2018年08月

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/27(金) 11:26:52.26 ID:CAP_USER.net
    2008年7月10日にApp Storeが登場してから10周年。そのオープンから約1ヶ月後に行われた、今は亡きアップル元CEOスティーブ・ジョブズ氏のインタビュー書き起こしと音声データが公開されています(ただし購読が必要)。

    当時米Wall Street Journal(WSJ)に在籍し、現在はThe Informationに所属する記者のNick Wingfield氏は当時のアップル本社に招かれ、ジョブズ氏にApp Storeについて様々な角度から取材。ジョブズ氏がモバイルビジネスが巨大化する展望を持ちながらも、その見通しを大きく上回って市場が急成長したことが伺える内容となっています。
    まずApp Storeの戦略については、ジョブズ氏はiPodにおけるiTunesをモデルにしたという趣旨を回答。「インターネットサービスを通じてコンテンツを持ち込んでiPodというデバイスを強化した、それと同じことをiPhoneでやってるんです」と述べています。

    我々はiPhoneを、インターネットでコンテンツを導入して強化しています。すでにiTunesの音楽コンテンツは配信していますが、アプリケーションも持ってきたわけです。
    結果は... iPodとまったく同じ戦略だと思います。インターネット配信コンテンツでデバイスを強化する。iTunesを介さずに、PCなしでワイヤレスでデバイスに配信することができますし、アプリを自動更新も可能です。それはiTunesの経験ありきなんです

    また、ジョブズ氏は最初の1ヶ月でApp Storeへのアプリ登録数が1500以上、開発者に2100万ドルを支払う盛況ぶりに興奮していたとのこと。ちなみに2018年4月時点ではアプリ登録数200万本以上、同6月時点で開発者は総額1000億ドル以上の収益を上げたと報告されています。

    ジョブズ氏は同期間に6000万以上ものアプリがダウンロードされたことも誇っています。
    我々はここまで大規模だとは思ってませんでした。モバイル業界では、こんなことは一度も見たことがありません。正直言って、コンピュータ業界にもなかったことです(笑)


    が、やはり2017年までに累計180億ダウンロード(WWDC 2017にて公表)もの数字の前では、滑り出しは控えめだったとも思えます。

    さらにApp Storeの将来に関しては、ジョブズ氏はいずれ10億ドル規模の市場になると予測していました。
    たぶん、ある時点で10億ドルの市場になるでしょう。これは、頻繁に起こることではありません。全くゼロから10億ドルの市場が開拓されるんです。最初の30日間で3億6000万ドル、私がソフトウェアに携わってきたキャリアの中で、こんなのを見たことがありません

    繰り返しになりますが、2018年6月時点で「開発者の収益」(全体の市場規模はそれ以上でしょう)は総額1000億ドル以上とされています。

    ほか、興味深いのがゲームの重要性に言及しているくだりでしょう。ジョブズ氏は、すでにゲームがApp Storeの中で最大のカテゴリだと述べた上で、iPhoneを持っている人はゲーム機としての追加投資がゼロであり、ニンテンドーDSやソニーのPSP(どちらも当時は現役ハード)用ソフトの平均価格が30ドルに対してApp Storeが10ドル以下や無料であるという「安さ」と、すぐに配信される「速さ」を強調。

    そして「iPhoneとiPod touchがこのホリデーシーズン(商戦期)に、モバイルゲーム市場で有力なデバイスとして登場するかもしれないと考えている」と語り、この時点で、既に携帯の専用ゲーム機と競合することを視野に入れていたようです。

    今やApp StoreやGoogle Playなどスマートフォン向けアプリ市場は大きく成長し、日本の『Fate/Grand Order』が世界のゲーム収益トップ3に食い込んだことは先日もお伝えしたとおり。iOSのApp Storeアプリでは10周年を記念するかのようにシナリオライター奈須きのこ氏のインタビューも掲載されており、ゲーム市場の劇的な変動を振り返らずにはいられません。
    07/26
    https://japanese.engadget.com/2018/07/26/app-store-10/

    【スティーブ・ジョブズ、App Store大成功の驚きを語る――約10年前のインタビューが音声込みで公開】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/07/26(木) 14:48:53.24 ID:CAP_USER.net
     米Googleは7月25日(現地時間)、クラウドサービス関連の年次イベント「Google Cloud Next ’18」で、オリジナルの認証端末「Titan Security Key」を発表した。同日からGoogle Cloudのユーザー向けに販売を開始した。将来的には個人ユーザー向けにオンラインストア「Googleストア」でも販売する計画という。

     Titan Security Keyは、ファームウェアはGoogleが開発したが、FIDOのプロトコルをサポートするので、Googleだけでなく、Facebookなど他社のサービスやハードウェアで利用できる。

     米CNETによると、販売価格はBluetooth版とUSB版のペアで50ドル(約5600円)、いずれか1つで20~25ドルになるという。

     Googleアカウントで使うには、Googleアカウントの「ログインとセキュリティ」の「2段階認証プロセス」をオンにし、Titan Security KeyをUSBポートに挿すかBluetoothで接続して画面の指示に従って設定する。

     設定した後は、端末を本体と接続してボタンを押すだけでログインできるようになる。2段階認証では、テキストメッセージやモバイルアプリで表示された数桁のコードを手動で入力する方法が多いが、Titan Security Keyのようなセキュリティキーであれば、PCやモバイル端末と接続してボタンを押すだけでコードが入力できる。

     Googleは以前、セキュリティ関連メディアのKrebs on Securityに対し、8万5000人以上の自社の従業員に認証デバイスの使用を義務付けたところ、フィッシング被害が0件になったと語っていた。
    2018年07月26日 13時25分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/26/news087.html

    【Google、オリジナル認証端末「Titan Security Key」をGoogleストアで発売へ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/27(金) 00:29:16.93 ID:CAP_USER.net
    韓国Samsung Displayは25日(現地時間)、割れないフレキシブル有機ELパネル(以下OLED)を開発したと発表した。

     従来のOLEDはガラスで覆われていたため、激しい衝撃によって割れる可能性があった。今回新たに開発したのはフレキシブルなOLEDパネルに、割れない基板、そして強化プラスチックを接着し強度を高めた。

     この強化プラスチックは高い透過率を備えるだけでなく、軽量であり、硬度もガラス並みとしている。このため携帯用電子機器に向くとしている。

     このディスプレイは、米国労働安全衛生局の公式テスト会社であるUL(Underwriters Laboratories:3DMarkやPCMarkを開発するFuturemarkを買収)の軍事基準に基づく耐久性テストをクリアしたとしており、地上1.2mからの連続26回の落下、-32~71℃の温度テストなどを実施したあとも正常に動作したという。

     その後、1.8mからの落下にも耐え、正常に動作し、破損の兆候が見られなかったとしている。
    2018年7月26日 14:41
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1134950.html

    【Samsung、割れない有機ELディスプレイを開発】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/27(金) 00:28:14.35 ID:CAP_USER.net
    米Microsoftは7月25日(現地時間)、Windows 10 Insider PreviewのRS5向けに「Build 17723」をFast ringで公開するとともに、そのさらに次の大型アップデートとなる“19H1”の「Build 18204」もSkip Aheadで公開した。

     同社はこれまで新OSのコードネームとして、便宜的に“RS(Redstone)”を授けてきたが、次回からはおそらく年と半期を示すと思われる文字が使われるようだ。

     今回公開された両ビルドとも更新内容はほぼ同じものとなっており、Windows Mixed Realityの新機能として「Flashlight」が追加された。Flashlightでは、Windows MRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着したまま、HMDに内蔵されたカメラを使い、現実世界をのぞき見ることができるわく“枠”を表示し、これによってユーザーは没入感を大きく損なうことなく現実世界とふれることができる。Flashlightはスタートメニューのショートカットや音声コマンドから呼び出せるようになっている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1134909.html

    【次次期Windows 10は2019年上期登場。コードネームが“19H1”に】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/07/26(木) 11:35:55.74 ID:CAP_USER.net
    2017年1月、Appleは未払いの契約金約10億ドル(約1100億円)の支払い求めてQualcommを提訴しました。ここから2社の関係は悪化していき、AppleによるiPhoneやiPadで使用しているQualcomm製のモデムチップを排除しようという動きなどが報じられていました。そして、2018年7月になって、QualcommのCFO(最高財務責任者)を務めるジョージ・デイビス氏が、2018年に登場するiPhoneにはQualcomm製のモデムチップが使用されないことを明かしています。

    Your next iPhone may be slower than Android phones - CNET
    https://www.cnet.com/news/apples-next-iphone-will-use-only-intel-modems-qualcomm-says/

    Apple will exclusively use Intel modems in 2018 iPhones, according to Qualcomm - The Verge
    https://www.theverge.com/2018/7/25/17614930/apple-iphone-2018-intel-cellular-modems-qualcomm-legal-dispute

    これまでQualcommは、AppleのiPhoneやiPadといったモバイル通信機能を持つ端末向けに、モデムチップを供給していました。しかし、AppleがQualcommに対して未払いの契約金約10億ドル(約1100億円)の支払い求めたことから、両社の関係は悪化。両社の関係対立および泥沼の訴訟合戦については、以下の記事を読めばその詳細がわかります。

    さらに、Apple関連の情報に精通したアナリストのミンチー・クオ氏も「2018年に登場のiPhoneはIntel製チップに移行してQualcommは排除される」と予測していました。

    そして、新たにQualcommのチーフ・ファイナンシャル・オフィサーであるデイビス氏が、2018年登場のiPhoneでは「Qualcommの競合他社製モデムチップを独占的に使用するつもりのようだ」とコメントしています。デイビス氏はAppleが使用するモデムチップがIntel製のものであるとは言及していませんが、このモデムチップを製造し、Apple向けに提供しているのはQualcomm以外にIntelしかいないため、海外メディアのThe VergeはQualcommの代わりにモデムチップを提供するのがIntelであると断定しています。

    Qualcommは2018年7月の第4週にSnapdragon 845による通信速度テストの結果を公表していたのですが、「これはQualcomm製のモデムチップがIntel製のものよりも優れていることを示すためのものだ」とThe Vergeは指摘しており、「おそらく、デイビス氏による暴露により、Qualcommに対して否定的な反応が起きることを見越して公開されたものだ」とも記しています。

    なお、Qualcommは2018年の後半にも5G対応のモデムチップの出荷を予定していますが、Intelは2019年まで5G対応のモデムチップをリリースしないことを公表しています。2018年モデルのiPhoneでQualcommの排除が完了し、AppleとQualcommの関係が完全に切れることとなれば、iPhoneやiPadの5G対応はAndroid端末などよりも遅れることになりそうです。
    2018年07月26日 10時29分
    https://gigazine.net/news/20180726-apple-exclusively-use-intel-modems-2018/

    【「2018年登場のiPhoneでAppleはIntel製のモデムを独占的に使用する」とQualcommの幹部が明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ