万円)という結果だった。

     「中小で最も使われているのは、15型・HDD・光学ドライブ付きのモデル。(差額の20万円で)新しいPCに買い替えた方が生産性も上がり、最新機器にすることで優秀な技術者の離職率を下げることにもつながるのではないか」(梅田本部長)と、Windows 10がインストールされた最新PCへの買い替えを促した。
    http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1810/17/news122.html

    【「4年前のPC利用は約35万円の損失」――マイクロソフト「最新PC買った方が得」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/04(木) 19:42:33.22 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1146/315/1_l.jpg
    レノボ・ジャパン株式会社は10月4日、SoCにSnapdragon 850を搭載し、常時接続を実現しながら最大25時間駆動を実現した「Yoga C630」を年内に国内投入すると発表した。

     C630はOSにWindows on Armを採用した13.3型の2in1。LTEを標準でサポートし、常時ネット回線に接続し、スマートフォンのような使い方を実現している。

     厚さは12.5mm、重量は約1.2kgと薄型軽量の筐体も特徴。

     現在年内発売に向けて準備しており、発売時期や価格については追って公開するとしている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1146315.html

    【レノボ、Snapdragon 850搭載で25時間駆動のWindows PC「Yoga C630」を年内に国内投入】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/10/03(水) 07:51:57.00 ID:CAP_USER.net
    https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2018/10/03/20181003nsurfacepro6-w1280.jpg

    Microsoft(マイクロソフト)はイベントにて、新型タブレットPC「Surface Pro 6」を発表しました。

    Surface Pro 6のスタイルは、前モデルの「Surface Pro」とほぼ変わりません。スタンドを立てることで画面を起こすことができ、取り外し式のキーボードを利用して2-in-1スタイルのタブレットPCとして利用できます。

    今モデルではブラックカラーが登場したのが、最大の変更点といえそうです。

    CPUにはIntel(インテル)の第8世代Coreプロセッサを搭載し、メモリは最大16GB。またクアッドコアプロセッサの搭載により動作速度が67%高速化し、それにあわせて冷却能力も強化されています。本体ディスプレイは12.3インチで、重量は1.7ポンド(約0.77kg)。バッテリー駆動時間は最大13.5時間を達成しています。

    Surface Pro 6の価格はCore i5プロセッサを搭載したモデルが899ドル(約10万円)で、10月16日(現地時間)より販売を開始。国内価格や販売時期は、追って発表されることでしょう。
    2018.10.03 05:53
    https://www.gizmodo.jp/2018/10/surface-pro-6.html

    【Surface Pro 6発表。ブラックカラーがやってきた!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: trick ★ 2018/09/26(水) 19:19:56.62 ID:CAP_USER.net
    QLC NAND採用のNVMe SSD「Intel SSD 660p」がデビュー、2TBは実売50,980円 - AKIBA PC Hotline!
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1144068.html
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1144/068/mssd660p1.jpg
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1144/068/tssd66p4.jpg

    大容量SSDの低価格化を実現

     QLC NANDを採用したIntelのNVMe SSDの新製品「Intel SSD 660p」シリーズが発売された。

     容量の異なる3モデルが販売されており、店頭価格(以下、税込表記)は、512GB(SSDPEKNW512G8XT)が12,980円、1TB(SSDPEKNW010T8X1)が25,480円、2TB(SSDPEKNW020T8X1)が50,980円。

     販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店II、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラ秋葉原本店、パソコンショップ アーク、オリオスペック。

    TLC NANDを採用した製品よりも低価格でより大容量の製品を提供可能
     Intel SSD 660pは、1セルあたり4bitのデータを記録するQLC方式のNAND技術「Intel QLC 3D NAND」を採用したNVMe(PCIe 3.0 x4)接続のM.2 SSD。QLC方式を採用したSSDについては他社も製品を発表しているが、店頭での販売を確認したのは初めてだ。

     同社はQLC方式の採用により、TLC(3bit/1セル)方式の従来製品より低価格で、より大容量の製品を提供できるとしている。実際に今回登場した2TBモデルは同容量のSamsung製NVMe SSD(970EVO)と比較して2万円以上安価となっており、速度よりも容量を重視する向きにはありがたいところだ。

     主な仕様は、フォームファクタがM.2 Type 2280。転送速度は512GBモデルがシーケンシャルリード1,500MB/s、ライト1,000MB/s、1TBと2TBモデルがシーケンシャルリード/ライトともに1,800MB/s。総書き込み容量は512GBモデルが100TBW、1TBと2TBモデルが200TBWで、保証期間は5年間。

    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1144068.html

    【QLC NAND採用のNVMe SSD「Intel SSD 660p」発売 1TBで2.5万円、2TBは5万円】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/28(金) 16:59:33.32 ID:CAP_USER.net
    レノボが2in1タブレットの新モデル「Yoga Book C930」を発表した。仮想キーボードの搭載やタッチペン入力への対応で話題を呼んだ初代の発売から2年。新モデルはEインク(電子ペーパー)の搭載などによって価格が1,000ドルと2倍になり、同社は「2台目または旅行用PC」として訴求する。ターゲットを絞り込み、次なる勝負に出たレノボの思惑とは。

    レノボの未来的な2in1タブレット「Yoga Book」が初めて披露されたのは、2年前のことだった。その薄さと軽さをアピールするために、隣には児童文学作家ドクター・スースのハードカヴァーの絵本が置かれていた。

    平らでマットな片面は「Haloキーボード」と呼ばれ、バックライトで文字とキーの輪郭が浮かび上がって仮想キーボードになる。この物理キーのないキーボードは、文字を直接書いてメモ帳のように使うこともできる。それは新技術がたっぷり詰まった、500ドル(約5万5,000円)のごく小さな2in1タブレットだった。

    しかし、完成形とは言えなかった。Haloキーボードに慣れるのはひと苦労だったし、パワー不足でもあった。Windows版では特にそうだった(2016年のYoga BookにはAndroid版とWindows版の両方があったのだ)。

    そして今年、レノボは新モデルを携えて市場に戻ってきた。8月31日から9月5日にかけてベルリンで開催された世界最大級のコンシューマー・エレクトロニクス展「IFA」で、「Yoga Book C930」を発表したのだ。

    キーボードは改良されている。CPUもレヴェルアップしている。Eインク(電子ペーパー)まで使っている。しかも1,000ドル(約11万円)だ。

    Yoga Bookの定義とターゲットをより明確にしようとしたレノボは、その顧客を「Yoga Bookを2台目または旅行用PCとして買えるだけの手取り収入がある層」と見込んだ。何百万人もが購入することはなさそうである。

    一方でレノボはここ数年、「法人向けノートパソコンしかつくらないメーカー」から脱却して、どうにか企業イメージを再構築してきた。ここで再び新たな勝負に出るのは称賛に値する。

    https://wired.jp/2018/09/27/lenovo-yoga-book-c930/

    【レノボは新型「Yoga Book」で、ノートPCの「2台目需要」を開拓する】の続きを読む

    このページのトップヘ