2019年07月

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/07/17(水) 13:23:31.01 ID:CAP_USER.net
     キーサイト・テクノロジーは2019年7月11日、同社のユーザー向けイベント「Keysight World」(同年7月11~12日)の開催に併せて、記者説明会を行った。

    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/mm190717keysight_w250.jpg
    Keysightプレジデント兼CEOのRon Nersesian氏

     米国本社のKeysight Technologies(以下、Keysight)でプレジデント兼CEOを務めるRon Nersesian氏は、「日本はKeysightにとって最も重要な市場の一つ」と強調する。「日本には大手自動車メーカーがいくつもあり、自動車の開発で先行している。当社の注力分野である5G(第5世代移動通信)についても、2019年9月から始まる『ラグビーワールドカップ2019』ではプレサービスが、2020年の東京五輪では商用化が本格化する。その実現に向けてサポートすることがKeysightの役割だと思っている」(同氏)

     Nersesian氏は、顧客の成功に貢献すべく、4つの取り組みを重点的に行ってきたと述べる。まずは、ハードウェア中心からソフトウェア中心の製品を提供すること。そして、オシロスコープ、スペクトラムアナライザーといった製品別の組織ではなく、エンドマーケット別にKeysightの組織を再編成したこと。「通信向け、自動車向け、IoT(モノのインターネット)向けといったように、マーケットごとにどの製品も提供できるようにした。顧客にとっては、この方がシンプルで分かりやすい」(Nersesian氏)

     さらに、Keysightとして本格的に業務を開始した2014年以来、研究開発費も増加した。売上高全体において研究開発費が占める割合は、2014年は約12%だったが、2019年は約16%となっている。さらに、Anite、Scienlab、Ixiaなど、戦略的な買収も継続的に行ってきた。

     こうした取り組みの結果、Keysightの2018年度における売上高は、前年比22%増となる39億米ドルを達成した。

    □サイバー攻撃に対する脆弱(ぜいじゃく)性をテストする
     Keysight Worldでは、新製品のデモも展示した。「オートモーティブ・サイバーセキュリティ・プログラム」は、ECU(電子制御ユニット)やカーナビゲーションシステムなどについて、サイバー攻撃に対する脆弱(ぜいじゃく)性をテストする製品だ。自動車メーカーやティア1サプライヤーに向ける。

     デモでは、市販のカーナビを基地局エミュレーターに接続し、セルラー通信を模擬。ウイルス侵入テストのシナリオを、エミュレーターを介して走らせ、脆弱性を調べたところ、オープンになっているポートが即座に見つかった。なお、テストシナリオに使用するデータベースについては、Ixiaの専門チームが最新のウイルスなどの情報を常に収集し、定期的にアップデートしているという。このデータベースは、サブスクリプションモデルとして提供される予定だ。

    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/l_mm190717keysight2_w190.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/l_mm190717keysight3_w190.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1907/17/l_mm190717keysight4_w190.jpg
    一枚目=デモの様子/二枚目=「Result: 1 opern ports」と書かれている(赤線部分)が、これは、侵入できるポートが1個見つかったということ。つまり、テスト対象となっているカーナビには、サイバー攻撃に対する脆弱性があることになる/三枚目=外部からカーナビをシャットダウンできてしまった……

    →動特性の評価機能を開発用にも
    https://eetimes.jp/ee/articles/1907/17/news035_2.html
    続きは元ソースでご覧下さい

    2019年07月17日 11時30分 公開
    EE Times Japan
    https://eetimes.jp/ee/articles/1907/17/news035.html

    【ウイルスの侵入ポイントを探る、車載向けテスト】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/19(金) 17:52:37.99 ID:CAP_USER.net
    Webサイト作成・管理ツール「Wix」を展開するイスラエルのWix.comは7月19日、日本法人「Wix.com Japan」を設立したと発表した。日本事業の強化やユーザーサポートの拡充が狙い。今後は国内でのマーケティングやパートナー戦略に注力する他、今秋から日本語での電話サポートを始める計画だ。

    日本法人のオフィスは、東京・港区の六本木に構えた。代表者には、過去にエバーノート(Evernote日本法人)の代表を務め、日本と海外(アジア太平洋地域)の事業を統括していた積田英明氏が就任した。

     Wixは、テンプレートなどを組み合わせて、ブログやECサイトなどのWebページを半自動的に作れるサービス。基本的な機能は無料で使えるが、有料会員(月額500円~)になると、独自ドメインを取得したり、サイト上の広告を非表示にしたりできる。世界190カ国に展開しており、累計1億5000万人超のユーザーを抱えている。

    日本版は12年にリリースしたが、電話サポートはこれまで英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語に限られており、ユーザーは日本語で使い方などを質問できなかった。

     Wix.com Japanは、日本語でのサポートを始めることで、国内市場でのユーザー拡大を見込んでおり、サポートスタッフの増員を計画しているという。
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/19/news100.html

    【Webサイト作成の「Wix」運営元が日本法人設立 日本語での電話サポート開始へ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/17(水) 01:13:56.31 ID:CAP_USER.net
     ソニーは7月16日、新型フルサイズミラーレス「α7RIV」を発表した。発売は2019年9月ごろを予定しており、価格は3500ドルを予定している。

    これは、同社のフルサイズミラーレスカメラの高画素シリーズである「α7R」の最新モデル。イメージセンサーは、裏面照射型「Exmor R」を採用。画素数を、従来モデル「α7RIII」の約4240万画素から、世界初の約6100万画素に引き上げた。APSサイズにクロップしても2620万画素を確保する。ダイナミックレンジは15段を実現。ISOは100~3万2000、拡張感度で10万2400まで引き上げることができる。

     ボディはα7RIIIから大きく変更点はないものの、露出補正ダイヤルにロック機構が設けられた。EVFは、前モデルの368万ドットから576万ドット(0.78倍)に高解像度化。タッチ対応の液晶パネルは、3インチ144万画素で上下のチルトをサポートする。また、前モデルと同様デュアルスロットを採用するが、α7RIVからは両スロットとも高速伝送が可能なUHS-IIに対応した。そのほか、USB-CやWi-Fiでの接続を高速化。Wi-Fiは5GHz帯に対応することで、ワイヤレスでのテザー撮影などが利用しやすくなった。

    そのほか、約5.5段分のボディ内5軸手ブレ補正、AF/AE追随で秒間10コマの連写性能(バッファの増強によりフル解像度で68コマまで連写可能)、像面位相差用のAFポイントは399点から567点に増加しAF性能を大幅に向上。瞳AFも写真だけでなく動画でも利用可能となった。さらに、ピクセルシフトにより2億4000万画素の撮影に対応する。

     動画性能は、4K/30fps、1080p/120fpsでの撮影に対応。Super35mmモードでは、4Kの2.4倍の情報量がある6Kをベースに4K撮影が可能となり、より鮮明な動画撮影を実現する。そのほか、S-Log2や14段のダイナミックレンジを確保するS-Log3、HLGでの撮影もサポートする。動画性能に関しては、α7RIIIの仕様を引き継いでいるようだ。

     オプションとして、バッテリーを2つ搭載できるグリップ「VG-C4EM」、8つのマイクを搭載した新型ショットガンマイク「ECM-B1M」、XLRマイクを接続するアダプター「XLR-K3M」をラインアップする。
    https://japan.cnet.com/storage/2019/07/16/9fa7b5460f3bd7a4f24efe96d074679e/sony01.jpg
    https://japan.cnet.com/article/35139975/

    【ソニー、世界初の6100万画素センサーを搭載したフルサイズミラーレス「α7RIV」発表】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/09(火) 18:55:46.71 ID:CAP_USER.net
    今回は、ヨドバシカメラ新宿西口本店 カメラ総合館を訪ね、ミラーレス一眼カメラの売れ筋を取材しました。ヨドバシカメラのなかでも、特に熱心なカメラファンが集まる店舗として知られていますが、最近売り場で勢いがあるのは間違いなくこのジャンルとのことです。

    同店スタッフの豊田健太氏は「スマホを使っていて、よりよい写真を撮りたいとカメラに興味を持つ方は、軽くて操作性も柔軟なミラーレスに注目されます。一方で、フルサイズ機も充実していて、カメラを本格的に楽しみたいという方に指名買いされる機種もあります」と最近の動向を教えてくれました。購入層の幅が広く、活況な様子がうかがえます。

    ミラーレス一眼を購入する際の3つのポイントは以下のとおり。それを踏まえて、最近の売れ筋ベスト5を見ていきましょう。

    予算の目安は、入門機のレンズキットが10万円前後、フルサイズ機なら20万円前後~
    録画機能は4K対応が主流。連続撮影時間の上限の有無やフレームレートも比較したい
    自撮りするなら背面液晶の構造は要チェック。明るい場所で撮るならファインダーも試用を
    ※原稿と写真で掲載している価格は、2019年6月26日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見てください。

    第1位:高速な瞳AFでファミリー層に絶大な人気の「α6400」
    一番人気となっていたのは、ソニーのAPS-Cモデル「α6400」でした。入門機としては少し高級なモデルとなりますが、0.02秒で撮れるAFや、人間の瞳を検出するAFの精度の高さがファミリー層に熱く支持されているそうです。ラインアップのなかでもっとも売れているダブルズームキットの税込み価格は14万9550円。

    「子どもが遊んでいるときに撮っても、失敗写真が少ないと評判です。4K動画に対応しますが、連続撮影時間に制限がなく、バッテリーが持つ限り撮れるのもポイントですね」
    https://news.mynavi.jp/article/kadentrend-6/images/002.jpg

    第2位:高コスパなフルサイズとして定評のある「α7 III」
    2位もソニー製品がランクインしました。ソニーEマウントを採用したフルサイズ機「α7 III」で、こちらはファミリー層よりも自分用のカメラとして、あるいは趣味としてカメラを始めたい人に指名買いされることが多いといいます。ボディ単体モデルの税込み価格は23万5890円です。

    「ソニーは、他社に先駆けてフルサイズミラーレスを投入したメーカーだけに、作り込みが一段抜けています。シリーズの最上位モデル『α9』とも遜色ないAFを搭載していて、非常にコストパフォーマンスが高いと評判ですね。バッテリーの持ちの良さも人気で、液晶モニター使用時で約710枚の撮影が可能と、一般的なモデルの2倍以上のスタミナがあるんですよ」
    https://news.mynavi.jp/article/kadentrend-6/images/003.jpg
    以下ソース
    https://news.mynavi.jp/article/kadentrend-6/

    【ミラーレスカメラ、フルサイズもAPS-Cもソニー「α」が人気】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/07/17(水) 13:29:58.53 ID:CAP_USER.net
     筆者が初めて自分の携帯電話を持ったのは16歳の時だった。とても小さいプリペイドのNokia製だったが、きちんと機能していた。年寄りじみた事を言うつもりはないが、当時と比べて状況は大きく変わった。SellCellが米国時間7月15日に発表した調査結果によると、今日では42%の子供が1日に3時間以上スマートフォンを使用している。

     SellCellはスマートフォンの価格比較サイトとして最もよく知られている。だがこの10年にわたってデバイスの下取りビジネスで複数の調査を行っており、使わなくなった携帯電話を多くの人はどうしているかやミレニアル世代の新しいスマートフォンへの早期アップグレード利用状況について調べている。

     今回、SellCellは4~14歳の子供を持つ米国の保護者1135人に調査を行った。調査により、子供は幼少時にスマートフォンを使い始めることが明らかになった。子供がスマートフォンを使い始めた時期について、40%が6歳以下の時、12%が1~2歳の時だと回答した。

     これらの数字には保護者の思惑も反映されている。40%の保護者が、子供にスマートフォンで遊ばせるのは自分たちが静かな時間を過ごせるためだと回答した。また、27%が子供のスマートフォンに最大でも100ドル(約1万1000円)、25%が100~250ドル(約2万7000円)を費やす用意があると回答した。だが保護者らが注意を払っていることもうかがえる。88%が子供のスマートフォンのパスコードを知っていると回答した。

     保護者が子供にスマートフォンを持たせる理由として多かったのは、「連絡を取り合うため」(83%)、「教育的効果があるため」(53%)、「子供が友達と連絡を取り合えるようにするため」(50%)の3つだった。また、子供のスマートフォンの用途について、57%が「ゲーム」、50%が「テレビや映画の定期的な視聴」だと回答した。

     なお子供のスマートフォン使用時間について、Common Sense Mediaの調査では、13~18歳の子供がデジタルデバイスでのメディアの閲覧に1日平均9時間を費やしているとされている。この時間には学校でのスクリーンタイムや宿題にかける時間は含まれていない。また、同社が5月に発表した調査結果によると、ティーンエージャーの3割がデバイスと共に眠り、男子よりも女子が多い。
    2019年07月17日 11時48分
    https://japan.cnet.com/article/35139945/

    【4割の子供が1日3時間以上スマホを使用、一番の用途はゲーム】の続きを読む

    このページのトップヘ