2020年01月

    1: ムヒタ ★ 2020/01/30(木) 08:50:04.51 ID:CAP_USER.net
     著名なAppleアナリストであるMing-Chi Kuo氏の最新予測によると、Appleが新しい「iPhone」、「iPad Pro」、「MacBook Pro」または「MacBook Air」(あるいはその両方)の新型モデルを2020年上半期にリリースする予定だという。またKuo氏の予測では、ハイエンドのBluetoothヘッドホン、より小型のワイヤレス充電マット、そしてかなり以前からうわさになっているウルトラワイドバンド(UWB)を利用したトラッキングタグもリリースされるとMacRumorsが伝えている。

     Kuo氏の予測は、うわさされるAppleの製品リリースに関する他の報道とほぼ一致している。そのうち、新しいiPhoneは「iPhone 8」に似た外観の低価格版で、4.7インチの液晶画面と「TouchID」ホームボタンを備えつつ、より高速な「A13」チップと3GBのRAMを搭載すると、Kuo氏は予測している。また、iPad Proの新型モデルは、AR(拡張現実)製品向けに3D認識をサポートするトリプルレンズカメラを背面に搭載し、Kuo氏によると、3月にも発表される見込みだという。

     いっぽう、MacBookについては、新モデルがリリースされるのが、MacBook Proなのか、MacBook Airなのか、あるいは両方なのかはKuo氏の予測メモでははっきりしていない。これに関し、米CNETを含む他の報道機関はこれまで、MacBook Proがリリースされると報じてきた。またBluetoothヘッドホンや充電マットについても、Kuo氏から新たな詳細情報は出ていない。
    2020年01月30日 08時00分
    https://japan.cnet.com/article/35148671/

    【アップル、2020年前半に低価格版「iPhone」や新型「iPad」「Macbook Pro」を投入か】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/01/30(木) 11:58:05.90 ID:CAP_USER.net
     サムスンの「Galaxy Tab S6」の新バージョンが登場する。ただし販売地域は、今のところ韓国のみだ。同社は現地時間1月29日、「Android」を搭載したこのタブレットの5G対応モデルを、韓国で30日に発売すると発表した。価格は99万9900ウォン(約9万2000円)で、製品名は5G対応を反映して「Galaxy Tab S6 5G」となる。

     このタブレットの仕様は既存の5G非対応モデルとほとんど同じで、10.5インチのディスプレイ、6GBのRAM、128GBのストレージを搭載する。既存モデルと大きく異なるのはセルラーモデムの部分で、4G LTE対応モデルの「Snapdragon X24 LTE Modem」に代わり、Qualcomm製の「Snapdragon X50 5G Modem」チップが採用された。

     サムスンがこの5G対応モデルを韓国以外の地域で販売するかどうかは明らかになっていない。

     サムスンはサンフランシスコで米国時間2月11日に開催するイベントで、以前からうわさされている「Galaxy S20」シリーズを発表するとみられている。また、この新シリーズのスマートフォンには、幅広い周波数帯の5Gを利用できるQualcommの最新モデム「Snapdragon X55 5G Modem」が搭載されるという話もある。
    2020年01月30日 11時42分
    https://japan.cnet.com/article/35148695/

    【サムスン、5G対応タブレット「Galaxy Tab S6 5G」を韓国で発売】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/30(木) 23:22:56.80 ID:CAP_USER.net
    3キャリアがこの春スタートする予定の「5G」。未だ料金は発表されていませんが、NTTドコモの吉澤和弘社長がその料金イメージについて話しました。

    吉澤社長は1月30日の四半期決算会見にて5Gの料金について聞かれた際、「現行の4G LTEスマホ向けプランから大幅に高くなるということは考えられない。4G LTE向けプランより少し高くなるが、5Gだから大幅に高くなるということはない」と答えています。

    また、プランの内容については以前の決算会見の際と同様に「アンリミテッド(使い放題型)」が考えられると話しています。

    この吉澤社長の「少し高くなる」発言については、先行している海外キャリアの例を考えると分かりやすいでしょう。たとえば米国のVerizonは全米の数十都市で5Gサービスを展開していますが、5Gの料金は「5Gスマホで接続した場合、4G LTEプランにプラス10ドル」というものになっています。Verizonの4G LTE向けプランは月50GBで80ドルなどがあり、このプランで5Gを使うと90ドル(約9800円)となります。家族割引のようなサービスもあるため、利用形態によってはもう少し安価になります。

    もちろん、ドコモと米キャリアのVerizonでは置かれた環境が違いますが、5Gで無制限プランが前提となった場合には吉澤社長の発言どおり料金は「現行の4Gスマホプランに少し上乗せ」になりそうです。なお、5Gのスマホ代金は別に支払う必要がある点には注意が必要です。
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-30-5g-4g.html

    【5Gスマホ料金「4Gより少し高くなる」ドコモ吉澤社長】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/18(土) 13:18:45.82 ID:CAP_USER.net
    ライカカメラジャパン株式会社は、モノクロ撮影専用のレンジファインダーカメラ「ライカM10モノクローム」を1月25日に発売する。価格は税別105万円。仕上げはブラッククローム。

    2012年の「ライカMモノクローム」、2015年の「ライカMモノクローム(Typ246)」に続く3代目のモノクロ専用機。新開発の約4,000万画素モノクロCMOSセンサーを採用した。感度はISO 160-100000。従来のライカMモノクローム(Typ246)は有効約2,400万画素で、ISO 320が最低感度だった。

    画像処理エンジンはMAESTRO II。連写速度は約4.5コマ/秒。連続撮影可能枚数は10枚(バッファメモリーは2GB)。最高シャッター速度は1/4,000秒。最長露光時間は16分。

    そのほかの仕様は「ライカM10-P」がベースになっていると見られ、フィルムM型ライカのように薄くなった本体、0.73倍のファインダー、巻き戻しノブの位置に置かれた感度ダイヤル、"歴代M型ライカで最も静か"というシャッター音などの特徴を継承している。「Leica FOTOS」アプリと連携するWi-Fi機能も備える。

    外観では、本体前面のレンズ取り外しボタンや上面のレリーズボタンをブラックに変更。ダイヤル類の刻印も、通常は赤でマーキングされるシャッター速度「A」ポジションなどをホワイトやグレーで統一。M型ライカが美とする"控えめさ"を強調するデザインだという。
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1229/949/35_l.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1229949.html

    【4,000万画素になった「ライカM10モノクローム」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/09(木) 20:17:41.78 ID:CAP_USER.net
    Samsung(サムスン)は、ボール型ロボットのBallieを発表した。これは、人やペット、そしてスマート家電と共生するロボットだ。

    デモを見る限り、このBB-8にも似たロボットは非常に魅力的だ。しかしこのような家庭用ロボットが登場しては消えていくのを見ると、この製品が実際に市場に登場し、宣伝どおりに機能するのかどうかは非常に懐疑的だ。

    家庭用ロボットとしては非常に洗練された新型Aiboでさえ、まだポテンシャルが残されている気がするし、なにより極めて高額だ。膨大なリソースや世代交代、何年もの繰り返しにもかかわらず、登場が早すぎた愛らしいロボットの遺体の山が築かれている。

    Ballieに興味がないわけではない。しかし、この動画を見て誰がBallieを面白いと思うだろうか?もちろん、実際にどのような製品になるのか、そして家庭でどのように機能するのかは不明瞭だ。この動き回るロボットボールにセキュリティやリマインダー、配達アラームが組み込まれていたら面白い。そして、願わくば適正な価格で市場に登場することを期待したいものだ。
    https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2020/01/img_3355.jpg
    https://jp.techcrunch.com/2020/01/09/2020-01-09-a-closer-look-at-ballie-samsungs-friendly-robotic-ball/

    【サムスン、ロボットボール 「Ballie」】の続きを読む

    このページのトップヘ