2019年06月

    1: ムヒタ ★ 2019/06/03(月) 06:16:54.09 ID:CAP_USER.net
    USENは3日、公共空間での無料Wi-Fi事業を始める。利用者は個人アカウントを作らずに使える利点がある。これまでWi-Fiがあまり普及していなかった全国の商店街や公園、駐車場などを対象に、今後2年で5万カ所への導入を目指す。2020年の東京五輪・パラリンピックなどを控え、高まるインバウンド(訪日外国人)の需要に対応する。

    「U-SPOT V6」の名称でサービスを始める。利用にはメールアドレスの…
    2019/6/3 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45590620S9A600C1TJC000/

    【USENが無料Wi-Fiサービス 訪日客需要に対応】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/05/24(金) 13:50:57.97 ID:CAP_USER.net
     サムスン電子の「Galaxy Fold」が発売延期になり、ファーウェイ(華為技術)の「Huawei Mate X」にも米国の禁輸措置が影を落とし、折りたたみスマートフォンの雲行きが怪しくなってきた。

     しかし、折りたたみ技術に関するアイデアはLGエレクトロニクスによる透過式ディスプレイ搭載デバイスの特許、Samsung Displayによるクルクル丸められるディスプレイの特許、サムスンによる2カ所で折れ曲がるスマートフォンのデザインパテント(意匠特許)など、盛んに提案されている。

     そんななか、Samsung Displayは箱形に折りたためるディスプレイを考案。米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間5月7日にデザインパテント「DISPLAY DEVICE」(特許番号「US D847,814 S」)として登録された。出願日は2017年9月28日。

     このデザインは、3カ所で折れ曲がる長方形の薄いディスプレイに関するもの。広げた状態だと一般的な平面ディスプレイだが、折り曲げると直方体状に変形する。平面ディスプレイとして全面に情報を表示し、直方体でも複数の面に表示ができる。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/05/23/a343b10afa0a3a5ca328f147d66b2e00/2019_05_23_sato_nobuhiko_015_image_02.jpg
    https://japan.cnet.com/storage/2019/05/23/5d97f4ceb4da414e1b6c0e238e721e58/2019_05_23_sato_nobuhiko_015_image_03.jpg

     ディスプレイの長辺部分には、「のりしろ」のような形状のものが飛び出している。のりしろ部分の表面には電極のようなものが描かれているものの、その機能は不明だ。

     なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。
    2019年05月24日 13時00分
    https://japan.cnet.com/article/35137379/

    【サムスン、箱形に折りたためるディスプレイでデザイン特許を取得】の続きを読む

    このページのトップヘ