2019年09月

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/20(金) 18:25:48.64 ID:CAP_USER.net
     iPhone・iPad用の最新iOS“iOS 13”の配信がスタートしました。1.9GBもの非常に大きなアップデートとなっています。

    ゲーマー的にはPS4コントローラが使えるようになり、カプコンなどの有名メーカーも参加している“Apple Arcade”への対応がうれしいところ。

     黒を基調として見た目的にかっこよく、バッテリーの消費も抑えられるダークモードへの対応もポイントです。暗い場所でも画面を見やすくなり、目が疲れにくくなるメリットは大きいですからね。

    ・PS4、およびXboxのワイヤレスコントローラをサポート
    ・100以上のゲームが用意された“Apple Arcade”の追加
    ・ダークモードによる新しい外観の実装
    ・写真のブラウズや編集方法の改善
    ・1回のタップでAppやWebサイトにサインインできるサインイン方法が追加
    ・システム全体の最適化による、処理速度と応答性の向上

     とにかく内容盛りだくさんのアップデートとなっており、よりiPhoneが使いやすくなります。ただし、一部アプリはまだOSアップデートに対応しておらず、ゲームなどがプレイできなくなる可能性もあるので、アップデートの際には注意しましょう。
    https://dengekionline.com/articles/12936/

    【iOS13でPS4コントローラーが利用可能に】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/09/20(金) 13:38:13.89 ID:CAP_USER.net
     アップルは9月20日、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「Apple Watch Series 5」の販売をスタートした。9月7日にオープンしたばかりのApple 丸の内では、130人もの行列ができた。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/09/20/535f7c7a51380b1047d52f9e207d9937/190920_apple01.jpg
    9月7日にオープンしたばかりの「Apple 丸の内」では恒例のハイタッチ
    https://japan.cnet.com/storage/2019/09/20/e893862d8835ca14ccd935107f9ed204/190920_apple03.jpg
    店内の様子

     肌寒い中での販売開始を待つために、防寒対策をする人々の姿も見られた。8時の販売開始の前には店内でスタッフが円陣を組み、新商品の発売に向けてテンションを最高潮に。8時になり扉が開かれると、恒例のスタッフとのハイタッチをしながら入店した。あまりの人の多さに、人数を調整しながらの入店となった。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/09/20/fc1df2b58e129a7a1fb7a01e3c37cf2a/190920_apple04.jpg
    新モデルの主力端末となる「iPhone 11」
    https://japan.cnet.com/storage/2019/09/20/32b1363ae4c02e287947026388431c22/190920_apple08.jpg
    フラッグシップモデルとなる「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」
    https://japan.cnet.com/storage/2019/09/20/113657f1193c636c8b50748f5b4d021e/190920_apple06.jpg
    左から「iPhone 11 Pro Max」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11」。Proでは、超広角、広角、望遠の3眼に、iPhone 11は、超広角、広角の2眼仕様となる

     最初に新モデルを購入し、店の前で多くの取材陣に囲まれた男性はiPhone 11 Pro Maxのミッドナイトグリーンを手にしていた。毎年、新作の発売日に購入するのが毎年の恒例で、選ぶのはいつも新色だそうだ。カメラの性能が上がったため、食事の写真を撮りたいと話してくれた。発売日が増税前で、少しでも安く変えてよかったという。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/09/20/321d6a65effea842057f5bd9e154c643/190920_apple07.jpg
    最初に新型iPhoneを購入した男性

     お目当てのiPhone 11 Pro Maxを購入した芝さんは、7時45分ころから列に並んだという。iPhoneの購入は2年ぶりらしい。オープンしたばかりのApple 丸の内にも関わらず、予想以上の列ができていて驚いたそうだ。新作の広角レンズで写真を撮るのが楽しみだという。価格に関しては、「今回は安くなった」と話してくれた。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/09/20/978baf4af78fbf48f61e0e7ee6296017/190920_apple05.jpg
    iPhone 11 Pro Maxを披露してくれた芝さん

     iPhone 11シリーズ最大の特徴はカメラ機能の強化にある。iPhone 11では13mm相当の超広角カメラが追加されたほか、iPhone 11 Proは、広角、超広角に2倍相当の望遠カメラを加えた3眼仕様となっている。また、夜でも手ブレなく明るく撮影できるナイトモードや、4K60p映像を複数カメラで同時に記録できるマルチカム機能などを搭載。SoCも「A13 Bionic」に刷新され、プロセッシングパワー以外にもAI機能などが強化された。

     Apple Watch Series 5は、新型のRetinaディスプレイを搭載し、常時表示しながらで18時間のバッテリー駆動を実現。手首を持ち上げなくても時間や通知などを確認することができるようになった。また、ナビなどで利用できるコンパス機能を備えたほか、女性向けに周期記録が簡単にできる「Women’s Health Study」などのヘルスケア機能、セルラーモデルでは各国の緊急番号に連絡する機能を内蔵する。

    2019年09月20日 10時35分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35142900/

    【iPhone 11シリーズ発売--「Apple 丸の内」には130人の行列】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/09/06(金) 14:52:18.20 ID:CAP_USER.net
     楽天モバイルは、10月からスタートする携帯電話サービスにあわせて、独自のスマートフォン「Rakuten Mini」を提供する。

     eSIMに対応し、「30秒で使えるようになる」(楽天の三木谷社長)ことが特徴のひとつ。詳細なスペックは明らかにされていないが、大きさは106.2×53.4×8.6mm、重さは79g。FeliCaに対応する。

     楽天モバイルが独自開発した「Link」というサービス基盤に対応。Linkでは通話やメッセージング、ゲーム、ファイル送信、グループチャット/通話、ゲームなどをサポートするという。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1205/784/03_o.jpg
    2019年9月6日 14:02
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1205784.html

    【楽天モバイル、eSIM対応の独自スマホ「Rakuten Mini」】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/09/11(水) 14:58:35.84 ID:CAP_USER.net
     アマゾンジャパンは9月11日、音声アシスタント「Alexa」の話す速度を調整できるようにしたと発表した。「アレクサ、もっとゆっくり話して」「アレクサ、もっと速く話して」などと呼び掛けることで、話すスピードを7段階で調整できる。

     話す速度を上げるには、「アレクサ、もっと速く話して」「アレクサ、もう少し速く話して」などと、話す速度を下げる場合は、「アレクサ、もっとゆっくり話して」「アレクサ、もう少しゆっくり話して」などと話しかければOKだ。

     速度を通常に戻す場合は、「アレクサ、普通の速度で話して」「アレクサ、通常の速度でしゃべって」「アレクサ、話す速度をリセットして」と話しかければよい。

     新機能を通じて、「目が不自由でオーディオコンテンツを多用しているため、Alexaに速く話してもらいたい」というユーザーや、高齢だったり耳が不自由だったりして「Alexaにもっとゆっくり話してもらいたい」と思うユーザーなど、さまざまなバックグラウンドを持つユーザーに対して、最適Alexa体験を提供できるとしている。
    2019年09月11日 13時40分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/11/news097.html

    【「アレクサ、もっとゆっくり話して」 話す速度の調整、日本でも可能に】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/11(水) 22:55:07.22 ID:CAP_USER.net
    Appleが発表した「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」はカメラやディスプレイ性能などで大きな進化を遂げたが、3機種そろって「3D Touch」が省かれた。

     3D Touch対応機種には、ディスプレイに指の圧力を検知するセンサーが組み込まれており、ディスプレイを強く押し込むことで、ショートカット操作をする、アプリの一部機能へ簡単にアクセスするといった使い方がある。

     3D Touchは、2015年に発売されたiPhone 6sシリーズから搭載された機能で、2017年発売のiPhone 8やiPhone Xではそろって対応していた。

     しかし2018年はiPhone XS/XS Max/XRのうち、iPhone XRのみが3D Touch非対応に。その代わりに、ディスプレイを長く押し続けることで軽く振動し、強く押し込んだかのような感覚を得られる「触覚タッチ(Haptic Touch)」が搭載された。

     3D Touch対応機種と非対応機種での大きな違いは、どの程度の強さでディスプレイを押し込むのかを検知できるか否か。

    3D Touch対応機種では「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「3D Touch」から3D Touchのオン/オフを切り替えたり、押し込んだ時の感度を3段階で調整したりできるが、非対応機種ではそのような設定項目が存在しない。

     3D Touch機能のヘビーユーザーが、iPhone 11シリーズに機種変更した場合、この微妙な違いに戸惑いを感じるかもしれない。
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1909/11/news137.html

    【iPhone 11シリーズは「3D Touch」非対応に】の続きを読む

    このページのトップヘ