2019年12月

    • カテゴリ:
    1: 47の素敵な(SB-Android) (4段) 2019/12/11(水) 19:23:39 .net
    Appleの新型「Mac Pro」、1.5TBメモリのフルスペックで574万円(税別) 「ベンツ買える」と話題に(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000056-it_nlab-sci  VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured

    【Appleの新型「Mac Pro」 1.5TBメモリのフルスペックで574万円www 「ベンツ買える」と批判殺到www】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/12/05(木) 12:08:31.29 ID:CAP_USER.net
     サムスンは、「Galaxy Fold」を1980ドル(日本での価格は税込24万5520円)で発売して以来、クラムシェル型折りたたみ式スマートフォンの発売を示唆している。だが、2020年に新たな折りたたみ式スマートフォンの発売を目指しているのは、同社だけではなさそうだ。韓国のThe Korea Heraldは現地時間12月2日、サムスンとLGエレクトロニクスの2社が、2020年に新しい折りたたみ式スマートフォンを市場に投入する予定だと報じた。

     The Korea Heraldが匿名の業界情報筋の話として報じたところによると、サムスンは2月ごろにクラムシェル型スマートフォンを「Galaxy S11」と同時に発表し、8月に第2世代の「Galaxy Fold」を発表する予定だという。クラムシェル型スマートフォンの価格は100万ウォン(約9万1000円)程度になるとみられている。

     さらにLGエレクトロニクスも、同社初の折りたたみ式スマートフォンを2020年に発売する見込みだと、The Korea Heraldは報じている。こちらのデザインは「Huawei Mate X」に似たものになるという。

     サムスンのGalaxy Foldは発売時につまずきを見せたものの、2020年には折りたたみ式スマートフォンが次々と登場しそうだ。Motorolaは、従来型の折りたたみ式携帯電話に似た新しいクラムシェル型スマートフォン「razr」を、2020年1月から1500ドル(約16万3000円)で発売する。TCLや小米科技(シャオミ)などの他のスマートフォンメーカーも、2つ折り式や3つ折り式など、さまざまなフォームファクターの折りたたみ式デバイスを試作しているところだ。
    2019年12月05日 11時50分
    https://japan.cnet.com/article/35146408/

    【サムスンが開発中の「クラムシェル型スマホ」は約9万円との情報】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/09(月) 17:45:32.91 ID:CAP_USER.net
    Xiaomi Japanは日本への本格参入を表明した9日の発表会では、スマホ「Mi Note 10」だけではなく、家電製品やウェアラブルなど幅広いシャオミブランド製品の投入も発表されました。その第1弾として選ばれたのは「炊飯器」と「スーツケース」。どちらもシャオミ本国の中国以外では初めてという製品です。

    シャオミはもともと、スマートフォンと連携する幅広い生活家電を「エコシステム企業」とともに展開して、生活関連サービスで収益を得るというビジネスモデルを取っています。そのため、同社の製品の多くはスマートフォンとの連携を意識したものになっています。

    シャオミブランドの炊飯器は、三洋電機出身の日本人技術者・内藤毅氏を招聘して開発されたという日経ビジネスが伝えたエピソードでも知られているように、日本の家電を参考にして開発された商品。ただし、スマホ時代ならではの機能も追加されています。

    今回日本に投入される「MI IH炊飯器」は、厚さ3mmの内釜を備え、釜の中で空気を循環させながらふっくら炊き上げる技術に対応。スマホ連携機能として、スマホ連携でアプリMi Homeから炊飯を設定、実行できます。価格は9999円(税抜、以下同)と、Wi-Fi搭載にしてはお手頃です。

    中国で販売されているシャオミの炊飯器には、「米の銘柄にあわせて炊き分ける機能」も搭載しています。具体的にはお米の袋に貼り付けられたQRコードをアプリで読み撮って、米の銘柄に合った炊飯方法を実行するという内容で、日本でも受け入れられそうな機能ですが、現状は提供されないようです。
    ■スーツケースも中国以外では初投入
    また、シャオミブランドのロゴ付きスーツケースも日本向けに投入されます。こちらも中国以外では初の投入となるとしています。20インチの2製品で、アルミニウム合金を採用した「Xiaomi メタルキャリーオンスーツケース」(1万7900円)と、ポリカーボネート素材の「Xiaomi クラシックスーツケース」(7990円)の2種類です。

    ただし、こちらはスマホ連携機能はなく、モバイルバッテリー搭載型でもない、至って普通のスーツケースです。中国のシャオミ直営店Mi Store(小米之家)では安価に売られていることから、ガジェット好きの旅行客がお土産として買って帰るのにはちょうどよい商品となっています。

    シャオミの関連ブランドではこのほかにもテレビ、ノートパソコン、洗濯機、空気清浄機、ロボット掃除機、体組成計、スマートカメラ、Wi-Fiルーター、イヤホン......などなど、多岐にわたるジャンルの製品を展開しています。こうした製品の一部も今後順次、日本に投入される可能性があるかもしれません。
    https://japanese.engadget.com/2019/12/09/xiaorice/

    【シャオミ、『炊飯器』も日本投入。中国以外では初の展開に】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/11/27(水) 08:48:53 ID:CAP_USER.net
     KDDI(au)と米Facebookが、2020年3月に日本国内で商用化する第5世代(5G)移動通信システム向けのコンテンツサービスを共同開発することが25日、分かった。大容量のデータを送受信できる5Gの特性を生かし、高精細な拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術を活用したサービスを充実させる。

     具体的には、Facebookのアプリで店頭の商品を撮影すると、化粧品を自分の顔の画像で試したり、洋服を試着できるサービスなどを開発。小売店に販売支援システムとして提供する。スマートフォン決済での連携も検討する。

     KDDIは5Gを見据え、観光地にロボットを設置し、遠隔地でも現地にいるかのような映像を楽しむなどのAR・VRサービス開発に注力しており、同分野で技術力のあるFacebookとの連携でコンテンツ力を高める。
    2019年11月27日 07時00分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/27/news046.html

    【KDDI、フェイスブックと5G向けAR、VRサービス共同開発へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/12/09(月) 12:29:45 ID:CAP_USER.net
    AppleがWWDC 2019の中で発表した新型「Mac Pro」は、2019年12月10日から予約受付を開始することになると海外テクノロジーメディアのTechCrunchが報じています。

    新型Mac Proについては2018年4月頃からウワサが出ていましたが、2019年6月についに正式に発表されることとなりました。新型Mac ProはCPUに最大28コアのIntel Xeon W-3175Xプロセッサ、グラフィックカードには「世界で最もパワフルなグラフィックカード」というAMD Radeon Pro Vega II、メモリ(RAM)は最大1.5TBまで増設可能。そのほか、PCI Expressスロットを8基、10Gbのイーサネットポートを2つ搭載するという驚異のスペックを持った端末です。

    販売価格は5999ドル(約65万円)からとなっているMac Proは、当初は2019年秋ごろの発売が予定されていました。そんなMac Proの予約受付が2019年12月10日からスタートすることが明らかになっています。

    TechCrunchはテクノロジー系YouTuberのMarques Brownleeさんが最初に「12月10日から予約受付がスタートする」ことを発見したと指摘しています。

    AppleはMac Proの発表と同時に32インチ液晶ディスプレイの「Pro Display XDR」も発表しており、その解像度はなんと6016×3384ピクセル。Pro Display XDRの販売価格は4999ドル(約54万円)です。

    そのほか、専用のVESAマウントが199ドル(2万2000円)、専用スタンドの「Pro Stand」は999ドル(約11万円)となっています。

    なお、これらのオプション品もMac Proと同時に発売されることとなるのかどうかは不明です。
    2019年12月09日 11時13分
    https://gigazine.net/news/20191209-mac-pro-order-december-10/

    【「65万円から」のスペックも価格もモンスター級な新型「Mac Pro」の予約受付が12月10日からスタート】の続きを読む

    このページのトップヘ