2018年07月

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/13(金) 19:21:49.16 ID:CAP_USER.net
    https://www.youtube.com/watch?v=hG91PYYPDto


    Microsoftは12日(米国時間)、スタイラスなどで手書き入力が可能な「Whiteboard」アプリの正式リリースを発表した。編集内容は自動でクラウド上に保存されるほか、リモートワークなどを意識したリアルタイム共同編集機能も備える。

     WhiteboardはMicrosoft Storeから無料で公開されており、すべてのWindows 10搭載デバイスで利用可能。将来的にはWindowsアプリだけでなく、iOSアプリやWebブラウザによるプレビュー機能も提供される予定。本稿執筆時点での対応言語は英語のみとなっている。

     残念なことに目玉となる共同編集機能は、現時点では同じ法人に属する法人アカウントどうしでなければ利用できない。将来的には異なる法人どうしでの共同編集機能の有効化も計画されているとのことだが、個人間での同機能の利用については不明だ。

     また、2017年12月のプレビュー時から機能が追加され、自動認識により手書きの表が変換する機能や、画像の追加や編集が可能になったことが挙げられている。
    2018年7月13日 18:57
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1132922.html

    【Microsoft、共同編集も可能なホワイトボードアプリを正式リリース】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/14(土) 02:42:58.04 ID:CAP_USER.net
    https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2018/07/13/b767cced4e2f67782d1c5f3b057ff181-w960.gif
    なんだかスゴいぞ…。

    このところMicrosoft(マイクロソフト)は、Windows 10のアクセサリで大幅なアップデートを連発しています。昨年はペイントが3Dオブジェクトを新たにサポートし、ユーザーインターフェース(UI)も刷新されました。続いてコマンドプロンプトもアップデートされ、20年ぶり、30年ぶりの大刷新が続いています。そして今回明らかになったのは、メモ帳の大型アップデート!

    Windows 10では、MetroのUIにマッチするデザインに変更されました。ほかにも、文字の大きさを自由自在に変更することが可能に。これまでは改行なしの長い文章をメモ帳に入力すると、はてしない横スクロール表示が続いたりしていましたが、折り返し表示がサポートされるようです。また、行番号や列番号で位置表示されるように。検索と置換時の折り返し表示も便利そう。

    テキストエディタとして進化を遂げた新しいメモ帳機能、今年10月にリリース予定のWindows 10の次期アップデート「Redstone 5」では間違いなく目玉機能となることでしょう。

    なお、The Vergeによると、今回のアップデートでは、Unix/Linuxの改行コードのLFやMacintoshの改行のCRサポートを追加、大きなサイズのファイルを開いたときのパフォーマンス改善など、実用性をアップさせる改良点が目白押しのようです。なお、Windows 10 Insider Previewでは、すでにFastRingで配信がスタートしており、一足早く試用してみることも可能ですよ~。
    2018.07.13 18:00
    https://www.gizmodo.jp/2018/07/windows-10memo.html

    【おぉ、Windows 10のメモ帳に大幅なアップデートがやってくる!】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/12(木) 18:03:20.22 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1132/592/1_l.jpg
    ドスパラは、ENERMAX製PCケース「EQUILENCE(イクイレンス)」の金箔モデルを13日より発売する。完全受注生産で、納期は2~3週間。税別価格は10万円。

     ENERMAX製のPCケース群が、BCN AWARD PCケース部門にて3年連続最優秀賞を受賞したことを記念して制作された特別モデル。本場金沢の職人の手作業による金箔が前面、右側面、上面に貼り付けられ、「PCライフをよりいっそう豊かで輝かしいものにする」という。

     EQUILENCEはミドル~ハイエンド構成向けのPCケース。全面とサイドパネルに4mm厚の強化ガラスを採用し、MOD PCの制作に好適という。また、上部と右側面パネルには高密度の吸音素材を採用し、静音性も重視した。

     また、最大9基のファンを搭載可能なスロット、長さ420mmまでのビデオカード、高さ175mmまでのCPUクーラー、3段階に調節可能で6基まで繋げられるファンコントローラ、電源ボックスによるエアフロー改良などが特徴。

     対応フォームファクタはATX、microATX、Mini-ITX。拡張スロットは7基、拡張米は3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×4。前面インターフェイスにUSB 3.0×2、USB 2.0×2を搭載する。

     本体サイズは235×500×494mm(幅×奥行き×高さ)、重量は9.98kg。

     金箔で覆われたPCケースは、PC Watchで確認するかぎり、エス・エヌ・イーが2000年に投入した「KN-001junkin」以来、じつに18年ぶりとなる。
    2018年7月12日 15:46
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1132592.html

    【ドスパラ、金沢の職人が手がけた10万円の金箔貼りPCケース】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/07/13(金) 13:25:26.77 ID:CAP_USER.net
     養命酒製造は、養命酒のボトル型のスマートスピーカー「AI養命酒」を抽選で10名にプレゼントするキャンペーンを開始した。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1132/790/01_l.jpg

     AI養命酒は、ソニーの「LF-S50G」をベースに、養命酒の700mLサイズのボトルのデザインを忠実に約1.5倍の大きさで再現したスマートスピーカー。Googleアシスタントに対応した通常のスマートスピーカーと同様に話しかけることでさまざまなサービスを利用できる。さらに、健康に関する内容の質問に養命酒ならではの回答をするなど、独自のカスタマイズも施されている。

     キャンペーンでは、AI養命酒のほかに、話しかけた内容をオウム返しで答える「AI養命酒 初号機」も抽選で40名にプレゼントされる。

     キャンペーン期間は7月13日~9月30日。特設サイトのフォームに記入することで、誰でも応募可能。
    2018年7月13日 12:01
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1132790.html

    キャンペーン特設サイト
    https://www.yomeishu.co.jp/ai-yomeishu/

    【養命酒のボトルがスマートスピーカーに~プレゼントキャンペーンで】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/12(木) 18:02:13.45 ID:CAP_USER.net
    名古屋を中心とした東海地区におけるMacの販売が増加傾向にあるなか、東海地区最大規模の量販店であるエディオンの動きが注目を集めている。

     同社では、「エディオンでみつけたわたしのMacBook」をテーマにしたTV CMを8月末まで展開し、Macの販売に弾みをつけている。

     Macをテーマに、量販店が個別にTV CMを行なうのは、世界的に見ても珍しい。こうしたなか、愛知県豊田市のエディオン豊田本店では、過去1年間のMacの販売台数が13.5%と2桁を突破。11カ月間に渡って、2桁以上のシェアを維持したという。

    中略
    トヨタ社員によるApple製品の購入
    藤井店長が、このエリアにおいてApple製品が受け入れられやすいと考える3つめの理由が、トヨタ自動車および関連会社の社員が、Apple製品に高い関心を寄せていることだ。

    トヨタ自動車では、全社的にWindowsを採用しており、日本マイクロソフトにもトヨタ自動車グループ向けの専任営業部門が設置されているほどだが、部門によっては、Macが採用されていたり、自宅ではMacを使っている社員が多いようだ。

    「MacであればWindowsも利用できるという点が理解されることで、さらにMacの販売に弾みがつきはじめている」という。

    ここでは、興味深い購入例も出ている。それは、工場に勤務している人たちに、Apple Watchが売れているというのだ。

    多くの工場の場合、情報漏洩などを理由に、iPhoneをはじめとして、カメラ機能を搭載しているスマートフォンの現場への持ち込みは禁止されている。

    だが、カメラ機能を持たないApple Watchであれば、持ち込みを許可している例が多いのだという。

    「緊急連絡があった場合に、Apple Watchであれば、直接連絡を受けることができる。とくに外国人労働者は、家族と連絡を取れる状態にしておきたいという理由から、Apple Watchを購入する例が多い」という。

    さらに、工場などでは、勤務時間が正しく管理されていることから、趣味などに時間を使う人も多かったり、自己管理のためにスポーツに講じる人が多かったりするという。

    「アクティブに活動する人たちが、Apple Watchを利用して、健康管理を行うといったニーズも高い」

    もともとiPhoneの販売比率が高いエリアということも、MacやApple Watchの販売が増加する要因にもなっていると言えそうだ。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/1132298.html

    【通常の3倍のMacを売り上げる家電量販店「エディオン」 。トヨタ社員によるApple製品の購入で】の続きを読む

    このページのトップヘ