PC

    1: 名無し募集中。。。 2018/12/04(火) 14:57:16.89 0.net

    【新しいiPad Proが高性能すぎてもうパソコン使わなくなった人続出】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/07(金) 14:16:52.49 ID:CAP_USER.net
     Qualcommは、ハワイで開催したQualcomm Snapdragon Tech Summit 2018で米国時間12月6日、「Snapdragon 8cx Compute Platform」を発表した。QualcommのPC向けプロセッサとしては、7ナノメートル(nm)プロセスを用いて製造される初めての製品だ。

     Compute Productsグループのシニアバイスプレジデントを務めるSanjay Mehta氏はこの最新プロセッサについて、常時接続のハードウェア製品群に「究極」を追加するものだと語った。

    https://japan.cnet.com/storage/2018/12/07/991840ae25dfd13a4b515e6f8bfeaee7/screenshot-2018-12-06-at-19-22-00.png
    Compute Productsグループのシニアバイスプレジデント、Sanjay Mehta氏
    提供:ZDNet

     続いて、製品マネジメント担当シニアディレクターのMiguel Nunes氏が、このチップは「究極の性能、究極のバッテリ持続時間、究極の接続性」を一般消費者にもたらすと語った。

     Snapdragon 8cxは、既存製品に取って代わるものではなく、新たな高性能チップとして「Snapdragon 850」と共存していく。

     Snapdragon 8cxは、Qualcommが手がける初のPC向け7nmプラットフォームであり、Nunes氏が「プレミアムコンピューティングの新次元」と呼ぶものの1つだ。

     Snapdragon 8cxはGPUの「Adreno 680」、デジタルシグナルプロセッサ(DSP)の「Hexagon 690」、CPUの「Kryo 495」、モデムの「Snapdragon X24 LTE」、イメージシグナルプロセッサ(ISP)の「Spectra 390」などで構成され、Wi-Fiに対応するほか、Qualcommの「Quick Charge 4+」とオーディオ技術「Aqstic」、毎秒120フレームの4K HDR動画再生にも対応する。

     Adreno 680は「Snapdragon 835」のGPUの3.5倍高速で、しかも、Nunes氏によると、バッテリ持続時間に影響する消費電力の増加を抑えるため、Snapdragon 850のGPUと比べて60%の効率化を成し遂げているという。

     8コアCPUのKryo 495は、7nm製造プロセスを採用し、高性能コア4個と高効率コア4個を搭載する。キャッシュは最大10Mバイト使える。

     Nunes氏によると、Snapdragon 8cxは「競合製品の数分の1の電力で2倍の持続的パフォーマンス」を提供するという。加えて、ファンなしの薄型フォームファクタで数日間のバッテリ持続時間を持つデバイスに対応できるという。

     Snapdragon 8cxは、Microsoftの「Cortana」とAmazonの「Alexa」の両音声アシスタントに対応する。また、Qualcommとしては初めて、外付けのデュアル4K HDRモニタに対応する。

     モバイルアプリに関しては、QualcommとMozillaが共同で、ブラウザ「Firefox」のARM64ネイティブ版を開発している。

     Snapdragon 8cxは「Windows 10 Enterprise」とオフィススイートの「Microsoft 365」にも対応する。Microsoftのコーポレートバイスプレジデントを務めるErin Chapple氏は、Windows 10 Enterpriseが提供する「セキュリティ、プライバシー、簡単な管理」をSnapdragon 8cxで利用できると語った。

     情報開示:カンファレンスへの参加費用はQualcommが負担した。

    Qualcomm Snapdragon Tech Summit 2018 | Qualcomm (英文)
    https://www.qualcomm.com/company/events/snapdragon-tech-summit

    2018年12月07日 12時52分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35129790/

    【クアルコム、7nmプロセスのPC向け「Snapdragon 8cx」を発表】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 名無し募集中。。。 2018/11/17(土) 15:36:53.38 0.net
    FRMXH310/KD7
    \73,889(税抜)
    https://d1glkl9g8i0o46.cloudfront.net/img/goods/L/100611.jpg

    OSWindowsR 10 Home 64bit版 [正規版]
    CPUインテルR Core? i5-8400 プロセッサー (2.80GHz/6コア/6スレッド/9MB)
    CPUクーラー標準CPUクーラー
    チップセットインテルR H310 チップセット搭載マザーボード
    メモリ16GB (8GB x2) PC4-21300 (DDR4-2666) DDR4 SDRAM DIMM
    メモリ最大搭載可能容量32GB (16GB x2)
    拡張メモリースロット数 (空数) 2 (0)
    ビデオコントローラインテルR UHD グラフィックス 630
    ビデオメモリシステムメモリから使用 (自動)
    SSD250GB Serial-ATA
    光学ドライブDVDマルチドライブ
    カードリーダーマルチカードリーダー
    電源600W ATX電源 80PLUS BRONZE【日本製コンデンサ仕様】


    カスタマイズ
    NVIDIA(R) GeForce(R) GTX1050 2GB【DVI-D x1 / HDMI2.0 x1 / DisplayPort1.4 x1】 [\19,800]
    NVIDIA(R) GeForce(R) GTX1060 3GB【DVI-D x1 / HDMI2.0 x1 / DisplayPort1.4 x3】 [\32,800]
    NVIDIA(R) GeForce(R) GTX1060 6GB【DVI-D x1 / HDMI2.0 x1 / DisplayPort1.4 x3】 [\37,800]

    【タワー型パソコンこのスペックで8万弱は安い? Core i58400 16GBメモリ 250GBSSD】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 名無し募集中。。。 2018/11/16(金) 08:42:56.76 0.net
    もう5台もあるし新しいパソコン作りたくない
    けど作りたいこの気持ち

    【SSDやM2.SSDが大幅値下がり!安すぎてパソコン作りたくなるけど!今は時期が悪いよな?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/13(火) 17:25:25.97 ID:CAP_USER.net
    https://japan.cnet.com/storage/2018/11/12/741694b46ca4b5236a8bd24c28af8f06/181113vaioa12_front_detatch_vaio.jpg
    VAIOは11月13日、12.5型ワイドの2 in 1ノートPCとして、個人向けに「VAIO A 12」、法人向けには「VAIO Pro PA」を11月22日に発売すると発表した。いずれのPCも同じ新機構「Stabilizer Flap」を搭載した製品で、名称が異なる。受注開始は11月13日13時よりスタートしている。

    市場想定価格は、VAIO A12の店頭モデルが20万7800円(税別)~。ソニーマーケティングが取り扱うカスタマイズモデルは12万1800円(税別)~で、VAIOが取り扱うオリジナルSIMのついたモデルは15万800円(税別)~。

     法人向けのVAIO Pro PAは、ソニーマーケティングが取り扱うカスタマイズモデルが12万6800円(税別)~。VAIOが取り扱うモデルが12万8800円~。

     なお、通常モデル意外にもブラックロゴを採用し、背面もすべてブラックで統一したスペシャル仕様「VAIO A12 ALL BLACK EDITION」が用意される。価格は、個人向けのソニーマーケティングが扱うモデルが20万9800円(税別)~、法人向けは21万4800円(税別)~。VAIOが取り扱うモデルは23万8800円(税別)~。
    https://japan.cnet.com/article/35128573/

    【絵本に発想を得た新機構--VAIO、2 in 1ノートPC「VAIO A12」「VAIO Pro PA」】の続きを読む

    このページのトップヘ