2019年08月

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/20(火) 22:28:53.50 ID:CAP_USER.net
    ASUS JAPAN株式会社は、15.6型の2画面ノートPC「ZenBook Pro Duo(UX581GV)」の国内展開を発表した。発売日は8月23日で、価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は最上位モデル(UX581GV-9980)が466,500円前後、下位モデル(UX581GV-9750)が361,500円前後の見込み。

     COMPUTEX TAIPEIに合わせて、台湾で5月に発表された製品で、4K(3,840×2,160ドット)有機ELの15.6型メインディスプレイと、キーボード面に3,840×1,100ドットの14.09型液晶ディスプレイ「ScreenPad Plus」を組み合わせたデュアルディスプレイになっているのが特徴。実質的に3,840×3,260ドットの広範囲を作業スペースとして確保している(ASUS、“デュアル4Kディスプレイ”搭載のクリエイター向けノート「ZenBook Pro Duo」参照)。

     ディスプレイの仕様は、メインディスプレイがDisplayHDR 500をサポートし、NTSC比96%、sRGB比133%、DCI-P3比100%に対応。コントラスト比は100,000:1、応答速度1ms、リフレッシュレート60Hzとなっている。一方のScreenPad Plusは、輝度350cd/平方m、コントラスト比1,200:1、応答速度30ms、リフレッシュレート60Hz、視野角上下/左右170度、NTSC比72%、sRGB比100%となる。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1201/583/04_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1201583.html

    【キーボード面に4K液晶を実装する2画面15.6型ノート「ZenBook Pro Duo」が国内発売】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/08/23(金) 07:25:57.98 ID:CAP_USER.net
     米Googleは8月22日(現地時間)、コードネーム「Android Q」の次期Android OSの正式名称を「Android 10」と発表した。2009年の「Cupcake」からコードネームとして採用し、途中から正式名称にも表示してきた“お菓子ネーム”はなしだ。

     お菓子ネームを終了する理由は、(ネタがつきたわけではなく)AndroidはグローバルなOSだからだと、Android製品マネジメント担当副社長のサミール・サマト氏は説明する。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1908/23/yu_android3.jpg

     お菓子ネームの予想はユーザーの間でも楽しい余興になっていたが、必ずしも世界中の人々に理解されるものではなかったという。例えば、Android 5の「Lollipop」のLとRを聞き分けにくい地域があるし、Android 9の「Pie」がお菓子ではない国があり、Android 6の「Marshmallow」が知られていない国もある(サマト氏は言及していないが、Android 4.4の「KitKat」は80カ国以上で販売されているが、届いていない地域もあるかもしれない)。

     「グローバルなOSとして、名称が世界中の人々にとって明確で親しみやすいものであることが重要だ」(サマト氏)

     Androidブランドのロゴも変更する。緑の「android」だったものが、視認性を高めるために黒くし、フォントも見やすいように変えた。また、「ドロイドくん」の愛称(正式名称はない)で親しまれているロボットの頭の部分の絵を含めるようになる。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1908/23/yu_android2.jpg

     この頭も表情が少し変わった。目の位置が下がり、アンテナの位置も変わって、よりかわいらしくなった。

     Android 10の正式版リリースは“向こう数週間中”で、その段階で新しいロゴの使用を開始する。Googleは通常、10月に「Made by Google」イベントを開催し、そこで新OSと新しいオリジナルスマートフォン(今年は「Pixel 4」)、幾つかのハードウェアを発表している。
    2019年08月23日 05時36分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/23/news054.html

    【「Andrdoid Q」の正式名はお菓子ネームなしの「Android 10」に ブランドロゴも変更】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/08/23(金) 16:25:05.70 ID:CAP_USER.net
     KDDI、沖縄セルラーは、京セラ製のAndroidスマートフォン「TORQUE G04」を8月30日に発売する。au Online Shopでの価格は7万9920円(税込)。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1203/033/01_o.jpg
    TORQUE G04

     TORQUE G04は、防水・防塵に加えて、耐衝撃、耐荷重、耐海水などさまざまな試験をクリアしたタフネス仕様のスマートフォン。アウトドアなどでの利用を想定し、堅牢性・耐久性の高さを特徴とする。端末の詳細は発表時のニュース記事を参照いただきたい。
    2mからの落下もOK、auのタフネススマホ「TORQUE G04」 - ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1183913.html

     純正アクセサリーとして、リュックやベルトにぶら下げるための「Hard Holder」などを同時発売する。また、9月30日までにTORQUE G04を購入・応募したユーザーには、限定カラー(赤)の電池パックがプレゼントされる。

    関連リンク
    ニュースリリース
    https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/08/23/3974.html
    TORQUE G04 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ
    https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/g04/

    2019年8月23日 14:38
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1203033.html

    【au、タフネススマホ「TORQUE G04」を8月30日発売】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/08/13(火) 08:33:00.61 ID:CAP_USER.net
     「Galaxy Note10」シリーズのスマートフォンを発表したばかりのサムスンは、1億800万画素のモバイル機器向けイメージセンサーによるカメラの未来に既に目を向けている。同社は米国時間8月12日、小米科技(シャオミ)と提携して開発した1/1.33インチの「ISOCELL Bright HMX」を発表した。

     明るい環境では1億800万画素の写真が撮影可能で、暗い環境では同社の「Tetracell」技術によってより多くの光を集め、2700万画素の画像を生成することができる。動画については、6K/30fpsでの撮影が可能だ。

     サムスンのセンサー事業担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるYongin Park氏によると、1億画素を超える写真が撮影可能な、世界初のモバイル機器向けイメージセンサーだという。

     「少数の最高機種のDSLR(デジタル一眼レフ)カメラでしかこれまで提供されていなかった画像解像度が、スマートフォンに搭載できるようになったことをとてもうれしく思う」と、シャオミの共同創設者で社長のLin Bin氏は声明で述べた。

     量産は8月中に開始される。サムスンは、どのスマートフォンに最初にISOCELL Bright HMXが搭載されるかは明らかにしなかったが、シャオミと提携していることから、シャオミのスマートフォンになると考えられる。

     シャオミはコメントを避けた。サムスンにも詳しいコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。
    2019年08月13日 06時34分
    https://japan.cnet.com/article/35141185/

    【スマホカメラをさらなる高みに--サムスン、1億画素のモバイル向けイメージセンサーを発表】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/20(火) 16:09:34.56 ID:CAP_USER.net
     NTTドコモが、事前予約の受付を停止していたHuawei製のスマートフォン「HUAWEI P30 Pro HW-02L」の事前予約を、8月21日午前10時から再開する。HUAWEI P30 Proの発売は9月を予定しており、詳細な発売日は別途案内するとしている。

    ドコモによると、米国の輸出規制リストにHuaweiが追加されたことに伴う影響の確認を行っている間、P30 Proの事前予約を停止していた。しかし、「米商務省がHuaweiに対する輸出禁止措置の猶予期間を延長をしたことを踏まえて、お客さまが安心して端末を利用できると確認できた」との理由で、予約を再開したという。

     HUAWEI P30 Proは、国内では現時点でドコモのみが取り扱う。価格は8万9424円(税込み)。ディスプレイは19.5:9のアスペクト比で、6.5型フルHD+(1080×2340ピクセル)曲面有機ELを搭載。背面には、4000万画素の広角レンズ、2000万画素の超広角レンズ、800万画素のペリスコープ(潜望鏡)望遠レンズを搭載。望遠レンズは光学5倍ズームに対応しており、3つのレンズを組み合わせることで、画質劣化を抑えた最大10倍のハイブリッドズームに対応する。
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1908/20/news084.html

    【ドコモが「HUAWEI P30 Pro」の予約を21日に再開、9月発売へ 「安心して利用できると判断」】の続きを読む

    このページのトップヘ