2018年11月

    1: ムヒタ ★ 2018/11/19(月) 13:19:00.41 ID:CAP_USER.net
     ソフトバンクロボティクスは11月19日、オフィスや業務フロア向けの清掃ロボット「Whiz」(ウィズ)を発表した。月額2万5000円(税別、5年間)のレンタルプランで来年3月以降に提供を始める。人型ロボット「Pepper」に続く、同社の2種類目のロボットだ。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1811/19/kf_sbr_01.jpg

     主にカーペットなどの床の清掃を目的とした自律走行ロボット。最初に人間が手押しで清掃エリアの地図データを作成・記憶させる。一度清掃ルートを記憶すると、後はスタートボタンを押すだけで記憶した地図データを基に清掃ルートを自律走行する。スピードは時速2.5キロほど。

     清掃ルート上に障害物があっても、Whizに搭載する複数のセンサー、カメラが検知して回避する。1回の充電で約3時間稼働でき、約1500平方メートルを清掃できるという。清掃状況はクラウド上で管理。スマートフォンで「バッテリー残量が少ない」「ルート上に障害物があるために掃除できない場所があった」といった情報を確認できるようにする。

     ソフトバンク・ビジョン・ファンドが出資しているAI(人工知能)ベンチャーのBrain Corporation(米国サンディエゴ)と共同開発した。
    2018年11月19日 11時40分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/19/news071.html

    【ソフトバンク、Pepperに次ぐ「Whiz」発表 自律走行する清掃ロボット】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/19(月) 18:51:35.25 ID:CAP_USER.net
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1154/053/01_l.jpg
    auは、4G LTEケータイ「INFOBAR xv」を11月29日に発売する。auオンラインショップでの価格は5万1840円。

    「INFOBAR xv」は、かつての名機「INFOBAR」シリーズを現代の技術で甦らせた4G LTEケータイ。今回、発売日が正式に決まった。
     発売日が決まったことを受けて、プロダクトデザインを担当した深澤直人氏は「デザインも自然の流れに沿って、必然的に生まれてくるもの。INFOBARも必然的な進化の先を読んでデザインしたから15年もの激しい変化の中で生き残ってこれたのだと思う。この先もINFOBARは不滅です」とコメントしている。

     ディスプレイは約3.1インチ、800×480ドット(WVGA)のTFTカラー液晶ディスプレイ。メインカメラは約800万画素。インカメラは非搭載。メモリー(RAM)は1GB、ストレージ(ROM)は8GB。外部メモリーは最大32GBまでのmicroSDHCカードに対応する。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1154053.html

    【auの「INFOBAR xv」が29日発売、5万1840円】の続きを読む

    1: たそ女臣委員長 2018/11/17(土) 22:21:54.42 0.net
    まあ買えない貧乏人ですが

    【EIZOのモニタって具体的にどこが良いの?】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/17(土) 22:57:16.60 ID:CAP_USER.net
    高級デジタルカメラの主役が一眼レフからミラーレス一眼に交代しそうだ。軽くて持ち運びやすい点などが人気を集め、今年は国内向け年間出荷台数で一眼レフカメラを初めて逆転する見通し。性能向上で高級機種の販売も伸び、平均単価も一眼レフを上回る。写真投稿サイトを意識した女性や若者に支持されるほか、カメラ愛好家も一眼レフから乗り換える動きが出ている。

    「一眼レフはカバンに入れて持ち歩くのに不便。小型で軽いミラ…
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37893790X11C18A1MM0000/

    【カメラ 主役はミラーレスに】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/15(木) 19:45:41.53 ID:CAP_USER.net
     シャープは11月15日、幅64mmのコンパクトボディにハイエンドモデルの性能を凝縮したスマートフォン「AQUOS R2 compact」を2019年春モデルとして商品化し、ソフトバンク向けに2019年1月中旬以降(予定)に発売すると発表した。
    https://japan.cnet.com/storage/2018/11/15/49ba3a579e817622dc8838fa9ea23fb8/00.jpg

     なお、同社が発売するモデルはディープホワイトとピュアブラックの2色展開だが、ソフトバンク向けモデルはスモ―キーグリーンを加えた3色展開になる。

    本製品は、幅64mmのコンパクトボディに約5.2インチのフルHD+(2280×1080dpi)の「ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ」を搭載したのが特徴。

     また、独自の倍速駆動と従来機(2017年発売のAQUOS R compact)比で約1.6倍の高速応答により、画面スクロール時の残像を抑え、よりなめらかな表示が可能だという。

     ディスプレイの上部にインカメラ、下部に指紋センサを配置したAQUOS初の「ダブルノッチデザイン」を採用。顔認証と指紋認証の2通りの認証方式により、手袋着用時には顔認証、暗い場所では指紋認証と、利用シーンに応じてロックの解除方法が使い分けられる。

     なお、指紋センサは、「ホーム」や「戻る」、「アプリ切替」操作キーとしても使用可能。さらに、光学式と電子式のW手ブレ補正に対応した有効画素数約2260万画素のカメラを背面に搭載。片手で操作しても手ブレを抑え、シャッターチャンスを逃すことなく鮮明で高画質な写真や動画を撮影できる。

     CPUには、Qualcomm Snapdragon 845(SDM845) 2.8GHz+1.7GHzを搭載し、RAM 4GB/ROM 64Gバイトのメモリを採用している。

     外形寸法は、約131mm×64mm×9.3mm。重量は、約135g。OSは、Android 9 Pie。バッテリ容量は、2500mAh。
    https://japan.cnet.com/article/35128707/

    【顔認証と指紋認証に対応--シャープ、約5.2インチの「AQUOS R2 compact」発表】の続きを読む

    このページのトップヘ