2019年12月

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/02(月) 18:53:37.11 ID:CAP_USER.net
    東プレ株式会社は、Mac向けのテンキーレスキーボード「REALFORCE for Mac TKL」8機種を12月12日に発売する。価格はすべてオープンプライス。

     ラインナップは、英語配列/日本語配列、荷重30g静音/変荷重、スパーホワイト+シルバー/ブラック+シルバーの組み合わせ違いとなっている。

     日本語配列モデルには、Boot Camp時のWindowsに好適な半角/全角 漢字キーをWindows向けと同じ左上に配置。Fn+Endキーで切り替えられるWin Mode機能により、変換/無変換キーのキーコードをハードウェアで切り替えられる。

     また、F1やF2などのファンクションキー機能と、画面の明るさ/音量/メディア操作などを切り替える機能を搭載する。

     荷重30g静音モデルには、キーの反応位置を1.5mm、2.2mm、3mmの3段階に切り替えられるActuation Point Changer(APC)機能を搭載。また、2mm厚と3mm厚のキースペーサー2種類を同梱し、ストロークの深さを4mmから2mmまたは1mmまで浅くでき、APCと組み合わせてさらに素早い入力を実現する。

     そのほかはREALFORCEシリーズの特徴に準じ、静電容量無接点方式のスイッチ、キートップの文字が消えにくいPBT素材の採用、Nキーロールオーバーの対応、ステップスカルプチャー構造、キーの入れ替えなどが設定できるユーティリティの提供などが特徴。

     インターフェイスはUSBで、ケーブル長は1.7m。本体サイズは369×142×30mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.1kg。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1221/872/1_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1221872.html

    【東プレ、Mac向けのテンキーレスキーボード】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/17(火) 14:03:52.34 ID:CAP_USER.net
     シャープは12月17日、ミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense3 plus」のSIMロックフリーモデルとして「SH-M11」を発表した。想定価格は5万円台後半(税別)で、12月25日から順次発売する。カラーはムーンブルー、ブラック、ホワイトの3色。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1912/17/l_st52693_SH-M11-01.jpg
    AQUOS sense3 plus SH-M11のカラーは、ムーンブルー、ブラック、ホワイトの3色

     SH-M11はキャリアが扱うモデルと異なり、DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)に対応。一方の回線でLTEデータ通信をしつつ、もう一方の回線でVoLTEでの待受けができる。なお、スロットの1つはmicroSDXCとの排他利用となる。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天などのキャリア回線に対応する。

     DSDV以外の特徴は、発表済みのキャリア向けモデルと同じ。4000mAhのバッテリーや、フルHD+(1080×2220ピクセル)で表示可能な約6型のIGZO液晶ディスプレイを搭載する。

     アウトカメラは標準と広角で構成されるデュアル仕様。素早くピント合わせができる「デュアルピクセルセンサー」や、撮影した動画から約15秒のショートムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」機能も利用できる。

     OSはAndroid 9、プロセッサは「Snapdragon 636(8コア/1.8GHz+1.6GHz)」、メインメモリが6GB、内蔵ストレージが128GB。おサイフケータイに対応する他、IP68の防水・防塵(じん)性能をサポートする。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1912/17/l_st52693_SH-M11-02.jpg
    AQUOS sense3 plus SH-M11

    □関連リンク
    AQUOS公式サイト シャープのスマホ・携帯電話 最新機種を紹介
    https://jp.sharp/k-tai/
    AQUOS sense3 plus SH-M11 SIMフリーの特長
    https://jp.sharp/products/shm11/

    2019年12月17日 10時00分 公開
    ITmedia Mobile
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1912/17/news060.html

    【「AQUOS sense3 plus」にSIMフリー版が登場 DSDV対応で12月25日に発売】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/12/19(木) 10:57:36.57 ID:CAP_USER.net
     華為技術(ファーウェイ)は9月に「Mate 30 Pro」を発表したばかりだが、既に次期主力スマートフォン「P40 Pro」の発表時期を確定した。フランスの報道によると、「P40」とP40 Proを2020年3月にパリで開催されるイベントで発表することを、ファーウェイのコンシューマービジネスグループCEOを務めるRichard Yu氏が明らかにしたという。

     続けてYu氏は、P40 Proには独自インターフェイスである「EMUI」を採用した「Android 10」が搭載されると述べたという。ファーウェイは、米政府によって米国製品の利用を禁止されているため、Googleのソフトウェアのライセンスを取得できない。Android 10はオープンソースであるため、ファーウェイも無償で利用できる。「Google Play」ストアへのアクセスに必要となるGoogleモバイルサービス(GMS)や、「Googleマップ」、「Googleポッドキャスト」などのアプリには、ファーウェイが取得できないライセンスが必要だ。

     Mate 30 Proは、高性能なカメラが搭載されバッテリー持続時間にも優れているにもかかわらず、そうしたソフトウェアの問題が理由で、おすすめしづらい端末となっている。P40 Proでは、バッテリー持続時間とカメラ性能がさらに向上すると期待してよいと、Yu氏はフランスの報道機関に語った。
    2019年12月19日 10時05分
    https://japan.cnet.com/article/35147077/

    【ファーウェイの次期主力スマホ「P40 Pro」、3月発表へ】の続きを読む

    1: 47の素敵な(庭) (2級) 2019/12/16(月) 16:24:23 .net
    シャオミは、日本参入第一弾となるスマートフォン「Mi Note 10」の販売を本日(12月16日)開始しました。
    1億800万画素カメラを搭載しながら、価格を税別5万2800円に抑えたのが特徴。
    なお、販路はアマゾンのみで、家電量販店やMVNOは現時点では扱っていません。

    「Mi Note 10」は、1億画素センサーや5眼カメラなど、カメラ機能にフォーカスしたスマートフォンです。
    SoCはミドルレンジ上位ながらゲーム向けにGPU性能を強化した「Snapdragon 730G」を採用。
    SoCで比較すると他社のハイエンドモデルに比べて見劣りするものの、RAMは6GBと十分な容量を搭載しています。

    ディスプレイは6.47インチの有機ELで、解像度はフルHD+(2340 x 1080)。
    光学式画面内指紋センサーを搭載するほか、画面の左右のエッジが曲面となったカーブドディスプレイを採用するなど、
    デザイン面では他社のフラグシップスマートフォンと遜色ない高級感です。

    最大の特徴となるカメラは、背面に5つのレンズを搭載。
    内訳はそれぞれ超広角・広角・2倍望遠・5倍望遠・マクロで、様々な被写体をさまざまな画角で撮影できます。 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    【1億画素&光学5倍ズームの撮影タイム最強スマホついに販売開始!!お前ら買う?】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/17(火) 14:21:24.02 ID:CAP_USER.net
    サンコー株式会社(本社:東京都千代田区)は2019年12月16日、0.5合炊飯時で14分の早炊きができる「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」(型番:TKFCLBRC)を発表。即日販売を開始した。
    http://www.gdm.or.jp/wp-content/uploads/2019/12/16/TKFCLBRC_800x600b.jpg
    http://www.gdm.or.jp/wp-content/uploads/2019/12/16/TKFCLBRC_800x600a.jpg
    最短14分で炊き上がる、サンコー「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」

    □無洗米がオススメの早炊き炊飯器
    おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器(型番:TKFCLBRC) 
    直販価格税込6,980円(発売中):サンコーレアモノショップ公式ページ
    https://www.thanko.jp/shopdetail/000000003453

    炊飯容量0.5~1.0合に対応する、高速弁当箱炊飯器。”おひとりさま”向けに企画されたオリジナル商品で、0.5合炊飯時では14分の早炊きに対応する(蒸し時間除く)。なお1合は約19分半。

    http://www.gdm.or.jp/wp-content/uploads/2019/12/16/TKFCLBRC_800x600c.jpg
    http://www.gdm.or.jp/wp-content/uploads/2019/12/16/TKFCLBRC_800x600d.jpg
    パックご飯や冷凍ご飯では飽き足らない米好きがターゲット。側面まで加熱する底面強力ヒーターを備え、ふっくらと炊き上げる事に成功。2017年9月に発売したヒット商品「お一人様用 ハンディ炊飯器」(型番:MINIRCE2)はオフィスなどの使用を想定して企画されたが、今回は主に自宅での利用が想定され、製品化されている。
    弁当箱サイズの「お一人様用 ハンディ炊飯器」サンコーから職場でアツアツご飯が炊ける - エルミタージュ秋葉原
    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0911/235318

    外形寸法はW240xD100xH80mm、重量840g。消費電力は185Wで、保温機能および空焚き防止機能を装備。製品保証は6ヶ月。

    2019.12.17 09:00 更新
    エルミタージュ秋葉原
    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2019/1217/331631

    【最短14分で炊き上がる、サンコー「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」】の続きを読む

    このページのトップヘ