2020年10月

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/10/05(月) 15:30:52.12 ID:CAP_USER.net
    アドビはこのほど、同社提供のビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Rush」の契約プランにモバイル端末専用の低価格プランを追加した。提供価格は月額4.99ドルだ。

    https://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2010/05/l_yk30028_premiererush.jpg

     モバイル端末だけで利用するユーザー向けのプランで、iOS/Androidデバイスで全てのプレミアム機能を利用することができる。フルシステム版では利用可能なデスクトップ版でのプレミアム機能は提供されず、デスクトップへの書き出しは無料で3回までに制限されている。

     なおモバイル専用プランはadobe.comでは販売されず、アプリ内購入またはアプリストアでの購入でのみ導入が可能だ。

    □関連リンク
    Adobe Premiere Rush
    https://www.adobe.com/jp/products/premiere-rush.html
    アドビ
    https://www.adobe.com/jp/
    「Adobe Premiere Rush: 動画作成 & 編集」をApp Storeで
    https://apps.apple.com/jp/app/id1188753863
    Adobe Premiere Rush - 動画作成・動画編集アプリ - Google Play のアプリ
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.premiererush.videoeditor

    2020年10月05日 13時18分 公開
    ITmedia PC USER
    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2010/05/news083.html

    【アドビ、「Adobe Premiere Rush」モバイル端末専用の低価格プランを用意】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/10/07(水) 17:41:53.41 ID:CAP_USER.net
    バッファローは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)協力のもと、「nasne(ナスネ)」を2021年春に発売することを発表した。

    2012年にSIEが発売した「nasne」は、ハードディスクドライブと地上デジタル/衛星デジタル(BS/110度CSデジタル)チューナーを搭載したネットワークレコーダー&メディアストレージ。多くのユーザーに支持されたが、2019年に販売終了となった。現在は、TVアプリケーション「torne(トルネ)」のサービスが継続されている。

    「nasne」については今もハードウェアの販売継続を求めるユーザーの声が多いとのことで、この度、デジタル家電の周辺機器メーカーとして無線LANをはじめとするネットワーク製品やNASの開発を手掛けてきたバッファローが、この知見を活かし、SIEの協力のもと「nasne」を継承することとなったという。

    「torne」オンラインサービスおよび、「torne」アプリケーションの対応機種については現在検討中とのこと。また現時点で価格やハードディスク容量などは発表されていないが、詳細については随時特設ページにてアナウンスしていくとしている。

    SIEは「多くのユーザーの皆さまにご利用いただいているtorneオンラインサービスおよびtorneアプリケーションに対応するハードウェアを、ストレージおよびNAS製品のプロフェッショナルであるバッファロー様から発売いただけること、大変嬉しく思います。今回発売されるnasneは、弊社が培った知見を活かしてバッファロー様が商品化されるものであり、nasneユーザーの皆さまの買い増し、買い替えのニーズにも応えられるものと期待します」とコメントしている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d376cc64b0c21ff70a202f8b16b6d019aeed53bc

    【「nasne」復活! バッファローが2021年春発売】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/10/07(水) 16:52:18.48 ID:CAP_USER.net
    https://ascii.jp/img/2020/10/07/3103966/o/8b128a954f6ef484.png
     NTTドコモは10月7日、iモード公式サイトの提供を終了すると発表した。11月30日に提供終了する。これにともない、マイメニューに登録したコンテンツも利用できなくなる。

     iモード公式サイトは1999年2月にサービスを開始。メニューリストに掲載された各サイトにアクセスすることで、インターネットバンキングや動画、着メロ、デコメ絵文字、ゲームなどのコンテンツを利用できた。今回、2026年3月31日のiモードサービス終了に先立ち、iモード公式サイトの提供終了を決定した。

     なお、一部を除くマイメニューのコンテンツは、iモードからスマートフォンへ機種変更する際に引き継げるとのこと。

    ■関連サイト
    ニュースリリース
    https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/10/07_00.html
    NTTドコモ
    https://www.nttdocomo.co.jp/

    2020年10月07日 16時30分更新
    ASCII.jp
    https://ascii.jp/elem/000/004/029/4029529/

    【NTTドコモ、iモード公式サイトを11月30日に提供終了】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2020/10/06(火) 15:35:44.61 ID:cpgpYwCPF.net

    【「ゲームギアミクロ」が冗談みたいな小ささでワロタ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/10/13(火) 19:31:33.46 ID:CAP_USER.net
    ソフトバンクは携帯料金で新たな大容量プランを導入する最終調整に入った。主流のデータ容量である20ギガ~30ギガ(ギガは10億)バイトで、月額5000円を下回る価格で検討する。NTTドコモの大容量プラン(30ギガバイト)と比べ3割低い水準となる。携帯料金引き下げを求める菅義偉政権の要請に応える。ドコモとKDDIも今後、値下げに踏み切る方針だ。携帯大手の値下げ競争が始まる。

    新しい大容量プランは現行…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64946020T11C20A0MM8000/

    【ソフトバンク、月5000円以下で20~30GB ドコモの3割安】の続きを読む

    このページのトップヘ