2020年01月

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/23(木) 17:17:00.13 ID:CAP_USER.net
    VAIOは1月23日、2020年1月発売モデルとして、第10世代インテル Coreプロセッサー Uプロセッサーラインを搭載した個人向けモバイルPC「VAIO SX12」と「VAIO SX14」の2シリーズを発売すると発表した。

    両シリーズは、いずれもモバイルワークを次のステージへ進めることを目指して2019年に発表した製品。VAIO PCのラインアップの中核を担う。

     指紋認証に加え、Windows Hello対応の生体認証方式として新たに顔認証に対応した。これにより、センサー部に指を置くだけの指紋認証、内蔵カメラでユーザーの顔を自動認識する顔認証の2つの方法で瞬時にログインできるようになった。

     BIOSパスワードとして、パスワードの代わりにスマートフォンやUSBメモリーなど、普段身近にあるデバイスでの認証に初対応。強度の高い複雑なパスワードを設定しても、起動時の手間が増えない上、のぞき見されることによる漏出などのリスクも低減可能。

     さらに、高速な第3世代ハイスピードSSDの中でも、大容量の2TBがSSDの選択肢として用意された。

     また、PC作業をより速く快適に行えるように、VAIOが長年培ってきたノウハウとテクノロジーをつぎこみ、プロセッサーのパフォーマンスを極限まで引き出すVAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance」が施されている。

     インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応のCPUでは、アイドル時に負荷がかかる作業を行うと、システムの放熱能力を超えた電力レベルで短期間動作することでパフォーマンスを最大限に向上させ、その後持続可能なパフォーマンスに落ち着く仕様になっている(実際の動作時はさまざまな要因により到達可能なパフォーマンスは変動)。

     そこに、独自のチューニングであるVAIO TruePerformanceを適用すると、チューニング前に比べ、持続可能なパフォーマンスをより高く保つことができるという。

     今回発売する2020年1月発売モデルにおいても、最大6コア/12スレッド駆動のハイパフォーマンスを考慮し、システムの放熱設計などについて前モデルを超える緻密なチューニングを実施した。結果、VAIO TruePerformance適用時にCore i7モデルで最大約40%の性能向上を実現した。

     なお、VAIO TruePerformanceは2018年1月に4コア(クアッドコア)の第8世代インテルCoreプロセッサーが選択可能となった際に搭載され、2019年に新機種の発表とあわせてさらなるチューニングを重ねて世代交代。VAIO TruePerformanceの効果はCPUコア数が多いほど強く発揮されることから、6コア(ヘキサコア)の追加が実現した今回の2020年1月発売モデルにおいて、3世代目として飛躍的な進化を遂げているという。

     加えて、黒のキーキャップの上に打たれる文字も黒の刻印にした、隠し刻印キーボード(日本語/英字)で「黒」と「高性能」へのこだわりを追求したプレミアムエディション「ALL BLACK EDTION」。3層コートで表現された赤い天板、磨きと染色に手間と時間をかけた赤いパームレストなど、VAIO理想の「赤」にこだわり抜いたプレミアムエディション「RED EDITION」を同時発売する。
    https://japan.cnet.com/storage/2020/01/23/5b458545eeaaa5c7b14a213e95bdfeeb/02.jpg
    https://japan.cnet.com/storage/2020/01/23/043e7c4075d91d652383836c996e9223/RED.jpg
    以下ソース
    https://japan.cnet.com/article/35148386/

    【VAIO、第10世代インテルプロセッサー搭載の「VAIO SX12/SX14」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/17(金) 18:25:15.05 ID:CAP_USER.net
    AppleのiPhoneは長らく独自規格の「Lightning」コネクタを採用していますが、その他のスマートフォンではUSB Type-Cなどの規格が広く使用されているため、「Androidユーザーに充電器を借りたところケーブルの規格が異なりiPhoneの充電ができなかった」という経験をしたことがある人も多いはずです。そんなAppleの独自規格であるLightningコネクタが、ついにUSB Type-Cに置き換わる可能性が報じられています。

    AppleのiPhoneは独自規格のLightningを採用しており、端末データの転送や本体を充電する際にはLightningケーブルを使用する必要があります。なお、iPhoneがLightningコネクタを採用したのは2012年に登場したiPhone 5からです。

    しかし、同じApple製品のiPad ProやMacBookでは、LightningやMagSafeといった独自規格は既に採用されておらず、より汎用性の高いUSB Type-Cが採用されています。

    AppleのLightningコネクタのような独自規格を問題視しているのが欧州連合(EU)です。EUは2020年1月に「すべての携帯電話に共通する充電器を導入する」ための法案を審議中であると発表しました。

    EUは電子機器における無駄を減らし、消費者の生活を少しでも楽にするために、すべての携帯電話や電子機器の充電器が共通の規格を採用することを電子機器メーカーに強いる法案を審議しています。EUの推定では古い充電器は年間で5万1000トン以上のゴミを生み出しているとのことで、携帯電話だけでなくタブレット・電子書籍リーダー・その他のポータブルデバイスについても同様に「共通規格の充電器」を採用するよう求める可能性があるそうです。

    当然、EUに世界規模でビジネスを展開するAppleのような企業を縛るようなことはできません。しかし、EU圏内については別です。もしもAppleがEU圏内で販売する端末でUSB Type-Cの採用を義務付けられてしまった場合、Appleは「EU圏内とその他の地域でコネクタの異なるiPhoneを提供する」か「すべてのiPhoneをUSB Type-Cにする」、あるいは「EU圏内でのiPhoneの販売をあきらめる」といった3つの選択肢のいずれかを選ぶ必要性が出てきます。その中で最も堅実な選択肢が「すべてのiPhoneをUSB Type-Cにする」であることは明らかです。

    しかし、海外テクノロジーメディアのPocket-lintは、「この問題を回避する別の方法は、2021年までにiPhoneの充電用コネクタを完全に廃止し、ワイヤレス充電でのみ充電できるようにするというものです」と記しています。なお、2017年以降に登場したiPhoneは既にワイヤレス充電に対応していますが、同時にLightningコネクタも採用しているため、有線でも無線でも端末を充電できるようになっています。
    https://gigazine.net/news/20200117-apple-lightning-usb-c/

    【EUの圧力でAppleがLightningコネクタを廃止する可能性】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/10(金) 00:13:54 ID:CAP_USER.net
     米国のHYPELEVが、スニーカーを空中に浮かべた状態でディスプレイできるデバイス「Hypelev Levitation Display Stand」を販売している。

     Hypelev Levitation Display Standを使うと、磁力でスニーカーを空中浮遊させて飾れる。付属の強力な磁石をかかと部分に入れたスニーカーをセットすると、スニーカーが宙に浮く。

     ボディからスニーカーに向けて空気が吹き出すようになっており、ディスプレイされたスニーカーはゆっくりと回転する。LEDが設けられており、暗いところでは浮遊するスニーカーがライトアップされる。

     スニーカーに限らず、さまざまなタイプの靴をディスプレイ可能。浮遊させられる靴は、サイズがUSサイズの15(約33cm)まで、重さが1kgまで。ボディカラーは、黒と白の2種類。
    https://japan.cnet.com/storage/2020/01/09/54c849a613795f047c1ca195d98449bf/2020_01_09_sato_nobuhiko_008_image_03.jpg
    https://japan.cnet.com/article/35147826/

    【スニーカーを空中浮遊させてディスプレイできる「Hypelev Levitation Display Stand」】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/01/20(月) 12:20:13.17 ID:CAP_USER.net
     うわさされているサムスンの「Galaxy S20」シリーズとみられるスマートフォンのスペックが、オンラインにリークされたようだ。MySmartPriceは米国時間1月17日付けの記事で、「Galaxy S20 5G」「Galaxy S20 Plus 5G」「Galaxy S20 Ultra 5G」の仕様について紹介している。サムスンは2月11日に「UNPACKED」イベントを開催する。

     記事によると、3機種すべてに「Android 10」とサムスンの「One UI 2.0」が搭載される。XDA Developersも同じようにツイートしている。

     ディスプレイは、Galaxy S20 5Gは6.2インチ、Galaxy S20 Plus 5Gは6.7インチ、Galaxy S20 Ultra 5Gは6.9インチになるという。記事によると、3機種すべてに、7nmプロセスで製造される「Exynos 990」チップセット、128GBのストレージ、最大1TBのMicroSDストレージが搭載され、Galaxy S20 Ultra 5Gには、512MBのオプションも用意される。

     MySmartPriceが公開したスペック表によると、下位2機種の背面カメラは、1200万画素のメイン広角レンズ、6400万画素の望遠レンズ、1200万画素の超広角レンズの3つで、3倍の光学ズーム、30倍のデジタルズーム、8K録画機能を備え、前面カメラは1000万画素。Galaxy S20 Ultra 5Gの背面カメラは1億800万画素のメイン広角レンズ、4800万画素の望遠レンズ、1200万画素の超広角レンズの3つで、10倍の光学ズーム、100倍のデジタルズーム、8K録画機能を備えるという。

     バッテリー容量は、Galaxy S20 5Gが4000mAH、Galaxy S20 Plus 5Gが4500mAH、Galaxy S20 Ultra 5Gが5000mAHと記事には記されている。

     米CNETはサムスンにコメントを求めたが回答は得られていない。
    2020年01月20日 08時43分
    https://japan.cnet.com/article/35148183/

    【「Galaxy S20」シリーズのスペックが流出か】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/24(金) 18:26:45 ID:CAP_USER.net
    ノートPCにタッチ機能を手軽に追加できるUSBデバイス「AirBar」がテックウインドから発売された。メーカーはスウェーデンのNeonode。

     ラインナップは「AirBar 13.3(AIRBAR133)」「AirBar 14.0(AIRBAR140)」「AirBar 15.6(AIRBAR156)」の3つで、それぞれ13.3インチ、14インチ、15.6インチのディスプレイに対応する。各モデルとも店頭価格は税込12,980円。

    ディスプレイの下に設置するとタッチ操作が可能になるUSBデバイス、専用ソフトやドライバのインストールは不要
     AirBarは、Windows 10を搭載したノートPCにタッチ入力機能を追加するためのUSB接続デバイス。タッチ操作に対応していないノートPCでも、AirBarをディスプレイの下側に取り付けることで、指先を使ったピンチやスワイプなどの操作ができるようになる。手袋を着けた状態でも操作でき、またスタイラスや鉛筆、筆、箸などにも反応するという。

     専用のソフトウェアやドライバなどのインストールが不要で、USBケーブルを接続するだけで使えるようになるのも便利だ。

    ノートPCの固定には付属のマグネットを使用する。ノートPCにマグネットを貼り付けた後はAirBarを簡単に着脱でき、またマグネットを貼り付けたままでもノートPCの動作などに支障は無いとのこと。なお、設置のために、ディスプレイの下に高さ22mmのスペース(ベゼル部分)が必要。

    本体の厚さは約5mm、高さは約17mm。幅と重量は、13.3インチモデルが約325mm、約50g、14インチモデルが約339mm、約55g、15.6インチモデルが約373mm、約55g。USBケーブル長は25cm前後。対応OSはWindows 10。
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1231/100/DSC05414_s.jpg
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1231100.html

    【ノートPCにタッチ機能を追加できるUSBデバイス「AirBar」が発売】の続きを読む

    このページのトップヘ