2020年05月

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/15(金) 18:54:07.02 ID:CAP_USER.net
    楽天モバイルは、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、6月開始としていた5Gサービスについて開始時期を延期する。約3カ月の延期になるという。

     同社によれば、インド国内で開発を進めていたベンダーにおいて、最終的な検証・試験に遅れが発生した。これは新型コロナウイルス感染症の影響で、都市がロックダウンされたため。開発の自体に影響が出ているわけではなく、ソフトウェアをネットワークで稼働させる検証をする際、通常通り検証が進められないという。

     インドで進めていたプロセスを日本でもできるよう、5Gサービス開始に向けた取り組みは進められるとのことだが、新たなサービス開始時期、詳細は、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、あらためて案内される。基地局設備の調達に遅れはなく、年度末までの5G基地局の設置計画は変更されない。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1252764.html

    【楽天モバイル、5Gサービスを3カ月延期、新型コロナで】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/03(日) 18:57:22 ID:CAP_USER.net
    LINEのAndroid / iOS版に直近配布されたアップデートで、通話中にスマホ画面の共有、およびYouTube動画の同時視聴が可能になりました。

    Android版では、ビデオ通話中に右上のメニューから「画面をシェアする」を選択します。iOS版では、ビデオ通話中にコントロールセンターの「画面収録」を強押し or 長押して表示される「ブロードキャスト」からLINEを選択して利用できます。(画面収録がない場合は、「設定」からコントロールセンターに追加できます)

    また、アップデートの説明文によると、通話相手とYouTubeを視聴できる機能も追加されています。こちらの明確な手順は示されていません。なお、LINEで画面共有中にYouTubeを再生すれば、通話相手と同時再生は可能ですが、動画の音は伝わらず、画面だけの共有となるため、『通話しながらワイワイ動画を楽しむ』感は薄いものになっています。

    (更新)LINEから公式発表あり。通話相手とYouTubeを一緒に見れる機能は、5月4日より提供を開始予定。

    通話中の画面共有はPC版LINEが先行して対応していましたが、今回の更新でスマホの資料を相手に見せながらの通話も可能になるため、ビデオ会議ツールとしての利便性も高まったと言えます。
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-05-02-line-youtube.html

    【LINE通話、スマホ画面共有に対応。相手とYouTube視聴も可能に】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/13(水) 19:59:10 ID:CAP_USER.net
    日本だけで作られていた高機能光学レンズ素材が韓国でも独自技術で生産され始めた。メガネと光学レンズ素材であるキシリレンジイソシアネート(XDI)は透明性と屈折性が高く、この素材を使ったレンズはそうではないレンズに比べ30%薄くできる。純度99.5%以上の高純度XDIは汎用製品より10倍以上高い。

    ハンファソリューションは10日、「全羅南道麗水(チョンラナムド・ヨス)事業所で高純度XDIの商業生産を始めた」と明らかにした。年間生産規模は1200トンだ。これで年間5000トンを生産する日本の三井ケミカルについで世界で2番目のXDIメーカーになった。

    これまでXDI供給は三井ケミカルが独占してきた。三井ケミカルは高価・少量販売を戦略としており、レンズ市場ではXDI需給に困難があった。

    このためXDIの国産化とともにレンズ原料確保にも道が開けるというのがレンズ業界の期待だ。ハンファソリューション関係者は「数年間の研究開発成果が生産につながり韓国企業が安定的に原料を確保できるだろう。韓国の業界と協業して高機能光学レンズ素材事業を本格化する計画」と話した。

    XDIは用途も広い方だ。まず折りたたみスマホの画面とそこに使われる透明接着フィルムの素材にも使われる。このほかにインク、塗料、食品包装用接着剤、電子製品包装フィルムなどにも活用される。

    ハンファソリューション関係者は「XDI生産で韓国の中小・中堅企業の高付加価値部品事業拡大に寄与できると期待する。韓国政府の素材・部品・装備産業育成の趣旨に合わせて今後も素材国産化を積極的に進めたい」と話した。これまでハンファソリューションが開発した素材は親環境可塑剤であるエコデッチ、産業用接着剤である水添石油樹脂などがある。

    ハンファソリューションの生産能力はエコデッチ1万5000トン、水添石油樹脂5万トンほどだ。石油化学分野で主に利益を出していたハンファソリューションは先端素材と太陽光分野で収益創出の窓口を転換している。
    https://japanese.joins.com/JArticle/265774

    【日本だけが生産していた「10倍高い」レンズ素材、これからは韓国でも生産】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2020/04/11(土) 11:49:14.12 ID:CAP_USER.net
     米Facebook傘下のInstagramは4月10日(現地時間)、1月に予告したWebブラウザからのダイレクトメッセージ(DM)機能を世界で利用可能にしたとツイートで発表した。

     InstagarmをWebブラウザで開くと、画面上部のホームアイコンの隣に紙飛行機のアイコンが表示されるようになっており、これをクリックすることでDMのページに移動し、DMを送受信できる。

     Instagramは基本的にスマートフォンアプリでの操作向けサービスだが、2013年にはWebブラウザでの「いいね」が可能になり、2017年にはストーリーも表示できるようになった。

     Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは昨年5月、Facebook Messengerなどのプライベートなツールを重視していくと発表した。今回のテストもその方針の一環とみられる。
    2020年04月11日 11時09分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/11/news021.html

    【Instagram、WebブラウザからのDM機能を世界で提供開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/04/24(金) 08:35:22 ID:CAP_USER.net
     サムスンは米国時間4月23日、同社のスマートテレビで「Apple Music」アプリが利用可能になったと発表した。2019年には「iTunes」アプリを同社スマートテレビで提供開始していた。

     Apple Musicは2018~2020年に発売されたサムスンのスマートテレビを対象に、100を超える国で23日に提供が開始された。Apple Musicの登録ユーザーは音楽やラジオコンテンツ「Beats 1」を、Apple製デバイスで再生してから「AirPlay」経由で送信することなく、直接テレビでストリーミングできるようになる。

     サムスンのスマートテレビでは、「Spotify」のアプリも提供されている。サムスンは2018年、Apple Musicに競合するSpotifyを「推奨」音楽サービスパートナーとした。

     Apple Musicは、音楽ビデオや、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で開始されたAppleの取り組み「At Home With Apple Music」にも対応している。これは、プレイリスト、アーティストのインタビュー、Zane Lowe氏などBeats 1のパーソナリティーとアーティストとの間の「FaceTime」によるグループチャットを楽しめるというもの。
    2020年04月24日 08時12分
    https://japan.cnet.com/article/35152886/

    【「Apple Music」アプリ、サムスンのスマートテレビで利用可能に】の続きを読む

    このページのトップヘ