2019年03月

    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/23(土) 19:11:41.02 ID:CAP_USER.net
    AppleはiPhone 8/8 Plus/Xから端末背面をガラス製にしてワイヤレス充電に対応しています。iPhoneのワイヤレス充電機能が2019年登場の「iPhone 11(仮称)」ではさらに進化し、Apple WatchやAirPodsといったワイヤレス充電対応端末に給電できるように進化するのでは、とApple関連の信頼できる情報を多く発信しているアナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。

    Macお宝鑑定団 blogおよび海外のApple関連メディア9to5Macが、TF International Securitiesのアナリストであるクオ氏が2019年2月に公開してApple製品のロードマップ予測レポートの中で、「次期iPhoneはすべてのモデルがすりガラス製のケースを採用することで、バッテリー容量の増加および他デバイスへのワイヤレス給電機能である『ウルトラワイドバンド(UWB)』に対応し、さらに屋内でも正確なナビゲーション機能が利用可能になる」と予測していると報じています。

    レポートの中で記されているUWBは、SamsungのGalaxy S10が採用している「Wireless PowerShare」のような機能で、ワイヤレスで相互充電が可能になります。これまでのワイヤレス充電に対応した既存のiPhoneは、充電のみ可能でしたが、次期iPhoneでは給電機能にも対応すると予測されているわけです。
    https://i.gzn.jp/img/2019/03/23/iphone-11-wirelessly-charge-apple-watch/s02_m.jpg

    また、Macお宝鑑定団 blogが独自に中国サプライヤーから入手した情報によると、次期iPhoneはGalaxy S10と同じWireless PowerShareに対応するとのことで、iPhoneからApple Watchや新しいAirPodsが充電できるようになる可能性が示唆されています。

    9to5Macによると、クオ氏はSamsungのGalaxy S10がWireless PowerShareに対応すると予測し、見事的中させているだけでなく、2019年に登場する新型iPhoneがWireless PowerShareのような双方向充電に対応すると最初に予測した人物でもあるとのこと。

    同時に、次期iPhoneでは引き続きLightningコネクタが採用されるものの、充電ケーブルはUSB-C to Lightningケーブルに変わり、付属する電源アダプターもApple 18W USB-C電源アダプタに変わる可能性が示唆されています。これによりiPhoneはLightning接続のままUSB Power Deliveryでの急速充電が可能となります。
    https://gigazine.net/news/20190323-iphone-11-wirelessly-charge-apple-watch/

    【次期iPhoneではiPhoneからApple WatchやAirPodsをワイヤレス充電可能になる可能性】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/26(火) 14:39:14.68 ID:CAP_USER.net
    https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2019/03/2019-03-26-apple-screen-shot-2019-03-25-at-1.02.50-pm.png
    先週はApple(アップル)からiPad、iMac、AirPodなど新しいハードウェアが続けざまに登場した。しかしAppleにはさらに発表すべきプロダクトがあった。

    米国時間3月25日、Apple本社のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催された2時間のプレスイベントで、同社は多数のサービス、アプリを披露した。特に力を入れていたのがメディアのサブスクリプションサービスだ。生中継を見逃した人のために、イベントのハイライトをまとめたので参考にしていただきたい。

    https://i1.wp.com/techcrunch.com/wp-content/uploads/2019/03/Screen-Shot-2019-03-25-at-2.38.24-PM.png

    AppleTV+
    アップルがストリーミングサービスのAppleTV+を披露、スピルバーグも登壇 | TechCrunch Japan
    https://jp.techcrunch.com/2019/03/26/2019-03-25-apple-tv-plus-launch/
    Appleは広告なしのサブスクリプションによるビデオサービスを開発中だ。オリジナルコンテンツの製作には、オプラ・ウィンフリーからスティーブン・スピルバーグ、J.J.エイブラムス、ジェニファー・アニストン、リーズ・ウィザースプーン、ジェイソン・モモア、クマイル・ナンジアニ、オクタビア・スペンサー、ロン・ハワード、M. ナイト・シャマラン、ソフィア・コッポラ、 デイミアン・チャゼルまで大勢のセレブが参加している。

    新しいApple TVアプリではHBO、Showtime、Stars、CBS All Accessなど他社のストリーミングも簡単にサブスクリプションできる。新しいApple TVはiOS、macOSをサポートするが、各種スマートTVにも拡張される予定だ(サムスンが最初で、ソニー、LG、Vizioなどが続く)。Roku、Amazon Fire TVなどのハードでも利用できるようになる。料金などの詳細はイベントでは明らかにされなかった。

    https://i0.wp.com/techcrunch.com/wp-content/uploads/2019/03/Screen-Shot-2019-03-25-at-1.19.38-PM.png

    Apple News+
    Apple unveils its $9.99 per month news subscription service, Apple News+ – TechCrunch(英文)
    https://techcrunch.com/2019/03/25/apple-unveils-its-9-99-per-month-news-subscription-service-apple-news/
    Apple Newsもリニューアルされた。これにはApple News+と呼ばれるサブスクリプションサービスが含まれる。当面は北米対象で利用料金は月額9.99ドルだ。ユーザーは300種類以上のニュースメディアの記事(過去記事も含む)にアクセスできる。People、Vogue、Wall Street Journal、Rolling Stone、Wiredのデジタル版のサブスクリプションもできる。TechCrunchの有料デジタル版ニュース、Extra Crunch!の購読もどうぞ。
    Extra Crunch | TechCrunch(英文)
    https://techcrunch.com/extracrunch

    >>2 へ続く

    2019年3月26日10時30分
    TechCrunch Japan
    https://jp.techcrunch.com/2019/03/26/2019-03-25-heres-everything-apple-announced-today/

    【アップルイベントで発表されたサービスをまとめてみた】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/26(火) 13:04:58.61 ID:CAP_USER.net
    https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2019/03/20190325napplecard.jpg
    Apple(アップル)は独自のクレジットカード「Apple Card」を発表した。これは、クレジットカード詐欺をより難しくすることだろう。

    Apple CardはiPhoneのウォレットアプリに内蔵され、通常のクレジットカードとは異なり、数々のセキュリティとプライバシー関連の機能を内蔵している。たとえば、顧客がどこで買い物をしたか、何を買ったか、いくら支払ったかという情報は企業に提供されないのだ。

    さらに、毎回自動生成されるセキュリティコード(CVV)のおかげで、クレジットカード詐欺での悪用がほぼ不可能となっている。これは、クローンやスキミングに悩まされる従来のクレジットカードとの大きな違いだ。

    このように毎回変化するセキュリティコードというアイデアは、数年前にMotion Codeが実現した。
    This breakthrough number-changing credit card may help eliminate fraud | ZDNet(英文)
    https://www.zdnet.com/article/this-number-changing-credit-card-may-help-eliminate-fraud/
    また、指紋のような生体認証システムをカードに内蔵させるという取り組みも存在する。しかし問題は、クレジットカード詐欺の大部分を占めるオンライン上での取り引きだ。

    Apple Cardでは、Touch IDやFace IDといった生体認証機能で守られた、変化するセキュリティコードを持つバーチャルクレジットカードを実現した。さらに実際のチタン製のカードに、カードナンバーは存在しない。もし誰かがApple Cardを悪用しようとすれば、スマートフォンと持ち主の顔や指を盗む必要があるだろう。

    また、ヘルスケアや家計、生体認証データと同じく、銀行口座やクレジットカード情報は安全なスマートフォンのセキュリティチップに保存される。

    Apple Cardは今夏に米国にて提供予定。その他の地域でのリリース時期については発表されなかった。

    [原文へ]
    https://techcrunch.com/2019/03/25/apple-credit-card-fraud/

    2019年3月26日05時30分
    TechCrunch Japan
    https://jp.techcrunch.com/2019/03/26/2019-03-25-apple-credit-card-fraud/

    【Apple Cardはクレジットカード詐欺をずっと難しくする】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/03/12(火) 09:09:57.27 ID:CAP_USER.net
     2019年3月12日、World Wide Web(WWW)が30周年を迎えた。Googleは検索ページに記念ロゴ(Doodle)を掲示。フロッピーディスクスロット付きのブラウン管ディスプレイのPCが電話線でつながり、地球の画像を表示しているロゴで、WWW30周年を祝っている。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1903/12/yx_www.jpg

     30年前の1989年3月12日は、ティム・バーナーズ・リー氏が欧州原子核研究機構(CERN)に、現在のWebの基本構想をまとめた「Information Management:A Proposal」を提出した日。URI(URLやURN)やHTTP、HTMLなど現在も使われているWebの根幹技術も、彼によって構築されたものだ。

     CERNは30周年を記念したイベントを開催予定。イベントの様子はYouTubeでライブ中継される。
    2019年03月12日 07時28分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/12/news062.html

    【WWW誕生から30周年 Googleもロゴで祝福】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★[黙祷] 2019/03/11(月) 14:46:08.30 ID:CAP_USER.net
    iPhone XSおよびiPhone XS Maxで、画面表示が少しおかしくなる症状がユーザーから報告されています。

    これは約10秒間、何も操作しなかった後、わずかに画面切り替えのアニメーションが途切れるというもの。主に画面に触れない時間が10秒以上続いた後に、画面下を上にスワイプしてホーム画面に戻る操作をしたときに確認されています。
    アップル関連情報サイト9to5Macは、この問題を数ヶ月前から追跡し、最新のiOS 12.2ベータ版でも解消していないと伝えています。

    本症状は、2018年9月のiPhone XS発売当初からアップル公式サポートフォーラムに苦情が寄せられていました。
    iPhone Xs animation and scrolling stutter - Apple Community(英文)
    https://discussions.apple.com/thread/8565789?page=37
    多くの人達に広く訴えるために、専用のFacebookページを開設した人まで存在しています。
    iPhone XS animation and scrolling stutter | Facebook
    https://www.facebook.com/xsstutter/

    ユーザーの中には、アップルストアに展示されたiPhone XSでも確認したとの報告もあります。また店頭で実証してみせて保証期間内の無償交換をしてもらったものの、新品でも同じ症状が再現した人もいたとのことです。

    9to5読者が公開したデモ動画では、スワイプ操作への反応が少し遅れ、アニメーションが2~3フレーム落ちして若干カクカクする挙動が確認できます。
    iPhone XS Max Animation Stutter Demo - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=CJJa6qotycU



    この症状はiPhone Xでは起こらず、常に正しくレンダリングされているとのことです。さらにユーザーがiPhoneを休みなく使っている最中もナシ。約10秒の空き時間の後に使うと最初はユーザーの指の動きから遅れを取り、その後に急いで追いつく動きを示しているわけです。

    そうした状況証拠から、9to5Macは(iPhone XSとiPhone XS Maxに搭載された)A12チップが低消費電力モードから通常モードに移行する際に動作がもたついているのではないか、と推測しています。

    本症状はiOS 12から最新のiOS 12.2ベータ版まで一貫して続いているものの、FaceTimeアプリを無効にする、Assistive Touchを有効にするなど様々な方法で回避できたとのユーザー報告も寄せられています。
    iPhone、iPad、iPod touch で AssistiveTouch を使う - Apple サポート
    https://support.apple.com/ja-jp/HT202658

    さらにiPhone XS等と同じA12チップを搭載しているiPhone XRには同様の問題が確認されていないため、A12のハードウェア的な問題ではなく、iOSのソフトウェアアップデートにより解決する可能性があります。

    日常の使用に支障をきたすほどの不具合ではありませんが、気になる人はアップルの公式対応を待つと良さそうです。

    英文ソース 9to5mac
    https://9to5mac.com/2019/03/08/iphone-xs-animation-stutters/

    3月11日14時
    Engadget 日本版
    https://japanese.engadget.com/2019/03/11/iphone-xs-xs-max-10-ios/

    【iPhone XS/XS Maxに10秒間以上操作しないと画面がカクカクする症状が報告。いずれiOSアップデートで修正?】の続きを読む

    このページのトップヘ