2019年09月

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/09/25(水) 15:47:09.81 ID:CAP_USER.net
    耳元でAlexa。

    アメリカ時間で本日25日の水曜日(日本時間の25日真夜中から26日明け方)Amazonが新製品発表イベントをシアトルで開催します。スマートスピーカーEchoなど各種プロダクトの新モデルが続々発表されるでしょう。Amazonスピーカーはすっかり普及しましたね。しかし、Amazonが次世代主力商品として力をいれていると噂されているのはワイヤレスイヤフォン!

    □Alexa搭載トラッカーイヤホン
    ネタ元のCNBCの報道によれば、Aleaxイヤフォンのコードネーム「Puget(ピュジェ)」。アマゾン本社があるワシントン州のピュージェット湾からとった名前なのでしょうか? Alexa対応のワイヤレスイヤフォンなので、スマスピと違いお家の外でもAlexaと密につながることができます。消費カロリーや移動距離、ランニングスピードなどをトラッキングできる機能も搭載されており、音楽とデジタルアシスタントだけではなく、ヘルス端末という役割も担っているのだとか。

    AppleのAirPodsやSamsungのGalaxy Budsをライバル視するとして、Pugetの価格は100ドル(約一万円)をきるのでは?!というのはCNBCの予想。これは期待! ただ、あくまで噂なので今日のAmazon発表会でPugetが発表されるのか、チラ見せ程度なのか、それともスルーされるのかは未知。まったくわかりません。

    もし、Pugetが発表されれば、初のAlexaネイティブAmazon印ワイヤレスイヤフォン(ヘッドフォン含む)となります。また、Amazonがデジタルヘルス業界に大きく進出する強い足がかりともなりますね。Echoでデジタルアシスタントの定住に成功しているAmazonだけに、Alexaが活躍の場をもっと広く家の外に求めるのは自然の流れ。…つまり、Puget(遅かれ早かれ)来るぞ! 今日来ても驚かないぞ!

    まぁ、去年のAlexa内蔵電子レンジ以上に驚くことは早々ないと思いますし。

    原文
    https://gizmodo.com/leaker-claims-alexa-powered-earbuds-are-amazons-next-bi-1838373869

    Source: CNBC
    https://www.cnbc.com/2019/09/23/amazon-plans-alexa-earbuds-with-fitness-tracking-echo-with-subwoofer.html

    2019.09.25 10:30
    ギズモード・ジャパン
    https://www.gizmodo.jp/2019/09/amazon-alexa-wireless-earphone-puget.html

    【今夜発表されるかも? Amazonが次に注力するのはAlexaワイヤレスイヤフォン「Puget」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/14(土) 12:09:17.51 ID:CAP_USER.net
    建築現場での撮影や農薬の散布、宅配サービスなどドローン(小型無人機)の活躍の場が広がっている。人手不足のなかで業務効率化の切り札として期待が高まるが、事故を防ぎ、安全な運用が求められている。18日には飲酒時の操縦禁止など新規制を盛り込んだ改正航空法が施行される。新しいルールのポイントと活用の最前線の課題を整理する。

    日本でドローンを巡るルールが本格的に導入されたのは2015年のことだ。首相官邸で…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49732370S9A910C1TCJ000/

    【ドローン、飲酒時は操縦禁止】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/09/20(金) 13:24:04.06 ID:CAP_USER.net
    総務省は20日、携帯電話端末を特定の会社の契約でしか使えないようにする「SIMロック」を、端末の販売時にすぐ解除するよう携帯大手に義務づける方針を表明した。意見公募などを経て、行政指針を改正する。100日間のロックを認める現行指針は利用者の囲い込みにつながるため、通信料金の引き下げを促す新ルールにそぐわないと判断した。

    同日午後に開いた携帯料金に関する有識者会議で「利用者が即時に他社で利用できるようにSIMロック解除のルールを見直すことが必要ではないか」とする方針を文書で公表した。出席した高市早苗総務相は「モバイル市場の公正競争の促進のためには、よりいっそうの取り組みを行うことが必要だ」と述べた。

    例えばNTTドコモで契約している人がKDDIの販売店で新しい端末を買う場合、KDDIは販売時にSIMロックの解除に応じなければならなくなる。逆のケースでも同じだ。利用者は契約する携帯会社を自由に選べるようになる。指針に違反すれば業務改善命令の対象になり得る。

    即時解除を義務化するきっかけは、KDDIとソフトバンクが先週、端末を48回の分割払いで買った場合に「実質半額」にする販売プランを発表したことだ。他社と契約している人にも販売するが、今のルールでは購入から100日間は販売した携帯大手の通信回線でしか使えない。「SIMロックを使った囲い込みだ」と批判が出ていた。

    現行の指針で100日間のSIMロックを認めているのは、割賦代金を払わずに端末を持ち逃げされるのを避けるためだ。総務省は頭金の徴収など別の方法で持ち逃げのリスクを抑えるよう携帯大手に求める。
    2019/9/20 13:20
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50023750Q9A920C1EA4000/

    【スマホのSIMロック、即時解除義務化 総務省が表明】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/21(土) 20:52:05.63 ID:CAP_USER.net
    [東京 20日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が20日に発売した新型iPhoneは、国内で最大1万円の値下げをした。初代発売から10年を経てなお根強い多くのファンの存在が販売を下支えすると見られるが、世界的な低価格スマホの台頭や総務省のルール変更といった向かい風が吹いている。

    今回の新型iPhoneは、処理速度やカメラの性能が向上するなかで、従来モデルからの値下げを実現した。例えば「11」は7万4800円からとし、前機種の「XR」に比べ1万円安く価格を設定した。「端末の販売だけでは先行き厳しいとの危機感の現れ」(携帯電話会社関係者)と見られている。アップルは音楽や映像の配信といったサービスにも力を入れてきている。まず端末を購入しやすくして、その後のサービス利用を促そうとしている。

    <内外からの逆風>

    確かにiPhoneを巡る環境はさえない。世界の市場で中国勢を中心に低価格・高機能のスマホが台頭してきている一方、ファン層以外の一般消費者が短期間で買い替えを迫られたり新規購入を促されるほどの目新しい進化はここ数年、見られない。

    国内市場では、10月から始まる総務省の新ルールによる環境変化も逆風となり得る。

    iPhoneのシェアがアンドロイド端末に比べて大きい日本市場は「世界で一番高額で性能の良い憧れのモデルが実質ゼロ円で買える特異な市場」(MM総研の横田英明研究部長)と見られてきた。

    しかし新ルールでは、端末購入補助の上限が2万円となった。iPhoneと低価格スマホがともに2万円の値引きなら、iPhoneの方が価格が高いだけに値引率は低くなる。新ルール案が示された6月には、iPhoneの国内販売の大幅な減速を予想する声が一時、市場に広がった。

    高価格スマホの市場は「若干、落ちる傾向は否めないだろう」(MM総研の横田氏)という。新ルールによって通信料金と端末代金が分離される。このため「ゼロ円端末」に代表されるような、端末代金の値引き分を通信料金に負担させる従来の手法が用いられなくなり、端末代金に割高感が生じやすい。

    もっとも、足元では「当初想定したより、影響はあまりないのではないか」(MM総研の横田氏)と、冷静な見方が優勢となっている。ソフトバンク(9434.T)とKDDI(au)(9433.T)が、48カ月分割払いで端末を購入し25カ月目以降に端末を返却すれば半額になるプランを9月に打ち出したことで、影響が緩和されるとの見方だ。

    <根強いファンが支えに>

    逆風の中でも、ファンの支持は根強い。新型iPhoneを求めてApple丸の内を訪れた埼玉県在住の会社員、芝伸紀さん(48)は、その魅力について「(アップルは)OS(基本ソフト)とハードの両方を手掛けるだけに操作性が良い」と話す。

    ファンがiPhoneを支持する背景には、アップルの関連製品やサービスが連携する「エコシステム」の存在がある。クラウドサービスのiCloudを通じて、iPhoneやiPad、Apple Watchといった端末間でデータを共有しやすいという。埼玉県の芝さんも、自宅で使用する同社製パソコンとの連携もスムースで、ほかのスマホの購入は考えられないという。

    アップルウオッチの新型を購入しようとストアを訪れた都内在住の学生、内野沢安紀さん(20)も、アップル製品はエコシステムが魅力だとし「これから一生iPhoneを使っていくことになりそう」と話した。

    国内スマホ市場でのiPhoneのシェアは、ソフトバンクが取り扱いを始めた08年に7割を超えた。NTTドコモ(9437.T)がアンドロイド携帯に力を入れた時期に3割台に縮小したが、11年にau(KDDI)、13年にドコモが取り扱いを始める中で、5割前後に回復した。その後は5割付近で、ほぼ横ばいとなっている。
    https://jp.reuters.com/article/iphone-japan-idJPKBN1W50YL

    【新型iPhone、環境変化が逆風 根強いファンが支え】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/21(土) 20:43:28.87 ID:CAP_USER.net
     Appleは、iPad向けの「iPadOS」の配信日を当初予定していた10月1日から前倒しし、9月25日にする。iPadOSの公式ページ上で明らかにした。

     iPadOSはiOSから独立し、iPadに最適化されたホーム画面などを搭載するOS。詳細は別の記事にて紹介している。サポートされるiPadは、iPad Air 2/mini 4以降のモデル。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1208522.html

    【「iPadOS」の配信が前倒しに、9月25日登場】の続きを読む

    このページのトップヘ