2020年02月

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/02/04(火) 14:53:36.83 ID:CAP_USER.net
     グーグルは2月4日、同社製スマートフォン「Pixel 4」にて、端末に触れずに操作できるジェスチャー機能「Motion Sense」を日本で提供開始すると発表した。また、英語圏ではすでに実装されているGoogleアシスタントのアップデートも実装する。

    https://japan.cnet.com/storage/2020/02/04/be2ead1dc9e0d7008cc8058ef03b0297/pixel00.jpg
    ジェスチャー機能「Motion Sense」が日本でも利用可能に

     Motion Senseは、端末の周囲の動きを検知する小型のレーダー技術「Soli」を活用。ディスプレイの上にレーダーセンサーを内蔵しており、半径0.6m以内に近づいたものを検知する「プレゼンス」、端末を取り上げようとする動きを予測する「リーチ」、手のジェスチャーを検知する「スワイプジェスチャー」に対応する。日本では、レーダーセンサーが使用する帯域が法律上利用できなかったものの、総務省から許可が出たことで今回の機能提供にいたった。

    https://japan.cnet.com/storage/2020/02/04/61866a649c02e24732392ad08bf2c5cd/pixel01.jpg
    Motion Senseは、Googleの研究機関「ATAP」にて開発されたもので、写真にある大きな装置が開発初期段階のもの。手前右に見えるのがPixel 4に搭載されているセンサーとなる

     これにより、ユーザーの手が近づくのを検知して画面をオンにすることで、通知や時間を確認したり、取り上げようとする動きを検知して着信音を徐々に小さくしてくれる。また、アラームのオフ、着信音のサイレント、音楽の曲送り(多くの音楽アプリに対応)などを端末に触れることなくジェスチャーで操作可能。さらに、端末を持ち上げる動作を検知するとフェイスアンロックの準備状態に入るほか、Soliで顔認証の精度も向上しているため、「世界最速の顔認証」を実現したという。

     なお、センサーは常にオンになっているものの、非常に低電力で動作するため、電池持ちの影響については殆どないという。ジェスチャーコントロールでは、センサーレベルの段階を引き上げるものの低電力動作をキープするほか、プレゼンスで人が端末から離れたら自動で画面をオフにするなど、端末自体の省電力に貢献するという。Motion Senseで取得したデータは、端末内で処理し消去。Googleのクラウドにもアップロードされないという。

     そのほか、Motion Senseを活用し、ポケモンのキャラクターが手の動きに反応して動くライブ壁紙も登場。手を振るとピカチュウなどが手を振り返してくれる。

    https://japan.cnet.com/storage/2020/02/04/7a71793e565cdc640b35b5bf91a9c59e/pixel06.jpg
    ポケモンキャラクターが登場するライブ壁紙も

    □Googleアシスタントが高速化
     Pixel 4にはGoogleアシスタントのアップデートも提供開始となる。今回のアップデートでは、アラームセットやアプリの起動がより簡単に、素早くなるほか、アプリの融合が進み、特定の機能を声だけで呼び出せるようになった。英語圏外でのアップデートは日本語が最初となる。

    https://japan.cnet.com/storage/2020/02/04/8f3a5ee7d4f05741f7b980e7fdda36f2/pixel04.jpg
    より高速化したGoogleアシスタントもPixel 4に登場
    https://japan.cnet.com/storage/2020/02/04/dd6000d8cfc9ae9dee2748b7f8e04408/pixel05.jpg
    新しい音声も登場した

     これは、音声認識技術、自然言語処理技術、クラウドにあった巨大な言語モデルを小型化することでオンデバイス化を実現。クラウドとオンデバイス処理のハイブリッドモデルを採用している。リクエストの一部をデバイスのみで処理することで、レスポンスが高速化したという。また、Googleアシスタントの音声も、DeepMindの「WaveNet」を使用することで、聞き取りやすい自然なトーンとイントネーションで会話できるという。

     Googleアシスタントでは、リアルタイムで翻訳する「通訳モード」を2019年12月末に提供を開始。「通訳して」と話しかけるだけで起動し、日本語から英語に、英語から日本語に逐次通訳してくれる。個人向けとしてはすでに提供している機能だが、「Google Nest Hub」「Google Nest Hub Max」「Google Nest Mini」のほかGoogle Homeデバイスに、ビジネス向けモードに通訳モードを2020年内に提供するとしている。個人向けモードと切り離すことで、Googleカレンダーに入っている個人の予定などを読み上げてしまう心配がなくなるという。

    https://japan.cnet.com/storage/2020/02/04/a63e04c52c412c9cb7ecfcb950567022/pixel03.jpg
    Googleアシスタントに通訳モードが登場

    2020年02月04日 13時24分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35148900/

    【Pixel 4の「Motion Sense」が日本でも解禁--スマホに触れずに操作可能に】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/21(火) 10:18:47 ID:CAP_USER.net
    中国OnePlusでCEOを務めるPete Lau(ピート・ラウ)氏は海外メディアのポッドキャストに登場し、背面カメラが消えるスマートフォンを市場に投入することを明かしました。

    まずOnePlusは今年冒頭に開催されたCES 2020にて、コンセプトスマートフォン「Concept One」を公開しています。これには背面に「エレクトロクロミック・ガラス」を採用することで、その下に配置された背面カメラを任意に隠したり露出させたりできるというギミックが仕込まれていました。

    この技術はデザイン的に目を引くだけでなく、その透過度の調整によりNDフィルターのように機能し、露出オーバーになる可能性を回避することも可能だと説明されています。

    なお、Lau社長は「将来のOnePlusスマートフォンにこの技術が搭載される」と語っただけで、具体的なモデル名や投入時期については言及していません。ただ通常のガラスよりもコストを押し上げる機構であることから、まずはハイエンドモデルからの採用が予測されそうです。

    またLau社長は、折りたたみスマートフォの投入は時期尚早だとも語っています。大手スマートフォンメーカーが競って折りたたみ端末に参入する中、OnePlusはしばらくの間独自路線を貫くようです。
    画像はソース
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-20-oppo.html

    【OPPO、『背面カメラが消えるスマホ』を市場投入】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/12(水) 05:35:22 ID:CAP_USER.net
    サムスンは2月11日(現地時間)、米国・サンフランシスコにおいて、発表イベント「Galaxy UNPACKED 2020」を開催し、同社のフラッグシップの最新モデル「Galaxy S20」シリーズを発表した。

     従来のGalaxy S10シリーズまでは、4G LTE対応モデルのほかに、国と地域によって、5G対応モデルがラインアップされていたが、今回のGalaxy S20シリーズは発表された3機種がいずれも5Gに対応する。

    あわせて完全ワイヤレスイヤホンの新モデル「Galaxy Buds Plus」や、S20シリーズ向けのケースなども発表されている。

    5G時代へ向けた新しいネーミング
     主力のGalaxy SシリーズやGalaxy Noteシリーズでは、モデル名の数字を重ねてきたGalaxy。2019年のGalaxy S10シリーズで10年目を迎え、ひとつの節目となったこともあり、今回はネーミングルールを再考し、5Gサービスを迎える新しい時代へ向けて、「Galaxy S20」シリーズというネーミングが与えられた。

    今回発表されたGalaxy S20シリーズは、「Galaxy S20」「Galaxy S20+」「Galaxy S20 Ultra」の3モデルがラインアップされる。いずれのモデルも5Gに対応しており、販売する国と地域で5Gサービスが提供されていて、各携帯電話事業者のネットワークに対応していれば、5Gサービスを利用できる。ちなみに、サムスンは2019年11月現在、グローバル市場でもっとも多くの5G対応端末を出荷した実績を持つ。

    6.2インチ~6.9インチの有機ELディスプレイを搭載
     ボディは従来モデルが採用していた両側面が湾曲したデザインを継承し、Galaxy S20とGalaxy S20+は8mmを切る薄さに仕上げられており、非常に持ちやすい。

     Galaxy S20 Ultraは従来モデルのサイズ感をほぼ継承したGalaxy S20+に比べ、ひと回り大きいサイズとなっており、重量も220gとやや重めの仕様となっている。ボディはIP68準拠の防水防塵対応となっている。

    ディスプレイ
     ディスプレイはいずれも3200×1440ドット表示が可能なQuadHD+表示が可能なHDR10+対応Dynamic AMOLED 2X(有機ELディスプレイ)。

     サイズはGalaxy S20が6.2インチ、Galaxy S20+が6.7インチ、Galaxy S20 Ultraは6.9インチとなっている。

     有機ELディスプレイの「2X」は120Hz対応を表わしており、従来モデルや一般的なディスプレイの60Hzに比べ、約2倍の駆動速度となっている。

     ディスプレイの上部中央にはパンチホールがあり、インカメラが内蔵される。従来モデルに比べ、一段と画面が占有された印象の仕上がりとなっている。

    カラーバリエーション
     ボディカラーはGalaxy S20がCosmic Grey、Cloud Blue、Cloud Pink、Galaxy S20+がCosmic Grey、Cloud Blue、Cosmic Blackのいずれも3色展開。

     Galaxy S20 UltraはCosmic Grey、Cosmic Blackの2色のみが展開される。この他に発売する国と地域によって、オプションカラーが提供されることもある。

    チップセットやRAM/ROMもハイスペック
     Galaxy S20シリーズは全機種が5Gに対応するため、チップセットなども最新のものが搭載される。発売される国と地域によって、対応が異なるが、米Qualcomm製Snapdragon 865、もしくはサムスン製Exynos 990が搭載される。

     RAM/ROMについても発売される国と地域によって、仕様に差はあるが、Galaxy S20がRAM 8GB/12GB、ROM 128GB、Galaxy S20+がRAM 8GB/12GB、ROM 128GB/256GB/512GB、Galaxy S20 UltraがRAM 12GB/16GB、ROM 128GB/256GB/512GBとなっている。いずれの機種も最大1TBまでのmicroSDメモリーカードに対応する。

     バッテリーはGalaxy S20が4000mAh、Galaxy S20+が4500mAh、Galaxy S20 Ultraが5000mAhの大容量バッテリーをそれぞれ内蔵する。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1234/534/galaxys20series_l.jpg
    以下ソース
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1234534.html

    【サムスン、全て5G対応の「Galaxy S20」シリーズを発表】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/12(水) 05:37:22 ID:CAP_USER.net
    サムスンは2月11日、米国・サンフランシスコにおいて、発表イベント「Galaxy UNPACKED 2020」を開催し、新デザインの折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip」を発表した。

     2019年に国内でもauから発売され、話題となった「Galaxy Fold」の技術を継承したモデルとなる。米国と韓国を含む一部地域で2月14日に発売される。価格は1380ドル(約15万円)。

     今回発表された「Galaxy Z Flip」は、Galaxy Foldと同じように、曲げられるという有機ELディスプレイの特徴を活かし、本体を折りたためる形状を採用している。

    ただし、Galaxy Foldが本のような横開きだったのに対し、Galaxy Z FlipはGalaxy S10+などの一般的な大画面スマートフォンと同程度のサイズの端末を 縦方向に折りたたむ という新しいデザインを採用している。

     端末を開いた状態での厚さは約7mm程度で、折りたたんだ状態では16mm弱に抑えられ、重量も183gと、一般的なスマートフォンと同程度となっている。コンパクトで持ちやすく、手の大きくない女性などにも扱いやすい形状に仕上げられている。

     Galaxy Z Flipの折りたたみというデザインと機構の設計は、Galaxy Foldで培われたノウハウが随所に活かされているという。たとえば、ヒンジ部分には異物を混入させないようにするため、ヒンジ内にブラシを内蔵している。折りたたむときの角度も自由に止められるように設計されている。ヒンジの強度もGalaxy Foldと同じように試験されており、20万回以上の開閉操作が可能だという。

     ボディカラーはミラーパープルやミラーブラックなどがラインアップされており、発売する国と地域によって、異なるカラーが供給されることもあるという。

    ディスプレイはフルHD+対応の6.7インチInfinity Flex Display(Dynamic AMOLED/有機EL)を採用する。開いた状態のサイズとしては、ちょうど同時に発表されたGalaxy S20+と同程度ということになる。

     従来のGalaxy Foldでは有機ELディスプレイを保護するために、樹脂製フィルムで覆っていたが、折れ曲がる部分に、わずかに折り目ができていた。これに対し、Galaxy Z Flipでは樹脂製フィルムの代わりに、極薄の曲げられるガラスを採用することにより、折り目の目立たないシームレスなディスプレイを実現している。

     ちなみに、ディスプレイはHDR10+に対応し、写真や動画などを美しく表示することができる。

     また、本体を閉じた状態のカバー側には、カメラ部のすぐ隣に約1.1インチのサブディスプレイも備える。

    縦折りデザインから生まれる新しい使いやすさ
     Galaxy Z Flipは端末を縦方向に折りたたむという新しいデザインを採用しているが、前述の通り、従来のGalaxy Foldと違い、折りたたみ時に自由な角度で停止することができる。

     そのため、端末を90度に開いた状態で、机などに置いて、三脚などを使わずに写真を撮影できたり、三脚などが必要だった長時間露光も簡単に撮影することができる。ユーザーの工夫次第で、新しい使いやすさを生み出すことが可能だ。

    メインカメラ
     また、本体を折りたたんだときのカバー側には前述のサブディスプレイとメインカメラが搭載される。カメラは12MピクセルのイメージセンサーにF2.2のレンズを組み合わせた超広角カメラ、12MピクセルのイメージセンサーにF1.8のレンズを組み合わせた広角カメラから構成される。

     本体を開き、カメラアプリを起動すれば、一般的なスマートフォンと同じように撮影ができるが、本体を閉じた状態で、電源キーを二度押しすると、自動的にカメラアプリが起動し、小さいサブディスプレイを見ながら、自撮りをすることもできる。

    閉じた状態での操作
     同じように、端末を閉じた状態での操作も考えられており、閉じた状態で着信があったときはサブディスプレイの表示をスワイプすることで、着信に応答することができ、そのままスピーカーフォンで通話することもできる。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1234/536/000_l.jpg
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1234536.html

    【サムスン、縦長ボディを折りたたむ「Galaxy Z Flip」を発表】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/29(水) 16:20:50.48 ID:CAP_USER.net
     29日、オプテージがMVNOサービス「mineo」の新たな取り組みを発表した。発表会で語られた同社の戦略とは。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/00_o.jpg
    福留氏(中央)

    □2019年の取り組みは
     オプテージ モバイル事業戦略部部長の福留康和氏は「2019年は、競争が激しくなる中、独自価値であるファン(ユーザーのこと)との繋がりを深めた1年だった」と振り返る。

     新たに導入したアンバサダー制度を通じて、計3回の座談会を実施して、ユーザーからの声を聞き、サービス開発に繋げた。サポートアンバサダーでは、格安スマホ相談会を開催したところ、ユーザー目線での客観的なアドバイスが得られたと好評だったという。紹介アンバサダーからは紹介率が約3割に達した。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/40_o.jpg

     かねてより提供されてきた「災害支援タンク」は、特別警報が適用される地域も対象に含めるようになり、過去18回の開放で約3万人が利用した。たとえば2019年の台風19号でも、千葉県のユーザーに向けて災害支援タンクを開放。ユーザーからも現地を応援するコメントが多く寄せられた。

     福留氏は「安さなどの機能的な価値だけではなく、社会的な価値にも積極的に取り組みたい」と語る。

     そうした取り組みにより、コミュニティサイト「マイネ王」の会員は60万人に達した。ユーザー同士で疑問を解決するQ&Aサイトも、1万2000件の解決数となった。ユーザーからの改善提案や新サービスのアイデアなどが寄せられるアイデアファームは、約5000件のアイデアから584件を実現。これらの実績や、調査会社などの評価から「高いエンゲージメントを獲得できている」と福留氏は胸を張る。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/41_o.jpg

     電気通信事業法、MNO各社の料金プラン見直しによる安価なプランの登場、楽天モバイルの参入などで、市場全体は様子見の格好となり、動きは鈍いなかでも、この1年、約4万回線増加し、117万回線に達した。今後も流動性が高まると見ているという。

     以前は200万回線の獲得を目指していたが、市場の鈍化を踏まえ、シェア10%以上を新たな目標に切り替えたという。現時点では2019年9月時点では、MMD総研のデータによるとシェア8.3%となっている。

     2018年10月からソフトバンク回線のSプランを提供してきたが、その契約数は全体の2%。残りはauとドコモで半分ずつ。「絶対数は伸びてないように見えるかもしれないが、伸び率でいうと、ドコモもauもソフトバンクも変わらない。その頃から市場が鈍化し始めた」と福留氏。

    □2020年は2本柱で
     mineoの独自性である「共創戦略」をさらに深めるのが2020年と語る福留氏は、「共創価値の深化とベース価値の追求」という2つの柱を示す。

     そのうち共創価値では、「共創」「共想」という考え方をもとに、「ゆずり合い、助け合い」をする新サービス「ゆずるね。」を3月23日から提供する。

    □関連記事
    mineo、ユーザー間で通信帯域を譲り合えるサービス「ゆずるね。」を提供へ
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1231884.html

     一般的に、MVNO事業者は、大手携帯会社(MNO)から通信帯域を調達するが、ランチタイムなどは通信する人が増えてしまい、速度が遅くなりがち。MVNO側はさらに多くの帯域を調達して増強することもできるが、それもコストになるため、料金に影響を与えかねない。そこで「ゆずるね。」では、ランチタイムに「私は今日通信しない」と宣言し、実際に通信しないことで、特典をもらえるようにした。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/20_o.jpg
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/22_o.jpg

    >>2 へ続く

    □関連リンク
    mineo
    https://mineo.jp/

    2020年1月29日 14:47
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1232041.html

    2: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/29(水) 16:20:59.75 ID:CAP_USER.net
    >>1 から続く

     「ゆずるね。」はファンとともに作り上げたサービスとのことで、使いたい、使い続けたいと思ってもらえるかどうかが、成功するかどうかの分水嶺と語る福留氏は、参加のモチベーションアップなどに対して、ユーザーの声を聞いてきたという。

     福留氏は「mineoらしいサービスではないか」と自信を見せる。さまざまなユーザーがいるなかで、mineoのアプリを毎日使う人や、共創という考え方に共感するユーザー、速度制限を利用するユーザーが中心となって、「少なくとも毎日5万人程度に利用されるのではないか」と予測した。

    ただし、どの程度、混雑を解消できるかは不透明。福留氏は「まだ利用者がどの程度になるか正確に掴めない。制限をかけるのではなく、利用量をカウントするだけであり、宣言が成功するかどうかによって効果が変わる。宣言する人の普段の利用傾向によっても異なっており、たとえば普段から使っていない人、逆にヘビーに使う人がいる。実際に開始してから数値を見ていきたい」とした。

    □パケット放題で「ベース価値」を上げる
     共創戦略を深める「ゆずるね。」とともに発表されたのが、月額350円で、最大500kbpsで通信し放題となる「パケット放題」だ。

    □関連記事
    mineo、月額350円でmineoスイッチを500kbpsへ増速する「パケット放題」、無料体験キャンペーンも
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1231887.html

     2019年6月に実施したトライアルサービスでは、65%が満足し、正式なサービス化を求める声もあって、今回、提供されることになった。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/27_o.jpg
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/28_o.jpg
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/29_o.jpg
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1232/041/30_o.jpg

     あわせてキャンペーンも1月30日から実施され、サービス開始前日まで無料で利用できる。

     また2月1日~5月31日に申し込むと6カ月間、800円割り引くキャンペーンや、6カ月間1GB増量するキャンペーン、端末購入者に最大3000円の電子マネーをプレゼントする。

     キャンペーンの組み合わせにより、auプランであれば4GBを月額710円で利用できる。福留氏は、期間限定ながら「業界最安になる」とアピールしていた。

    【mineo「ゆずるね。」「パケット放題」発表会で語られた新たな戦略とは】の続きを読む

    このページのトップヘ