2019年02月

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/24(木) 20:33:38.86 ID:CAP_USER.net
    日立アプライアンスは24日、無線LANでインターネットにつながる冷蔵庫を3月中旬に発売すると発表した。スマートフォン(スマホ)を使い、外出先から庫内の温度を調節できるなどの機能がある。急な来客が決まった際に外出先から庫内を急速冷却するなどの使い方を想定している。

    専用アプリで食材の管理や温度設定も可能。食材を写真で撮影すれば自動で購入日や保存日数を一覧で記録できる。

    ドアの閉め忘れや冷蔵庫の稼働状況をスマホに通知する機能もある。スマホから手入れ方法などのサポート情報を確認することも可能。価格は税別で43万円前後。

    日立アプライアンスは自社の家電へのIoTやAI(人工知能)の搭載を進めている。事業戦略統括本部商品戦略本部国内商品企画部の玉川博康部長は「今後は(冷蔵庫の)AIスピーカーとの連携など機能の強化も検討している」と話した。

    家電製品を通じて様々な利用データを集め、アフターサービスの強化や製品開発につなげる狙いだ。洗濯機やロボット掃除機などにもネット接続の機能を持たせている。

    ソースに動画あり
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40424650U9A120C1X12000/

    【日立子会社、スマホで温度調節できる冷蔵庫を発売】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/17(木) 20:17:30.39 ID:CAP_USER.net
    ニコンは1月17日、35倍ズームレンズを搭載する薄型タイプの「COOLPIX A1000」、60倍ズームレンズを搭載するグリップタイプの「COOLPIX B600」を海外で発表した。日本のニコンWebサイトには掲載されておらず、発売時期や価格に関する情報もまだない。

    COOLPIX A1000は、薄型タイプのボディにEVFとタッチ操作対応のチルト式モニターを搭載。35mm判換算24-840mm相当の35倍ズームレンズを備え、鏡筒部にズームレバーと一時的にワイド側へズームアウトするスナップバックズームボタンがある。

    COOLPIX B600は、35mm判換算24-1,440mm相当の60倍ズームレンズを搭載する高倍率モデル。鏡筒側面にズームレバーとスナップバックズームボタンを備えている。バッテリーとメモリーカードを含む本体重量は約500g。

    どちらも撮像素子は1/2.3型・有効1,600万画素の裏面照射型CMOS。最高感度はISO 6400。静止画のRAW記録や、4K動画撮影に対応する。「SnapBridge」アプリを通じたスマートフォン連携機能も利用可能。
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1165/146/24_l.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1165146.html

    【ニコン、EVF内蔵の35倍ズームコンパクト「COOLPIX A1000」海外発表】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/25(金) 12:52:06.04 ID:CAP_USER.net
     英国の企業グループによるドローン開発プロジェクト「Project RACHEL」は、燃料電池を電源にすることで長時間飛行が可能になったドローンの試験飛行を実施した。5kgの荷物を搭載させた状態で、70分間の連続飛行を成功させた。
    Project | The Hydrogen Drone(英文)
    https://thehydrogendrone.com/
    Hydrogen multi-rotor UAV with 5kg payload achieves FIRST EVER hour-long test flight - Productiv Group(英文)
    http://www.productivgroup.com/hydrogen-multi-rotor-uav-with-5kg-payload-achieves-first-ever-hour-long-test-flight/
    https://japan.cnet.com/storage/2019/01/24/9ba36fbcce5dd10c837cbd81b220a9d7/2019_01_24_sato_nobuhiko_021_image_01.jpg
    赤いタンクから水素を供給(出典:Intelligent Energy公式Twitterアカウント)

     Project RACHELは、技術系企業に対する資金および技術支援を手がけているProductiv、ドローンサービス企業のBATCAM、燃料電池を開発しているIntelligent Energyによるプロジェクト。水素で発電する燃料電池を利用し、再充電などせず長い時間飛び続けられるドローンの開発に取り組んでいる。

     BATCAMが使用しているドローンは、リチウムポリマー電池を電源にしており、飛行させて業務に使用可能な時間は12分程度しかないという。今回開発した燃料電池ドローンは、容量6リットルのタンクに圧力300barで入れた水素を燃料に使い、5kgの荷物を載せ、連続で70分間飛行した。ちなみに、使用したドローンの最大離陸重量(MTOW)は20kg程度。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/01/24/d201d83c3eb09e41aac66bd7c97c5d62/2019_01_24_sato_nobuhiko_021_image_02.jpg
    タンクの容量は6リットル(出典:Productiv)

     今後Project RACHELは、2019年の早い時期に実際の使用環境で試験運用を実施し、開発を完了させる計画。実用化できれば、鉱業や農業、各種調査、報道、監視、災害対応などさまざまな分野での活用が考えられるとしている。

    Fuel cell footage V2 on Vimeo
    https://vimeo.com/303052756
    燃料電池ドローンの紹介ビデオ(出典:BATCAM/Vimeo)

    2019年01月25日 12時33分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35131749/

    【水素で飛ぶ燃料電池ドローン、5kg積んで連続70分飛行--英国で開発】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/23(水) 14:46:30.72 ID:CAP_USER.net
     パナソニックは1月23日、手持ちの家電を音声操作できる、Googleアシスタント搭載ワイヤレススピーカーシステム「コエリモ」を2月下旬に発売すると発表した。赤外線リモコン信号送信機を内蔵しており、テレビやエアコンなど赤外線リモコンに対応した家電を、簡単な設定で音声操作できる。オープン価格で、実売予想価格は2万5000円前後(税別)。

    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1901/23/l_yx_pana_01.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1901/23/l_yx_pana_02.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1901/23/l_yx_pana_03.jpg

     スマートフォンアプリで機器を登録すれば、テレビのチャンネルを変えたり、エアコンの温度を調節したり、LED照明の電源のオンオフなどが音声だけで可能に。8台までの機器を登録することができ、「OK Google、全部消して」と話しかけると登録機種の電源をすべてオフにすることも可能だ。

     テレビ(パナソニック、ソニー、シャープ、東芝)、エアコン(パナソニック、コロナ、ダイキン、日立、三菱電機)と、パナソニックのLED照明に対応。対象機種はWebサイトで確認できる。

     同社のシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」に対応。Bluetoothで連携し、「電気を昼光色にして」と話しかけて明かりの色を変えたり、「くつろぎを開始して」と話しかけると明かりを落としてジャズ音楽を流すなど、シーンに応じた調光や音楽再生ができる。

     コエリモのサイズは100(幅)×54(高さ)×100(厚さ)ミリ、重さは約370グラム。

    関連リンク
    ニュースリリース
    https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/01/jn190123-1/jn190123-1.html

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    2019年01月23日 13時31分 公開
    ITmedia NEWS
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/23/news101.html

    【テレビやエアコン、声で操作 Googleアシスタント搭載スピーカー「コエリモ」パナソニックから】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/29(火) 13:58:59.21 ID:CAP_USER.net
     KDDIは1月29日、この翌日となる1月30日からアップルの音楽聴き放題サービス「Apple Music」を6カ月間無料(通常は月額980円)で提供することを発表した。iPhoneやiPad、Apple Watch、Android端末などで、約5000万曲の楽曲を楽しめる。なお、国内キャリアでは初の取り組みになるという。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/01/29/892019ff2161413fcdaa9027bc56f213/190129_au_01.jpg
    音楽聴き放題サービス「Apple Music」が6カ月間無料に

     ユーザーは、auの4G LTEスマートフォンの新規契約または機種変更と同時に、Apple Musicに申し込むことで、6カ月間無料で利用できる。2018年12月1日~2019年1月29日の購入者も対象になるという。

     また両社のシステム連携により、SMSのリンクをタップして4桁コードを入力後、Apple IDを登録することですぐに利用できるほか、iPhoneユーザーはミュージックアプリを立ち上げてApple IDを入力するだけで6カ月無料が適用されるという。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/01/29/fa0907eff3c69865ae2b0baf5385d54d/190129_au_03.jpg
    両社のシステム連携により、すぐに使えるように

     同社ではこれにあわせて、「Beats」のヘッドホンやイヤホンをauオンラインショップで購入した場合に、販売価格から20~25%を割引くキャンペーンを、1月30日~3月31日まで実施することを発表。また、6カ月間無料特典が適用されたユーザーの中から、抽選で人気ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」出演のスペシャルフリーライブに招待することを明らかにした。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/01/29/0ab02739d91067e6fd40ee93f917313a/190129_au_02.jpg
    ヤバイTシャツ屋さんのドラマーもりもりもとさんが、中川大志さんにドラムをレクチャーする一幕も

     同日の記者発表会では、KDDI コンシューママーケティング1部長の松田浩路氏が登壇。同社が目標に掲げている「通信とライフデザインの融合によってワクワクを提案し続ける会社」の実現に向けた取り組みの第1弾として、2018年に動画見放題サービス「Netflix」とのセット料金プランを打ち出しているが、今回のApple Musicの無料提供は、それに続くものだと説明した。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/01/29/151b1a5748371f0f878d1ce2b8854505/190129_au_04.jpg
    左から、Apple Music代表の服部浩氏、KDDIの松田部長

    2019年01月29日 13時47分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35131946/

    【KDDI、「Apple Music」を半年間無料に--国内キャリアで初めて【Android端末も対象】】の続きを読む

    このページのトップヘ