2019年05月

    1: 田杉山脈 ★ 2019/05/07(火) 15:18:16.27 ID:CAP_USER.net
    マイクロソフトは米シアトルで開催中のイベント「Microsoft Build 2019」で、次期Microsoft Edgeの企業向け新機能としてInternete Explorer 11と同じ機能をMicrosoft Edge内で提供する「Internete Explorer mode」の搭載を発表しました。

    マイクロソフトは昨年12月に、WebブラウザであるMicrosoft Edgeのレンダリングエンジンをそれまで自社開発していたものからオープンソースで開発されているChromiumをベースにしたものへ切り替えると発表していました。

    今回の発表は、その次期Microsoft Edgeの新機能の1つとして明らかにされたものです。

    「Internet Explorer mode」は、あらかじめ設定された特定のWebサイトをMicrosoft Edgeが表示する際、自動的にInternet Explorer 11と互換のレンダリング機能によってWebサイトを表示するというもの。既存のInternet Explorer専用のWebサイトが残っている企業向けの機能だと説明されています。

    The new Internet Explorer mode solves these problems by seamlessly rendering legacy IE-only content in high fidelity inside of Microsoft Edge, without the need to open a separate browser or for the user to change any settings manually. Microsoft Edge uses your existing Enterprise Mode Site List to identify sites which require IE rendering and simply switches to Internet Explorer mode behind the scenes.

    この新しいInternet Explorerモードは既存のIE専用コンテンツを忠実にレンダリングする機能をシームレスに提供することで、いちいち新しく別のブラウザを起動したり、ユーザーが設定をマニュアルで変更するといった問題を解決します。Microsoft Edgeは既存のEnterprise Mode Site ListによってIEレンダリングが必要なサイトを特定し、ユーザーが見えないところでシンプルにInternete Explorerモードへ切り替えを行います。

    次期Microsoft Edgeには、そのほかにWebページ上の任意の画像やテキストをコピーして組み合わせられる「Collections」などの新機能が搭載されることもあわせて発表されました。
    https://www.publickey1.jp/blog/19/micrsoft_edgeinternet_explorer_modeie11microsoft_build_2019.html

    【次期Micrsoft Edgeに「Internet Explorer mode」搭載】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/23(火) 16:46:30.04 ID:CAP_USER.net
    ソニーは、同社製テレビ“4K BRAVIA”(ブラビア)新モデルを大量発表。本稿では、新4K衛星放送(BS 4K)チューナーおよび最新世代の映像プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載するハイエンド液晶モデル「X9500Gシリーズ」についてレポートする。

    「X9500Gシリーズ」は85型/75型/65型/55型/49型をラインナップし、6月8日に発売。85型「KJ-85X9500G」が70万円前後、75型「KJ-75X9500G」は55万円前後、65型「KJ-65X9500G」は33万円前後、55型「KJ-55X9500G」が23万円前後、49型「KJ-49X9500G」は18万円前後での実売が予想される。

    同時発表の有機ELモデル「A9Gシリーズ」などと同様に、地デジ/BS/110度CSチューナー2基に加えて、新たにBS/110度CS 4Kチューナーを2基搭載。4K放送を本機単体で受信できることに加え、裏番組録画も行える。なお各チューナーとも1基は視聴専用、1基が録画専用となる。また、HDR信号はHDR10/HLG/ドルビービジョンに対応している。なお、フラグシップ機として展開する2018年秋冬モデル“BRAVIA MASTER”「Z9Fシリーズ」は販売を継続する。

    映像プロセッサー「X1 Ultimate」は2018年モデルからさらに進化。新たに4K放送向けの処理アルゴリズムを向上させるなど、さらなる画質向上を図っている。

    2018年モデルからの進化点として特徴的なのが、まるで画面から音が出ているかのように音像を定位させるという新機能「Acoustic Multi-Audio」を搭載したこと。機体下部に配置したフルレンジスピーカーに加え、上部へ新たに「サウンドポジショニング トゥイーター」を配置して高音および音場の広がりを強化。これにより、音の定位感を向上させたという。なお、同機能は大画面モデルを想定した機能であることから、49型モデルには搭載していない。

    また、85型と75型モデルでは、フルレンジスピーカーにツインダクトのものを搭載。大画面に適した重低音を再生できるように配慮した。65型と55型はシングルダクトスピーカーとなる。

    そのほか音声面では、ドルビーアトモスにも後日のアップデートによって対応を予定。アップデートは2019年内の提供を予定している。

    また、85型と75型モデルでは、フルレンジスピーカーにツインダクトのものを搭載。大画面に適した重低音を再生できるように配慮した。65型と55型はシングルダクトスピーカーとなる。

    そのほか音声面では、ドルビーアトモスにも後日のアップデートによって対応を予定。アップデートは2019年内の提供を予定している。
    https://www.phileweb.com/news/photo/d-av/471/47188/bravia_x9500g_001_thumb.jpg
    https://www.phileweb.com/news/d-av/201904/23/47188.html

    【ソニー、ハイエンド4K液晶テレビ「ブラビア X9500G」。4Kチューナーや「X1 Ultimate」搭載】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/05/08(水) 06:19:18.03 ID:CAP_USER.net
     米Googleは5月7日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O」の基調講演で、新しいスマートディスプレイ「Net Hub Max」を発表した。今夏に米、英、オーストラリアで発売する。価格は229ドル(約2万5000円)。

     また、日本では未発売だった「Google Home Hub」の名称を「Nest Hub」に変更し、販売地域を日本を含む12カ国に拡大した。米国での販売価格は149ドルから20ドル引きの129ドルになる。

     Nest Hubは日本時間の8日午前4時に「Pixel 3a/3a XL」とともにGoogleストアに登場したが、まだ販売価格や発売日は不明だ。

     Nest Hub Maxのスペックは、ほぼうわさ通り。ディスプレイがNest Hubより大きい10インチで、スピーカーはステレオ、Google傘下のNestのホームカメラ「Nest Cam」を搭載する。

     Nest Cam同様にホームカメラとして機能する他、「Google Duo」でのビデオチャットもできる(相手はGoogle DuoをインストールしたスマートフォンでもPCでも可)。

     また、声を聞き分けるGoogleアシスタントの機能「ボイスマッチ」の顔認識版に当たる「フェイスマッチ」機能で、あらかじめ登録したユーザーの顔で相手を見分け、予定や勤務先への交通情報などを相手によって変える。

     さらに、ジェスチャーにも反応する。基調講演で披露された動画では、画面に向かって手の平を向けることで音楽のボリュームをオフにする方法が紹介された。

     GoogleはGoogle Home Hubの発表時、このデバイスにカメラをつけなかった理由としてプライバシーを尊重するからと説明していた。Nest Hub Maxのカメラとマイクは背面の物理的なスイッチで簡単に無効にできるようになっている。

     また、ユーザーが有効にしない限りカメラによるストリーミングおよびその保存はされず、ストリーミング中は前面に緑の光が点灯する。

     なお、Google Home HubをNest Hubに改名したのは、Home製品をNestブランドにまとめる流れの一環だとリック・オステルロー上級副社長は説明した。「われわれの家庭向け製品は連携しているので、これは自然なステップだ」という。今のところスマートスピーカーの「Google Home」の名前はそのままだ。
    2019年05月08日 04時58分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/08/news057.html

    【「Nest Hub Max」発表 「Nest Hub」(旧Home Hub)は日本でも発売】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/25(木) 12:39:51.53 ID:CAP_USER.net
    サーフィン中に手首からするりと外れてなくなってしまったApple Watchが、6カ月後に無事動く状態で発見されたことが報じられています。

    Apple Watch Lost at Sea Washes Up 6 Months Later and It Still Works | KTLA
    https://ktla.com/2019/04/24/lost-apple-watch-ocean-still-works-6-months-later/

    ロサンゼルスを中心とした地方ニュースを扱うKTLAによると、Apple Watchをなくしたのはサーファーのロバート・ベインターさん。ベインターさんは、サーフィンの名所として知られるハンティントンビーチでいつもApple Watchを使い速度の計測などを行っていたとのこと。

    ニュース映像には、実際にベインターさんがApple Watchで取ったログがどういったものなのかも登場しています。

    半年前、いつものようにApple Watchをつけてサーフィンをしていたベインターさんは、大波を越えたあとにApple Watchがなくなっていることに気付いたそうです。現地で1時間ほど探し回ったものの見つからず、ベインターさんは「iPhoneを探す」アプリでApple Watchの「紛失モード」をオンにしました。紛失モードになると、端末はロックされて操作できなくなり、ロック画面には拾った人向けのメッセージと連絡先を表示することができます。

    ベインターさんはその後、半年にわたりビーチを訪れるたびにApple Watchを探しましたが、まったく見つけることができませんでした。ところが、「海岸で貝殻を探していた」という男性がApple Watchを発見し、紛失モードの画面を見てベインターさんに連絡。無事、Apple Watchはベインターさんの手元に戻ってきました。この男性がApple Watchを見つけたのは、ベインターさんが紛失した場所よりも北に3マイル(約4.8km)離れていたそうです。

    すでに新しいApple Watchを購入済みだったベインターさんは、帰ってきたApple Watchがディスプレイこそ多少濁りがあったものの、問題なく動作する状態だったことに驚いたとのことです。
    海でなくしたApple Watchが半年後に動く状態で見つかる - GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20190425-apple-watch-lost/

    【海でなくしたApple Watchが半年後に動く状態で見つかる】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/08(水) 13:08:25.51 ID:CAP_USER.net
     NTTドコモは、2019年の夏モデル・新サービスの発表会を5月16日木曜日に開催する。開始時間は12時から。

     ドコモが開催する「2019夏 新サービス・新商品発表会」の模様は、YouTube、Twitter、Facebookでそれぞれ生配信されるほか、アーカイブ配信も予定されている。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1183/290/dcm19_o.jpg

    関連リンク
    「2019夏 新サービス・新商品発表会」告知ページ
    https://www.nttdocomo.co.jp/product/promotion/19_docomo_collection/

    2019年5月8日 12:56
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1183290.html

    【ドコモ、「2019夏 新サービス・新商品発表会」5月16日開催】の続きを読む

    このページのトップヘ