2019年10月

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/10/17(木) 14:33:06.20 ID:CAP_USER.net
     日本マイクロソフトは10月17日、2in1スタイルのノートPC「Surface Pro X」を2020年1月に日本で発売すると発表した。価格は未発表。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/17/ky5622_sx-01.jpg

     Surface Pro Xは、米Qualcommと共同で開発したARMベースのプロセッサ「SQ1」を搭載し、LTE接続にも対応する。

     本体の厚みはシリーズ最薄の7.3ミリ、重さは774グラム。ディスプレイのベゼル幅を狭めて、12型ノートPCと同程度のサイズに13型ディスプレイを収めるなど、従来モデルに比べて薄型・軽量化を実現した。

     本体インタフェースとしてUSB Type-Cポートを2つ備える他、カバー兼キーボードの「Type Cover」に専用ペンを収納し、ペン本体を充電できるようにするなど、従来のSurfaceシリーズの使い勝手を一新する“次世代のSurface”をうたうモデルだ。

     米国では2019年11月5日(現地時間)に発売する。価格は999ドル(約11万円)から。
    2019年10月17日 13時43分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/17/news087.html

    【「Surface Pro X」、日本で2020年1月に発売】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/18(Fri) 08:51:08 ID:CAP_USER.net
     韓国Samsung Electronicsのフラグシップ端末「Galaxy S10」にサードパーティ製保護フィルムを貼ったところ、登録していない他者の指紋でもロック解除できてしまった──。英タブロイド紙The Sunが10月13日(現地時間)、ユーザーへの取材に基づいてこう報じた。

     Samsungは17日、英BBCなどのメディアに対し、この問題を認識しており、間もなく修正パッチを提供するという声明文を送った。米Engadgetへの声明文では「すべての顧客に対し、Samsung製品専用に設計されたSamsung認定のアクセサリを使用することを推奨する」としている。

     Galaxy S10のオンラインマニュアルの「指紋認証機能を利用する」ページには、「市販の画面保護フィルムを貼り付けると、指紋認証に失敗する場合があります」とある。また、「指紋認証技術は完全な本人認証・照合を保証するものではありません」とも書かれている。

     韓国のネット銀行KakaoBankは17日、顧客に対し、Galaxy Note 10/10 +、S10/S10 +、Tab S6を使っている場合は、問題が解決するまで指紋認証によるパスワード機能は無効にするよう通知した。
    2019年10月18日 07時01分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/18/news054.html

    【「Galaxy S10」、保護フィルムで誰でも指紋ロック解除 Samsungはパッチを準備中】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/10/14(Mon) 12:00:35 ID:0.net
    PowerPC 604e搭載モデルが初登場
    アップル、Power Macintoshの新製品5モデルを発表
    '96/10/14 発表

    アップルコンピュータ株式会社は、Power Macintoshシリーズの新ラインアップを発表した。価格はすべてオープンプライスで、10月14日より順次販売を開始する。
     米アップルは8月2日にPowerMacintosh新機種を発表しており、国内市場への投入時期が注目されていた。米国ではPowerMacintosh 7モデル、Performa 2モデルが同時に発表されている。

     今回発売されたモデルは、すべてのモデルに漢字Talk 7.5.3を搭載している。
    「8500/150」および「7200/120」は従来からラインナップされているが、今回リリースされたモデルでは新たに8倍速CDを搭載し、漢字Talk 7.5.3をプリインストールしたほか、「Apple Internetスタータキット」CD-ROMを標準で添付している。

     ハード面では、ハイエンド機種となる「8500/180」と「9500/200」は、同社としては初めて、PowerPC 604e搭載を搭載している。
    また、「7200/120」を除くモデルでは、ドーターボード方式でのCPUのアップグレードに対応。
    その第1弾となるアップグレードカードはPowerPC 604e 180MHzを搭載して、97年3月の発売を予定しているが、同社では97年中に250MHzの製品を予定しており、アップグレードカードもさらに高速なものを発表していくという。
    また、サードパーティからも高速なアップグレードカードが発売される予定とのことだ。

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/961014/apple.htm


    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960813/95_180.gif

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960813/6400.gif

    【Apple、新モデルを発売開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/16(水) 06:10:08.22 ID:CAP_USER.net
     米Googleは10月15日(現地時間)、米ニューヨークで開催している製品発表イベント「Made by Google」で、Androidスマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」を発表した。米国などで同日から予約を受け付け、24日に出荷を開始する。日本への言及もあることから、日本でも発売するとみられる。価格はPixel 4が799ドル、Pixel 4 XLが899ドルから(国内価格は未発表)。

    【修正履歴:2019年10月16日午前1時 日本での販売について記述を修正しました】

    【追記:2019年10月16日午前1時50分 日本国内モデルがFeliCaに対応することを追記しました】
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/16/ki_1609376_pixel01.jpg

     2018年10月に発売した「Pixel 3/3 XL」の後継モデル。Pixel 4は5.7インチフルHD+、Pixel 4 XLは6.3インチQHD+の有機ELディスプレイを搭載する。90ヘルツ駆動でなめらかな映像表示が可能。

     いずれも米QualcommのハイエンドSoC「Snapdragon 855」を採用し、メモリは前モデルの4GBから6GBに増やした。ストレージには64GBモデルと128GBモデルを用意する。カラーラインアップは「Just Black」「Clearly White」「Oh So Orange」の3色。

     Pixel 4の本体サイズは147.1(高さ)×68.8(幅)×8.2(奥行き)ミリで、重量は162グラム。Pixel 4 XLの本体サイズは160.4(高さ)×75.1(幅)×8.2(奥行き)ミリで、重量は193グラム。
    以下ソース
    2019年10月16日 00時49分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/16/news067.html

    【Google新スマホ「Pixel 4」発表 2眼カメラ、顔認証、画面に触れずジェスチャー操作 799ドルから】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/18(Fri) 08:57:14 ID:CAP_USER.net
    携帯大手の新料金プランが出そろった9月中旬。官房長官の菅義偉(70)が漏らした。「総務省はなめられてるんじゃねえか」

    通信料と端末代の完全分離を義務付けた改正電気通信事業法の施行が10月1日に迫っていた。菅が昨夏「4割程度下げる余地がある」と表明した値下げを裏打ちする法律だ。しかし、新プランはどれも4割下げの期待からほど遠かった。

    菅を落胆させたのは次の2つの点だ。一つは購入後100日はSIMロ…
    2019/10/18 0:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51091250X11C19A0SHA000/

    【携帯新料金プランに菅氏落胆 「総務省はなめられてる」】の続きを読む

    このページのトップヘ