2020年06月

    1: 名無し募集中。。。 2020/06/02(火) 08:41:49.07 0
    描いてるところと画面に描かれるところが同じだから直感的に掛けるし
    持ち運び出来るから寝ながら絵が描ける
    これで俺もプロデビューだな

    【液晶ペンタブレット買ったけどこれすごいいいな】の続きを読む

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">へっぽこ立て子@エリオット ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/05/19(火) 15:42:07.00 ID:CAP_USER</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;">   エンジニアの民間団体コード・フォー・ジャパン(東京都文京区)は5月18日、新型コロナウイルス陽性患者と濃厚接触した恐れのある人に通知を送るアプリ「まもりあいJAPAN」のソースコードをオープンライセンスでGitHub上に公開した。 <br />  <br /> <a class="image" href="https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/l_ki_1609376_c4j01_w490.jpg" target="_blank">https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/l_ki_1609376_c4j01_w490.jpg</a> <br /> まもりあいJAPANのGitHub上のページ <br />  <br />  まもりあいJAPANの開発は、3月下旬から同団体の有志が進めてきた。同アプリは米Appleと米Googleが定めた濃厚接触を検出する技術の共通規格に対応していた。しかし、同規格を実装できるのは1つの国につき1アプリのみと定められている。 <br />  <br />  5月8日には厚生労働省が主体となって接触確認アプリを開発すると決定。これにより同団体がアプリを公開することはなくなったため、現状のソースコードを公開するなどの形で厚労省のアプリ開発に協力する方針に切り替えたという。 <br />  <br />  8日の政府会合で、同団体は「陽性判定者との濃厚接触を迅速に通知する実装」「ユーザーのプライバシー保護」「ユーザー心理に配慮した設計」「保健所の負担を考慮した設計」といった、アプリ提供上の課題はクリアし実装済みとしていた。 <br />  <br /> <a class="image" href="https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/l_ki_1609376_c4j02_w290.jpg" target="_blank">https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/l_ki_1609376_c4j02_w290.jpg</a> <br /> <a class="image" href="https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/l_ki_1609376_c4j03_w290.jpg" target="_blank">https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/l_ki_1609376_c4j03_w290.jpg</a> <br /> 8日時点のまもりあいJAPANの実装状況 <br />  <br />  同団体の関治之代表は国の決定を受けて、「国が主体的に開発に取り組むことは素晴らしいことだと思っている。われわれが主体としてアプリを公開する必要はなくなったため、今後は仕様策定などで応援する」と、13日に行った接触確認アプリの勉強会で話した。 <br />  <br /> □関連リンク <br /> まもりあいJAPAN(GitHub) <br /> <a href="https://github.com/mamori-i-japan" target="_blank">https://github.com/mamori-i-japan</a> <br /> 接触確認アプリ「まもりあいJapan」開発の経緯と今後について <br /> <a href="https://note.com/hal_sk/n/n0e05f3482d28" target="_blank">https://note.com/hal_sk/n/n0e05f3482d28</a> <br /> Code for Japan <br /> <a href="https://www.code4japan.org/" target="_blank">https://www.code4japan.org/</a> <br />  <br /> 2020年05月19日 14時02分 公開 <br /> ITmedia NEWS <br /> <a href="https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/news075.html" target="_blank">https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/19/news075.html</a>  </div><br />
    <!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> 【Code for Japan、「濃厚接触確認アプリ」をオープンソース化 政府主導の開発決定でアプリ公開は取りやめ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/19(火) 15:15:19.44 ID:CAP_USER
     富士通は5月19日、同社が考案した「親指シフト」配列のキーボードの販売を2021年5月をもって終了することを発表した。それに伴い、同配列キーボードを搭載する「LIFEBOOK」の企業向けカスタムメイドモデル、同配列キーボードをサポートするワープロソフト「OASYS V10.0」やIMEソフト「Japanist 10」の販売も順次終了する。

    https://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2005/19/l_si7101-OK-01.jpg
    富士通の親指シフトキーボード「FMV-KB613」(出典:富士通)

     親指シフト配列のキーボードは、富士通が1980年5月に発売したワードプロセッサ「OASYS 100」で初めて世に送り出された。その後、OASYSはもちろん、同社のPC「FM R」や「FM TOWNS」、FM R/TOWNSの後継となるPC/AT互換機「FMV」にも親指シフトキーボードのオプションが用意されてきた。日本語入力時の効率が良いことから、同配列のキーボードは現在でも熱狂的なファンが存在する。

     富士通は「JIS配列キーボードがデファクトスタンダードとなり、親指シフトの機能優位性を十分に訴求できない状況が続いて」いる中で、親指シフトキーボードを存続すべく「業務効率化や商品の価格アップなどの施策を講じて」きたものの、やむなく同キーボードの販売とサポートを終了することになったという。

    https://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2005/19/l_si7101-OK-01.jpg
    OASYS 100で初採用された親指シフトキーボード。当時、同機種のプリンター込みの販売価格は270万円だった(出典:富士通)

    □販売とサポートを終了する製品
     富士通が販売とサポートを終了する親指シフトキーボードとその関連製品は以下の通り。

    ・LIFEBOOKカスタムメイドモデル(親指シフトオプション):2021年3月販売終了、2026年4月サポート終了
    ・FMV-KB613(PS/2接続キーボード):2021年5月販売終了、2026年6月サポート終了
    ・FMV-KB232(USB接続キーボード):同上
    ・OASYS V10.0:2021年5月販売終了、2024年5月サポート終了(>>>1
    ・Japanist 10:2021年5月販売終了、2026年6月サポート終了(>>>2
    >>>1�個人向け販売分については、2020年9月販売終了、2023年9月サポート終了
    >>>2�2024年6月以降は新規の障害(不具合)調査やソフトウェア修正は行わない

    □関連リンク
    富士通からのお知らせ
    https://www.fmworld.net/biz/fmv/whatsnew/20200519/index.html
    FMV-KB613 製品情報
    https://www.fmworld.net/biz/fmv/product/hard/keyboard/fmv-kb613.html
    FMV-KB232 製品情報
    https://www.fmworld.net/biz/fmv/product/hard/keyboard/fmv-kb232.html
    OASYS(ワープロソフト) 製品情報
    https://www.fujitsu.com/jp/products/software/applications/applications/oasys/
    Japanist 製品情報
    https://www.fujitsu.com/jp/products/software/applications/applications/japanist/

    2020年05月19日 14時30分 公開
    ITmedia PC USER
    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2005/19/news077.html

    【富士通の「親指シフトキーボード」が2021年5月をもって終息 関連ソフトも販売終了へ】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/25(月) 13:54:26.58 ID:CAP_USER.net
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1254/437/02_o.jpg
    スマートポールの設置イメージ

     日本電気(NEC)と住友商事は、東京都と協力として、LED照明や5Gアンテナを搭載する「スマートポール」を、2020年6月末までに西新宿エリアに設置する。

     東京都に超高速モバイルインターネット網を構築することを掲げた「TOKYO Data Highway基本戦略」の一環として、その重点整備地域である西新宿エリアにおけるスマートポールの早期設置の実現を目指す。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1254/437/01_o.jpg
    スマートポールの搭載機能

     スマートポールは、通信基地局、公衆Wi-Fi、人流解析カメラ、街路灯、デジタルサイネージなどを搭載した多機能ポール。NECの「スマート街路灯」に、複数の通信事業者が共用する5Gアンテナシステムまたは複数の通信事業者の5G基地局を搭載する。

     なお、5G共用アンテナシステムの本格稼働は2021年3月を目指している。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1254/437/03_o.jpg
    スマートポールの設置イメージ

    □関連リンク
    プレスリリース(NEC)
    https://jpn.nec.com/press/202005/20200525_02.html
    スマート街路灯
    https://jpn.nec.com/streetlight/index.html

    2020年5月25日 12:22
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1254437.html

    【NEC、5G基地局搭載の「スマートポール」を西新宿エリアに設置】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/27(水) 20:31:13.77 ID:CAP_USER.net
    ソニーは、旅行やガジェット紹介、メイクといった趣味を楽しむ様子を動画でYouTubeなどに投稿するVlog(Video Blog)向けのカメラを開発。新たなカテゴリ「VLOGCAM」として「ZV-1」というモデルを6月19日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は91,000円前後。シューティンググリップ(GP-VPT2BT)付きの「VLOGCAM ZV-1G」もラインナップ。こちらの実売は104,000円前後。

    現在のVlogは、スマートフォンやミラーレス一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラなどを使って撮影している人が多い。ソニーがそうしたユーザーから、Vlog撮影時の不満点をヒアリングしたところ、例えば「今日紹介するガジェットはこちら!」といったシーンで、紹介する製品をカメラのレンズ前にサッと持ち上げると、製品にピントが瞬時に合わないといったAFミスの問題、撮影された人物の顔や料理がくすんだ色になってしまう問題、移動撮影時の映像のブレ、屋外撮影時の風切音といった部分に不満の声が多かったという。

    また、カメラ機材の場合、各種設定をしようとした際に、例えば「F値」や「露出」など“ユーザーがカメラ知識を持っている事”をベースにメニューやUIが設計されているため、カメラに詳しくない人がVlogに挑戦しようとした場合、使い方がわからないといった不満もあったという。

    一方で、映像美にこだわり、シネマチックな動画を撮影に挑戦したり、機材については詳しくないが、そうした映像を撮りたいとあこがれている人も多い。

    そこでZV-1は、「かんたん操作・動画AF性能」、「小型・軽量ボディ」、「高画質」、「高音質」、「手ブレ補正」という5つの基準を1台で満たすモデルとして開発された。
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1254/348/DSC09609_s.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1254348.html

    【ソニー、Vlog向けカメラ「VLOGCAM」。バリアングルで自撮り、商品レビュー動画用ボタン】の続きを読む

    このページのトップヘ