2018年10月

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/02(火) 22:28:21.53 ID:CAP_USER.net
    パナソニックは2日、クラウドファンディングを活用して襟巻き型のヘッドホン「ウエア・スペース」を製品化すると発表した。ヘッドホンのまわりに視界を遮るパーテーションを付けたユニークなデザインにした。家電などの量販品の枠組みにとらわれず、これまでにない斬新さで新たな需要を掘り起こす。

    ウエア・スペースは視界を80度ほどに制限する。ヘッドホンのノイズキャンセリング効果と合わせて、視野を狭めて「心理的なパーソナル空間をつくる」(同社)。約360グラムで持ち運びやすく、コワーキングスペースやオフィスなどでの作業に没頭できるという。

    12月11日までカルチュア・コンビニエンス・クラブ系のクラウドファンディング「グリーン・ファンディング」を通じて資金を募る。目標は1500万円で、調達額に応じて生産台数を決める。

    連結売上高が約8兆円規模のパナソニックにとって、意欲的なプロジェクトになる。試作品をスピード感を持って作り改良を重ねる「アジャイル(俊敏な)開発」と呼ばれる手法を学ぶため、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連のスタートアップ、シフトール(東京・中央)を4月に買収した。今回は同社が設計や製造、販売を担う。

    ウエア・スペースは半年ほどで試作品を開発した。新商品の企画・開発は社内調整に時間をかけがちだが「競争環境は大きく変わっている」(臼井重雄デザインセンター所長)。従来手法に縛られないプロセスを通じた意識改革を促す狙いもある。
    https://www.nikkei.com/content/pic/20181002/96958A9F889DE1E4E2E1E2E7E5E2E2E0E3E2E0E2E3EA8AE0E2E2E2E2-DSXMZO3603054002102018X20001-PN1-2.jpg
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36030570S8A001C1X20000/

    【襟巻き型ヘッドホン、パナソニックが製品化へ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/02(火) 15:48:17.74 ID:CAP_USER.net
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1140/288/so14_s.jpg
    ソニーは、ARC-Fレンズを搭載したレーザー光源の4K SXRDホームシアタープロジェクタ「VPL-VW855」を11月17日より発売する。価格は300万円。

    0.74型/4,096×2,160ドットの4K SXRDパネルとレーザー光源を搭載したプロジェクタ。2017年発売の「VPL-VW745」の上位モデルで、一番の強化ポイントはレンズ。VW855は、フォーカス精度の高いARC-Fレンズ(VPLL-Z7013)を搭載した「VW745の高級レンズモデル」という位置づけで、「レンズの品質が格段に違う」という。輝度は2,200ルーメンで、VW745の2,000ルーメンからさらに高輝度化している。

    ARC-Fレンズは、上位機種のVW5000やかつてのフルHDフラッグシップ機「VW1100ES」などと同等のガラスレンズ18枚構成(VW745はプラスチックレンズ1枚+ガラスレンズ13枚構成)。フローティング(浮遊)フォーカスシステムを採用し、像の湾曲を補正する浮遊レンズ群とフォーカシングレンズ群を同時に動かして、歪がなく、中心から隅まで安定した像性能を実現する。

    レンズシフトは上下各80%と左右各31%で、電動ズーム/フォーカスに対応。レンズ位置はリモコンから調整可能で、アナモフィックレンズ対応の4K信号処理(Vストレッチ)にも対応する。またオプションとして短焦点レンズ「VPLL-Z7008(150万円)」も用意している。

    ARC-Fレンズによるレンズ精度の向上だけでなく、ダイナミックアイリス機構の「アドバンストアイリス3」を搭載。光源はソニー独自のレーザーダイオード「Z-Phosphor」で、レーザーの動的制御とアドバンストアイリス3を組み合わせた「デュアルコントラストコントロール」により、コントラスト感や臨場感を高めている。ダイナミックコントラストは∞:1。HDR信号は、HDR10と、HLG(ハイブリッドログガンマ)に対応する。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1140288.html

    【ソニー、レンズ品質が“格段に違う”レーザー4Kプロジェクタ「VW855」。300万円】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/09/26(水) 12:54:22.00 ID:CAP_USER.net
     富士フイルムは9月26日、同社の中判ミラーレス一眼カメラ「GFXシリーズ」で、1億200万画素のイメージセンサーを搭載するカメラ「GFX 100Megapixels Concept」を開発中だと発表した。

     開発中の「1億画素モデル」は、35mmフルサイズの約1.7倍(中判)となる大型センサーを搭載。映像処理エンジンには「X-T3」と同様の「X-Processor 4」を採用し、「世界最高峰の写真画質を実現するフラッグシップモデルのコンセプト」(同社)だとしている。

     中判ミラーレスとして世界で初めてセンサー全面(カバー率100%)に位相差画素を配置し、高速かつ高精度のAFを実現する。さらに、中判ミラーレスとして初めてボディ内手ブレ補正に対応するとしている。動画は4K/30pの10bit撮影に対応する。

     具体的な発売時期や価格については明らかにしていない。
    2018年09月26日 12時15分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/26/news081.html

    【富士フイルム、1億画素の中判ミラーレスを開発中】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/01(月) 19:21:07.12 ID:CAP_USER.net
    インターネット接続サービスのソニーネットワークコミュニケーションズは1日、格安スマートフォン(スマホ)サービス「ニューロモバイル」の料金プランを改定したと発表した。これまでデータ通信の容量を1ギガ(ギガは10億)バイトごとに細かく分けていたが、2ギガバイト、7ギガバイト、13ギガバイトの3種類に集約。よりシンプルにして携帯電話に詳しくない層の獲得を狙う。

    これまでNTTドコモの回線を借りたプランでは、月間の通信データ容量が2~10ギガバイトまで、1ギガバイト刻みに9種類のプランを用意していた。他社サービスとの違いを出すためのプラン設定だったが、3種類に集約して分かりやすさを優先する。

    同社は「格安スマホのユーザーがこれまでの通信に詳しい層から、初心者に移ってきたため」と説明している。価格はデータ通信のみで税別700~2700円。700円を追加で支払えば通話機能も付けられる。

    従来プランの新規受け付けは終了したが、今まで使っていたユーザーは引き続き同じプランで通信サービスを利用できる。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35952530R01C18A0X30000/

    【ソニー系格安スマホ、プランを3種類に集約】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/26(水) 19:54:06.49 ID:CAP_USER.net
    OracleがJavaの最新版「Java 11」を正式にリリースしました。Java 11は、Java 8以来となる3年の長期サポートが提供されるLong Term Support(LTS)バージョンとなります。

    Java 11 Released
    https://www.infoq.com/news/2018/09/java11-released

    Oracleは半年ごとにJavaの新バージョンをリリースする計画を打ち出していますが、基本的にバグフィクスやセキュリティ対策などのサポートは次期バージョンが登場するまでの6カ月間に限られます。これに対して、一部のバージョンはLTSとして長期サポートが行われることになりますが、Java 11はこのLTSバージョンの最新版です。そのため、システムの安定性を重視するユーザーにとってはJava 8以来の待望のアップデートということになります。

    Java 11で加わった新機能は以下の通りです。

    ・Nestベースのアクセス制御機能「Nestmates」
    ・動的クラスファイル定数「condy」
    ・新しいガーベジコレクタ「ZGC」
    ・Flight Recorder
    ・新しい標準HTTPライブラリ
    ・TLS 1.3サポート
    ・ラムダパラメータ用のローカル変数構文

    削除された機能は以下の通り。

    ・Java EEモジュール
    ・CORBAモジュール
    ・Web Start
    ・Applets
    ・JavaFXモジュール

    なお、Java 11からはOracle JDKのバグフィクスやセキュリティパッチは有償サポートに変更されています。
    https://gigazine.net/news/20180926-java-11/

    【Java 11正式版リリース、3年の長期サポート対応のLTSバージョンが4年半ぶりに更新】の続きを読む

    このページのトップヘ