2018年09月

    1: 名無し募集中。。。 2018/09/26(水) 18:40:47.51 0.net
    iPhone XS需要の3~4倍
    Appleは9月21日に、iPhone XS、iPhone XS Max、そしてApple Watch Series 4を発売しました。アナリストのミンチー・クオ氏は現時点までの売上状況について、
    6.5インチの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したiPhone XS Maxの人気が予想以上で、iPhone XS需要の「3倍から4倍高い」と伝えています。

    クオ氏によればiPhone XS Maxでは、カラーはゴールドとスペースグレイがシルバーよりも人気が高く、ストレージ容量は、
    一番人気は256GBモデルですが、現在512GBを搭載したスマートフォンはSamsung製しか存在しないため、512GBモデルがすでに深刻な品不足状態に陥っているそうです。

    生産が間に合わないApple Watch Series 4
    Apple Watch Series 4についてもクオ氏は、「予想よりも需要が高い」と述べています。組み立てを請け負うQuantaはすでにフル稼働状態であるため、第2のサプライヤーであるCompalの量産が始まる11月にならないと、Apple Watch Series 4の品不足状態は改善されないとのことです。

    クオ氏は2018年におけるApple Watchの出荷本数予測を、当初の1,800万本から1,850万~1,950万本へと上方修正しました。

    iPhone XRは3モデル中最大のベストセラーに
    なおクオ氏は、10月19日に予約開始、10月26日に発売となる6.1インチ液晶ディスプレイ搭載のiPhone XRについては、以前から繰り返し述べているように、今年の新型iPhoneのなかで一番の売れ筋になると考えています。

    またiPhone XS Maxについては、クリスマス商戦が始まる第4四半期(10-12月)も、特にアジア市場を中心に出荷台数が伸びるだろうとクオ氏は予測しています。

    【iPhone XS Maxが超絶バカ売れ!!生産が追い付かない大ヒットにアンチ脂肪】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/19(水) 23:28:28.74 ID:CAP_USER.net
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1809/19/ts0153_extra01.jpg
    ソニーは9月19日、Googleアシスタント対応のスマートスピーカー第2弾「SRS-XB501G」を国内発表した。重低音再生が特徴の「EXTRA BASS」(エクストラベース)シリーズとして10月6日に発売する。価格はオープン。店頭では3万5000円前後になる見通し(税別)。

     ドイツ、ベルリンで開催されたエレクトロニクスショー「IFA 2018」(8月31日~9月5日)で披露した製品の日本版。Wi-Fi接続時には、話しかけるだけでストリーミング音楽配信サービスなどを利用できる他、Googleアシスタント対応の家電も操作できる。

    フルレンジスピーカー2基とサブウーファー1基の2.1chスピーカーによる大音量再生が特徴。またバッテリーを内蔵し、iP65準拠の防じん・防水性能を持つアウトドア仕様。Wi-Fiのない場所ではBluetoothスピーカーとして利用できるため、キャンプやバーベキューなどアウトドアでも活躍するという。バッテリー駆動時間は約16時間(連続再生時)。

     外寸は約232(幅)×228(高さ)×210(奥行き)ミリ。重量は約3.1キロ。ACアダプターと電源コードが付属する。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/19/news130.html

    【ソニーの重低音スマートスピーカー、国内発売 約3万5000円】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/20(木) 21:08:44.62 ID:CAP_USER.net
    シャープは20日、有害物質や臭いを除去する独自技術「プラズマクラスター」に、ペットの皮膚病の原因となる細菌やカビを抑制する効果があることを実証したと発表した。将来的には力を入れているペット向け事業で、家電製品のほか、医療機関などBtoBへの導入をめざす。

     農学博士で東京農工大学名誉教授の岩崎利郎氏の監修で、実証実験をした。効果が認められたのは犬の細菌性膿皮症や外耳炎の原因菌など、細菌3種類とカビ2種類。円筒形の容器に、細菌やカビが入った容器を入れ、筒の上部からプラズマクラスターイオンを発生させると、99%以上の抑制効果を発揮した。

     同社はインターネットを活用した猫用のトイレを発売するなど、ペット向けのビジネスに注力している。今後は製品や動物を用いた実験を実施する計画で、製品開発やペット向けの新規事業への活用を急ぐ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35586400Q8A920C1LKA000/

    【シャープ、プラズマクラスターに新効果 ペットの皮膚病を抑制】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/09/21(金) 08:59:23.52 ID:CAP_USER.net
     【シアトル=中西豊紀】米アマゾン・ドット・コムは20日、人工知能(AI)スピーカーに画面がついた「エコー・ショー」を12月に日本でも発売すると発表した。価格は2万7980円。料理レシピの動画を再生したり、ビデオを見たりといったことが可能になる。グーグルも同様の製品の投入を計画しており、2社の「スピーカー」競争が激しくなっている。

     同日、ワシントン州シアトル市の本社で開いた製品発表会で明らかにした。米国では17年夏に1世代目の機種が発売されているが、今秋から2世代目に刷新するのにあわせて日本でも投入する。画面サイズは10.1インチで、動画再生のほかブラウザーを介してインターネットのウェブ画面を見ることもできる。

     すでに日本で発売済みの「エコー・ドット」と「エコー・プラス」についても新機種を発売する。「ドット」は音質を高めたほか、「プラス」は家電との連携によるスマートホームへの対応をしやすくした。価格はそれぞれ5980円と1万7980円。10月30日から出荷を始める。

     AIスピーカーに動画機能をつけた製品はグーグルも今夏から中国レノボ・グループなど家電メーカーを通じて販売している。記者会見したアマゾンのデバイス担当責任者、デイブ・リンプ上級副社長は「エコーのコミュニケーション能力はどんどん上がっていく」と話し、使いやすさの向上を訴えた。

     アマゾンが14年に他社に先がけて発売したAIスピーカーだが近年は競争が激しい。米ストラテジー・アナリティクスによると16年10~12月期に9割近くあったアマゾンのシェアは直近の18年4~6月期には41%にまで落ちた。最大のライバルは16年に参入したグーグルで、直近のシェアは27.6%と猛追中。中国のアリババ集団も少しずつシェアを伸ばしている。

     競合対策としてアマゾンはこの日、スピーカー以外の音声AI製品を発表した。日本向けは「現時点では無い」(同社)としているが、電子レンジや壁掛け時計にも音声AIが入り、声による操作ができるようになる。同社はあわせて車に積むことを前提としたスピーカーも発表。生活のあらゆる場所に音声AIを広げる戦略を明確にした。
    2018/9/21 5:18
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35607570R20C18A9000000/

    【アマゾンの画面付きAIスピーカー、日本でも12月発売】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/20(木) 21:13:04.51 ID:CAP_USER.net
    Googleは、最大30TBまで保存可能なオンラインストレージ「Google One」を間もなく国内で提供開始する。これまでにGoogleドライブで購入したストレージは、Google Oneに統合されることになる。

     すべてのGoogleアカウントに無料で15GBの保存容量が与えられるのは従来のGoogleドライブと同じで、合計100GB~30TBの間の追加の保存容量も選択して購入できる。なお、Googleドライブのプロモーションなどで取得した保存容量はそのまま引き継がれる。

     最大5人の家族でプランを共有することが可能で、Google Oneユーザーを対象とした特典も用意される。

     プランごとの価格や特典の内容は現時点では公表されていないものの、ヘルプページには「ホテルの割引」が例示されており、Google OneユーザーがGoogle経由で特定のホテルを予約するさいに割引きが受けられるようだ。

     前述のとおり現時点で価格については不明だが、参考までに米国での価格はそれぞれ月額で100GBプランが1.99ドル、200GBで2.99ドル、2TBで9.99ドル。2TBより大容量のプランはGoogleドライブと同額とされている。

     Googleドライブの国内での価格はそれぞれ月額で、100GBが250円、1TBが1,300円、10TBが13,000円、20TBが26,000円、30TBが39,000円となっている。プランが米国と同じだとすれば200GBや2TBのプランが追加され、より手頃で使いやすくなるものと期待される。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1143993.html

    【Google、最大30TBまで使えるオンラインストレージ「Google One」】の続きを読む

    このページのトップヘ