2019年12月

    1: ムヒタ ★ 2019/12/20(金) 08:43:27.78 ID:CAP_USER.net
     米FacebookがOculusのヘッドセットやPortal、ARメガネなどの独自ハードウェア向けOSをゼロから開発していると、米The Information(リンク先は要購読)が12月19日(現地時間)、Facebookの幹部の言葉を添えて報じた。

     このプロジェクトは、「Windows NT」の開発で知られる元MicrosoftのDistinguished Engineerで2017年にOculus入りしたマーク・ルコフスキー氏が取り組んでいるという。同氏のOculusでの肩書きはOS担当ジェネラルマネジャーだ。

     VR/AR担当副社長のボズことアンドリュー・ボスワース氏はThe Informationに対し、次世代に自分たちのスペースを確保するために、「競合他社を信頼できるとは思わない。だから、独自でやるつもりだ」と語った。

     Facebookは2020年、本社キャンパスから約24キロ離れたバーリンゲームに広大な新キャンパスを開設する計画だ。AR/VRチームはこの4000人を受け入れ可能な新キャンパスに移る。

     米TechCrunchによると、このキャンパスには一般ユーザー向けのAR/VR体験スペースが設けられるという。
    2019年12月20日 07時07分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/20/news064.html

    【Facebook、OculusやARメガネ用独自OS開発か?──米報道】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/09(月) 19:23:09.69 ID:CAP_USER.net
    ニューヨーク(CNN Business) 米アップルが来年発売するスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の上位機種でライトニングケーブルとライトニングケーブルによる充電ポートを廃止する可能性があることがわかった。TFインターナショナル・セキュリティーズの著名アナリスト、ミンチ・クオ氏がリポートで指摘した。

    クオ氏は、アップルが高級機の差別化に向けて完全なワイヤレスを選択するとの見方を示した。

    iPhone8以降はすでに無線充電に対応している。

    クオ氏はまた2020年にアップルが5つの新機種を発売するとの見通しを示した。ディスプレーが4.7インチの機種が2020年前半に発売されるほか、次世代の高速移動通信方式「5G」に対応した4機種が2020年後半に発売される。年後半に発売される4機種は、下位機種が5.4インチと6.1インチ、上位機種が6.1インチと6.7インチとなる見通し。

    こうした見通しは部品供給網に基づいているものの、あくまで予測に過ぎない。

    実際にライトニングケーブルが廃止されば、変化の少ないiPhoneのデザインの中では大きな変更となりそうだ。
    https://www.cnn.co.jp/tech/35146581.html

    【次期iPhone、ライトニングケーブルを廃止か】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/12/18(水) 06:41:18.94 ID:CAP_USER.net
    山崎健太郎2019年12月17日 15:34

    ドン・キホーテは、プライベートブランド・情熱価格の新商品として、32型の「チューナーレス液晶テレビ」(TM-3210-BK)を19,800円で、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)において12月20日から順次発売する。なお、地上/BS/CSデジタル放送用のチューナーは搭載していない。


    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1224/988/d01_s.jpg
    32型の「チューナーレス液晶テレビ」(TM-3210-BK)


    「持っているデバイスをつないでインターネットの動画や映画を見るだけだからチューナーはなくてもいい」、「チューナーを省いた代わりに、 少しでも価格の安いテレビが欲しい」という要望に応えて開発したというモデル。

    パネルは32型で解像度は1,366×768ドット。最大輝度は220cd/m2、コントラスト比は3000:1、応答速度は8.5ms(グレー TO グレー)、視野角は上下左右178度。

    様々なデバイスを接続する事を前提に、入力端子はHDMI(Ver 1.4準拠)×2、PC接続用のVGA入力×1、USB×1系統を搭載。 HDMI 1はARC対応。USB端子に接続したストレージ内の、JPEG/BMP/PNG静止画、MP3/WMA/M4A/AAC音楽、MPEG-4 AVC/H.264/WMV/MJPEG/MOV/FLV/DIVXの動画ファイルも再生できる。ステレオミニのヘッドフォン出力も装備する。


    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1224/988/d02.jpg
    サイドの端子部
     

    HDMI CEC対応のリモコンも付属しており、AV機器をHDMIで接続した場合は、付属のリモコンで映像の再生や停止、早送り、早戻し、スキップなどの操作が可能。


    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1224/988/d03.jpg
    HDMI CEC対応のリモコン


    スタンドを含めた外形寸法は、732×211×477mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4kg。消費電力は動作時が約40W、待機時が約0.5W。音声出力は3W×2。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1224/988/index.html

    【ドン・キホーテ、32型で19,800円の“チューナー省いたテレビ”】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/12/13(金) 11:47:01 ID:CAP_USER.net
    SamsungのYoung Sohn社長が、折りたためるスマートフォン「Galaxy Fold」の販売台数が100万台を突破したと発表しました。

    ドイツで開催されたTechCrunch Disrupt Berlinというカンファレンスで登壇したSohn社長は、ステージごとに統計情報を公開し、「この製品を2000ドル(約22万円)で使用したいという人が100万人います」とコメントしました。

    Galaxy Foldは2019年2月に発表されて以降、発売までの紆余曲折でも話題になったスマートフォンです。発売間近の2019年4月にはテクノロジー系メディア向けにレビュー用端末が配布されたのですが、「その日のうちに壊れた」という報告が複数挙がり、ディスプレイの耐久性の低さが問題視されることに。

    これについてSamsungは「レビュー用端末の問題」であるとして、設計上の問題はないとコメント。しかし、最終的にディスプレイに問題があることを認め、発売日を延期することとなりました。

    その後、Galaxy Foldは設計上の改善を遂げて2019年10月25日(金)に発売されることに。GIGAZINE編集部でも実機を入手してレビューしており、以下の記事を読めばどんな端末に仕上がっているかがわかるはず。

    なお、SamsungはGalaxy Foldに続く折りたたみ型スマートフォンとして、「縦折り型スマートフォン」のコンセプトを発表しています。
    2019年12月13日 10時30分
    https://gigazine.net/news/20191213-samsung-sold-1-million-galaxy-fold/

    【Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の販売台数が100万台を突破】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/09(月) 13:25:38.83 ID:CAP_USER.net
     NTTドコモは、インターネット上のトラブル予防やトラブルに遭遇した際のサポートをする「ネットトラブルあんしんサポート」の提供を開始した。料金は月額500円(税別)で、初回31日間に限り無料。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1223/201/sub2_o.jpg

     ネットトラブルあんしんサポートは、インターネット上での個人情報の漏洩や詐欺、誹謗中傷などのトラブルについてサポートを提供するサービス。対象ユーザーはドコモの携帯電話回線を契約しているユーザー。ドコモ取扱店のほか、My docomoやドコモ インフォメーションセンターから申し込める。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1223/201/03_o.jpg
    トラブル事例集
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1223/201/04.jpg
    電話相談

     主なサービスは、最新のインターネット上のトラブル事例の専用アプリやサービスサイトを介した通知。実際にトラブルに遭遇してしまった際に、専任のスタッフへ電話相談など。さらに、各事業者が提供するQRコード決済やキャッシュレス決済の不正利用に対する保険が付帯する。補償額は決済事業者などから補償を受けられる額を除き100万円まで。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1223/201/02.jpg
     2019年12月9日~2020年3月31日の期間、「ネットトラブルあんしんサポート新規ご契約キャンペーン」を実施する。期間中、同サービスを新規で契約したユーザーを対象にdポイント(期間・用途限定)1000ポイントをもれなくプレゼントする。

    □関連リンク
    プレスリリース
    https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/12/09_00.html
    キャンペーンサイト
    https://hoken.smt.docomo.ne.jp/lp/nettrouble-start-cpn/

    2019年12月9日 11:43
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1223201.html

    【ドコモ、炎上やネット詐欺から守る「ネットトラブルあんしんサポート」を提供開始】の続きを読む

    このページのトップヘ