2017年06月

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2017/06/22(木) 21:31:43.71 ID:CAP_USER.net

    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1066/864/hd1.jpg
    HDDを物理的に破壊するサービスがドスパラで始まっています。

     これは、要らなくなったHDDからのデータ漏洩を防ぐために、HDDを物理的に破壊するというサービス。ドスパラパーツ館の店頭では、サービスを利用するための「発送BOX」が販売中。宅配伝票、緩衝材、封印シールが同梱されたパッケージで、価格は税抜き2,000円(税込2,160円,送料込み)。

     サービスの流れは、購入した発送BOXの中に不要になったHDD(1台)を入れて、宅配業者に集荷依頼をするだけ。破壊されたHDDは返却されませんが、状況を確認したい場合は、破壊後のHDDの写真をメールで送るサービスが用意されています。

     不要になったHDDがある方は、店頭で確認してみてください。
    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1066864.html



    【「HDD破壊サービス」をドスパラが開始、送料込みで税込2,160円】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2017/06/23(金) 12:45:54.15 ID:CAP_USER.net

    http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1066/931/02.jpg
    LG Displayは22日(韓国時間)、世界初を謳う柔軟性と透過性を備えた77型有機ELディスプレイを発表した。

     4K(3,840×2,160ドット)の解像度に対応しており、40%の透過率と80mmの曲率半径を備える。パネルはディスプレイの表示に影響を与えずに、半径80mmまで丸めることが可能という。韓国メディアのThe Korea Heraldによれば、デジタルサイネージやディスプレイ一体型デスクなどへの利用が考えられているようだが、製品化の時期は明かされていないようだ。

     同社は韓国政府の協力のもと、有機ELディスプレイ技術の開発を行なっており、2014年にフレキシブルタイプの18型有機ELパネルを、2016年には透過性の55型有機ELパネルを発表していた。今回の柔軟性と透過性を両立させた77型有機ELディスプレイは、同社の製品開発マイルストーンのなかでももっとも最新のものであるとしている。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1066931.html



    【LG、透明で折り曲げ可能な77型4K有機ELディスプレイを発表】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2017/06/23(金) 14:29:54.23 ID:CAP_USER.net

    http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/eeac58fe4c98e2fbdae6c77a5fbd9ebe/205406234/RetroTP_01_s.jpg
    レノボが6月20日に米国で開催したプライベートショー『Lenovo Transform NYC 2017』にて突如発表された「ThinkPad 25周年モデル」。その企画のベースが、2年前に突如公開された『レトロThinkPad』であることが同社ブログにて公開されました。

    Transform会場では10月に発表予定である点など、ごく限られた情報のみをプレビュー的に(詳細情報なしで)紹介するだけでしたが、イベント後に公開された同社のブログでレトロThinkPadであることが紹介された、という流れです。

    レトロThinkPadとは、ThinkPadシリーズが時代に合わせて変化していく中で失われたものの、ファンが残念に思っている設計を復活させるべく企画されたもの。

    2年前の時点で予定されていた仕様では、キーボードへの要求がとくに(やはり)多かったらしく、昨今ではノートPCでほぼ見なくなった「厚みのある、非アイソレーションタイプのキートップ」を採用。

    さらにいわゆる「7段キーボード」と呼ばれるキー配列や専用の音量キー(など)、そして青色のEnterキーや天面側から照らすキーボードライトなどを「復活」させることを想定していました。

    しかし一方でディスプレイのアスペクト比は16:10、本体の厚さは1.8cmを予定するなど、当時の最上位モデルであるThinkPad X1 Carbonや、デザインベースの一つとなっているThinkPad X300/301に通じる携帯性も兼ね備えたモデルとして企画されています。

    今回の25周年記念ThinkPadは、2年前の時点では製品化への意見を募っていた段階だったこのレトロThinkPad構想が、見事に製品化を果たしたもの。

    同氏のブログエントリに書かれた概要としては、
    25周年記念モデルとしてレトロThinkPadを作成する
    既に開発中のモデルが動いており、タイピングもしてみた
    ThinkPadの熱烈な愛好家を対象としたモデル
    愛好家からの希望の多くを盛り込んだ設計
    ThinkPadのブラックラバーコーティングを復活
    TrackPointキャップは3種類を復活
    keyboard to die for(死んでもいいと思えるほどのキーボード)
    価格は発表できないが、噂の出ている5000ドルよりは安い
    他にも発表できることはあるが、まだここでは言えない
    といったもの。
    http://japanese.engadget.com/2017/06/22/thinkpad-25-5000/



    【あの『レトロThinkPad』が25周年記念特別モデルとして発売へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2017/06/23(金) 16:16:35.40 ID:CAP_USER.net

    メルカリの個人情報流出騒動が昨日からネットを騒がせている(BUSINESS INSIDER JAPANの第一報はこちらから)。メディアの立場から見ると、メルカリの広報対応は及第点だ。短時間で、できる限りクリアに情報露出をすることで、ブランドへのダメージは最小限に留めているように感じる。

    その一方で、コンテンツ配信設計のプロから見て「メルカリの裏側の仕組み」や「謝罪リリース文」の説明はどう映ったのか。国内で有料会員 数百万MAU(Monthly Active Users=月間ユーザー数)級の大規模コンテンツ配信プラットフォームの設計と開発全般を統括する上級エンジニア(仮にA氏)が、匿名を条件にBUSINESS INSIDERからの取材にこたえた。

    ――今回の個人情報流出事故を、まず第一報としてどう見ました?
    A氏「すぐに技術的な詳細報告を出すあたりは感心しますが、個人的にはそもそも設計が悪かったんだと思います。いくつか可能性があるので、報告資料の情報だけでは断定できませんが、"CDNの設定ミスでキャッシュが有効になった"という話と、"他のユーザの情報が見られてしまう"という話は、本来別物じゃないかと感じました。」

    ――そこに違和感がある、と。
    A氏「キャッシュとは、本来同じファイルを何度も取りに行かなくてもいいようにするための技術ですから、中身がコロコロ変わるものは通常キャッシュを有効にしません。つまり、変更を即反映するためにキャッシュを無効にします。

    一方で、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)は同じ中身のファイルを大量のユーザに配布するための仕組みです。だから、中身がコロコロ変わるものや、ユーザ毎に内容が違うものには適さないんですよ。ちなみに、CDNでキャッシュを有効にすると"複数のユーザで同じファイルを共有する"ことになります。

    また、CDNは大量のアクセスに耐えるための負荷分散装置としても使われます。我々のサービスでも、本来はCDNに向かない"中身がコロコロ変わる情報"を、負荷分散のためにキャッシュを無効にしてCDNに置いていたりします。」

    ――個人情報のデータがこういう形で漏えいする可能性についてはどう見ていますか?
    A氏「そこなんですが、今回の問題は、本来はCDNで取り扱うのには向かない"ユーザ毎に固有の情報(個人情報そのもの、もしくはセッション情報)で、かつ中身が変わる可能性があるもの"を、おそらく同じファイル名で処理する設計だったのかもしれません。

    その場合、CDNを使わなければキャッシュが有効になったとしても、ユーザーに返される情報が古い場合があるだけで済みますが、CDNのキャッシュが有効になったとたんに、同時期にアクセスした別の人の情報がCDNで共有されて返されてしまう。私にはこういうメカニズムで発生した事象のように見えます。

    通常はユーザーごとの情報はセッション管理されて別々のデータで扱われるべきで、サーバの内部(複数処理を並列で走らせると同じ変数を共有するリスク)ならともかく、物理的なファイルという形で同じファイル名を使っているのだとすれば、それは設計上の問題です。CDNを利用するならキャッシュを無効にするだけではなく、CDNの特性を考慮して設計を見直すべきです。

    実際には、CDNを使わなければ起こらない問題でもあります。現場目線で考えると、サービス規模が拡大してどこかの段階でCDNを活用するようになった、しかし設計は古いままで無理やり動かしていた、そして、今回のシステム改修時に過去の状況を知らないメンバーが作業をして、そのギリギリのバランスを崩してしまった、という背景かもしれません。」
    以下ソース
    https://www.businessinsider.jp/post-34581



    【「メルカリ個人情報流出に違和感」上級エンジニアA氏が疑問視】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:10:50.32 0.net

    「aiwa」国際分業で復活 ソニー、ブランド譲渡
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17859360Z10C17A6TI1000/?dg=1&nf=1
    ステレオなどのAV(音響・映像)機器で知名度が高かった「aiwa(アイワ)」ブランドが復活する。
    ソニーが持っていたブランド使用権を国内EMS(電子機器の受託製造サービス)企業が取得。
    音楽プレーヤーや4Kテレビなどを中国で製造し、今秋から日本内外で売り出す。



    【【おっさん感涙】アイワ復活wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ