2017年12月

    1: ノチラ ★ 2017/12/12(火) 17:52:49.61 ID:CAP_USER.net

     超高精細8Kの解像度(画質の良さを表す数値)はフルハイビジョンの16倍、高精細の4Kの4倍。4K8Kの衛星放送開始まで1年を切り、高精細の映像や写真が徐々に身近なものになっていきそうだが、デルの日本法人(本社・川崎市)は8Kが産業、医療、科学研究の分野に先行して普及すると見込む。戦略の柱になるのが世界初の31.5インチ 8Kモニター「UP3218K」(49万8800円、税抜き送料込み)だ。
    https://www.sankeibiz.jp/images/news/171212/bsb1712121100003-p1.jpg

     6日、デルは東京・丸の内でメディア向けのセミナーを行った。ディスプレイ製品マネージャーのキム・サンウ氏は「製品化にあたり、より多くの現場で使ってもらえるための価格実現、オフィス使いを想定した製品サイズ選択、世界初の8Kモニター開発および販売を考慮しました」と話した。

     特に強調したのが1インチあたりの画素密度が280ppi(Pixel per Inch)という特長だ。サイズがオフィス向きの31.5インチなので、70インチの大型8Kモニターの126ppiを大きく上回り「他の製品に例えると15.6インチの4Kノートパソコンの282ppiとほぼ同じ」(キム氏)。色彩を重視するメディア・エンターテインメント業界や、詳細な表示が求められる科学分野をターゲットにしたいと語った。

    「UP3218Kなら、まつ毛の一本一本まではっきり見えるんです」と興奮気味に話したのがプロカメラマンの西尾豪氏。西尾氏はテレビ関係の依頼で女子アナウンサーやタレントなどの人物写真を撮る仕事が多く、撮影した写真のチェック作業が大変だと語る。カメラの高性能化により4000万画素が普及しだしたのが一因だ。

     例えば高画質の人物写真を縮小して表示すると、細かいピントまで確認できず、等倍で表示すると顔の半分などの一部しか表示されずに全体の構図をつかめない。縮小と拡大を繰り返しながら作業をすると時間がかかる上に、ピンぼけに気付かないで納品するミスを誘発してしまう。

     だが8K(7680×4320=約3320万ピクセル)解像度を備えているUP3218Kを使うと「ピントを確認するとき、等倍で表示しなくても、かなりしっかり細かいところまで見ることができました」と性能を実感したという。西尾氏は、モニターで表示した通りの色合いで印刷できる、モニターを縦にして人物の全身を表示させられる利点も挙げ、「作業の効率が上がりミスも減ります。カメラに投資するだけでなくパソコンやモニターにも忘れず投資しなければ、と思いました」と結論づけた。

     また「何より写真を見るのがさらに楽しくなります。意外な写真がよく撮れていたり、技術的な課題が見つかったり。モニターは、ハイアマチュアのカメラマンが自分の写真を変えるきっかけになるかもしれません」とコメントした。
    以下ソース
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/171212/bsb1712121100003-n1.htm



    【プロカメラマンがデルの8Kモニター「UP3218K」を絶賛する理由】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/15(金) 21:26:27.34 ID:CAP_USER.net

    韓国のサムスン電子は2018年上期のスマートスピーカー発売を目指している。計画について説明を受けた複数の関係者が明らかにした。アマゾン・ドット・コムやアップル、アルファベットに追随して音声制御機器の分野に参入する。

    サムスンのデバイスは音質に注力するほか、照明や鍵などネットワークでつながったコネクテッドホーム家電を管理する機能を備える。計画が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語った。

    サムスンのスマートスピーカーは、「アレクサ」や「Siri(シリ)」、「グーグルアシスタント」と競合する音声アシスタント「Bixby」を備え、テレビや「ギャラクシー」スマートフォンなど他のサムスン製機器とも同期できるようにする。価格は200ドル(約2万2000円)前後に設定することを検討しており、アマゾンの「エコー」の100ドルより高めだが、アップルが来年投入する「ホームポッド」の349ドルは下回る。サムスンはコメントを控えた。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-15/P0ZKGT6JTSE801



    【サムスン電子、18年上期のスマートスピーカー発売目指す】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/15(金) 17:51:52.08 ID:CAP_USER.net

     東京大学の相田卓三教授らは割れても押しつけているとくっついて直るガラスを開発した。破断面を30秒ほど押しつけるだけでつながる。高分子にある水素原子同士が結合する働きなどによって元に戻る。既存のガラス材料に混ぜれば、自己修復機能をもつ長寿命のガラスを作れる可能性がある。

    成果は米科学誌サイエンスに掲載された。

     高分子の中でも柔らかいゴムやゲルの中には、破断しても押しつけることで互いの分子が絡み合い修復する材料があることが知られていた。ガラスなど硬い材料では、加熱して溶かさないと修復できないと考えられていた。

     相田教授らは水素原子同士が結合しやすい構造の高分子を設計した。通常、水素原子が結びつきやすい部位が多いと結晶になり修復できなくなるが、さまざまな形状になる高分子にすることで防いだ。セ氏28度であれば1時間で完全に元の状態に戻るという。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24680880V11C17A2000000/



    【東大、割れても直るガラス開発】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/21(木) 13:17:06.78 ID:CAP_USER.net

     2018年に、Appleのソフトウェアに関して大きな変化が起きる可能性があることが、Bloombergの報道で明らかになった。

    この報道によると、早ければ2018年にも、Appleが方針を転換し、タッチスクリーン搭載の「iOS」デバイスと「Mac」コンピュータの両方で利用できるアプリケーションの開発が可能になるかもしれないという。

     この方針転換は、今でも非常に充実したラインナップを誇る「App Store」にアクセスできる「iPhone」や「iPad」のユーザーにはあまり大きな影響を及ぼさないだろう。だが、iOS向けと比べて見劣りする「Mac App Store」しかなかったMacのユーザーには、重大な変化となる可能性を秘めている。

     Bloombergの記事によると、この密かに進められているプロジェクトは、「Marzipan」というコードネームで呼ばれているという。この計画は、2018年夏に開かれるAppleの開発者会議で公表される可能性があると、Bloombergの情報筋は述べている。だが、状況は「流動的」で、プロジェクト自体が中止される可能性もあるようだ。

     Appleは将来の製品のうわさについてはコメントしない方針だ。しかし、同社がソフトウェア開発をこのような方向へ転換するのは、理にかなっていると考えられる。

     これがタッチスクリーン搭載の「MacBook」が登場する前触れなのかどうかは、また別の話になるが、一部には、iPadとMacの完全な融合を望んでいるユーザーも存在する。
    https://japan.cnet.com/article/35112283/



    【アップル、2018年に「iOS」と「Mac」のアプリ統合を計画か】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/18(月) 02:51:49.92 ID:CAP_USER.net

    世界的に電気自動車の普及が加速する中、充電の手間を減らそうと、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっています。

    このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイヤレス充電器です。
    7年前から研究を進めていますが、電気を送る量を当初の2倍以上に増やし、技術的な実用化のめどが立ったということです。

    フル充電にかかる時間は6時間以上と、通常の充電器と変わらないものの、ケーブルを接続する手間が省け、駐車しておくだけで自動的に充電できるようになるとしています。

    IHIの担当者の藤原栄一郎さんは「自動駐車機能と連動させて駐車から充電までを自動で行えるようになれば、ユーザーの利便性が向上する」と話しています。

    このほか、ドイツの自動車メーカー、BMWも、来年からワイヤレス充電器と、これに対応したプラグインハイブリッド車の販売を始めることにしていて、「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっています。

    ユーザーの利便性を高めると期待
    「ワイヤレス充電」はこれまでの車の燃料補給の常識を変え、ユーザーの利便性を高めることが期待されています。

    例えば、エンジン車やハイブリッド車ですと、ドライバーはガソリンスタンドに立ち寄って、給油口からガソリンを注ぎ込む必要があります。
    電気自動車を充電する際も、充電器を備えた高速道路のサービスエリアなどに立ち寄るか、自宅に戻って、そのつど、車に積んであるケーブルを取り出し、車体と充電器をつながなければなりません。

    「ワイヤレス充電」はこうした手間を省くものですが、自動車業界では開発が進む「自動運転」の技術も活用して、さらにユーザーの利便性を向上させようという構想もあります。

    このうち日産自動車は、ボタンを押すとハンドルやアクセルが自動的に操作され、駐車が完了するという機能の付いた電気自動車を、ことし10月に発売しました。目的地に到着したドライバーが電気自動車から降りると、あとは駐車も充電も自動でやってくれる、そんな時代が来るかもしれません。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171217/k10011261811000.html



    【EV向け「ワイヤレス充電」実用化の動き広がる】の続きを読む

    このページのトップヘ