2018年04月

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/03/28(水) 19:10:30.45 ID:CAP_USER.net

     米カーネギーメロン大学などの研究チームが、IntelなどのCPUの脆弱性を突く新たな攻撃手法「BranchScope」に関する論文を発表した。1月に発覚した「Spectre」と呼ばれる脆弱性と同様の仕組みで、IntelのCPUや、セキュリティ機能の「Software Guard Extensions(SGX)」に対して攻撃が通用することを実証したとしている。

     論文によると、BranchScope攻撃では、現代のCPUが性能向上のために実装している分岐予測ユニット(Branch Prediction Unit=BPU)という仕組みに対し、サイドチャネル攻撃を仕掛けて、センシティブなデータを流出させる。この攻撃の基本原則は、1月に発覚したSpectre(Variant 2)の攻撃と共通する。

     BPUは分岐ターゲットバッファ(Branch Target Buffer=BTB)と方向予測(Directional Predictor)という2つの構造で構成される。これまでに発表された攻撃手法がBTBをターゲットとしていたのに対し、BranchScopeでは方向予測をターゲットとした。

     「BranchScopeは方向予測を悪用する初の攻撃であり、たとえBTBが保護されたとしても、BPUが脆弱である可能性を示した」と研究チームは解説。「BranchScopeは、攻撃者が投機的実行を利用して、より高度で柔軟な攻撃を行うための追加的ツールを提供し得る。そうした攻撃に対する防御を検討する中で、BranchScopeで明らかになった脆弱性についても対応する必要がある」としている。

     IntelのCPUに対するBranchScope攻撃のデモでは、「Sandy Bridge」「Haswell」「Skylake」の3世代のCPUに対し、攻撃が安定的かつ効率的に通用することを実証したという。さらに、BranchScopeを延長して、Intelのセキュリティ機能「Software Guard Extensions」で守られた区画を攻撃するデモも行った。

     論文では、BranchScope攻撃を緩和するための、ハードウェアとソフトウェアの対策についても解説している。論文は、ウィリアム・アンド・メアリー大学、カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、ビンガムトン大学の研究チームが発表した。

    http://image.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1803/28/l_ki_bs01.jpg

    BranchScope: A New Side-Channel Attack on Directional Branch Predictor(PDF)
    http://www.cs.ucr.edu/~nael/pubs/asplos18.pdf

    2018年03月28日 09時45分 公開
    ITmedia エンタープライズ
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1803/28/news062.html



    【CPU攻撃の新たな手法「BranchScope」、Intel製CPUで実証】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/03/30(金) 15:21:48.81 ID:CAP_USER.net

    NTTドコモは3月30日、iOS11.3へのアップデートにより、iPhone X、iPhones8/8 Plusで受信時最大594Mbpsに対応した「PREMIUM 4G」でのデータ通信が可能になる、と発表しました。

    iPhone国内最速の594Mbpsが利用可能に
    3月30日に配信されたiOS11.3のアップデートを適用したNTTドコモのiPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusで、受信時最大594Mbpsで通信が可能になります。

    この高速通信は、NTTドコモが「PREMIUM 4G」と呼ぶ、複数の周波数を束ねて帯域幅を確保するキャリアアグリゲーションにより、通信の高速化と安定性の向上を実現しています。

    同社によると、この通信速度はiPhoneシリーズでは国内最速とのことです。利用可能なの国内の一部地域に限られますので、詳細はNTTドコモのWebページでご確認ください。

    利用にはiOS11.3とキャリア設定アップデートが必要
    利用には、iOS11.3へのアップデートと、キャリア設定(ドコモ32.1)へのアップデートが必要です。

    iOSのバージョンは設定アプリから「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で確認可能です。

    キャリア設定は、同じく設定アプリから「一般」>「情報」の「キャリア」の項目に表示されています。

    iOSのバージョンアップはバックアップのうえ、時間に余裕を持って
    なお、iOSのバージョンアップは、大きなデータをダウンロードする必要があり、インストールにも數十分程度の時間がかかります。

    バージョンアップの際には、iPhoneをバックアップした上で、通信環境の安定した場所で、時間に余裕を持って作業することをお勧めします。
    2018年3月30日 13時21分
    https://iphone-mania.jp/news-207757/



    【国内最速!ドコモ、iPhone X/8/8 Plusで受信最大594Mbpsに対応】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/03/28(水) 03:33:55.92 ID:CAP_USER.net

    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/03/13325325-42dc-4323-a8ab-3f16d65620ac-e1522168235427.jpg

    Appleは、現地時間3月27日にアメリカ・シカゴの公立学校で開催したスペシャルイベントにおいて、Logitech製スタイルスペンを発表しました。新しい9.7インチiPadやiPad Proで利用できると思われます

    Logitech製Crayonを発表
    AppleはシカゴのLane Tech College Prep High Schoolにおいて「Let’s take a field trip.」イベントを開催、同イベント中にLogitech製の新しいクレヨン型の入力デバイス「Crayon」を発表しました。価格は49ドル(約5,200円)と、99ドル(日本では10,800円)のApple Pencilと比べると約半額です。

    Appleは今回のイベントで、教育機関向けにのみ、従来の9.7インチiPadよりも30ドル安い299ドル(約3.2万円)で販売する、新しい9.7インチiPadを発表しました。また同iPadは、Apple Pencilに対応します。

    Appleはイベント中に明言はしていませんが、LogitechのCrayonはiPad Proと、この新しい9.7インチiPadで使えるとみてよさそうです。

    iPadケース&キーボードも発売
    また価格や発売日については触れませんでしたが、AppleはLogitech製のiPadケース&キーボードの発売についても明らかにしています。
    2018年3月28日 01時39分
    https://iphone-mania.jp/news-207307/



    【iPad向けにLogitechが49ドルの「クレヨン」発表】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/03/11(日) 09:49:15.91 ID:CAP_USER.net

    米Boseは3月9日(現地時間)、“オーディオAR(拡張現実)”プラットフォーム「Bose AR」とそのプロトタイプ端末を発表した。プロトタイプは同日から米テキサス州オースティンで開催の「SXSW 2018」で披露する。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1803/11/yu_bose1.jpg

    Bose ARは、米Appleの「ARKit」や米Googleの「ARCore」のようにカメラに映した現実世界に仮想のオブジェクトや文字を重ねる代わりに、Bluetoothで接続したiOS/Android端末のGPS情報に基づいて、周辺に関連する情報を音で提供する。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1803/11/yu_bose2.jpg

    例えば、空港に行くと出発ゲートの位置を音声で説明したり、見ている外国語の看板の内容を翻訳(カメラなしでどうやってユーザーが看板を見ていると判断するのかは不明)したり、歴史上の人物の銅像の前に立てばその人物の有名なスピーチを再生したりするという。

    AR機能の他に、連携するiOS/Android端末の無線イヤフォンのように音楽を聞いたり、通話したりすることもできる。各種センサーを搭載しており、音楽の再生、停止、曲とばしなどは頭のジェスチャーで指示できる。

    プロトタイプのメガネには耳に入れたり覆うイヤフォンはついていないが、両側のテンプル(つる)部分に独自開発の「超薄超軽量超小型の音響パッケージ」が埋め込んであり、これらが音をプライベートに保ったままBoseのヘッドフォンのような音質で機能するという。

    同社は今夏、サードパーティーに向けて「Bose AR SDK」とプロトタイプの端末の提供を開始する。関連製品を開発する新興企業には、最高5000万ドル出資する。
    2018年03月11日 06時48分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/11/news012.html



    【Boseも拡張現実メガネに参入 ただし“オーディオAR”】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/03/27(火) 09:23:40.65 ID:CAP_USER.net

    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/03/iPhoneX-BlushGold-BenGeskin-1.jpg

    iPhone Xに追加されると予測される新色について、Macお宝鑑定団Blogに「ゴールド系」との記述が追加されました。iPhone Xの新色は、日本時間28日0時からのイベントに合わせた発表が予測されています。

    追加された「ゴールド系」の記述
    先日、AppleがiPhone Xの販売刺激策として新色の追加を準備している、と報じたMacお宝鑑定団Blogは当初、新色が何色になるかを記載していませんでした。

    その後、記事が更新され、新色について「ゴールド系」との記述が追加されています。

    iPhone X発売前から噂のあった「ゴールド」
    iPhone Xに「ブラッシュゴールド」や「コッパーゴールド」とされるゴールド系の色が追加される、という噂は、iPhone Xの発売前からあったほか、2月末にはゴールドのiPhone Xとされる画像が流出しています。

    最近では、Apple関係のリーク情報に詳しいベンジャミン・ジェスキン(@VenyaGeskin1)氏が「ブラッシュゴールドのiPhoneが製造中」と発言しています。

    リーク情報で知られる人物の発言と昨年の例で注目集めた「赤」
    一方、「赤」の追加については、Apple関連のリーク情報で知られる「 @OnLeaks 」氏が、未確認の情報と断りを入れた上で発言したことがきっかけで注目を集めました。
    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/03/BFA2738E-5DA4-4F57-AE4A-C100311185EB-e1522056074425.png

    Appleが昨年3月に(PRODUCT)REDモデルのiPhone7/7 Plusを追加発売していることも、この噂に信ぴょう性を与えています。

    iPhone Xの新色、日本時間28日に発売か?
    iPhone Xの新色は、Appleが現地時間3月27日(日本時間28日深夜0時から)にアメリカのシカゴ市郊外で開催する「教育」をテーマとしたスペシャルイベントに合わせて発表されると予測されています。

    ただし、同イベントはリアルタイムでのストリーミング配信はされず、会場が公立学校ということから、イベント内での発表ではなく、報道機関向けプレスリリースで静かに発売されるのではないかと見られています。
    2018年3月27日 07時56分
    https://iphone-mania.jp/news-207217/


    【iPhone Xの新色は「ゴールド系」?発表は28日未明か】の続きを読む

    このページのトップヘ