2020年02月

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/15(水) 22:35:00 ID:CAP_USER.net
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007824/01_480x.jpg
     パナソニックは1月15日、レッツノート個人向けの2020年春モデルとして、新たに「SV9シリーズ」を発表。「LV8シリーズ」「QV8シリーズ」にも新色が登場した。また、Panasonic Store(パナソニック ストア)で販売されるSV9には、東京2020オリンピック・パラリンピック オリジナルデザイン天板が選べる特別モデルが用意されることも発表。

     発表会には、リオ五輪にてアジア人初のカヌー競技メダリストとなった羽根田卓也選手と、ロンドン五輪・リオ五輪で新体操競技団体の入賞に貢献した畠山愛理さんが登壇。東京2020オリンピック・パラリンピック公式パソコンとして使用されているレッツノートの魅力と、2020年への意気込みを語った。
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007711/IMG_7957_o_.jpg
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007825/02_o_.jpg

    □第10世代インテルCoreプロセッサー搭載の「SV9」シリーズ
     12.1型ワイド液晶ディスプレーを搭載したモバイルノートPC「SV9」シリーズは、前モデル「SV8」の外観や基本性能を踏襲しつつ、CPUに「Comet Lake」と呼ばれる最新の第10世代インテルCoreプロセッサーを採用しているのが最大の特長。また、無線LANの最新規格「Wi-Fi 6」などの最新テクノロジーにも対応している。SV9シリーズには全6モデルが用意され、価格はオープン。

    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007661/01_480x.jpg

     上位モデルの「CF-SV9PFNQR」は、CPUにCore i7-10510U(1.80GHz、最大4.90GHz)、512GB SSD、8GBメモリー、Windows 10 Pro 64bitという構成。駆動時間は約20時間で、本体サイズ283.5(W)×203.8(D)×24.5(H)mm、重量約1.169kgとなっている。

     また、Panasonic Store(パナソニック ストア)では、台数限定で同機種の特別モデルを用意。当該モデルは、東京2020オリンピック・パラリンピック オリジナル天板を6種類から選べるなど、今しか手に入らないレアモデルとなっている。

    https://ascii.jp/elem/000/001/999/1999016/001_480x.png
    【薄月/ウスヅキ】
    https://ascii.jp/elem/000/001/999/1999017/002_480x.png
    【千切り絵/チギリエ】
    https://ascii.jp/elem/000/001/999/1999018/003_480x.png
    【和傘/ワガサ】
    https://ascii.jp/elem/000/001/999/1999019/004_480x.png
    【彩墨/サイボク】
    https://ascii.jp/elem/000/001/999/1999020/005_480x.png
    【八重麻/ヤエアサ】
    https://ascii.jp/elem/000/001/999/1999021/006_480x.png
    【閃光/センコウ】
     オリジナル天板が選べる特別モデルの構成は、CPUにCore i7-10510U(1.80GHz、最大4.90GHz)、2TB+1TB SSD、16GBメモリー、Windows 10 Pro 64bit、本体カラーはブラックで、直販価格は25万9200円となっている。

    >>2 へ続く

    2020年01月15日14時00分
    週刊アスキー
    https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/438/438729/

    2: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/15(水) 22:35:11 ID:CAP_USER.net
    >>1 から続く

    □LV8、QV8にツートンカラーの新色登場
     レッツノートのラインナップのうち、14型の「LV8」と、タブレットとしても使用できる2in1 PC「QV8」には新色が加わった。従来のブラック、シルバーに加え、シルバーをベースにキーボードや天板、ホイールパッドをブラック仕様にしたEURO DRESS MODEL(ブラック&シルバー)を追加。選択の幅が広がった。

    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007663/03_480x.jpg
    EURO DRESS MODELの「LV8」

     LV8のEURO DRESS MODELを採用した「CF-LV8NDMQR」は、CPUにCore i5-8265U(1.60GHz、最大3.90GHz)、256GB SSD、16GBメモリー、Windows 10 Pro 64bitという構成で、駆動時間は約11.5時間。サイズは333.0(W)×225.3(D)×24.5(H)mm、重量約1.27kgで、価格はオープン。

    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007664/04_480x.jpg
    EURO DRESS MODELの「QV8」

     QV8のEURO DRESS MODELを採用した「CF-QV8NDMQR」は、CPUにCore i5-8265U(1.60GHz、最大3.90GHz)、256GB SSD、16GBメモリー、Windows 10 Pro 64bitという構成で、駆動時間は約10.0時間。サイズは273.0(W)×209.2(D)×18.7(H)mm、重量約0.949kgで、価格はこちらもオープン。

    □パナソニックストア「カスタマイズレッツノート」のラインアップ
     あわせてPanasonic Store(パナソニック ストア)で、「カスタマイズレッツノート」も発表した。発売は1月25日からで、予約は1月15日から受付開始する。

     カスタマイズレッツノートも、第10世代インテルCoreプロセッサー搭載でWi-Fi 6対応の、SV9シリーズを用意。LV8、SV9、QV8はバッテリーの劣化を知らせる「バッテリーライフサイクルNAVI」を選べるようになった。

     カスタマイズレッツノートのラインナップと主なスペックは以下のとおり。

    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007665/05_o_.png
    CF‐LV8シリーズ(カスタマイズレッツノート プレミアムエディション)
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007666/06_o_.png
    CF‐LV8シリーズ(カスタマイズレッツノート)
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007667/07_o_.png
    CF‐SV9シリーズ(カスタマイズレッツノート プレミアムエディション)
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007668/08_o_.png
    CF-SV9シリーズ(カスタマイズレッツノート)
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007669/09_o_.png
    CF‐QV8シリーズ(カスタマイズレッツノート プレミアムエディション)
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007669/09_o_.png
    CF‐QV8シリーズ(カスタマイズレッツノート)
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007671/11_o_.png
    CF‐RZ8シリーズ(カスタマイズレッツノート プレミアムエディション)
    https://ascii.jp/elem/000/002/007/2007672/12_o_.png
    CF‐RZ8シリーズ(カスタマイズレッツノート)

    ■関連サイト
    パナソニック
    https://panasonic.jp/

    【パナソニック レッツノート2020年春モデルを発表【東京五輪特別モデルも】】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/28(火) 15:31:17.51 ID:CAP_USER.net
    博報堂DYメディアパートナーズ(MP)は新聞社を対象に最長3分のニュース動画を新聞記事から自動で作成するサービスを始めると発表した。人工知能(AI)に記事を読ませて内容を要約させ、音声付きの動画に仕立てる。動画は新聞社の自社サイトやSNS(交流サイト)で配信する。第1弾として中国新聞社が月末に試験的に導入することを決めた。

    新サービス「ニュースブレイン」は、博報堂DYMPが動画制作などをてがけるオープンエイト(東京・渋谷)と共同で開始する。新聞社が博報堂DYMPのシステムに記事の見出しや本文、記事に関連する写真や映像をアップすると、AIが写真や映像にテロップがついた「ストーリー性のある1本の動画にまとめる」(同社)という。

    動画のなかで、写真や映像を流すタイミングはAIが判断するが、新聞社が自分で修正することも可能。記事と関連する写真や映像が無い場合は、文字のみで構成する動画になる。システムの利用料は月額20万円(標準タイプ)。別途、初期費用が20万円かかる。

    メディア業界のなかには、次世代通信規格「5G」が普及すると、若者を中心にニュースを動画でみる需要が増えるとの見方も一部ある。博報堂DYMPは「メディアが広告事業の収益を拡大するには、通信環境の変化に合わせた動画の活用が欠かせない」とみて新聞社に採用を呼びかける。

    2020/1/28 15:21
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54935920Y0A120C2000000/

    【ニュース動画を自動作成 博報堂DYMPが新聞社向け【うっかり踏むとがっかりする動画】】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/14(火) 17:13:00 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1229/060/1.jpg
    Nintendo Switch(右)との比較

     深センGPD Technologyは、年内に投入予定のクラムシェル型Windowsゲーム機「GPD WIN Max」についての最新状況を報告した。

     GPD WIN Maxは2019年3月あたりから存在が明らかにされたモデルで、既存の「GPD WIN」よりひとまわり大きい筐体を採用する。当初は低電圧版Ryzenを搭載するとし開発を進めてきたが、ここにきてIce Lake Uへの変更が明らかとなった。

     具体的には、Core i7-1065G7となった。このCPUは10nmプロセスで製造され、4コア/8スレッドのCPUを搭載。ベースクロックは1.3GHz、Turbo Boost時のクロックは3.9GHz。TDPは15W、最大25Wで稼働する。

     一方、GPUはIce Lake最上位グレードの「G7」となる。液晶は1,280×800ドット表示対応のものを搭載するとしており、この解像度下ではほとんどのゲームが快適に動作するという。また、GPD WIN MaxにはThunderbolt 3も搭載するとしている。

     このほかのスペックは明らかにされておらず、詳細は2月以降となる見込みだ。

     ちなみにRyzenの搭載を計画していたモバイルWindowsゲーム機としては「SMACH Z」が挙げられるが、今日に至るまで出荷されていない。SMACH Zは組み込み向けのRyzen Embeddedプロセッサを採用しているが、GPD Wade氏の見解によれば、Ryzen Embeddedにはバッテリ制御のECファームウェアが存在せず、この開発に手こずっていると見られる。
    PS VitaライクなWindowsゲーム機「SMACH Z」がRyzen搭載で再始動 - PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1113284.html

     一方、GPD WIN Maxはモバイル向けRyzenを採用するためこの問題はないが、AMDが提供しているノートPCのリファレンスデザインはいずれもDDR4メモリスロットつきのものとなっているため、GPD WIN Maxのようにメモリをオンボードで実装する場合、独自の配線設計を行なう必要がある。加えて、Ryzen Uプロセッサの性能を十分に発揮させるためには、TDP 35Wに対応できる熱設計が必要があり、こちらも足かせとなったようだ。Ice Lakeの搭載は賢明な選択肢だと言えるだろう。

     ただ既報のとおり、Ice Lakeは供給量不足という問題を抱えており、GPD WIN Maxが欲しいすべてのユーザーの手に届くほど潤沢な供給がなされるかが、今後の焦点となりそうだ。
    【特集】7型ゲーミングUMPC「ONE-GX」が、Ice Lake採用をスキップするワケ ~ONE-NETBOOKの社長と副社長にインタビュー - PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1220012.html

    □関連リンク
    WeChat公式アカウントでのアナウンス(中文簡体字)
    https://mp.weixin.qq.com/s/dxZiTSNYDgGq2pVBo_wGlg?fbclid=IwAR3mVmN3o50toJdIfGM1q9pgWG4paU4DHibQtOeLgya7p9x6T5StpUs2g5I

    2020年1月14日 16:36
    PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1229060.html

    【ひとまわり大きくなった「GPD WIN Max」、Ryzen採用を諦めIce Lakeを搭載へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/28(火) 16:10:14.19 ID:CAP_USER.net
    日本マイクロソフト 執行役員 コンシューマー&デバイス事業本部 デバイスパートナー営業統括本部長の梅田成二氏にモダンPCについて尋ねると、2018年当時を振り返ることから取材はスタートした。

    中略
    このPC買い換えが長引いていることとともに問題となったのが、日本の多くのPCユーザーが選ぶ製品が、ほかの国に比べて特殊なのだという。

    「日本では15型のディスプレイ、DVDドライブ搭載のノートPCが売れ筋となっていました。日本のユーザー向けにメーカー各社が薄い、軽い、タッチ機能を搭載した最新機能のPCを投入しているにもかかわらず、コンシューマ市場では大きな機能変化がないPCの方が売れている。なぜなんだ? と要因を掘り下げてみることになったのです」。

    原因を掘り下げて探っていくと、「日本ならではの特殊な要因」が複数あることが明らかになった。

     要因の1つは日本のコンシューマユーザーのPC利用シナリオだという。

     「PCを利用するさいのユーザーシナリオが、日本のユーザーは5年前からほとんど変わっていない。限定的な使い方にとどまっていることがわかりました。メール、ブラウジング、写真の保存と2000年頃から変化がないんです。

     海外ではExcelの利用をはじめ、仕事探し、ゲーミング、さらに子供達が学校の宿題をPCで行なうといった使い方をするようになっています。そういった新しい使い方をしていないのが、多くの日本のコンシューマユーザーだったのです」

     日本ならではの特殊な要因のもう1つが、日本の量販店の多さにあるという。

     「日本以外の国では、量販店といえばここ! という1社体制になっています。それに比べると日本は、量販店の数は多い、PCメーカーの数も多い。大手量販店では約250モデルのPCが店頭に並びます。こうなるとメーカーは量販店の棚の取り合いになります。量販店を訪れたお客さまもどの製品を選べばいいのかわからない状況になってしまっています」。

     このPCのモデル数の多さとは、Mac売り場と比較すると象徴的だという。Macの売り場は展示されているモデル数が絞り込まれているので、自分が購入するモデル選びはWindows PCほど難しくない。250モデル以上が店頭に並ぶWindows PCは、下調べをして店頭に出向いても戸惑ってしまう人が多いようだ。

     「店頭で商品を見比べても、どれを選べばいいのかわからない。商品の説明を聞いてもわけがわからない。そういう場合、選択に利用するのが店頭に表示された機能の有無をまとめた○/×表です。その比較表を見ると、機能が少ないよりも多い製品を選ぶ方が得策と思えてくるのです」。

     そういった「機能が多い方が良い」ということで選ばれるものの代表が、「DVDドライブ」だそうだ。

     マイクロソフトの調査では、PCを購入して7年間、1度もドライブを利用しなかったという人が圧倒的に多いそうだが、それでも「搭載しているモデルを買いますか? 搭載していないモデルを買いますか?」の2択になってしまうと、「搭載しているモデル」を選択する人が多い。

     「その結果、DVDドライブ搭載、HDD搭載モデルが選ばれるというサイクルができあがります。DVDドライブ、HDDを搭載せず、SSD搭載の薄くて軽い最新PCは選択外になってしまうのです。

     その結果、前に購入したものと大差がないPCを選択し、買い換えても大きな驚きはない、よくないサイクルができあがっていました。
    以下ソース
    【“あっても使わない”のにDVDドライブ搭載ノートを買う日本人】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/27(月) 15:43:36.55 ID:CAP_USER.net
    京都大学の福岡隆夫研究員らはナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの金微粒子を使い偽造防止用タグを開発した。商品の在庫管理など向けに普及するICタグより安価で、医薬品の表面などに直接印刷することも可能だ。医薬品卸会社と協力し、2月からサプライチェーンの安全性強化を目指した実証実験を始める。

    金ナノ粒子にあらかじめ特定の化学物質をくっつけた。レーザー光を当てると波長が変化した光が返ってくる「ラマン散乱」と呼ぶ現象を用いた。金ナノ粒子は光を強める効果があり、波長は化学物質の種類ごとに異なる。これを測り、特定の化学物質から出る波長と照らし合わせ、本物と偽造品を素早く区別する。

    ナノ粒子は微量で済む。約5000種類の化学物質が使えるため、偽造は困難という。ナノ粒子を含むインクを薬の表面に印刷し、室温で5年以上保管した後も波長を検出できることを確かめた。家畜や食品などの識別にも使いたい考えだ。

    2020/1/27 10:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54742950T20C20A1000000/

    【金ナノ粒子で偽造防止用タグ 京大が開発【ステルスナノビーコン】】の続きを読む

    このページのトップヘ