2017年03月

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/13(月) 19:14:26.93 ID:CAP_USER.net

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170313/k10010909341000.html

    アメリカの大手IT企業が、AI=人工知能を活用して日本で気象予報ビジネスに参入することになりました。
    アメリカの大手IT企業IBMの日本法人は、気象庁から気象予報業務の許可を得て、日本で企業向けの気象予報サービスに参入すると13日発表しました。

    それによりますと、IBMが開発した「ワトソン」と呼ばれる人工知能に膨大な気象データを分析させて気象予報を提供するとしています。

    これによって、変動要因が多くて誤差が大きい3か月以上の長期の気象予報についても、今よりも誤差を縮め、精度を高めることができるとしています。

    さらにこの会社では、予測される気象の変化が顧客のビジネスに及ぼす影響についても人工知能で分析し、対応策などを提案するとしています。

    IBMの日本法人、日本IBMの加藤陽一部長は「天候で売れる物が左右される小売り業には、気象予測を最適な販売計画に
    活用してもらうことなども提案していきたい」と話しています。



    【日本IBM、「人工知能」を活用した気象予報サービスに参入】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/14(火) 16:07:35.50 ID:CAP_USER.net

    http://ascii.jp/elem/000/001/451/1451111/

    インビンシブルは3月14日、国内最速クラスの下り2Gbpsを実現したインターネット接続サービス「Swift光」を発売した。

     ソニーネットワークコミュニケーションズの光回線の卸提供サービスで、
    提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県で一戸建てや7階建て以下の集合住宅で利用可能。
    光回線とプロバイダーがセットされており、下り最大2Gbps/上り最大1Gbps。モデムはW-Fiルーター機能も備える。
    月額基本料金は4980円(別途工事費4万円および事務手数料3000円が必要、2年間契約)。

    キャッシュバックキャンペーンとして、6月30日までの申し込むと開始月の月額基本料金が無料のほか、インターネット接続のみなら1万5000円、
    インターネット+電話の申し込みならば2万円のキャッシュバックが行なわれる(価格は税別)。



    【国内最速、下り2Gbpsを実現した光回線サービス開始】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/13(月) 16:50:49.61 ID:CAP_USER.net

    http://withnews.jp/article/f0170313001qq000000000000000W00o10101qq000014832A
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/03/06/7/54/75442b97-l.jpg
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/03/06/8/00/8005078c-l.jpg

    【ネットの話題、ファクトチェック】

     大型トラックの運転席がある「キャブ」(もしくはキャビン)と呼ばれる部分。この上についている「ルーフ」が
    ツイッターで話題になっています。空気抵抗を減らすためのパーツかと思いきや、中には人が横になるためのスペース
    があるというのです。本当なのでしょうか? トラックメーカーに話を聞きました。

    先月23日、「大型トラックの頭のモッコリした部分が寝室だって最近知った」という文言とともにトラックの画像がツイッター投稿されました。

     画像を見ると、ルーフ部分がベッドスペースになっていることがわかります。この投稿に対して「知らんかった!」
    「これで旅してえなぁ」といったコメントが寄せられ、リツイートは7900を超えています。

     すべての車両がそうなのか? 日野自動車の広報担当者は「すべての車両ではありません。
    うちの場合は『スーパーハイルーフ』と呼ばれる装備がそれに当たります」と話します。

     キャブのバリエーションは大きく分けて、「フルキャブ」と「ショートキャブ」があります。その名の通り、ショートキャブは横から見たときの長さが短いタイプです。
     「公道を走るトラックは全長12mまでと決められています。少しでも多く荷物を積み込めるようキャブを短くしたものがショートキャブです」と広報担当者。
     フルキャブは運転席の後ろにスペースがあり、そこで横になることができる仕様ですが、ショートキャブはその部分をなくすことで短くなっています。
     荷物はいっぱい積みたいけど、運転手が休めるスペースも欲しい――。そんな要望に応えるべく用意されたのが、スーパーハイルーフなのです。
     「高速道路を走ることが多い場合は、空気抵抗を減らして燃費を向上させる『ウインドディフレクター』をつけたり、
    室内空間を広くとりたい場合は、天井を高くした『ハイルーフ』を選んだり。お客さまが何を重視するかでオプションは変わってきます」

    会社によって異なる名称
     いすゞ自動車は「マキシルーフ」の名称で、三菱ふそうトラック・バスは「スーパーマルチルーフ」という名称で同様のオプションを
    ショートキャブ向けに展開しています。3社とも空調や電灯、電源などを備えており、快適さも重視しているようです。
     三菱ふそうの「スーパーマルチルーフ」は、跳ね上げ式フロアを採用することでハイルーフとして使うこともでき、
    キャブ本体とルーフベッド部のデザインを一体化することで、空力特性を高めるドラッグフォイラー(導風板)としての機能も備えている点を売りにしています。
     今回ツイッターで話題になった画像は三菱ふそうの車両でした。広報担当者は「話題になっていることを嬉しく思います。
    お客様にご満足いただける装備を充実することはもちろん、今後も『Drivers First』を念頭に商品を開発・生産・販売を展開してまいります」と話しています。



    【トラックのルーフ「寝室だった」 衝撃の事実が判明】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/13(月) 21:17:35.95 ID:CAP_USER.net

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20170313-00068639/


    インターネットに接続して利用されている全世界の機器のうち、米グーグルのOS「Android」を搭載する機器の数
    が増え続けており、まもなくWindows搭載機器の数を追い抜く見通しとなっている。

    こうした調査結果を、ウェブのデータ通信解析を行っているアイルランドのスタットカウンター(StatCounter)が公表した。

    Windowsを上回るのは時間の問題
    世界でインターネットにアクセスしている機器の中で、OSにAndroidを搭載する機器が占める比率は、今年2月時点で37.4%となり、
    Windowsの比率である38.6%に僅差にまで迫ったという。

    これは、パソコン(デスクトップ、ノート)やモバイル機器(スマートフォンなど)、タブレット端末のデータ通信量調査で
    分かったもので、スタットカウンターは2012年からの各OSの推移をまとめている。
    それによると、Windows機のネットアクセス比率は、5年前の2012年1月時点で82%と、高い水準だった。
    一方、この時点におけるAndroid搭載機の比率はわずか2.2%だった。
    ところが、Windowsはその後一貫して右肩下がりで推移。これに対し、Androidは右肩上がりで伸び続け、両者の差は1.2ポイントにまで縮まった。
    スタットカウンターの分析によると、こうした変化は、スマートフォンの普及や、従来型パソコンの販売低迷、世界市場におけるアジア
    地域の影響力の大きさによってもたらされたという。
    パソコンに限定して見ると、Windowsからのインターネットアクセスは84.1%と依然高い水準。しかし、今後も上述した傾向が続くことが予測されるため、
    AndroidがWindowsを上回るのは時間の問題と見られている。
    これについて、スタットカウンターのエーダン・カラン最高経営責任者(CEO)は、「AndroidがWindowsに匹敵するまでに伸びるとは、
    5年前には考えられなかった。Windowsはパソコン市場の戦いで勝利したが、戦場はすでに別の所に移った」と指摘している。

    アジアではAndroidが50%超
    2017年2月時点のアクセス比率を地域別に見ると、北米ではWindowsが40.7%でトップとなり、このあと米アップルのiOSが24.9%で、Androidが20.3%で続いた。
    欧州でも同様にWindowsが51.8%でトップとなり、Android(23.5%)の2倍以上で推移した。
    一方でアジアは、Androidが51.8%と、Windowsの29.8%を大きく上回っている。
    人々が普段、主に使う機器はパソコンからスマートフォンに移行しており、Android搭載機器がよく売れるアジア市場ではその傾向が顕著。
    そして、最大のスマートフォン市場である中国が、世界に大きな影響を及ぼしている、ということのようだ。

    「アップルに同情は要らない」
    なお、この話題について報じている米シーネットの記事は、「アップルはスマートフォンとパソコンの市場で依然シェアが小さいが、
    同社はスマートフォン業界全体が稼ぐ利益のほぼすべてを得ており、同情する必要はないだろう」と伝えている。
    これは、昨年11月に米国の市場調査会社、ストラテジー・アナリティクスが公表したリポートのことを言っている。
    ストラテジー・アナリティクスによると、iPhoneの昨年9月末までの3カ月における営業利益は約85億ドルだった。
    これに対し、スマートフォン業界全体の同期間の営業利益は約94億ドル。
    つまり、アップルがiPhoneを販売したことで得た営業利益は、同じ期間の業界全体の営業利益の約91%を占めた。
    アップルに次いで営業利益が多かったのは、ファーウェイ(華為技術)、ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)、
    オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)の順で、これらはいずれも中国のスマートフォンメーカー。

    しかし、3社の昨年7~9月における営業利益はいずれも約2億ドル。利益シェアはそれぞれ2.4%、2.2%、2.2%にとどまっている。



    【Androidの利用台数、ついにWindowsを抜く】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/13(月) 22:25:27.17 ID:CAP_USER.net

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000019146.html
    https://youtu.be/ozhdJDdsL_I



    R(Virtual Reality : バーチャルリアリティ)による新しいライフスタイルを提案するナーブ
    株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起 以下:当社)は、提供する、VRで不動産内見・接客がで
    きる『VR内見?』システムを東急リバブル株式会社の賃貸仲介店舗(一部)に導入しました。3月10日より、
    青葉台センター、三軒茶屋センター、横浜センターにてサービス提供が開始されました。

    お部屋探しには、物件の内見が欠かせませんが、複数物件の内見には時間も労力も必要となります。
    『VR内見?』は、店舗に居ながら複数物件を内見出来るため、賃貸物件をお探しのお客様(借主様)、
    不動産仲介代理店様の双方にとって効率的なお部屋探しに貢献できます。


    ■『VR内見?』導入による不動産仲介代理店様のメリット
    内見の効率化により実地での内見数が減少するため、内見に関わる移動時間・費用が削減できる他、
    鍵を受け渡す工数も削減できます。これらを通じて接客の効率化、内見総数の増加に貢献しています。
    お客様満足度の向上と店舗での営業活動の生産性向上につながります。



    【東急リバブル、VRで内見できるサービスを開始】の続きを読む

    このページのトップヘ