2019年07月

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/23(火) 16:42:31.12 ID:CAP_USER.net
    サムスン電子と中国ファーウェイ(華為技術)が折り畳み式スマートフォンをめぐりまた発売競争に入った。

    両社は2月、それぞれ折り畳み式の「ギャラクシーフォールド」と「Mate X」を公開した後、発売作業を延期した。折り畳み式ディスプレーの完成度問題で修正・補完作業に入ったからだ。また、当初伝えられていた内容とは違い、ギャラクシーフォールドの量産は日本の輸出規制の影響を受けないことが確認された。

    米IT専門メディアのGSMアリーナは19日(現地時間)、サムスン電子関係者の話を引用し、再設計されたギャラクシーフォールドが内部テストを通過したと伝えた。

    異物が入りやすいヒンジのデザインは一部設計を変更して隙間が生じない構造に変更し、画面保護フィルムは枠(ベゼル)の下に入るようデザインしたという。ギャラクシーフォールドの画面保護フィルムは折り畳み式ディスプレーのカバーウィンドウの役割をする透明ポリイミド(PI)の上にかぶされる形態だ。一般的なスマートフォンなら米コーニング社のゴリラガラスのようなガラス素材が使われるが、ギャラクシーフォールドは折り畳むためにPIを使用することになった。

    ギャラクシーフォールドに使用されるPIに関連し、サムスン電子は「製品の量産に支障はない」と伝えた。日本政府の先端素材3品目(フッ化水素、フォトレジスト、フッ化ポリイミド)輸出規制とギャラクシーフォールドの量産は関係がないということだ。

    IT業界によると、ギャラクシーフォールドに入るフッ化ポリイミドはフッ素含有量が相対的に低いため、輸出規制対象に含まれなかったという。日本経済産業省の告示によると、輸出規制該当品目は「結合フッ素の含有量が全体重量の10パーセント以上のフッ化ポリイミド」に該当する。

    ギャラクシーフォールドに入る透明PIは日本の住友化学が供給する。住友の子会社、韓国東友ファインケムで透明PIをハードコーティングし、これをサムスンに納品する。量産計画に比べて必要なPI物量は多くないため、サムスンが事前にすべて確保したという分析もある。

    ファーウェイの「Mate X」発売も秒読み段階に入った。中国工業情報化部(TENAA)によると、モデル名「TAH-ANOO」が6カ月間の試験ネットワーク接続許可を受けた。この端末はフォルダブルフォン「Mate X」と推定されている。通常、認証許可は製品発売の約1カ月前に進行される。

    「Mate X」は8インチの有機発光ダイオード(OLED)ディスプレーを搭載した。ファーウェイのアプリケーションプロセッサ(AP)「Kirin980」第5世代移動通信が可能なモデムチップ「バロン5000」を搭載したという。価格は2299ユーロ(約27万円)。
    https://japanese.joins.com/article/821/255821.html

    【サムスン「ギャラクシーフォールド」発売準備を完了】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/07/23(火) 12:58:02.20 ID:CAP_USER.net
     KDDI、沖縄セルラーは、新料金プラン「auデータMAXプラン」の提供を7月26日に開始する。原則として月間データ容量に上限がないことが特徴のプランで、料金は月額8980円。各種割引を適用することで、月額5980円から利用できる。

    □月間データ容量の上限なし、テザリングも20GBまで
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1197/531/01_o.jpg
     auデータMAXプランは、キャンペーンによるものを除く、国内のMNOによるLTEスマートフォン向けプランとしては初の「月間データ容量に上限のないプラン」とうたわれている。

     同プランは、一部の利用方法を除き、月間データ容量の上限やそれを超えた場合の速度制限を設けないプランとなっている。例外として、テザリング、データシェア、世界データ定額を利用する場合は、これらのサービスで合計20GBまでという制限がある。超過時には、テザリング、データシェア、世界データ定額の通信速度が月末まで最大128kbpsに制限される。

     また、動画配信やストリーミングサービスなど、大量のデータ通信または長時間接続を伴うサービスを利用する場合や、一定時間内に大量のデータ通信の利用があった場合には通信速度の制限がある。

    □オプション・各種割引
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1197/531/02_o.jpg
     auデータMAXプランの基本料金は、月額8980円。無料通話分はなく、電話をよく利用するユーザー向けのオプションとして別途、5分以内の国内通話がかけ放題となる「通話定額ライト」(月額700円)、1回あたりの無料通話時間に制限がない「通話定額」(月額1700円)が提供される。

     割引サービスについては、固定回線のセット割引「auスマートバリュー」(1000円引き)、家族2人以上でauを使っている場合の「家族割プラス」(500~1000円引き)、申込翌月の利用分から最大6カ月間受けられる「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」(1000円引き)という3種類の割引を受けられる。すべての条件を満たしている場合、6カ月間は月額5980円で利用できる。

     また、オプションの「通話定額ライト」を申し込む場合、「通話定額ライト スタートキャンペーン」により、通常は月額700円のところ、12カ月間は月額500円で利用できる。

    関連リンク
    ニュースリリース
    https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/07/23/3924.html

    2019年7月23日 12:00
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1197531.html

    【月間データ容量に上限なし、「auデータMAXプラン」7月26日開始【テザリングは20GB制限】】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/07/19(金) 14:55:46.39 ID:CAP_USER.net
     BankMyCellの報告書によると、自分の「iPhone」を下取りに出して新たなApple製スマートフォンを購入するユーザーが減少している。中古デバイスの売買仲介サイトを運営するBankMyCellは、2018年10月から2019年6月までにiPhoneを下取りに出した3万8000人以上のユーザーのデータを収集し、オンライン下取りプロセスにおけるAppleのブランドロイヤルティなどに対する洞察を導き出した。調査によると、6月にiPhoneを下取りに出してサムスン製デバイスに乗り換えたユーザーは18.1%で、同社のこれまでの調査で最高レベルとなった。

     この調査によると、サムスンのブランドロイヤルティはAppleよりも高そうだ。「Galaxy S9」からiPhoneに乗り換えたユーザーはわずか7.7%で、92.3%が引き続きAndroid端末を使用しているのに対し、「iPhone X」を下取りに出して別のブランドに移行したユーザーは26.2%だった。

     今回の調査結果は、どちらかと言えばAppleやサムスンのブランドロイヤルティの全体像について傾向を示すものとなっている。BankMyCellは同社のサービス利用者のデータをベースにしており、この調査結果はオークションサイトや通信事業者の店舗、Appleを含めた全体的な売れ行きを示すものではないとしている。

     Appleにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

     調査会社Kantarの米国時間7月17日付けの発表によると、2019年4-6月期の米国のスマートフォン販売台数の36.3%を「iOS」搭載デバイスが占めており、前年同期比2.4%減だった。Androidスマートフォンの販売台数は全体の63.5%で、前年同期比2.5%増だった。

     また、調査会社Gartnerが17日に発表したレポートによると、2019年のスマートフォンの世界出荷台数は前年から6800万台(3.8%)減少すると推定される。
    2019年07月19日 12時48分
    https://japan.cnet.com/article/35140122/

    【「iPhone」から「Android」への乗り換えが増加傾向--BankMyCell調べ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/07/11(木) 07:16:43.91 ID:CAP_USER.net
     気象庁は7月10日、大雨や洪水の災害危険度が高まっている際、メールやスマートフォンでプッシュ通知するサービスの提供を、ヤフーなど5つの事業者と共同で始めると発表した。

     気象庁は、土砂災害や洪水のリアルタイムな危険度を、地図上で5段階に色分けして示す「大雨・洪水警報の危険度分布」をWebサイトで提供しているが、危険度の変化を知るにはサイトを見に行かなければならないという課題があり、危険度を知らせるプッシュ通知サービスを提供する事業者を募集していた。

     プッシュ通知は、ヤフーの「Yahoo! JAPANアプリ」、アールシーソリューション(「ゆれくるコール」を9月に刷新し、新たな防災アプリとして提供)、ゲヒルン(9月に新アプリリリース)、島津製作所の「お天気JAPAN」のアプリ、日本気象の「お天気ナビゲータWEB」(メール通知)で提供する予定だ。

    2019年07月11日 06時35分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/11/news053.html

    【気象庁、大雨災害の危険度上昇をスマホ通知 ヤフーなど5社のアプリで対応】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/20(土) 21:48:34.47 ID:CAP_USER.net
    バルミューダが2015年に「ザ・トースター」を発売してから、“枯れた”と思われていたトースター業界が再び熱を帯びている。パナソニックや象印などの老舗だけでなく、急速に温まるアラジンの「グラファイトトースター」、シロカの「すばやき」などの新興メーカーも参入。シャープも過熱水蒸気調理だけで調理するコンパクトオーブン「ヘルシオグリエ」を売り出した。

    そんな中で、三菱電機が2019年4月に発売した「ブレッドオーブン」(実勢価格3万円前後)がヒットしている。トースターというと「2枚焼き」や「4枚焼き」があり、ピザも焼ける庫内サイズがあるのかも重要な検討ポイントになる中で、なんと「1枚焼き」という先鋭的な仕様を引っさげての登場だった。

     トースターとしては3万円を超える高額モデルながら、なぜヒットしているのか。その原因は“一点豪華主義”に魅力を感じる、日本人の消費性向の変化にあると筆者は感じている。

    時代背景などの変化については後で触れるとして、まず「ブレッドオーブン」がなぜヒットしたのか。その大きな要因は、やはり「トーストのおいしさ」だろう。

     電子レンジがオーブンレンジ、過熱水蒸気オーブンレンジなどに進化していく中でも、相変わらず多くの家庭でオーブントースターが利用され続けてきた。しかし「パンを4枚焼きたい」、「ピザもまるごと焼きたい」などの要望に応えると庫内容量が大きくなって熱効率が悪くなり、主目的であるトーストのおいしさが損なわれてしまう。

     大型のオーブンレンジにもトースト機能を搭載しているモデルはあるが、ほぼ間違いなくおいしく焼くことができない。それは庫内容量が大きすぎて熱の無駄が多く、パンの中の水分が抜けてカラカラになってしまうためだ。

     逆に、焼けるとトーストが飛び出すポップアップトースターの人気が根強いのは、パンのすぐ近くにあるヒーターがパンの表面を素早く熱してくれるため、熱効率が良くて水分が失われないため、おいしく焼けるからだ。

     ブレッドオーブンは従来からあるトースターの形を根本から見直して設計された。上下に配置したホットプレートがパンを挟み込むだけでなく、しっかりとフタをして庫内を密閉し、庫内から熱や水分を逃がさないようにした。2枚焼きなども検討したが、トーストのおいしさを追求したことで1枚のみ焼ける仕様になった。

     ブレッドオーブンで焼いたトーストはまるで焼きたての食パンのような、「外はサクッと、中はしっとりふんわり」といった感じだ。三菱電機はそのコンセプトを「生トースト」と打ち出しており、外をカリカリに仕上げる他社のトースターとは違う仕上がりになっている。

     トーストを焼くだけでなく、具材をトッピングしたトッピングトースト、卵液に浸して焼くフレンチトーストなどもおいしく焼けるのが魅力となっている。筆者も実際に試食したが、それまでフレンチトーストは「パンの食感が残っていておいしくない」と思っていた筆者が、「スイーツにまで昇華した」と感じたほどに衝撃的なおいしさだった。
    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190720-00065989-gendaibiz-bus_all

    【3万円のトースターが売れる訳】の続きを読む

    このページのトップヘ