2019年10月

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/04(金) 23:30:07.30 ID:CAP_USER.net
    iPhone 11シリーズが発売された余韻もさめやらぬなか、来年の次期モデルの名称は「iPhone 12」と予測する噂が報じられています。
    この予測を語っているのは、アップルのインサイダー情報でおなじみのアナリストMing-Chi Kuo氏です。海外テックメディアTechradarによれば、Kuo氏は「iPhone 12」が2020年9月に発売されると述べているとのことです。

    毎年の新モデルを発売するごとに革新性を強調しているアップルですが、実際は「前年のマイナーチェンジ」であることがパターンの1つ。2008年発売のiPhone 3Gと2009年のiPhone 3GS、iPhone 6とiPhone 6sのように、ほぼ同じ筐体のまま性能を向上させる「s」型番を出すサイクルが続いていた時期があります。

    そして2017年のiPhone Xのマイナーチェンジ版が、2018年のiPhone XS。そうした流れから、2019年のiPhone 11をベースにした場合、2020年モデルがiPhone 11sになる可能性も考えられるわけです。

    しかし、Kuo氏いわくiPhone 12。すなわちマイナーチェンジではなく、デザインおよび全面的な刷新が予想されることになります。

    iPhone2020年モデルについての噂はすでに多数届けられており、Kuo氏も来年の主力iPhoneデザインが「大幅に」変更されると予測したこともあり。金属製フレームがiPhone 4と同様のデザインになるほか、3モデルとも2019年とは違った画面サイズ(5.4/6.7/6.1インチ)になり、全機種が有機ELディスプレイに統一されるとも述べています。

    さらにKuo氏は3モデルとも5Gがサポートされ、カメラ機能も(ToF式3Dセンサーの導入を含めて)アップグレードされるとも予測。これほどの変更があるとすれば、たしかに「S」の範ちゅうに収まるマイナーチェンジとは考えにくく、「iPhone 12」の名前に相応しいメジャーアップデートになると思われます。

    そうなると、外部ポートもLightningからUSB-Cに移行するのかが気になるところです。台湾の業界情報誌DigiTimesをはじめ、今年のiPhoneこそUSB-Cポートが搭載されるはずーーといった予測は毎年繰り返され、そのたびに外れてきた経緯があります。

    iPhone Xの開発版ではLightningポートを搭載せずワイヤレス充電のみとしたモデルがテストされていたとの噂もありましたが、2020年モデルはUSB-Cを通り越して「外部ポートなし」もありうるのかもしれません。
    https://japanese.engadget.com/2019/10/04/2020-iphone-11s-iphone-12/

    【2020年は「iPhone 11s」ではなく「iPhone 12」か】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/10(木) 09:04:22.53 ID:CAP_USER.net
     Appleが拡張現実(AR)ヘッドセットの開発を進めているとの噂が以前から流れているが、この端末が「iPhone」用のアクセサリとして登場する可能性が浮上している。MacRumorsが報じたところによると、著名なアップル・ウォッチャーのMing-Chi Kuo氏(TF International SecuritiesのAppleアナリスト)が米国時間10月9日にリリースしたレポートの中で、AppleがARヘッドセットを2020年前半に発売する可能性を指摘し、またそのために2019年第4四半期にも同端末の量産を開始する見込みと記しているという。

     米CNETでは昨年、Appleが2020年の投入に向けてARヘッドセットの開発を進めていると報じていた。

     今回のMacRumors報道によると、Kuo氏はAppleののARヘッドセットについて、iPhoneのアクセサリとして販売されると指摘。また同ヘッドセットは主にディスプレイの機能を担い、計算処理やネットワーク接続などは、ペアリングされたiPhone側で処理されるとKuo氏は述べているという。重要な機能の一部をiPhoneで処理させることはヘッドセットの薄型化・軽量化につながることから、同端末はメガネに近い形状になる可能性があるという。

     Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は以前から、AR技術がiPhoneと同じくらい重要なものになる可能性を秘めていると述べ、同社で関連分野の製品開発が進んでいることを示唆していた。 またAppleは2019年の開発者会議「WWDC」で、「Reality Composer」というAR作成ツールキットなど複数のARツールを披露していた。また9月後半にリリースされた「iOS 13」には、同社がAR端末を開発中であることを示すコードが見つかっているが、ただしまだ具体的な製品の発表には至っていない。
    2019年10月10日 07時27分
    https://japan.cnet.com/article/35143778/

    【アップル、ARヘッドセットのリリースは「2020年前半」--著名アナリストが予想】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/09(水) 07:47:32.13 ID:CAP_USER.net
     米Googleは10月8日(現地時間)、1台の対応端末で再生中の音楽や動画の続きを同じWi-Fiネットワーク内の別の対応端末で視聴できるようにする新機能「stream transfer」を発表した。同日からローリングアウトしており、筆者の環境では既に使えている。

     現在対応するのは、Google HomeあるいはNestシリーズのスマートスピーカーとスマートディスプレイとChromecastのみだが、米Varietyによると、向こう数カ月中にはサードパーティー製スマートディスプレイとAndroid TVも対応する見込みという。

     音楽、動画、Podcastを再生している端末に「ねぇ Google、音楽を○○に移動して」などと言うことで転送できる。○○に入るのは、設定した部屋に1つしか対応端末がなければ「キッチン」や「リビング」などの部屋の名前、複数ある場合はデバイス名だ。動画をディスプレイの付いていない端末に転送するよう頼むと断られる。

     また、スマートフォンの「YouTube Music」や「Spotify」アプリで音楽を再生中、キャストボタンでキャスト先を指定すると、続きが指定した端末で始まる。

     「Nest Hub Max」の場合は、YouTube動画を再生中に画面上にキャストコントロールが表示されるので、これをタップしてChromecastを接続しているテレビで続きを再生できる。「ねぇ Google、リビングのテレビで再生して」と言うことでも転送が可能だ。
    2019年10月09日 06時52分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/09/news059.html

    【Google、音楽や動画の続きを別の端末に飛ばせる「stream transfer」機能提供開始】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/09(水) 06:13:39.67 ID:LhmpBlOV9.net
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、次世代コンソールゲーム機の名称を「プレイステーション 5」(PS5)に決定。2020年の年末商戦期に発売すると予告した。

    SIEのページでリリースが発表されている

    超高速アクセスが可能なカスタムSSDと、AMD製カスタムチップセットを搭載。「ゲームのロード時間は過去のものとなり、ダイナミックで美しく、クリエイターが思い描いた通りのゲーム体験を実現することが可能になる」という。

    また、コントローラーには従来の振動技術に代わりハプティック技術を搭載、L2・R2ボタンには抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用し、「圧倒的な没入感を演出するゲームの世界をお楽しみいただけるようになる」という。

    具体的にはハプティック技術により「レース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なったものになる。草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができる」とのこと。

    さらにアダプティブトリガーにより、L2・R2ボタンが進化。ゲームデベロッパーが「プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムすることが可能になり、さらには、ハプティック技術との組み合わせにより、これまで以上に多彩なアクションをよりリアルに再現することができるようになる。例えば、弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できるようになる」という。

    ハードウェア概要は以下の通り。

    【コンソールゲーム機本体】

    超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
    AMD製カスタムチップ搭載
    CPU: x86-64-AMD Ryzen “Zen2", 8 cores/16 threads
    GPU: AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
    3Dオーディオ処理専用ユニット
    ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
    PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
    PlayStation VR対応
    【コントローラー】

    ハプティック技術搭載
    L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用
    【物理メディア】

    Ultra HD Blu-ray
    ゲームディスクとしての容量は100GBに

    2019年10月8日 21:19
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1211658.html

    【「プレイステーション 5」は2020年末発売。UHD BD対応、ゲームを最大8K出力】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/10/09(水) 06:49:04.73 ID:sUgM8Sgp9.net
     ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は10月8日、家庭用ゲーム機の新作「プレイステーション 5」を2020年の年末商戦期に発売することを公式ブログで発表した。

     詳細はまだ明かされていないが、「没入感をさらなる高みへ導く」がテーマだという。公式ブログでは新要素のうち、コントローラーの仕様を変更したことを紹介している。

     具体的には、コントローラーの振動機能を刷新し、操作の感触を人工的に作り出す「ハプティック技術」を実装する。同社は「草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わえる」としている。

     また、L2・R2ボタンの操作性も進化させ、押した際に抵抗力を感じる「アダプティブトリガー」の技術を採用する。これにより、「弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できる」としている。

     SIEは開発者を対象に、コントローラーの初期バージョンの配布をすでに始めているといい、「これらの新機能を心ゆくまでお試しいただき、想像力を膨らませていただきたい」としている。

    2019年10月08日 22時01分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/08/news138.html
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/08/sh_ps5_01.jpg

    【ソニー「プレイステーション 5」2020年末に発売 「没入感をさらなる高みへ導く」がテーマ】の続きを読む

    このページのトップヘ