2019年10月

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/07(月) 13:43:28.18 ID:CAP_USER.net
    Googleはこれまで検索エンジンのほかにGmailやGoogle アナリティクス、Googleドキュメントなど多くのサービスを提供していますが、すべてのサービスが成功したわけではなく、中には惜しまれながら提供を終了したものもあります。シアトルにあるGoogleの社屋内に「終了したGoogleサービスの墓場が登場した」と話題になっています。

    「気味悪いのか、それともただ悲しいのかわからない」というツイートと共に写真を公開したのは、Google Chromeの開発スタッフであるダナ・フリード氏。写真にはPicasa、Google Buzz、Google リーダー、Google wave、Google+など、すでに提供が終了したGoogleサービスの名前とロゴが刻まれた墓石が写っています。

    墓石は10月末のハロウィンに向けて用意されたもので、シアトルにあるGoogleフリーモント・キャンパスのメインロビーに設置されたとのこと。

    フリード氏は「Rest in pieace,G+(Google+よ、安らかに)」と、2019年4月にサービス終了したばかりのGoogle+に哀悼の意を表しています。

    リプライ欄には、2019年に提供が終了したばかりのメールアプリの「Inbox」がないことに衝撃を受ける人が複数いました。

    「完全に死んでしまったgoo.glが忘れられています」と、2019年3月に終わったURL短縮サービスの墓石がないことを指摘する人もいました。

    https://gigazine.net/news/20191007-google-grave-at-google/

    【Google社屋に「終了したGoogleサービス」の墓が本当に登場】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/10/16(Wed) 14:35:08 ID:CAP_USER.net
    https://forest.watch.impress.co.jp/img/wf/docs/1212/863/image1.jpg
    Apple、「iOS 13.1.3」および「iPadOS 13.1.3」を公開

     米Appleは10月15日(現地時間)、「iOS 13.1.3」および「iPadOS 13.1.3」を公開した。現在、[設定]アプリの[一般]-[ソフトウェアアップデート]画面から無償でアップデートできる。

     本バージョンは、不具合の修正が中心のメンテナンスアップデートで、以下の問題が改善されているという。セキュリティ問題への対応も行われているようだが、CVE番号の割り振られた脆弱性はない。

    ・“メール”で会議の参加依頼を開けない場合がある問題を修正
    ・ボイスメモの録音がiCloudバックアップから復元するときにダウンロードされない場合がある問題を修正
    ・iCloudバックアップから復元するときにAppがダウンロードされない場合がある問題に対処
    ・補聴器とヘッドセットのBluetooth接続の信頼性を向上
    ・Game Centerを使用するAppの起動パフォーマンスの問題に対処

     「iOS 13」はiPhone 6s以降で利用可能。「iPadOS 13.1」はiOSをベースにしたタブレット向けのOSで、iPad Air 2以降、iPad Proの全モデル、iPad 5世代以降、iPad mini 4以降に対応する。

     なお、同日付けで「macOS Catalina 10.15 Supplemental Update」もリリースされている。このアップデートでは、インストールと信頼性が改善されているとのこと。CVE番号の割り振られた脆弱性はない。

    ・ディスクの空き領域が不足しているMacでのmacOS Catalinaのインストールの信頼性を改善
    ・一部のインストールで設定アシスタントが完了しない問題を修正
    ・複数のiCloudアカウントでログインしている場合にiCloud利用規約に同意できない問題を解消
    ・Apple Arcadeのゲームをオフラインでプレイしている場合のGame Centerのデータ保存の信頼性を改善

    関連リンク
    Apple(日本)
    https://www.apple.com/jp/

    2019年10月16日 09:00
    窓の杜
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1212863.html

    【Apple、「iOS 13.1.3」「iPadOS 13.1.3」をリリース】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/03(木) 06:05:07.95 ID:CAP_USER.net
     米Microsoftは10月2日(現地時間)、手のひらサイズで、折りたためるスマートフォン「Surface Duo」を発表した。5.6インチディスプレイを2つ搭載し、Androidアプリを実行できる。2020年末に発売予定。

     ヒンジは360度回転でき、見開きにして各画面で異なるアプリを起動したり、折りたたんで通話したりできる。片方の画面をキーボードやコントローラとし、もう一方の画面に映像を出してゲームをプレイするという使い方も想定している。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/kf_surface_duo_02.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/kf_surface_duo_10.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/kf_surface_duo_03.jpg
    2019年10月03日 00時52分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/news044.html

    【Microsoft、折りたたみスマホ「Surface Duo」発表 Android対応】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/03(木) 06:07:18.69 ID:CAP_USER.net
     米Microsoftは10月2日(現地時間)、2画面ディスプレイを搭載したWindowsデバイス「Surface Neo」を発表した。2020年末に発売する。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/ki_1609376_neo01.jpg

     Surface Neoは9インチの液晶ディスプレイを2枚つなげたような見た目のデバイス。ヒンジは360度回転できる。各画面にアプリケーションウィンドウを表示して操作できる他、片方のディスプレイの上に専用のマグネット式ワイヤレスキーボードを置くと、その画面の余った領域をタッチパッドや手書き入力、サブウィンドウ表示に利用できる。

     専用のSurfaceペンに対応。マグネットでNeoに装着できる。ペン、キーボードともにNeoからワイヤレス充電できる。

     重量は655グラムで、各画面の厚さは5.6ミリ。CPUには米Intelの「Lakefield」プロセッサを搭載する。

     OSには2画面デバイス向けの「Windows 10X」を搭載し、Microsoft Officeなど各Windowsアプリが動作するとしている。

    2019年10月03日 01時05分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/news045.html

    【2画面折りたたみタブレット「Surface Neo」登場 2020年発売】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/03(木) 13:26:10.75 ID:CAP_USER.net
     ボーズは10月3日、ワイヤレスヘッドフォンとして使えるサングラス「BOSE FRAMES」を国内で発売した。価格は2万5000円で、カラーはマットブラックのみ。オプションの交換用レンズは偏光タイプが3500円、非偏光タイプが2500円(すべて税別)。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/ts0153_bose03.jpg

     一見するとスクエアタイプのクラシックなフォルムを持つサングラスだが、左右のつるの部分に極小のスピーカーやBlueototh通信機能、バッテリーなどを詰め込み、オープンタイプのワイヤレスヘッドフォンとして使える。重さは45グラムだ。

     右側のつるには小さなマイクとマルチファンクションボタンがあり、音楽の再生操作やモバイルデバイスとのペアリング、AIアシスタントの起動などが行える。スマートフォン接続時に使えるAIアシスタントはSiriとGoogleアシスタント。バッテリー駆動時間は、音楽再生で連続最大3.5時間、待機時は最大12時間。

     米Boseが昨年末に発表したオーディオAR(拡張現実)プラットフォーム「Bose AR」にも対応する。Bose ARは、モバイルデバイスのGPSや9軸ヘッドモーションセンサーから取得した情報でユーザーの位置や向きを検知して音声情報を提供する。例えば空港なら出発ゲートの位置を音声で説明したり、歴史上の人物の銅像の前に立つとその人物の有名なスピーチを再生したりできる。また音楽ライブや環境音でその場にいるような臨場感を楽しめるARコンテンツも用意した。

     米Boseでディレクターを務めるメフール・トリヴェディ氏は、「BOSE FRAMESは、魔法のようなサングラスである一方、実用的でもあります。電源を入れるとヘッドフォンのように瞬時にスマホに接続し、電話帳やインターネット、そしてあらゆる音声コンテンツへ接続します」と話している。
    2019年10月03日 12時46分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/03/news086.html

    【ボーズのスマートサングラス「BOSE FRAMES」国内で発売 税別2万5000円】の続きを読む

    このページのトップヘ