2019年03月

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/19(火) 15:57:58.52 ID:CAP_USER.net
    NECは、深層学習を使用して声認証の速度と精度を向上させ、5秒の発話で約95%の精度の認証が可能になったと発表した。

     東京工業大学 情報理工学院 篠田浩一教授と共同で研究開発が行なわれている技術で、特定のフレーズに依存せず自然会話によって認証する「テキスト独立方式」の声認証。深層学習と学習データの拡張により、認証に必要な発話時間が従来の半分となる5秒に短縮され、人でも聞き分けることが難しい環境下でも約95%の認識率を実現したという。

     今回開発された手法は、音声全体を検索し特徴量を抽出する「特徴抽出ネットワーク」と、話し方やイントネーションなどといった特有の音声パターンを抽出し重みづけする「注意ネットワーク」の2つから構成される「特徴抽出ロジック」を用いて認証を行なうもの。特徴抽出ロジックは、多重構造のニューラルネットワークに数千人規模の音声サンプルを与えて学習させることで形成され、情報量の少ない短時間の音声データからでも効率的な特徴抽出を可能にする。

     また、音声データにノイズや改変を加えることで別のデータを作り上げる独自の「データ拡張技術」を活用し、学習データを拡張。背景ノイズが目立つ音声や、複数の声が混じる音声、声を改変して別の人物をシミュレートした音声などを生成できるもので、より多くのサンプルデータを集めることが可能。話者数としては約5倍、学習データ量としては約20倍にまでデータを拡張し、学習の強化と誤認識率の低減を図っている。

    2020年の実用化を目指しており、コールセンターなどでの本人確認手続きの効率化や、ほかの生体認証との併用によるEコマースなどでの決済手続きの利便性向上、音声鑑定といった犯罪捜査支援などへの応用を見込んでいるという。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1170/409/02_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1170409.html

    【NEC、なんでも5秒話せば声認証できる技術】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/02/22(金) 14:22:42.76 ID:CAP_USER.net
    SB C&Sは2月22日、スマート南京錠「Tapplock one+」(タップロックワンプラス)を、「SoftBank SELECTION オンラインショップ」や一部量販店、Amazon、+Styleで発売開始した。
    Tapplock one+ (タップロックワン プラス) 指紋認証 南京錠 スマートキー スマートロック通販|ソフトバンクセレクション
    https://www.softbankselection.jp/cart/ProductDetail.aspx?sku=4580549350041
    前モデルに比べて防水・防塵性能がIP66からIP67にアップし、粉塵が内部に侵入せず、一定の水圧の環境下でも浸水して有害な影響を受けない防浸仕様となった。

    https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2019/02/d22656-185-874798-0.png

    同製品は、事前に指紋を登録しておけばiPhoneのTouch IDのように手軽に解錠できるスマートロック。指紋認証のほか、専用スマホアプリによるBluetooth経由、本体下部のボタンをモールス信号のパターンで押すことでもロック解除が可能だ。指紋の登録は最大500件なので、会社などで複数人で運用することもできる。

    https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2019/02/d22656-185-843668-1.png

    本体サイズは、幅56×奥行き34×高さ87mmで、重さは約260g。内蔵バッテリーで駆動する。バッテリーをフル充電するには2時間かかるが、連続使用可能期間は約1年(約3500回の解錠)。

    Tapplock one+は、2016年設立でカナダ・トロントを拠点とするTapplock(タップロック)の製品。前モデルの「Tapplock one」は、2016年に「Indiegogo」でのクラウドファンディングで3600万円超の資金を集め、「CES2018 Innovation Award」も受賞している。

    2019年2月22日12時03分
    TechCrunch Japan
    https://jp.techcrunch.com/2019/02/22/tapplock-one/

    【指紋で解錠できる防水仕様のスマート南京錠「Tapplock one+」【13,800円(税込)】】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/02/27(水) 14:52:59.59 ID:CAP_USER.net
     ダイソンは2月27日、ロボット掃除機の新製品「Dyson 360 Heurist」(ダイソン スリーシックスティー ヒューリスト)を発表した。処理能力やメモリ容量を拡大し、室内のマップを保存して「部屋に適応していく」というロボット掃除機。直販サイトは同日より、家電量販店では3月19日から順次販売する。直販価格は11万8800円(税込)。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1902/27/ts153201_dyson01.jpg

     同社のコードレスクリーナーなどにも採用されている「Radial Root Cycloneテクノロジー」は吸引力を20%向上。光学カメラで撮影した画像から特徴点を抽出し、マップを作成する「SLAMビジョンシステム」は従来機から継承し、現在位置や掃除していない場所を常に把握して効率良く掃除する。

     障害物や壁面、段差などを検知する4つのセンサーを一新した他、1.4GHzのクアッドコアCPUに従来機の8倍のメモリ、32倍のストレージ(長期メモリ)を搭載。「20倍のデータを扱うことが可能になった」(ダイソン)という。これにより掃除をしながら部屋のマップを記録し、適宜更新して部屋に適応する「ヒューリスティックラーニング」が可能に。掃除開始時には現在位置を認識し、メモリ内の該当するマップを自動選択する。

     英Dysonの創立者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏は、「ロボット掃除機に取り組み始めた1998年当初から、われわれはガジェットではなく、しっかりとごみを床から取り除くロボット掃除機の実現を目指していた。新製品はインテリジェントな性能とダイソンの特許技術が融合することで、他のロボット掃除機を上回る吸引力を実現した、最適なロボット掃除機だ」としている。

     本体サイズは230(幅)×240(奥行き)×120(高さ)ミリ。重量は2.51キログラム。内蔵のリチウムイオンバッテリーで最大で連続約75分(静音モード時)の掃除が行える。
    2019年02月27日 12時27分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/27/news073.html

    【ダイソン、部屋の間取りを記憶するロボット掃除機「Dyson 360 Heurist」】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/02/27(水) 14:13:50.40 ID:CAP_USER.net
    (記事内の画像は恐らくブラウザを通さないと見られません、ご容赦)
    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2019-02/ca3d9f50-3a33-11e9-97fd-3ab4c12cd054
    経営再建中のジャパンディスプレイが、アスペクト比48:9という超横長32インチ車載液晶ディスプレイを本格的に展開することを発表しました。フランスの自動車部品メーカー・フォルシアとともに、自動車メーカーに向けた共同プロモーションを実施します。

    米国ラスベガスで1月に開催されたCES 2019では、自動車メーカー各社がダッシュボードいっぱいに広がる超横長ディスプレイを搭載したコンセプト車を出展。自動運転技術の進歩によって「車内でどう過ごすか」が課題となるなか、その解決策として娯楽などに活用できる大画面モニタの搭載が(コンセプトカー界隈では)トレンドとなっています。

    ジャパンディスプレイの超横長液晶もその流れに沿うもの。有機ELシフトが進み、販売が落ち込むスマホ向け液晶に代わる"新たな売れ筋"として期待されている車載向け液晶ですが、売り上げが思うように伸びていない現状があります。そこで、超横長のような新基軸を打ち出すことで、車載向けディスプレイの需要喚起を図る狙いもありそうです。

    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2019-01/fa57d800-122d-11e9-bf4b-fdda68e47bdd
    ▲中国のEVメーカー「BYTON」が展示したEVにも超横長ディスプレイ

    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2019-02/9cbc2180-3a3a-11e9-ba90-6a6366d0e7ee
    ▲韓国の自動車大手ヒュンダイは、窓ガラスをもディスプレイ化した自動運転車のコンセプトを披露している

    関連ページ
    ニュース&イベント : ニュースリリース | フォルシアと車載コクピット向けディスプレイで覚書を締結
    https://www.j-display.com/news/2019/20190226.html
    https://www.j-display.com/news/2019/img/20190226.png

    2月27日13時50分
    Engadget 日本版
    https://japanese.engadget.com/2019/02/26/48-9/

    【ジャパンディスプレイ、48:9の超横長液晶を本格展開 クルマ向け】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/27(水) 22:35:51.87 ID:CAP_USER.net
    株式会社ケイ・オプティコムは、通信速度上り/下り最大10Gbpsの「eo光ネット 10ギガコース」と、同5Gbpsの「eo光ネット 5ギガコース」を4月1日より提供する。先行受付は3月1日より開始する。

     下り10Gbpsのサービスとしては、ソニーネットワークコミュニケーションズが「NURO 光 10G」を関西圏の一部地域で2018年1月より提供している(上りは2.5Gbps)が、上り下りとも10Gbpsのインターネット接続サービス提供は関西圏で初。提供エリアは大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県の一部エリアで、順次拡大予定とのこと。

    月額料金(税別)は、10ギガコースが1年目6432円、2年目6384円、3年目以降6337円で、5ギガコースではそれぞれ518円安い。

     サービス提供とあわせて、10ギガ/5ギガコース加入者の月額料金から400円を2年間割り引く「高速割」と、2019年9月30日までに利用を開始した場合に、光ネット商品券1万5000円分(従来は1万円)を進呈する「商品券増額キャンペーン」も実施される。

     また、従来から提供している、加入時に2年間の利用を条件に申し込むと月額料金が2年間95円引きとなる「即割」、月額料金から最大1年間2000円を割り引く「eo暮らしスタート割」の各キャンペーンも、あわせて適用可能。これにより10ギガコースの月額料金は1年目で3937円となる。

    10GBASE-Tの有線LANと、IEEE 802.11axのドラフト規格の無線LANに対応するルーターも提供する。11ax接続時の最大通信速度は2.4Gbpsで、IEEE 802.11ac/n/a/g/bにも対応する。また、10G/5G/2.5GBASE-Tのマルチギガ対応WAN×1、同LAN×1、ギガビット対応LAN×3の各ポートと、電話用の6ピンモジュラージャック(RJ-11)×2を備える。

     料金は、有線ルーター機能のみ利用する場合は無料。無線ルーター機能利用時の料金は月額96円。ただし、3月中に申し込むと月額利用料が12カ月間0円となるキャンペーンも実施される。
    https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1172013.html

    【上り/下り最大10Gbpsの「eo光ネット 10ギガコース」、ケイ・オプティコムが4月1日提供開始】の続きを読む

    このページのトップヘ