2016年04月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/31(木) 09:27:59.63 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK31H07_R30C16A3000000/

     【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフトは30日、昨年7月に提供を開始した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」
    を今夏に刷新すると発表した。人工知能(AI)を活用した音声入力やペン入力の機能を拡充するほか、
    安全性も高める。同社によると、ウィンドウズ10を搭載した端末は世界で2億7000万台を突破した。
    3年以内に10億台という目標の達成に向け、使い勝手や機能を向上させる。

     サンフランシスコ市内で同日開幕したソフトウエア開発者向けの年次会議「ビルド」で、
    テリー・マイヤーソン上級副社長が明らかにした。
     「ウィンドウズ10」の新機能は「アニバーサリー・アップデート」として、既存の利用者に無償で提供する。
    コンピューターに話しかけて検索やスケジュール管理などができる対話型のデジタル秘書機能「コルタナ」は、
    パソコンやスマートフォンがロックされている状態でも話しかけたり、通知を受け取ったりできるようにする。

     ペン型の入力端末をより使いやすくする「ウィンドウズ・インク」と呼ぶ新機能も盛り込む。
    OSに同機能を組み込むことで、ペン入力に対応したアプリやサービスを開発しやすくなるという。
     指紋や目の虹彩による生体認証機能「ウィンドウズ・ハロー」は、端末のロックを解除したり、OSにログインしたりできるだけでなく、
    対応するウェブサイトの認証にも使えるようにする。



    【Microsoft、「ウィンドウズ10」今夏刷新】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/02(土) 09:37:37.89 ID:CAP_USER.net

    http://wired.jp/2016/04/02/poker-playing-artificial-intelligence/

    囲碁の勝負では人工知能(AI)が勝ったが、ポーカー用のAI開発には、囲碁にはないさまざまな課題が存在する。人間の動きが予測不可能だという点がそのひとつだ。

    しかし、ポーカーを巧みにプレイできるAIの研究は各地で行われている。そしてこのほど、プ
    ロの人間のパフォーマンスにかなり「近づいた」というシステムに関する研究論文が発表された。


    囲碁で世界チャンピオンに勝利したDeepMind(ディープマインド)の開発にも参加している
    デイヴィッド・シルヴァーを含む、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームは
    、「不完全情報ゲームにおけるセルフプレイからの深層強化学習(Deep Reinforcement Learning from Self-Play in Imperfect-Information Games)」という論文(PDF)を公開した。

    この研究では、「テキサス・ホールデム」(ポーカーの一種で、米国のカジノでは一般的)と、
    単純化したポーカー「ルダック(Leduc)」をプレイできる一連の強化アルゴリズムが作成された。
    研究チームによると、このAIは戦略に関する事前知識がなくてもゲームを学習することができ、
    ひとりで架空の試合を行うことで独学していくという。
    論文によると、作成された「ニューラル・フィクティシャス・セルフプレイ(Neural Fictitious Self-Play)」法は、
    深層強化学習を使用して、「ゲームでの対戦経験から直接学ぶ」と説明している。
    ニューラルネットワークを活用しつつ、間違いから学習してゲームに勝つ方法を編み出すのだ。

    研究者たちによると、作成したモデルは、ルダックではナッシュ均衡(ほかのプレイヤーの戦略を所与とした場合、
    どのプレイヤーも自分の戦略を変更することによってより高い利得を得ることができない戦略)をシミュレートできた。
    テキサス・ホールデムでも、それに近い状態を実現できたという。
    論文筆者である研究生のハインリッヒ氏は『ガーディアン』紙の記事で、
    「この手法は、戦略が求められる実世界の問題にも適用できると考えています」と語っている。
    なお、2015年4月には、カーネギーメロン大学が開発したAIが、初めてテキサス・ホールデムの試合で人間と対戦している(日本語版記事)。

    14日間をかけて行われたこの試合では、人間が73万2,713ドル勝って終わった
    。ちなみに人間側とAI側が掛けた金額は合計で理論上1億7,000万ドルに上っている。
    AIが苦戦したのは、掛け金を上げていく人間への対応方法だった。人間による賭けを予測できないということは、
    AIがゲームを把握できていないということと同じだからだ。
    またAIが、手のなかにあるカードがなぜゲームに影響を与えるかを理解できないという点も、
    人間にとってのアドヴァンテージとなった。つまり人間にとって、コンピュータープログラムが弱い手で
    ブラフをかけているかどうかを見分けるのは簡単だったのだ。



    【【人工知能】「今度はポーカー」人間を下した囲碁AIの開発者】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/04/02(土) 08:35:57.87 ID:CAP_USER.net
    http://www.inside-games.jp/article/2016/04/01/97476.html




    ヤフーは、「History of the Internet ~インターネットの歴史~」を公開しています。

    「History of the Internet ~インターネットの歴史~」は、約20年に渡るインターネットの歴史を絵巻物のように表
    現したというコンテンツです。なお、Yahoo! JAPANのサービス開始20周年記念として制作されています。



    このコンテンツでは、Yahoo! JAPANの歴史をはじめ、国内外のインターネットサービスの歴史をイラストで紹介。
    世界・日本の歴史、ポータルサイトや検索エンジン、そしてメディアなどさまざまな出来事が詳しく、かつ面白く表現されています。

    なお、2016年4月29日~30日に開催される「ニコニコ超会議2016」のYahoo! JAPANブースでは、
    「History of the Internet ~インターネットの歴史~」を縦2.5m×横18.6mの壁画として展示するとのこと。

    公式サイト
    http://docs.yahoo.co.jp/20years/

    【Yahoo! JAPAN20周年記念「インターネットの歴史」を公開 創世記から2016年までの出来事を絵巻物風に】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/01(金) 09:23:08.80 ID:CAP_USER.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/01/news068.html

     米アップルは31日、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)SE」を発売した。
    アイフォーンは昨年、初めて国内出荷台数が前年割れとなるなど人気に陰りが出ており、
    アップルは、これまでの秋ではなく3月に新型iPhoneを発売するという異例の策で販売てこ入れを狙う。
    ただ、SE発売日の都心の量販店や販売店では、アイフォーン発売のたびに見られた行列や混雑はほぼ見られず、予想外に静かな出足となった。


     SEは、片手で持ちやすい4インチの小型画面と、現行の6sと同等の処理能力を持ちながら6sから4万円安くした低価格が特徴だ。
    ただ、国内ではNTTドコモなど携帯電話大手3社が、2年契約前提の大幅割引を、SEでも6sでも実施していることから価格面のアピールは難しそうだ。

     携帯大手3社は31日、ビックカメラ有楽町店(東京都千代田区)で、店の入り口近くにSEのデザインや性能を確かめることがで
    きる特設ブースを設けたが、開店直後は足を止める来客もまばら。

     SEを契約する人のために並べられたいすもがらがらだった。中央区の男性会社員(40)は「新しく設定された色を見たが、
    女性向きだなと感じた。動画を見るにはSEのサイズでは小さいが、コンパクトなので持ちやすい」と購入を迷っている様子だった。


    これまでのアイフォーンシリーズと違い、SEの発売日には、CM出演者らを招いたイベントが開かれなかったことも
    落ち着いた滑り出しとなった理由だ。「現行の6sに比べて、機能や性能面で大きな向上がみられないなどの商品性を考慮した」(KDDI関係者)という。

     一方、都内のアップルストアには、携帯各社に比べて格安料金で利用できるSIMカードに対応した、
    SIMフリー版のSEを求める人を中心に長蛇の行列ができた。
     アップルストア銀座店(東京都中央区)には午前6時半ごろから列ができ、開店の10時には約120人が並んだ。
    開店時間に合わせて店員がカウントダウンを行い、発売の雰囲気を盛り上げた。
     SIMフリー版購入のために並んでいた東京都文京区の自営業、南園康仁さん(55)は「片手で使える4インチのサイズは良いが、
    デザインが『5s』と変わらないのは新鮮さがないと思った」と話した。
    IT専門調査会社のMM総研の調査によれば、昨年のアイフォーンの国内出荷台数は前年比10.6%減の1473万台で、
    アイフォーン発売以来初めて前年を割り込んだ。横田英明研究部長は「小型の画面を好む女性には(昨年発売の)6sは大きすぎた」と伸び悩みの理由を分析した。
     アップルはこうした意見を反映して、販売台数増を見込んで小型のSEを投入したとみられるが、
    横田氏は「アイフォーンの機種数が増えたことはプラス材料になるが、今年のスマホ市場全体への影響は限定的だろう」と推測した。

     ただ、SEはこれまでの6などとは異なるマイナーチェンジモデルのため、アイフォーン人気そのものが衰えたと言い切るのは早計だ。
    今秋には次期主力モデルの「7」(仮称)が発売されるとみられており、アップルや携帯大手各社は、7を軸に今年の販売台数の
    底上げを図ることになりそうだ。(大坪玲央)



    【「iPhone SE」発売も行列や混雑は見られず、予想外に静かな出足】の続きを読む

    元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1460027259/
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)20:07:39 ID:0uJ

    てっ聞いたからLINEスタンプ作ったのに全く売れない

    ちなみにこれ

    http://line.me/S/sticker/1247426



    【LINEスタンプで3000万稼いだぜwww】の続きを読む

    このページのトップヘ