2017年07月

    1: ノチラ ★ 2017/07/18(火) 09:02:00.10 ID:CAP_USER.net

    http://diamond.jp/mwimgs/d/b/600/img_db0cca3cf417677381b67ac2a434e49d118493.jpg
    いつも我々を驚かせるダイソンから、また素晴らしい製品が昨年から発売されている。CSYS(シーシス)と名付けられた、このタスクライトのシリーズは、デザインに優れるだけではなくLEDを新しいステージへと昇華させたと言っても良いだろう。

    これまでのLEDライトの類は、その発する僅かな熱からLEDのリンメッキが少しずつ劣化、明るさも徐々に落ちてくる可能性が高かったという。そこでメーカー各社はLEDの冷却をいろいろと試みてきたのだが、どこも十分な成果が得られなかったのだ。

    これを可能にしたのがヒートパイプテクノロジーという、ダイソンの創設者であるジェームズ・ダイソンの長男ジェイクとそのティームの開発した新しい技術。

    ライトのアーム内に真空の銅管を置き、中の1滴の水の蒸気化を利用して熱を逃がすというもの。

    LEDの照明に画期的な新時代をもたらしたこのテクノロジーは、実に最大144,000時間も明るさを維持する。しかもこのLEDは円錐形リフレクター内にオフセットして収容されているために、直接光源が視界に入らず、眩しさを抑えるように設計されている。

    シンプルなデザインのライト本体にも多くのダイソンらしい技術が満載だ。アームの水平、垂直方向の移動、ベースの回転も、指先だけで好きな位置で固定。調光もタッチセンサーで細かな機能を持ち、その設定した明るさが内蔵メモリーに記憶される。

    LEDの色温度は2種が用意され、電球色のCSYSが2700K、白色のCSYS 4Kは4000K。8mmおきに8つ配置されたLEDの明るさは、前者が1㎡(1平米)当たり648ルクス、後者は何と同808ルクスという高い照度を持ち、趣味の作業などに威力を発揮するに違いない。

    CSYSには、卓上型とクランプ型のデスク・タイプ2種とフロア型があり、CSYS 4Kはデスク・タイプ2種となる。価格は\64,000~。

    この優れたライトはダイソンの他の製品同様、あらゆる面でスマートに生活を演出することは言うまでもないだろう。
    http://diamond.jp/mwimgs/8/6/350/img_86459651c71aa650e912d1ef751aa27418216.jpg
    http://diamond.jp/articles/-/135093



    【ダイソン 斬新な照明器具登場】の続きを読む

    1: スターダストレヴァリエ ★ 2017/07/16(日) 21:05:37.28 ID:CAP_USER.net

    [東京 14日 ロイター] - LINE(3938.T)は「スマートフォンの次」を見据え、人工知能(AI)プラットフォームを搭載したスマートスピーカーの予約販売を14日に始めた。
    インターネットへの「入り口」をスマホ以外に展開し、業容の拡大を目指す。だが、この分野は競争が激しいうえに、先行投資への懸念もくすぶる。

    日米での上場から1年が経過したが、市場の業績に対する反応は鈍く、早くも岐路に立たされているとの指摘も出ている。

    <ポスト・スマホ>

    LINEは14日、スマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」の予約販売を始めた。
    ウェーブはクラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を搭載、音声操作で「LINE MUSIC」が提供する約4000万曲の楽曲を再生したり、ニュースや天気などの情報を聞いたりできるのが特徴だ。

    LINEがクラウドAIプラットフォームに注力するのは「スマートフォンの次」をにらんでいるためだ。
    すべてのものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)の時代には、インターネットへの入り口はスマホやパソコンだけにとどまらない。

    「ポストスマートフォン時代の中核サービスとしてクローバの開発を進めている」──。LINEの出澤剛社長は6月15日、都内で開催した事業戦略説明会でこう強調した。
    パソコンからスマホへの移行では、対応が遅れたIT企業は急速に競争力を失っていった。
    「スマホシフトの際に、脱落した会社を数多く見てきた。その意味で、危機感はすごくある」(関係者)という。

    LINEが描くシナリオ通りに進めば、これまでスマホに閉じていたLINEのプラットフォームは、AIスピーカーで自宅に入り込み、トヨタ自動車(7203.T)との提携で自動車にも拡大。
    ファミリーマートと伊藤忠商事(8001.T)との提携でコンビニエンスストアでも活用されることになる。

    出澤社長は「いままで以上にすべてがLINEでつながる世界を作る」と意気込んだ。関係者によると、ウェーブの製造原価は約1万3000円。
    それを、14日に予約を始めた先行体験版では原価割れの1万円で販売する。


    <中略>


    <説明不足>

    LINEはこの1年間、シェアがトップの日本、台湾、タイで足固めをするとともに、将来に向けた種まきを続けてきた。

    だが、市場から聞こえてくるのは、先行投資への不安だ。「目指す方向性は間違っていないと思うが、投資に見合ったリターンが得られるかどうかは不透明」(外資系証券)。たとえばAIスピーカーは参入が相次いでおり、競争激化は避けられそうにない。

    上場後からこれまで決算発表は4回あったが、上場直後を除く3回は発表翌日に株価が急落。市場の期待に応えられずに、失望売りを誘うというのが四半期ごとの風物詩となっている。

    同社はモバイルアプリケーション市場について、不確実性が大きいとして業績予想を開示していない。注力している「LINEモバイル」事業も契約者数など基本的な数値を開示しておらず、投資家はその成長性を見極められずにいる。

    こうした後ろ向きの情報開示姿勢も、四半期ごとに期待と失望を繰り返す背景にある。

    三木証券・投資情報部課長、北澤淳氏はLINEの株価について「海外事業や日本のマネタイズに関する部分が期待に追いついていない」との見方を示した。期待と現実のかい離は説明不足から生じる。
    投資家の不安を払しょくするには、「期待」を裏付ける成長に向けた具体的な道筋について、より丁寧に説明していくしかない。


    全文はリンク先で
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN19Z0Y8



    【LINE、「スマホの次」模索…AIスピーカー「Wave」の先行体験版を原価割れの1万円で販売】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/07/19(水) 09:38:11.81 ID:CAP_USER.net

     「ユニクロ(UNIQLO)」は、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)がクリエイティブ・ディレクターを務める英国デザイナーズブランド「J.W.アンダーソン(J.W.ANDERSON)」とのコラボコレクションを9月22日に発売する。「ユニクロ&J.W.アンダーソン(UNIQLO & J.W.ANDERSON)」を7月18日、ロンドンのテートモダンでお披露目するのに際して発表したもの。“British heritage meets LifeWear(英国の伝統とライフウエアの出合い・融合、の意味)”をコンセプトに、メンズ、ウィメンズの計33アイテムで構成。世界19の国・地域にある「ユニクロ」の店舗とオンラインストアで販売する。ただし、英国を含むEUでは9月19日に先行販売することが決定している。

     北アイルランド生まれで、現在は「ロエベ(LOEWE)」のクリエイティブ・ディレクターも務めているジョナサンは、「私にとって、今回の『ユニクロ』とのコラボレーションの意義は、ファッションを民主化するということだ。私たちが目指したのはどんな世代の人にも着てみたいと思う服が選べるようなコレクション。『ユニクロ』との協業はとても興味深く、そこにはユニバーサルでありながらも常に斬新なワードローブが求められる。『ユニクロ』と『J.W.アンダーソン』に共通するのは、常にワクワクするような“新しい服”を作るという考え方。素材やシルエットを際立たせるために他のすべてをそぎ落とし、最も強いインパクトを生むという発想の美学においても同じ考えだと思う」と、協業の意義と、実際に協働して感じた「ユニクロ」の服作りに対する感想について、コメント。

     また、「『ユニクロ』は信じられないほど細やかな技術を駆使して服を作っている。自分のブランドの生産工程とは全く異なる。例えば、私たちではダウンジャケットを作ることはできないが、必要な技術投資をしてきたユニクロとなら、難なくそれができた」とモノ作り力を評価。一番楽しかったのは、「英国の伝統的スタイルの模索と、『J.W.アンダーソン』にとってそれが何を意味するのかを考え、英国の伝統的スタイルを再解釈し、ひねりを加えたベーシックをつくることだった」と明かす。

    キーアイテムは、ブリティッシュチェック柄のライトダウンジャケットや、ウールブレンドキルティングジャケット、フィッシュ(魚)が描かれたラムジャカードクルーセーター、ダッフルコート、オーバーサイズセーター、ミリタリーセーター、ストライプマフラーなど。ウィメンズは14アイテムで、アウターが9990~1万4900円、ブラウス2990円、パンツ・スカート、ニット3990~4990円、ニットワンピース1万2900円。メンズが19アイテムで、アウター9990~1万4900円、シャツ2990円、ニット2990~3990円、カットソー1500円、パンツ3990~5990円、グッズが1990~3990円(すべて税別、一部ユニセックス)。

     フルラインアップするのは、「ユニクロ」銀座店、「ビックロ ユニクロ」新宿東口店、吉祥寺店、マークイズみなとみらい店、札幌エスタ店、仙台泉店、名古屋店、「UNIQLO OSAKA」、心斎橋店、キャナルシティ博多店など全63店舗と「ユニクロ」オンラインストアを予定。その他店舗では一部商品の取り扱いとなる。
    https://www.wwdjapan.com/450778
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2017/07/18174521/170718_uniqloxjw_11.jpg
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2017/07/18174602/170718_uniqloxjw_20.jpg
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2017/07/18174805/170718_uniqloxjw_48.jpg
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2017/07/18174810/170718_uniqloxjw_49.jpg
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2017/07/18174900/170718_uniqloxjw_61.jpg
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2017/07/18174442/170718_uniqloxjw_02.jpg



    【「ユニクロ」 × 「J.W.アンダーソン」、発売日は9月22日に決定!】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/07/19(水) 11:08:11.53 ID:CAP_USER.net

    米グーグルの持ち株会社アルファベットは18日、法人市場に特化したメガネ型のウエアラブル端末「グラス・エンタープライズ・エディション」を発表した。グーグルは2013年に初代「グーグルグラス」を限定発売したが、プライバシー侵害への懸念などから15年に販売を中止。法人向けに用途や機能を絞り込んで復活させた。

    新端末はデザインを一部変更したほか、プロセッサーやカメラの性能が向上。バッテリーも従来より長持ちするようになった。初代の製品は1台1500ドル(約17万円)したが、新製品の価格は搭載するソフトや提供するサポート内容に応じて異なる。当面は米国と欧州のみで販売する。日本での販売は未定。

     アルファベットによると、新端末は工場や倉庫の作業員が透過型のディスプレーにマニュアルを表示しながら作業をしたり、医師や看護師による医療記録の作成負担を軽減したりする用途を想定。米ゼネラル・エレクトリック(GE)や物流大手の独DHL、大手医療機関の米ディグニティーヘルスなど50社以上が使い始めているという。

     「エクスプローラー・エディション」と名付けられた初代の製品は発売直後から、内蔵カメラによる「盗撮」を懸念する声が続出した。高価な割に機能が限られていたこともあり、販売が低迷。15年に販売を中止した後は、法人にターゲットを絞り込んだ製品開発を進めてきた。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN19H15_Z10C17A7000000/



    【「グーグルグラス」法人向けに復活 工場や病院想定】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/07/18(火) 12:43:01.27 ID:CAP_USER.net

    次期新型iPhoneとなる「iPhone 8」はiPhone10周年を記念して3つのモデルが登場するといわれています。iPhone 8について数々のうわさが飛び交う中、世界有数の経済ニュースメディアのForbesが、サプライチェーンからiPhone 8のCADファイルを入手することに成功。ForbesはiPhoneケース会社の協力のもと、「確定版」というiPhone 8の実際のデザインを示すレンダリング画像を作成して公開しています。

    iPhone 8 Exclusive: Apple's New Design 'Confirmed'
    https://www.forbes.com/sites/gordonkelly/2017/07/16/iphone-8-design-camera-specs-price-release/

    ForbesとiPhoneケース会社The Nodus Collectionが独自に入手したCADファイルから作成されたiPhone 8の確定版デザインがコレ。前面はこれまでのリークの通り、ほとんどベゼルのないデザインで、上部にはディスプレイの一部を切り欠いて、フロントカメラやセンサーが横一列に並んでいます。ホームボタンも廃止されていることから、ディスプレイ上に仮想ホームボタンやその他機能が表示される「ファンクションエリア」が導入されることを示しているとのこと。
    http://i.gzn.jp/img/2017/07/18/iphone-8-confirmed-design/01_m.jpg
    http://i.gzn.jp/img/2017/07/18/iphone-8-confirmed-design/02_m.jpg
    http://i.gzn.jp/img/2017/07/18/iphone-8-confirmed-design/03_m.jpg

    Forbesが「最も大きな変更点」として注目しているのが、前から見て右側面にある電源ボタンが約2倍に巨大化していること。正面のホームボタンが撤廃されているため、「ファンクションエリア」に指紋認証センサーが内蔵されている可能性はまだ否定できませんが、Xperiaのように電源ボタンに指紋認証(Touch ID)を組み込んでいる可能性が浮上しています。
    http://i.gzn.jp/img/2017/07/18/iphone-8-confirmed-design/04_m.jpg
    すでにAppleは電源ボタンにTouch IDを搭載するための特許も取得しているとのこと。ちなみに、iPhone 8ではTouch IDを廃止して3D顔認証機能を搭載するといううわさも報じられています。
    http://gigazine.net/news/20170718-iphone-8-confirmed-design/



    【「iPhone 8」の確定版デザインをForbesがリーク、電源ボタンが巨大化か】の続きを読む

    このページのトップヘ