2017年10月

    1: ノチラ ★ 2017/10/18(水) 12:40:28.09 ID:CAP_USER.net

    Amazonの最近の特許は、航行距離心配問題の答えになるかもしれないが、現時点では実用というよりもSFチックに聞こえる。新しい特許(via Roadshow)に書かれているドローンは、電気自動車のバッテリーを搭載し、路上でバッテリーが切れた車に、充電ステーションへ行くのに必要な充電をする。

    ただしこの特許にはクレイジーな部分が多々ある。たとえばドローン自身が、軽い積荷で短時間の飛行でさえ電源管理には様々な工夫が必要だからだ。実際、自身の充電状態を保ちつつ補給を必要とする車の近くにいることがこのアイデア全体で最大の難関だと思われる。

    これが現実になるまでの障壁はそれだけではない。特許資料によると、車の屋根にあるドッキングステーションにドローンが着地して接続したまま走行中に電力を供給すると書かれている。これは、自動車メーカーに採用されるか、車の改造が必要であることを意味している。

    現時点では、非常に現実的なコンセプトであるとは言えない。しかしポテンシャルはある。どこでもEVが走りドローン配達サービス(Amazonが本気で取り組んでいる)が当たり前な未来では特ににそうだろう。
    http://jp.techcrunch.com/2017/10/18/20171017amazon-patents-a-drone-that-delivers-a-charge-to-power-up-evs-on-the-go/



    【Amazon、EVを充電するドローンの特許を取得 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 名無し募集中。。。 2017/10/21(土) 17:05:42.45 0.net

    スペック

    21.5インチ(対角)LEDバックライトRetina 4Kディスプレイ
    3.4GHzクアッドコアIntel Core i5
    1TB Fusion Drive



    【ワイ氏、iMacを買う 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/26(木) 15:31:57.18 ID:CAP_USER.net

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1088/252/001_s.jpg
    ニコンは10月26日、9月8日に発売したデジタル一眼レフカメラ「D850」について、想定数量を大きく上まわっており、依然として納品に時間を要していると発表した。

    D850の供給不足をアナウンスしたのは2回目。発売前の8月28日にも「予約数が多く発売日に届かない可能性がある」と告知していた。

    同社では、「一日も早くお届けできるよう、引き続き、最大限の努力をしてまいります」としている。

    カメラやレンズの新製品で供給不足の告知があるのは珍しくないが、2度にわたるのは異例といえる。

    D850は、35mmフルサイズ相当のFXフォーマットを採用するデジタル一眼レフカメラ。有効4,575万画素で最大約9コマ/秒の連写性能(オプションのマルチパワーバッテリーパック使用時)を備える。実勢価格は税込40万円前後。
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1088252.html



    【ニコンD850が依然として品不足 「逼迫状況に関するお詫び」が掲載 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/23(月) 00:10:50.90 ID:CAP_USER.net

    Apple Watchの最も有効な使い道は、実はメールやSNSの通知を受け取ったり、手首に向かって電話をしたりすることではなく、自分に身に迫る健康の危機を察知するところにあるのかもしれません。アメリカに住むある男性は、Apple Watchとアプリが心臓の異常な拍動を感知したことから病院を訪れたところ、肺の血管が詰まる肺血栓を起こしていて、一歩間違えると致命的な状況に陥る寸前だったことがわかりました。

    ニューヨーク・ブルックリンに拠点を置くポッドキャストプロデューサー/レポーターのジェームズ・グリーンさんはある日、2年前に購入して常に着けていたApple Watchとアプリ「HeartWatch」のおかげで命が救われたとのこと。その様子について、「2年前に買ったショボくてちっちゃな手首のコンピューターが僕の命を救うとは考えてもなかった。心拍数が上がったと思ったら、肺血栓になっていた」という内容をツイートしています。

    https://twitter.com/_jamestgreen/status/918849102741458944

    グリーンさんが使っていたアプリ「HeartWatch」は、心拍の状態を常に監視することで異常を察知するというもの。純正の「ヘルスケア」アプリにも同様の機能は備わっていますが、「Apple Watchの健康センサーの力をアンロックする」とうたうアプリは、純正アプリよりもさらに高度な管理機能を備えている模様です。

    グリーンさんは過去にも同様の病気を患ったことがあることから、近年は「シリアルな(連続的な)健康トラッッカー」であると自身について語っています。Apple Watchも健康トラッキングの大切なツールだったのですが、世代が古いモデルのために純正アプリの異常通知機能に対応しておらず、HeartWatchを導入していた模様。命を救われたグリーンさんがHeartWatchについて「HeartWatchすげえ!アンタたちはマジでヤバいもんを作ったな」とツイートしたところ、HeartWatchの公式アカウントから「ありがとうございます!そしてすごい!あなたが無事でとても良かったです。お力になれて良かった。一刻も早く良くなってずっと健康でおられますように」と返信しています。

    アラートを受け取った時の様子についてグリーンさんは、「HeartWatchが、僕の心拍がいつもより高いことをアラートしてきました。僕の安静時心拍数は54なんですが、ただ机に座ってるだけの時でもそれよりも高い値を示していました」と振り返っています。そして「ほかの症状と併せて考えて、すぐに対応する必要があることがわかりました。不安な気持ちから来るパニック発作の症状ではなく、もっと悪いものだとわかりました」と語ります。すぐに病院を訪れてCTスキャンの診察を受けたところ、肺に血栓があることが判明。超音波治療と血液の粘度を下げる注射の処置を受けました。

    グリーンさんは、もしあともう少し対処を躊躇していたら、命を落としていた可能性もあったと医師から告げられたとのこと。HeartWatchを作ったデーヴィッド・ウォルシュ氏は、自身の父親が心臓疾患がもとで56歳という若さで亡くなったことから、このアプリの開発を志したそうです。そんなウォルシュ氏にとって、グリーンさんからの知らせはきっと喜ばしいものだったに違いありません。

    実はこの記事を書いている編集部員も、Apple Watchのメリットが実は健康管理機能にあるのではないかと思い始めている1人。最新のApple Watch Series 3を含め、過去1年以上にわたってApple Watchを着け続けてきたのですが、通知機能や電話機能よりも活用しているのが、心拍モニター機能であるといっても過言ではありません。毎日の心拍データがこのように「ヘルスケア」アプリで管理でき……
    http://gigazine.net/news/20171022-apple-watch-pulmonary-embolism/



    【Apple Watchのおかげで命を救われた男性、そしてわかり始めたApple Watchの真の魅力とは 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/20(金) 23:51:13.63 ID:CAP_USER.net

    ソフトバンクは10月20日、基本使用料無料で使いたい分の料金を前払いする「シンプルスタイル」向けのプリペイド携帯電話「Simply(シンプリー)」(セイコーソリューションズ製)を、11月下旬以降に発売すると発表した。

     カラーバリエーションは、レッド、ダークブルー、ホワイトの3色。

     Simplyは、「The 電話」をコンセプトに開発されたシンプルスタイル向けのプリペイド携帯電話。電話やメールなど必要な機能だけを搭載することで、分かりやすいメニュー画面を実現しているのが特徴。

     シンプルスタイルは、基本使用料無料で、使いたい時にチャージして利用できるプリペイドプラン。

     1770mAhの大容量バッテリを搭載したことで、長時間利用(連続通話時間/連続待受時間)が可能(FDD-LTE網:約600分/約500時間、W-CDMA網:約800分/約800時間)。

     搭載するカメラは、有効画素数約200万画素CMOSセンサを採用。microSDDHCカード(最大32Gバイト)にも対応するため、写真などを大量に保存できる。

     サイズは、約50mm×132mm×13.8mm。重量は約115g。

     また、Simplyの発売に合わせて、「シンプルスタイル」の4Gケータイ向け新料金プランとして「100MBプラン」(30日有効:300円)の提供も開始する。
    https://japan.cnet.com/storage/2017/10/20/bc7d0536d31f2bb747c501ab39cdc376/01.jpg
    https://japan.cnet.com/article/35109105/



    【ソフトバンク、プリペイド携帯電話「Simply」--新料金「100MBプラン」対応】の続きを読む

    このページのトップヘ